※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「おう」
長門「・・・」

スッ

キョン「もう・・・いいのか?」
長門「(コクッ)」
キョン「・・・」

ナデナデ

長門「?」
キョン「・・・」
長門「何」
キョン「あっ・・・いや、なんとなくだな・・・」
長門「?」
キョン「か、帰るか?」
長門「(コクッ)」

ハルヒ「はぁはぁ・・・!」
ハルヒ「あ、あれは・・・」
みくる「ひぃひぃ・・・す、涼宮さん、早すぎですよぉ・・・はぁはぁ・・・」
ハルヒ「な、何よアレ・・・」
みくる「えっ?・・・は、はわわ!キョン君たち、大胆・・・」
ハルヒ「・・・バカキョンッ!!!」
みくる「あっ!す、涼宮さん!?どこ行くんですかぁっ!?」

キョン「・・・」
長門「・・・」
キョン「・・・もう寒くないか?」
長門「(コクッ)」
キョン「そう・・・か」

ピタッ

長門「・・・着いた」
キョン「お、おぉ」
長門「今日は・・・ありがとう」
キョン「あぁ」
スッ
長門「これ、濡れてしまった」
キョン「え?ああ、気にすることねぇよ、じゃ俺は帰るな」
長門「・・・あの」
キョン「だからホント気にすんなって。じゃあまた明日な」
長門「・・・あ」

長門「・・・お茶・・・」

次の日

キョン「よぉハルヒ」
ハルヒ「・・・」
キョン「おいおい、いきなり無視か?」
ハルヒ「・・・っさい」
キョン「え?」
バンッ
ハルヒ「うるさいっ!」
キョン「うぉっ!な、なんだよ急に!」
ハルヒ「何よ・・・もう」
キョン「お、おい?」

国木田「・・・キョン、取り込み中悪いけど、古泉君が呼んでるよ」
キョン「え?あ、あぁ・・・わかった、すぐ行く」

ハルヒ「・・・ふんっ」

キョン「なんだ古泉、俺に用か・・・って長門も?」
古泉「とりあえずここで話すのは危険ですので、場所を変えましょう」
キョン「?どういうことだ?」
古泉「涼宮さんに聞かれては困ることなのです」
キョン「・・・わかった」
長門「・・・」

屋上

キョン「・・・古泉、一体何があったんだ?長門まで呼び出して」
古泉「いや、昨日のことでしてね」
キョン「・・・それがどうした」
古泉「まぁ、簡潔に言いましょう」
キョン「?」
古泉「閉鎖空間が・・・昨日の夕方から異常に増大しています」
キョン「・・・っな!?」
古泉「このままでは非常に危険です」
キョン「ど、どういうことだ!?」
古泉「理由は・・・朝比奈さんの話から大体判明しました」
キョン「あ、朝比奈さんの・・・?」

古泉「ええ。昨日の夜、閉鎖空間の話をしたらですね、朝比奈さんが心当たりがあるとおっしゃってました」
キョン「・・・どういうことだ?」
古泉「僕の口からは言いにくいことなのですが・・・」
長門「・・・あなたと抱き合っている姿を目撃された」
キョン「っ!?」
古泉「えぇ、そういうことなんです」
キョン「そ、それでハルヒは・・・」
古泉「まぁそうなるでしょう」
キョン「そんな・・・」
古泉「涼宮さんは、少なからずあなたに好意を持っていました。これは間違いないです」
キョン「・・・」
古泉「しかし、言い方が悪いでしょうが、あなたは涼宮ハルヒを裏切った」
キョン「俺がか!?・・・そ、そんな気はないぞ!」
古泉「いえ、涼宮さん本人にとっては大きな精神的動揺に繋がっています。その証拠に閉鎖空間が増大しているのです。」

長門「これ以上閉鎖空間が増大すると・・・危険」
キョン「な、長門・・・」
古泉「機関は大騒ぎですよ。まさかここまで悪化するとは想定していませんでした」
キョン「・・・俺はどうすればいいんだ」
古泉「涼宮さんは、長門さんとあなたの関係に激しい嫉妬感を持っています」
キョン「・・・」
古泉「簡潔に言いましょう・・・もうなるべく長門さんには近付かないで下さい」
キョン「っ!」

ガシッ!

キョン「長門がいじめられてるのを・・・見逃せってことかよっ!」
古泉「キョン君、落ち着いてください、冷静に話しましょう」
キョン「俺は何度も長門に助けられてるのに・・・こんな話あるか!」
長門「・・・」

古泉「長門さんに関しては、機関が全力でバックアップするつもりです」
キョン「・・・っ!」
スッ
古泉「あなたの気持ちもわかります。しかし、状況が状況です。協力してください」
キョン「・・・」
長門「・・・そういうこと」
キョン「な、長門・・・」
古泉「しばらく長門さんは学校を休みます。今日も部活には出ません」
キョン「そ、そこまでしないとダメなのか!?」
古泉「・・・これは長門さんの意思です」
キョン「長門の・・・くそっ!」
長門「・・・」

古泉「僕は、機関にこのことを報告するので・・・失礼します」

長門「・・・」
キョン「長門は・・・これでいいのか?」
長門「何が」
キョン「・・・」
長門「仕方のないこと」
キョン「すまない・・・」
長門「・・・謝らないで」

キーンコーンカーンコーン

キョン「・・・じゃあな、長門」
長門「(コクッ)」

長門「・・・」

キョン「・・・」
ハルヒ「どこ行ってたのよ?」
キョン「トイレだ、別にかまわないだろ」
ハルヒ「・・・有希のところじゃないの?」
キョン「っ!」
ハルヒ「ほら?図星ね、何してたのよ」
キョン「違う、俺は・・・」
ハルヒ「何よ?あたしに嘘ついても無駄なんだからね!」
キョン「・・・」
ハルヒ「ほら、何してたか話しなさいよ?どうせまたいやらしい事でもしてたんでしょ?」
キョン「!!て、てめぇっ!」
ガタッ!
谷口「お、おいキョン!何やってんだよ!落ち着けって!」
ハルヒ「な、何なのよバカキョン!!!」
キョン「クソッ!」
国木田「キョン、とりあえず落ち着こうよ!?皆も見てるし・・・」
キョン「はぁはぁ・・・」
ハルヒ「・・・」
キョン「・・・帰る」
谷口「おいキョン、どこ行くんだよ!?」
キョン「ついてくるな」
国木田「ちょ、ちょっと!?」

~部室~
キョン「ハァ・・・今さら戻ったら、めちゃくちゃ怒られるだろうな」
キョン「長門・・・」
キョン「あいつ・・・いつも一人ぼっちで・・・本読んでたんだな・・・」
キョン「・・・」

バタッ

キョン「っ!」
長門「・・・あ」
キョン「な、長門?なんでここに?」
長門「忘れ物」
キョン「も、もう帰るのか?」
長門「(コクリ)」
キョン「・・・そうか」
長門「あなたは、なぜここにいるの?」
キョン「え?あぁ、ハルヒと・・・少しな」
長門「・・・そう」
キョン「・・・」
長門「涼宮ハルヒとは・・・仲良くして」
キョン「な、長門・・・」
長門「そうしないと、この世界は終わる」
キョン「あぁ、わかってる」
長門「それに・・・私のことは気にしないで」
キョン「・・・わかったよ」

長門「・・・じゃ」
キョン「・・・ちょっと待てくれ」
長門「?」
キョン「長門、寒くないか?」
長門「別に・・・!?」

ギュッ

キョン「・・・暖かいか?」
長門「・・・」
キョン「ごめんな、俺のせいでこんなことになって」
長門「・・・あなたのせいじゃない」
キョン「いや、俺のせいにしといてくれ」
長門「・・・(コクッ)」

スッ

キョン「じゃ・・・またな」
長門「・・・また」

ガラッ
谷口「お、おおキョン、何してたんだよ?もう昼休みだぞ?」
キョン「ハルヒは?」
谷口「あいつか?またどっかに消えてったな」
キョン「わかった。すまなかったな、心配かけて」
谷口「いや、気にするな!しかしお前があんなにカーッとなるな・・・っていねぇし」

中庭

ハルヒ「・・・はぁ」
キョン「おいおい、どうした?そんな深い溜め息ついて」
ハルヒ「キョ、キョン!!いつ帰って来たの!?」
キョン「ついさっきだ。部室で頭冷やしてたんだよ」
ハルヒ「何よそれ・・・あたしに言うことあるんじゃないの!?」
グイッ
キョン「っと!お、おい!ネクタイは引っ張るなっ!」
ハルヒ「いいから早く言いなさいよ!」
キョン「・・・すまなかった、反省してるよ」
ハルヒ「・・・(ぷいっ)」

キョン「何だよその態度は・・・謝っただろ?」
ハルヒ「・・・うっさいわね」
キョン「・・・」
ハルヒ「・・・あたしも少し言い過ぎた・・・」
キョン「・・・そうだな」
ハルヒ「でも、殴ろうとすることはないでしょ!?」
キョン「い、いやあれはだな、ついカーッとなって・・・」
ハルヒ「団長を殴るなんて二千億年早いのよ!」
バシッ
キョン「いでっ!わ、わかってるよ!だから叩くな!」

ハルヒ「・・・本当に反省してる?」
キョン「あぁ、悪かったよ。めちゃくちゃ反省してるさ」
ハルヒ「・・・」
キョン「だから許してくれよ?な?」
ハルヒ「・・・わかったわ。でも今度あたしを殴ろうとしたら、SOS団強制脱退よ!?いいわね!」
キョン「わーったよ!(俺は別に構わないが・・・)」
ハルヒ「今なんか言った?」
キョン「い、いや言ってない!」
ハルヒ「怪しいわね・・・まぁいいわ、罰として今度何か奢りなさい!」
キョン「あー、はいはい、わかったよ」
ハルヒ「じゃあ、あたしはお昼食べに行くから!キョンも早く食べちゃいなさいよ?」
キョン「言われなくてもわかってる」
キョン「・・・」

キョン「(・・・長門、これでいいんだよな?・・・)」

放課後

キョン「朝比奈さーん、入りますよ?」
みくる「・・・どうぞ」
ガチャ
キョン「こんにち・・・って朝比奈さん!なんで泣いてるんですか!?」
みくる「ぐすっ・・・わ、わたしのせいで・・・長門さんが・・・ふぇぇぇん!」
キョン「い、いや、朝比奈さんのせいじゃないですよ?」
みくる「古泉くんに・・・ぐすっ・・・あのこと話したのが間違いでしたぁ・・・まさか機関があそこまで動くなんて・・・」
キョン「朝比奈さん、落ち着いてください」
みくる「キョン君・・・怒ってるでしょ?」
キョン「・・・」
みくる「キョン君は・・・長門さんのこと・・・」
キョン「朝比奈さんっ!!」
みくる「ひっ!」
キョン「これは、誰のせいでもないです」
みくる「・・・」
キョン「それに・・・俺は誰も責める気はありません」
みくる「・・・はい」
キョン「これは・・・俺とハルヒの問題です」
みくる「キョ、キョン君・・・」

古泉「よく理解してくれていて、幸いです」
キョン「・・・古泉」
古泉「どうやら涼宮さんとは復縁できたようですね。閉鎖空間が減少してきています」
キョン「・・・」
みくる「古泉君・・・長門さんは・・・」
古泉「今日は早退させました。涼宮さんが長門さんの顔を見てどういう反応をするか・・・最悪のことを考えての配慮です」
みくる「そ、そこまでするこ・・・」

ハルヒ「やっほーーー!うわっ、やっぱ寒いわねー!みくるちゃん、お茶ちょーだい!」
みくる「えぁっ!?は、はい」
ハルヒ「あれ?みくるちゃん目赤いよ?どうしたの?」
みくる「た、ただの寝不足です!」
ハルヒ「・・・ふーん」
キョン「・・・」

ハルヒ「あれ?有希は?」
古泉「・・・長門さんなら、海外に行っているそうです」
ハルヒ「海外?何で今頃・・・」
キョン「・・・」
古泉「親族の方がエクアドルにお住みで、どうやら長門さんの祖母が危篤らしいのです」
ハルヒ「・・・そうなの」
古泉「ですので、しばらく学校には来れないそうです」
ハルヒ「ふーん」
キョン「っ!(なんでそんなに冷静なんだよっ!)」

ギュ

キョン「・・・朝比奈さん?」
みくる「キョン君、落ち着いて・・・今は・・・我慢しないと・・・」
キョン「・・・わかってます」
みくる「・・・キョン君・・・」

キョン「・・・」
ハルヒ「・・・」
みくる「・・・」
古泉「・・・」

ガタッ

ハルヒ「?」
みくる「あ、あの・・・わたし、今日ちょっと用事があるので・・・これで失礼してもいいですか?」
ハルヒ「え?あぁ・・・じゃあ今日はこれでお開きにしましょ」
古泉「わかりました。キョン君、帰りましょう」
キョン「・・・あぁ」
古泉「じゃあ涼宮さん、僕たちは先に失礼します」
ハルヒ「うん・・・じゃあね、古泉君、キョン」
キョン「・・・じゃあな」

古泉「・・・」
キョン「・・・」
古泉「キョン君?どこに行くのですか?」
キョン「・・・少しな」
古泉「長門さんのところですか?」
キョン「・・・だったら何だ」
古泉「フフ、僕に止める気はありませんよ」
キョン「・・・」
古泉「と言うより、僕にはあなたを止める権利がない」
キョン「・・・」
古泉「しかし、その行動があなたと長門さんにとってに正しい選択とはいえません」
キョン「・・・わかってるよ、古泉」
古泉「キョン君、よく考えて行動してください。僕が言いたいことはそれだけです」
キョン「あぁ」
古泉「では、また明日」
キョン「・・・」


|