どこまでも続く黄土色の地平線に澄み切った空。このシチュエーションだけで言えば、
アラビアのロレンスにでもなった気分かもしれないが、目の前で繰り広げられている事態
を鑑みれば、戦略家の出番はないことがわかる。
すでに戦闘が始まっているのだ。もはや後は、なるようにしかならないさ。
戦っているのは、我がSOS団が誇る万能選手の長門有希。そして長門が持てる力を存
分に引き出して相手をしているのは──涼宮ハルヒ。
もはや一般人たるオレの出番は皆無だ。何故自分がここにいるのかさえ、疑問を感じる。
下手をすれば、長門の足を引っ張っているだけなんじゃないだろうか?
やっぱり、妙な責任感を覚えずに傍観していればよかったのかもしれない……。

「二手に分かれたほうが良さそうですね」
そう提案してきた古泉の意見には、オレも賛成だ。
巨大カマドウマを撃退した翌日。試験休みの間にすべて片を付けるなら、全員がぞろ
ぞろそろって行動するのは効率が悪い。なにせあの異常空間の中でなら、古泉と長門のそ
れぞれが戦える。分担作業も可能というものだ。

「新幹線に乗らなければ行けないような場所は、僕が行きましょう。数は3人と少ないで
すが、移動に時間がかかってしまいますので……。北高生の5名は長門さんにお任せして
もよろしいですか?」
「わかった」

簡単に引き受ける長門だが、問題なく対処してくれるだろう。それにその分担なら、新
幹線の代金だって『機関』が必要経費として出してくれるだろうさ。
「それとメンバー割りですが……僕は朝比奈さんと行動しようと思います」
ちょっと待て。
「不服ですか?」

その割り振りで満足するヤツは、もうちょっと危機感を持つことをオススメするね。え
え、是非とも身の危険を感じてください、朝比奈さん。
オレは古泉を招き寄せて、朝比奈さんのために一言物申すことにした。

「おまえと朝比奈さんが2人で旅行というのは、釈然としないものがある」
「おや、僕と2人がよろしかったですか?」
それはそれで却下だ。

「それに、ただの旅行でないことは十分承知していると思いましたが。ご心配なく、朝比
奈さんには傷一つ負わせるようなことはしません」

オレが心配しているのは、そういうことじゃないんだが……ええい、これ以上食い下が
ってもオレが滑稽なだけだ。

「それでは、試験休みの期間もそんなに長いわけではありません。朝比奈さん、すぐに出
発しましょう」
「は、はい」

愛娘が初めて旅行に出かけるのを見守る父親の気分ってのは、今のこういう気持ちなの
かね? ああ、心配だ心配だ心配だ。

「朝比奈さん、気をつけてくださいよ」
「はい。キョンくんと長門さんも、ケガをしないように気をつけてくださいね」
そういう意味での『気をつけて』ではないんだが……行ってしまう朝比奈さん(と、つ
いでに古泉)の後ろ姿を見守る気分は、切ない気分にさせるのに十分だった。

「…………」
じぃーっと眺める長門の突き刺さる視線で、ハッと我に返る。いかんいかん。
「ええと、北高の被害者はどこにいるんだ?」
「こっち」

オレは被害者の氏名を聞きたかったんだが、ま、長門は分かっているんだし聞くまでも
ないか。どうせオレはただついて行くだけだし、一緒に行くのだって目覚めをよくしたい
だけさ。長門なら、すぐに終わらせてくれるだろう。

思ったとおり、長門の仕事は迅速かつ的確だ。試験休みがまるまる潰れるんじゃないか
と思っていたが、そんなものは杞憂で終わりそうだ。すでに4件の片が付いている。
それにしても、人それぞれ怖いと思うものは違うもんだが、蜘蛛や蛇など、昆虫か爬虫
類が恐怖の対象として上位にランクインしていることがわかった。確かにオレも……いや、
まぁオレの怖いもんなんて、どうでもいい話だ。

そして最後の1人。そいつの家の前までやってきて、オレは頭を抱えた。
よりにもよって……最後は谷口の家じゃないか。あの野郎、なんだかんだ言ってSOS
団のホームページをチェックしていたとは驚きだ。その挙げ句、妙なことに巻き込まれる
とは……級友として同情くらいはしてやろう。

「さっさと助けるか」
「…………」

それじゃ行こうか、というつもりで呟いたんだが、長門は無反応。ただ黙って谷口がい
るであろう、部屋を凝視している。

「どうした?」
「……別に」

努めて平然と……としかオレには見えなかったね。ほかのヤツならどうかわからんが、
オレにしてみれば、長門はオレの問いかけで我に返ったような気がする。
杞憂かもしれないが、ともかく、長門は何事も無かったかのように谷口の家の中に入っ
ていった。
幸いだったのは、谷口の両親が外出中だったことだ。鍵はかかっていたのだろうが、コ
ンピ研の部長氏宅に入り込んだ時のように、長門が開けてくれた。

こうやって無断で人の家に入り込むのは気が引けるが、長門にとってはどうでもいいこ
とらしい。谷口の部屋がどこなのかわかっているように二階に上がり、閉ざされたドアを
開ける。

瞬間、世界ががらりと様変わりをした。まったくこいつは、オレの心の準備期間を与え
ちゃくれない。さすがに6回目となると慣れはしたがね。

「うかつ」
黄土色の地平線に澄み切った空の異常空間に入り込むなり、長門は珍しい自責の言葉を
漏らした。

「敵対意識をもつ情報生命体の封鎖空間に引き込まれた」

オレの頭の中に浮かぶのはハテナマーク。見た限り、これまでとまったく同じように見
えるのだが……。

「これまで遭遇した情報生命体の2,684,523倍の処理能力を有し、あたしと極めて近い特
性を併せ持っている」
「……すまん、わかるように説明してくれ」

長門は、正面を指さして一言。

「ラスボス」

そこにいたのは──黄色いカチューシャがトレードマークの、オレにとってはこの上な
く迷惑なヤツだった。

「ハルヒ!? なんでアイツがここに?」

その疑問には答えず、いきなり長門の手がオレの腕を掴んだかと思うと、一気に数十メ
ートルは跳躍した。と同時に、今まで立っていた足場が変化。無数の棘が生えている。あ
のままあそこに突っ立っていたら串刺しだったのは間違いない。

着地と同時に、オレは自然とハルヒがいた場所に目を向けていた。
いない──と頭が理解する直前、耳元で破裂音が響いた。何かが爆発しているわけでは
なく、空間そのものが圧縮されて弾けているような感じだ。まったく訳が分からないと思
うが、オレだって目に見えない出来事なんだから訳が分からない。

逆に目に見えるものは、分かりやすくていいね。光の槍を手に、狂喜の笑みを浮かべる
ハルヒの姿。空間を切り裂いて出現し、オレの目前まで迫っている。

まったくもって良くない状況だ。
「うわっ」
槍に貫かれる──と思っていたが、その絶望的な衝撃は襲ってこなかった。思わず目を
閉じたオレが再び見たものは、自らの手で槍を受け止めている長門の血まみれの手だった。

「お、おい大丈夫か?」
「破損部分の再生は進行中。活動に支障はない。離れないで」

オレには目もくれず、長門が見ているのはそこに立つハルヒだ。けれどそれがハルヒ本
人じゃないことは、もうわかっている。
あれがつまり、この空間の創造主であり、谷口がイメージする畏怖の対象ってわけだ。
そういやあいつは中学時代からのハルヒの知り合いだったな。怖いって思う気持ちは、
なんとなくだが他人事じゃない気がする。

長門とハルヒ(もどき)は、互いに対峙したまま動かない。いや、口が動いている。ま
るでテープの20倍速みたいに長門が何かを唱えている。

どうやら最初の物理的攻防から一転、今度は情報レベルでの戦闘が繰り広げられている
ようだ。その証拠に、黄土色の地平線や澄み切った青空の所々がぐにゃりと歪み、歪んだ
かと思うと黄土色の世界に戻ろうとしている。

つまり、長門はこの空間とハルヒ(もどき)を、まとめて通常空間の情報に書き換えよ
うとしているようだが……しばらくして、長門は呪文を唱えるのを止めた。
決着が付いた……とは思えない。世界は黄土色の風景が続いている。

「ど、どうなったんだ?」
「失敗」

おいおい、それってマズイんじゃないのか?
ハルヒ(もどき)はニヤリと笑っている。その容姿でそういう笑い方はやめてもらいた
いもんだ。本当に悪党の親玉みたいに見えるぞ。

オレの胸の内に不安が広がると同時に、再びハルヒ(もどき)の物理攻撃が再開された。
正面のみならず、背後や真上からも光の槍が降ってくる。そのすべては直前で弾かれてい
るが、いつまで保つかはわからない。

「おい長門! どうすりゃいいんだ!?」

聞いたところでオレにできることなんて何もないが、せめて楽観できる情報は提供して
もらいたいとこだ。

「敵性個体の情報処理能力は多次元に渡って独自領域を形成し、今なお進化を続け、現時
点であたしの処理能力を上回っている。穴は開けたが、あたし1人では無理」

目の前でミサイルが炸裂しているような状況で淡々と語られても、心休まることはでき
そうにない。おまけにもたらされる情報は最悪なものとなれば、首をくくりたくなるって
もんだ。

「なんともならん、ってことか?」
「方法はある」
「だったら、それをすぐにしてくれ!」

叫ぶオレに向かって、長門は何か物言いたげに視線を向ける。心内を代弁するなら、「ホ
ントにいいのか?」ってとこだろうが、表情は能面のまま。どっちにしろ、今の状況より
マシになるんだったら何でもいいんだが……。

「まさか、おまえ自身がどうにかなっちまう方法じゃないだろうな? そういうのだった
ら別の手にしてくれ」
「自らの意志で有機形態での活動停止行動は禁止されている」
砕いて言えば、自殺できないってことだよな?
「じゃあ、安心だ。それでいいだろ」

まるで目の前で花火が炸裂しているかのように、ハルヒ(もどき)の槍が長門のシール
ドで弾かれている中、長門はしばしオレを見つめたあと、はっきりと聞き取れる言葉でこ
ういった。

「パーソナルネーム朝倉涼子の情報再結合を一時的に申請する」
……なんだって?
「許可したのは、あなた」

瞬間、世界は一変した。世界のすべてが光り輝いたかと思うと、砂のようになって落ち
ていく。足下さえも、どこへ落ちていくかもわからない闇の中へ吸い込まれるように散
って消える。

オレは変化した景色よりも、長門へ目を向けていた。その口元は通常のスピードで動い
ている。

そして、そんな長門の背後には、制服姿の女が1人。

忘れようったって、なかなか忘れられる姿じゃない。清楚そうなロングヘアーに細い四
肢。しなやかな指は、今回はごついアーミーナイフを持っているわけではなく、長門の肩
に手を置いて、長門と同じように口を動かしている。

何を言っているのか、残念ながらオレには聞き取れなかった。読心術の心得もないんで
ね、意味を推測することさえできないさ。

けれどそんな2人を見て、オレは「歌ってるようだな」と思った。思わず見とれるくら
いにね。朝倉の肩を持つわけではないが、対照的なこの2人が手を組めば、あらゆる意味
で無敵だろう。

だからなのか、あれだけ長門が苦戦したハルヒ(もどき)が砂人形のようにサラサラと
崩れて消えていく様を見ても、驚きもしなかった。

通常空間に戻った谷口の部屋は、そりゃあ混沌としていた。そんなところに朝倉と長門
がそろっているのは、部屋主にとって今後二度と訪れることのない奇跡だろうが、あいに
く、ひっくり返ったカエルみたいに動かず、せっかくの奇跡を体験できず終いだ。

こいつが目を覚ましたり、親が帰ってくる前にオレと長門、そして朝倉は谷口家をあと
にした。その間、黙って着いてくる朝倉が不気味に感じたのは言うまでもない。いつナイ
フを突きつけられるかわかったもんじゃないからな。

「もうこの辺りでいいんじゃない?」

人気が途絶えた道路の真ん中で、不意に朝倉が口を開いた。
そう言った朝倉は、間違いなくオレの知っている朝倉だった。状況を鑑みるに長門が今
目の前にいる朝倉を呼び出したみたいだが、その中身はオレを殺してハルヒの変化を狙っ
ていた朝倉に違いない。

「なぁに、その顔? もしかして、私は見た目だけだと思ってた?」

実を言えば、その通りだ。長門が朝倉を呼び出したのだから、オレに危害を加えたあの
朝倉とは見た目が同じだけかと思っていたが……どうやら違ったらしい。

「あなたを殺して涼宮さんの出方を見るのは、今でもいい方法だと思ってるのよ。でも安
心して。今はあなたに危害を加えることはしないから」
「信じられないな」

「だって、ここには長門さんがいるもの。それに、ほら」

くすくすと鈴の音のような笑いを漏らす朝倉は、自分の足下を指さした。その場所から、
以前と同じように結晶化している。

「一時的な情報の再結合だから、すぐに消えちゃうの。安心した?」
「ああ」
「私も安心した」

ニコニコと微笑みながら、訳の分からないことを言う。

「あなたが長門さんと仲よくしていて。あのとき殺すことに失敗したのが、結果的にはい
い方向に進んだみたいだね」
いいに決まってるだろう。殺されそうになったこっちの身にもなってくれ。
「そういう意味じゃないんだけどな。言語での情報伝達にはやっぱり齟齬が生まれちゃう
のかな? ま、仕方ないか」

もう、その姿は光に包まれて今にもかき消えようとしている。

「なんだっていいさ。オレは出来れば、おまえとは二度と会いたくない」

できる限り渋い表情で言ったつもりだが、朝倉には通じなかったらしい。

「うん、それ無理」

無邪気そのものの笑顔を残して、朝倉は消えた。

「朝倉涼子は」

珍しく、オレが何かを聞こうとする前に長門の方から口を開いてくれた。

「あたし自身に外的あるいは内的欠損が生じて活動不能に陥った際に、あたしに変わって
涼宮ハルヒを観測するのが本来の役目。先に起こった異常動作は想定外」
「あいつは急進派の手先じゃなかったのか?」

「そう。でもあらゆる派閥は表面的には手を結んでいる。対有機生命体コンタクト用イン
ターフェースは、単体での活動は特例を除いて禁則事項。メインとバックアップが存在す
る。バックアップはメインの指示に従うのが通例」

高度な情報生命体と言っても、やってることは政治の派閥闘争とあんま変わらないと思
うのは、オレの気のせいか? 互いの出方を牽制し合うためのツーマンセル制度なんだろ
うが、けれど急進派に属する朝倉は独断専行の挙げ句に失敗したわけだ。

情報統合思念体の中の急進派は、今じゃ肩身の狭い思いをしているんだろう。それがい
いことなのか、悪いことなのか、オレごとき凡人にはあずかり知らぬ話だ。

「あたしがメイン、朝倉涼子はバックアップ。そのため、朝倉涼子の情報を再結合するか
否かの判断はあたしに一任されている」
「さっきの朝倉は、またオレの前に現れそうなことを言ってたが……また呼び出さなきゃ
ならないようなことでもあるのか?」
「ない……とも限らない」

いつもは断言的な物言いをする長門にしては、珍しく歯切れの悪い言い方だ。不安にな
るじゃないか。

「でも」

と、長門は言葉を続ける。

「朝倉涼子があなたに再び危害を加えることがあっても問題ない」

長門は、感情の色をまったく見せない漆黒の双眸をオレに向けて、断言した。

「必ず守る」

その言葉に、オレはどう返事を返すべきだろうと、しばし考えた。ありきたりの感謝の
言葉じゃ、長門の一言に対する礼になってない気がしたからだ。
オレが返答に困っていると、長門はふいっと顔を背けて、音もなく歩き出す。その小さ
な後ろ姿を見て、「ああ、そうだな」と思う。

オレは、確かにおまえに守られるだけの無力な男かもしれない。それは認めるさ。
でも仮に、こんなオレでもおまえの役に立つことがあれば、足りない頭をフル稼働させ
て足掻いてみせる。それが、少しでもおまえの助けになるのならな。

だから、今の言葉に感謝なんかしないぞ。それが──仲間ってもんだろ?

こうして件のカマドウマ事件の後始末はすべて終了した。地方に飛んだ古泉と朝比奈さ
んも厄介な目にあったらしいが、それはまた別の話。今のオレの懸案事項は、二度目の朝
倉消失時にあいつが残した言葉の方だ。
二度と会いたくないと言ったオレに、朝倉は「無理」と言った。つまり、最低もう一度、
オレはあいつと面を付き合わせることになる可能性が高い。

なぁ~んてことを、このときのオレは深く考えていなかった。長門の言葉があったから、というのもあるが──。

それが12月の、改変された世界でのこととは夢にも思わなかったからな。




|