長門「・・・」
パタン
キョン「さてと・・・帰るか」
長門「(コク)」
キョン「・・・」

スタスタ

女子A「あぁ~長門さん、男と帰ってるぅ!まじきも~!」
女子B「うっそ?あの長門さんがぁ?」
女子C「マジだぁ!あの男の子かわいそ~・・・」

キョン「(なんだあいつら)」
長門「・・・」
スッ
キョン「お、おい長門、なんで俺に隠れるんだ?」
長門「・・・」
ギュッ
キョン「・・・あいつらとなにかあったのか?」
長門「・・・」

長門「何も・・・ない」
キョン「・・・じゃあなんで俺の裾を握ってるんだ?」
長門「・・・」
キョン「なぁ・・・長門、たまには俺にも頼ってくれよ」
長門「あなたに頼る必要性がない」
キョン「・・・」

女子A「うっわ、長門さんあれで隠れてるつもり?」
女子B「全然バレバレなんだけど」
女子C「まじきもー!ねぇ、ちょっと写真撮っとこうよ」

カシャカシャ
キャハハ

キョン「っ!あいつらッ!」
長門「!」
ガシッ
キョン「お、おい!なんで止めるんだっ!」
長門「・・・ダメ」
キョン「離せよっ!」
長門「・・・許可できない」
キョン「な、長門・・・」

女子B「キャハハッ!あたし10枚も撮っちゃったよ!」
女子A「うっそ!?見せて見せて!」
女子C「うっわーーきもすぎ!写真写り最悪ジャン!」
女子A「これチェンメで流そうよ!!」
女子B「それいいね~」

キャハハッ・・・・・・・

長門「・・・」
スッ
キョン「なんで・・・止めたんだ」
長門「・・・」
キョン「長門・・・俺をかばったのか?」
長門「・・・彼女たちが保持している私たちの画像データは、今日中に削除しておく」
キョン「!?」
長門「あなたに・・・迷惑はかけない。心配しないで」
キョン「お、おいっ長門!俺はそんなこと言ってるんじゃ・・・」
長門「・・・もうあなたとは一緒にいない方がいい・・・」

スタスタ

キョン「長門!?ちょ、ちょっと待てよ!」

次の日

キョン「あれ?長門は・・・?」
みくる「え?えぇと・・・今日は長門さんお休みだそうです・・・」
キョン「あいつが休み?あの、朝比奈さん・・・なんでか知ってますか?」
みくる「・・・し、知らないです」
キョン「風邪かな・・・情報統合思念体でも病気になるんでしょうかね?」
みくる「・・・」
キョン「(もしかして・・・昨日のことか?)」

ハルヒ「やっほーーー!ってあれ?有希は?」
キョン「ん?お休みだそうだぞ?」
ハルヒ「うっそ?あたし今日昼休み見かけたけど・・・」
キョン「え?でも朝比奈さんが今日休みだって」
みくる「・・・」
ハルヒ「みくるちゃんが?」
みくる「・・・うっ・・・」
キョン「!?」
ハルヒ「ちょ、ちょっとみくるちゃん!?どうしたの!?」
みくる「ふ、ふぇぇ・・・んっ・・・」
キョン「あ、朝比奈さん!?」

ガチャ
古泉「こんにちわ・・・って、なんですかこの騒ぎは」
キョン「朝比奈さん?何かあったのですか?」
古泉「キョン君、どうかなされましたか?」
ハルヒ「ちょっと!古泉君邪魔!」
古泉「いたっ・・・ふぅ・・・僕は蚊帳の外ですか。・・・あれ?そういえば長門さんの姿が見当たらないですね」
ハルヒ「みくるちゃん、落ち着いて・・・一体何があったの?」
みくる「ひっ・・・ひくっ・・・」
キョン「おい古泉、今日長門を見かけなかったか?」
古泉「長門さんを?ええ、それならさっき見かけましたけど」
キョン「なっ!?ど、とこで見た!?」
古泉「ととっ・・・ちょっと落ち着いてくださいよ」
キョン「いいから早く話せ!」
古泉「なんだか3人の女子と口論していた様な雰囲気でしたよ・・・」
キョン「さ、3人だと!?」
ハルヒ「ちょっと・・・みくるちゃん、どういうことよっ!?」
みくる「ぐすっ・・・長門さんのこと・・・いじめてた・・・女の子が・・・私に・・・」
キョン「ま、まさか・・・」
みくる「長門さんは・・・学校を休んでるって・・・皆に伝えろって言われて・・・私怖くて・・・う、うわぁぁんっ」

キョン「くそっ!」

バタンッ

ハルヒ「ちょっと!?キョン!!!」


女子A「ねぇ長門さん、あんまり調子乗らない方がいいよ?」
長門「何が」
女子B「はぁ?何とぼけてんの?昨日のことだよ!」
バンッ
ドサッ
長門「・・・」
女子C「あんた男の子と一緒に歩いてたじゃん!?」
長門「・・・」
女子A「長門さんが青春感じるのなんて百万年早いと思うんだよね~っ」
女子B「キャハハッ!それ長すぎーーっ!」

バシッ

長門「っ・・・」

バシャ!

女子A「とりあえず・・・今日はこれで許してあげるからね~」
女子B「キャハハハッ!びしょ濡れじゃん!さむそ~っ」
女子C「つぅーっことで、あんたが今度男の子と歩いてたら・・・ただじゃおかないからね~♪」

キャハハハッ・・・

長門「・・・冷たい・・・」

長門「・・・」

長門「部活出ないと・・・」

キョン「ハッハッハッ」
長門「・・・あ」
キョン「はぁはぁはぁ・・・っっ!な、長門!!!」
長門「・・・」
キョン「お、おいっ!びしょ濡れじゃないか!」
長門「・・・」
キョン「だ、誰がこんなこと!!」
長門「・・・」
キョン「く、くそっ!!!ち、ちきしょうっ・・・・・ぐっ・・・」
長門「・・・なんで泣くの」
キョン「っ・・・」
長門「・・・」
キョン「俺は・・・長門に何も・・・してやれなく・・・て・・・」
長門「・・・」
キョン「男のくせに・・・長門に何度も助けられてるのに・・・最低だ・・・」
長門「泣かないで」
キョン「うっ・・・ぐっ・・・・」

長門「・・・泣かないで」

ハルヒ「はぁはぁ・・・キョ、キョン!?」
キョン「・・・ハル・・・ヒ・・・」
ハルヒ「ど、どうしたのよ!?」
長門「・・・」
ハルヒ「有希!?ちょ、ちょっと!びしょ濡れじゃない!?」
キョン「・・・俺のせいだ」
ハルヒ「えっ?」
長門「・・・違う」
キョン「いや、俺のせいなんだ・・・長門のこと・・・グッ」
長門「・・・」


長門「今日は・・・帰る」

ハルヒ「ちょっと?有希!?待ってよ!?」
長門「ついてこないで」
ハルヒ「ゆ、有希?」

ハルヒ「キョン・・・一体どうしたって言うのよ?」
キョン「・・・くっ・・・」
ハルヒ「キョン・・・ねぇってば・・・」
パタパタッ
みくる「す、涼宮さぁんっ!」
ハルヒ「みくるちゃん・・・」
みくる「さ、さ、さっき長門さんがびしょ濡れで歩いてて・・・」
ハルヒ「知ってるわ」
みくる「どどどーしよ・・・わ、わたしのせいで・・・長門さんが・・・」
ガシッ
みくる「!?」
ハルヒ「泣かないでっ!」
みくる「は、はいっ」
ハルヒ「・・・キョン?」
キョン「・・・なんだ」
ハルヒ「有希は・・・いじめられてるの?」
キョン「・・・あぁ」

ハルヒ「・・・許せない」
キョン「・・・」
ハルヒ「少しおとなしい子だからって、あんなひどいことするなんて・・・」
キョン「・・・」
ハルヒ「みくるちゃん」
みくる「は、はひっ」
ハルヒ「奴らの顔覚えてる?」
みくる「え、えぇと・・・多分・・・」
ハルヒ「探しに行くわよっ!早くっ!」
みくる「はわわ!そ、そんな強く引っ張らないで!」
ハルヒ「キョン、あんたも来なさいッ!」
キョン「・・・」
ハルヒ「ちょっと!?聞いてるの!?」
キョン「・・・長門」
ハルヒ「キョン?」
キョン「・・・長門は・・・」

キョン「長門は俺が守る」

ハルヒ「・・・っ!?キョン!?どこ行くの!?」
みくる「キ、キョン君!?」


長門「クシュッ」
長門「・・・あ」
キョン「はぁはぁ・・・」
長門「何」
キョン「・・・だ、大丈夫か?」
長門「大丈夫・・・クシュッ」
キョン「風邪・・・ひくぞ」
長門「情報操作すれば大丈夫」
キョン「ほれ」

スッ

長門「これは?」
キョン「・・・これ着ろ」
長門「・・・(コクッ)」

キョン「・・・少し大きすぎるな」
長門「大丈夫」
キョン「・・・」
長門「・・・暖かい」
キョン「そ、そうか?」
長門「(コクッ)」

キョン「なぁ、長門」
長門「?」
キョン「俺は・・・お前に何もできないけど・・・もし本当につらくなったら、俺に言ってくれ」
長門「・・・」
キョン「大したことはできないけど・・・俺、頑張るからさ」
長門「(コクッ)」
キョン「・・・ごめんな」

ギュッ

長門「?」
キョン「・・・これでもっと暖かくなるだろ?」
長門「あまり・・・変わらない」
キョン「そ、そうか?・・・すまない」
長門「別にいい」

ギュッ

長門「・・・ありがとう」



|