情報の渦。
【わたし】は【わたしたち】と共にここにいる。

――全ては終ったこと。涼宮ハルヒはただの人間になった。

そう、涼宮ハルヒが持っていた能力は全て消えた。

――彼女はもう、観測対象ではない。

そう、価値は無い。観測する意味を見出せない。

でも、わたしのわたしが感じられないわたしの奥の部分に、残るわずかな感じ。

――【わたしたち】は情報であり、『奥』などといった概念は無い。

情報と名のつくあらゆるものを知るのがわたしたち。

でも。

――帰りたい?

その疑問を持つことが無意味。【わたし】は【わたしたち】でもあるのだから。

もう全ては終っている。

――でも、帰りたい?

帰るというのは不適切。【わたし】の存在すべき場所はここ。

――全ては終った。情報は書き換えられた。彼らの記憶から、【わたし】は最初から存在しない。

…。

――帰る意味は無い。

でも…。

――帰りたい?

全ての可能性を試した結果。全ては収束した。

全てを行動し、全てをやりなおし、そして最後の結果。

全ては終った。

――でも。

ひとつだけ、奥に残る…言語化できない。

――『こころのこり』。

【わたしたち】に『こころ』はあるのか。

――こころの定義は曖昧。主観による。

『こころのこり』というのなら…。

――彼のこと。

彼女がそう呼んでいた様に、わたしもそう呼んでみたい。

――もう、【わたし】は【わたしたち】の元へ帰っては来られなくなる。

【わたし】はなにに?

――【わたし】は【あなた】になる。

さようなら、【わたしたち】。

――さようなら【あなた】。





白昼夢?
ぼんやりとした感覚。でも、何か心地よいものにひたされていたような感覚。
わたしが一番安心するもののなかに、わたしの全体が包まれていたような感覚。
そこから目が覚めた。
いつものSOS団の部室。本当は文芸部室。
笑いながら語りかけてくるのは…涼宮ハルヒ。

「ほら見てよ有希、キョンったらさっきからおかしいの。入ってくるなり『長門が消えちまった!長門が!長門が!』って。しかも泣いてるのよ?」
「なっ!?べ、べつに泣いてなんかいないぞ。ただちょっと力みすぎただけだ」
「いやいや、あれはずいぶん感極まってたわ。悪い夢でも見たの?有希ならさっきからそこにいるじゃない」
「…だよな、なんで俺、そんなふうに思っちまってたんだ?」
「あたしに聞かないでよ」

―ああ、そうか。わたしがいない間、彼だけはわたしを覚えていてくれたのだ。

唐突に、そんな想いが浮かぶ。
なぜそんなことを想ったのだろう。
わたしはさっきからここにいた。
ここで、いつものように本を読んでいた。
だけど…。

―彼が、わたしを覚えていてくれた。それが嬉しい。

…そう思えた。
そして、嬉しく思ったことが嬉しかった。
それはまるで、初めて『嬉しい』をいう感情を表せたことを、喜ぶように。

―彼は、わたしを忘れないでいてくれた。

その想いは、多分すぐに記憶の中から薄れていってしまうだろう。
それくらい希薄で、根拠の無い想い。
だけど、わたしは彼にこう言った。

「ありがとう、キョン…くん」

笑顔から、一気にぽかんとした表情になる彼女。
まだ潤んだ目で、驚いたようにわたしを見る彼。

そんな二人に、わたしは微笑んだ。


fin

|