古泉「我が同士・長門さん…」
長門「同士・古泉、どうした?」
古泉「掘り過ぎたせいか彼の窮屈さがめっきり失せてしまって…このままでは耐えられない!彼のアナル復活に協力して下さい!」
長門「任されよ同士・古泉、これを飲ませるがよい」

古泉「きょ~ん☆たんっ♪」
キョン「キメッ、なんか用かよ」
古泉「古泉注文、同士・長門謹製のア○○○○ンを食らえ!」
キョン「ゴクン、なにしやが…ぐうっ!?骨が(ry」

きょん「ふえあ…なんだあ…?げっ!からだがちいさくなってる!?またおまえらのわるだくみだな!!!」
古泉「流石に貴方の菊も幼いですねえ。なあに、心配せずとも僕が一から育て直してあげますよwwwwww」コウヤッテネ!
きょん「あっー!」


長門「おーっと事態は禁断の変態×あどけない少年にハッテン~~~~wwwwww」パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ
ハルヒ「えっ少年!?(゚∀。;)≡(;。∀゚)どこどこ!!?」



●<僕のテトドンを見てどう思いますか?
キョン「すごく……ちいさいです」



一年に居る古泉って子あれがちっちゃいんだってー
えーハンサムだから大きいのかと思ってた~
でもなんかそれはそれで可愛くない!?
なんかそそるよねー



●<!?
●<…
●<何か今さ寒気が??



もし古泉のテトドンがものすごい大きかったら

古泉「こんにちはー」
キョン「うわ、古泉、部室に来るなって言ってんだろ!」
ハルヒ「ちょっとー、座るところなくなっちゃうでしょー!」
みくる「みなさん、お茶がはいり……キャーッ!バシャ! 熱いですぅ~なんかにつまずきました~」
長門「邪魔」

古泉「ウホーン……」



ウホ泉「ハルヒさんハルヒさん」
ハルヒ「?」

ウホ「閉鎖空間はあるかい?」

ハルヒ「さっき潰したでしょ」

ウホ泉「……ウホーン」



ウホ泉「谷口さん、谷口さん」
谷口「?」

ウホ泉「君はいつもチャックを開けっ放しにしているって本当かい!?」

谷口「ゲッ!いけね!またチャック開いてた」ジジー……

谷口「サンキュー、教えてくれて!」
ウホ泉「……ウホーン」



キ「おい古泉」
古「何ですか?」
キ「風が強いんだから・・・ってレベルじゃねーぞ!!ズボンのベルトしろよ!!」
古「問題ありません」
キ「いや、流石にチンコが見えるのはマズイと思うぞ」
古「問題ありません。これからあなたを掘るんですから」

アッー!



ウホ泉「長門さん、長門さん」
長門「?」

ウホ泉「男同士が抱き合っている写真集はあるかい?」

長門「1598冊ある。それがなにか?」

ウホ泉「((((((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル」



ウホ泉「あ……ありのまま今起こったことを話すウホ。
     キョンたんだと思ってアナルにテトドンを突っ込んだら、
     二宮金次郎の銅像だったウホ。
     な…何言ってるのかわからないとおもうけど
     僕も自分でなにやってるのかわからなかったウホ!
     抜けないとか恥ずかしいとか
     そんなチャチなもんじゃあ 断じてなかったウホ!
     ふんもっふ恐ろしいもの片鱗を味わったウホ!」

キョン「ハルヒ、チェーンソー持ってきてくれないか」



ウホ泉「いいことを考えた!お前おれのケツの穴でションベンするウホ」

キョン「それはさっきやったでしょ」

ウホ泉「……ウホーン。  ……え!?」



ウホ泉「キョンたんキョンたん」
キョン「?」

ウホ泉「新刊が今年中に出るって噂ウホー!」

キョン「もうこの前出ただろ」

ウホ泉「……ウホーン。……え!?」
キョン「じゃあ、俺帰るわ」

ウホ泉「『学校』の新刊じゃなくて『ハルヒ』だよ!」
キョン「はいはい、わかったわかった。そういうデマはもう何度も聞いた」

ウホ泉「今度は本当ウホ、今度は本当なんだウホ!……」グスン……



ハルヒ「それじゃおやすみー!ノシ」
キョン「ああ、風邪ひくなよ」
長門「……おやすみ。」
キョン「おう、また明日な」
みくる「おやすみなさいでしゅー」
キョン「おやすみなさい朝比奈さん」
神人「おやすみなさいっ♪」
キョン「ん、平和な夜を過ごせよ」
古泉「それでは僕も、おやすみなさい^^」
キョン「うん、起きなくていいぞ」

古泉「……分かっていましたけどね^^」
ポンッ
古泉「?」
ウホ泉「僕と一緒に寝るウホ!」
古泉「ウホ泉……///」

ネルウホ



ちゅるや「キョン君キョン君」
ウホ泉「キョンタンキョンタン」
キョン「なんですか?」
ちゅるや「ウホ泉君はわたしのパクリと思わないかい?」
ウホ泉「そんなことないですよね?」
キョン「…」

キョン「どうでもいいです」



ちゅるや「…にょろーん」
ウホ泉「…ウホーン」
キョン「どうでもいいです」



ウホ泉「ただのアナルには興味ありません。宇宙人、未来人、異世界人、超能力者のアナルがあったら、
     僕のところに来るウホ!以上!」

キョン「この前の自己紹介のアレ、どこまで本気なんだ」
ウホ泉「この前のって何ウホ?」
キョン「だから宇宙人がどうとか……」
ウホ泉「あなたは宇宙人ウホ!?」
キョン「いや、違うけど……」
ウホ泉「ヤッター!さっそく脱ぐウホ脱ぐウホ!」
キョン「ち、違うって言ってんだろ!てめえ、ちょ、ちょっとまて」
ウホ泉「こ、これが宇宙人のアナル……意外と綺麗な穴だウホ…ゴクリ」
キョン「アッー」



ウホ泉「朝倉しゃん朝倉しゃん」
朝倉「何?ホモ泉君」

ウホ泉「ホ、ホモじゃないよ僕は!キョンタンラブなだけだウホ!」
朝倉「それをホモというのよ」

ウホ泉「そんなことより朝倉しゃんの歌が悲惨だとか言われてるんですよ!あんなこと言わせておいていいんですか?」
朝倉「いいじゃない……別に人の感じ方なんてそれぞれじゃない?」

ウホ「そ、そんな……他にも歌が下手すぎとか、音がずれてるとか、単なる替え歌じゃねとか、
    声がオバサン声っぽく聞こえるとか、ぶっちゃけ眉毛濃すぎとかいろいろひどいこと言われてるウホー!」
朝倉「……」



ウホ泉「う……う、うほほほーん…はっ! あ、あれ?こ、ここは? か、体下半分の感触がないウホ……」



「地獄アナル」


キョン「ぐあぁああぁぁああぁ!!!!!!!!」
ブボッグブバハビビラッ!!!!
肛門が灼熱のような熱い

そう、俺は便秘気味だからいつもイチジク浣腸を使っている。
だが最近は慣れてきてしまい効き目がイマイチだった。
だからやっちまったんだ。
イチジク浣腸のタバスコミックスを。
辛い物は血の流れをよくすると聞いたからだ。
それがどうだ、これじゃまるで地獄の入り口だ。

キョン「ぐがああああっ!!!!んんんんんんピキポチパリポルププラ!!!」

もうわけがわからない
焼けそうだ。

すでに当たり一面糞まみれだ。

教室だぞここは。

キョン「見ないで!見ないでえええおあがががが!!!!!」

ぎゅぶばひひゅひゅひゃぼ!!!!



終わり



ウホ泉「キョンタン、キョンタン」
キョン「?」

ウホ泉「この辺りで掘りやすそうないいアナルはないかい?」

キョン「>>288があるでしょう」

ウホ泉「うっほほほーん!」

ウホ泉「ウホ!!」
キョン「どうした?」

ウホ泉「あ、ありのまま、今起こったことを話すウホ!
   『アナルに入れようとしてテトドンを放り込んだら古泉が既に掘っていた!』
   何を言ってるのかわからないと思うが、僕も何が起こったのかわからなかった。
   頭がどうにかなりそうだったウホ。
   順番待ちだとか、同時に二本刺しだとかそんなチャチなもんじゃあ断じて無いウホ
   もっと恐ろしいもののテトドンを味わったウホ!」

古泉「やらないか」



長門「>>300許せん万死に値する(#########゚ρ゚)ビギビギ」
キョン「そこまで怒らんでも…」
みくる「長門しゃん、ビキビキし過ぎて皮膚がしゃけてまちゅぜ」



みくる「へーちょ」



長門「ないわ」



新スレ記念オープニングテーマ
「真赤な痔害」 うた:古山芳樹

ウホォーォオ ウホォーォオ アッアアアッアッアッー!
ウホォーォオ ウホォーォオ アッアアアッアッアッー!

やおいGO

オチつくる暇なんかないさ 考える余裕なんかないさ
ありったけの理屈を脇に くそみその肛門の中へ

あまりにも小さな アナルの幅 世間の理解
絶対負けるもんかテドドン唸れ

今はわからない奴ばかりだけど
信じるこの道をフンモッフだけさ
どんなガチでもノンケでも構わない
この腰止めるもんか 真赤な痔害

いつまでも いつまでも 掘り続けるんだ
どこまでも どこまでも アナルへの通気孔
どこまでも どこまでも 燃えたぎるテドドン マッガーレ

いつだってカルピス溢れた そのアナル 兄貴たちの夢
どうしても守り抜かなくちゃ このイチモツがみなぎる限り

なんでもいいからホモが泣かない世界が欲しい
絶対見つけるんだ真実のゲイ

女相手に落ち込んだとしても
萎え萎えじゃだめだ 前を向こう
キョンタンの穴ホルホルこの使命を
思い切り抱きしめて やらないかい

ウホォーォオ ウホォーォオ アッアアアッアッアッー!
ウホォーォオ ウホォーォオ アッアアアッアッアッー!

今はわからないことばかりだけど
信じるこの道を進むだけさ
どんなホモでもヘテロでも構わない
この竿下ろすもんか 真赤だ……痔かい?

いつまでも いつまでも 掘り続けるんだ
どこまでも どこまでも アナルへのロードを
いつまでも いつまでも 出し続けるんだ
どこまでも どこまでも 燃えたぎる精子を マッガーレ

アッーーーーーーーーーーーー



ウホ泉「キョンタンキョンタン、アナルはあるかい?」
ちゅるや「キョンくんキョンくん、スモークチーズはあるかい?」

キョン「どっちもありません」

ウホ泉「……うほほほーん」
ちゅるや「アナルはあるはずにょろ……」



ハルヒ「ちょっとキョン!わたしのアナル掘ったでしょ」
キョン「ちがう、掘られたんだ」
ハルヒ「……ごめん」


古泉「ふんもっふ♪マッガーレ♪」
みくる「古泉さんどうしたんですかねぇ~?」
長門「…生理的に無理」
古泉「ふんもっふ…(でもキョンたんがいれば)…ふんもっふ♪マッガーレ♪」
長門「きめぇwww」
キョン「…でも少しよかった、
きゃw言っちゃった///」

( ゚д゚ )



谷口「ぎゃー!しまった!花壇で野糞しようとしたらトラバサミと落とし穴と鉄球のトラップに引っかかっちまったぜい!」
古泉「うほッwこんなところに良いアナルwwwwwwwwそれじゃちょいと失礼して… カチャカチャ さっそく掘らせて頂きますよ!」
谷口「や、やめれ~!くそみそくそみそー!完全体に、完全体になりさえすればー!くそみそくそみそー!完全体に、完全体になりさえすればー!」
古泉「ほれほれ~www入っちゃうますよ?wwwこのままじゃあなたのアナルに僕のオチンロンがタントゥタンですよ~wwwww掘る掘る掘る掘る掘るwwwww」

ガサガサ…

古泉「はっ!? 僕の背後を取るとは…何奴!?」
キョン「こっちのア~ナ~ルはあ~まいぞ~♪」
岡部「こっちのア~ナ~ルはか~らいぞ~wwwwww」
古泉「う、うわぁぁぁ!おいしそうなアナルが三つも…ぼ、僕はどうしたr あっ、なんかチクッときた…」
みくる「ふふふ…ショータイムはこれからでしゅよ!(しゃしゅがジャムおじさん似の博士謹製の吹き矢でしゅー!あのタフでマッチョなホモ人間をイチコロで仕留めたでしゅよ~wwwww)」
古泉「くっ…ま、まさかあそこ(トイレ)からこの毒スネークを放ったというのか……!!? な、なんたる肺活力、なんたる毒新川、不覚…バタンQ~(死)」
長門「ハブ=鶴屋」
新川・岡部・キョン「「「セイッ!セイッ!セイッ!セイッ!」」」
谷口「アッー!なにこれー!?なんで三人同時に…アッー!マジナニコレー!!?」
みくる「無い!無い!タイムマシーンが無いよう!!」
妹「やっ、らめぇー!みくるひゃんやめれっ!しょ、ひょんなところに入っちらめなにょぉぉぉぉぉー!!!」
長門「嫌がる妹をよそに、みくるは便器をムリクリくぐりぬけた、するとそこには…ななんと閉鎖空間が広がっていたのだ!どうなるみくるっ」って保守。



キョン「次はサンタクロースについてだ~~~!」カーッ!
長門「知ってます、サンディ・クローズでしょ!」
キョン「ウーギーブーギー通称ブギー何ぞに影響されるな~~~!」カッカーッ!
長門「違います、ジャック・スケリントン通称ジャックです!」
キョン「どっちでもええわい!この俺が正しいサンタをだな(ry」

ばりーん
古泉「ハアーイ、MOROBITO-KOZORITE!どんな意味かはワカラナーイ!」HAHAHAHA
長門「あっサンディだサンディだ!」
キョン「何っ貴様が本物のサンタ像を惑わせている“真紅の魔サンタ”か!」カーッ!
古泉「そーんなCHUNI-BYOチックな名前じゃないアルよ?皆々にプレゼントをプレゼントしマース♪」オーウ、ナイスギャグww
長門「サンディを教えてサンディ!」
キョン「『サンタ』だというのに~~~!」カーッ!

古泉「ちんちくりんちゃんにはコレだ!チンチクリンとなるクリスマスベルっ♪」オーウ、マタマタカマシテシマッターww
キョン「読めたぞ、その“魔鈴(まりん)”で鼓膜を破る気か~~~!」カッカーッ!
古泉「あなたにはこれなのデース!『じーっ』YA  RA  NA  I  KA」


アッー



キョン「ただいまー」
妹「あっ!キョン君おかえりー!部屋にキョン君のお友達来てるよ~」
キョン「ん?誰だろ?」

ガチャ

古泉「あっ!」
キョン「お前!その手に持ってるのは俺のブリーフじゃねぇか!何してやがるコノヤロウ!!」
古泉「おっ落ち着いてください!誤解です!
僕はただ臭いを嗅いでいただけです!」



キョン「ケツ痛い…」
古泉「まあ初めてはそんなものですよ」
キョン「しかしスイスイ行くにはもっと経験が必要か…」
古泉「ええそうですね、あんまり力むのはよくないかと」
キョン「しかしな……体重移動がむずかしいんだよな」
古泉「「今度また行きましょうか?」
キョン「ああ、もっとうまくなりたいしな」


ハルヒ「ちょっと!!あんた達こんな昼間になんて話してんのよ!」

キョン「何って……古泉のアレが太すぎて俺のアナルが壊れたんだよ」

ハルヒ「わ!ご、ごめん!勘違いしてた!!あたし帰るね」



ある日キョン少年が部室に行くと、古泉君のお尻から大きな蕪が生えていました
古泉君「ありのまま今起こったことを話ます
 『部室に入って座ったと思ったらアナルから蕪が生えていた』
 催眠術とか超スピードとかそんなチャチなものじゃあ断じてありません
 もっと恐ろしい快感を味わいました」
キョン君「これは大きな蕪だぞ!早く抜いてみんなで食べよう!」
うんとこしょ アッー! どっこいしょ アッー!
それでも蕪は抜けません
キョン君「困ったなぁ」

キョン君「引いてダメなら押してみりゃいいんじゃね?」
古泉君「うはwwwww天才ktkrwwwww」
キョン君「うりゃりゃりゃ!」
古泉君「アッー!もっとゆっくり!」
キョン君「古泉君の生アナルを発掘してもよろしいでしょうか?」
古泉君「(いけない!菊門が敏感になっているのを知られたら……)」
キョン君「古泉君のアナルは俺に弄られる為にあるんですものね」
古泉君「クヤシィッ!でも……」ビクビクッ
キョン君「どうだい?甘い痺れがいつまでもとれないだろう?」



古泉「よしピンチですね、もといチャンス!制服パージ!」
みくる「ってこっちもなんか出ましたぁ?!服を脱がないでくださぃ…」
古泉「マガッレー展開!」みくる「それ閉鎖空間でしかなれないんじゃないでしたっけ?もういっちゃたです」
●<テトドンセット!
キョン「お、どうした古」●<テトドンアナルクラッシャー!
キョン「アダダダダダッ裂ける裂ける裂けるぅぅぅ!!?」



キョン「(今の時間ならなら言える。)一分古泉」
古泉「キョンタン///」
キョン「いや違うんだ・・・やっぱ正直になろう好きだ古泉」
古泉「やっと愛が実りましたねでは」

古泉「・・・ドリームか」



キョン「トイレトイレっ!」

ガチャバタン

キョン「う~ん。ふんっ!!!!」ボトボトボトッ
ブィ~ンビュシュ~
ビ~ンブィ~ン

キョン「あぁぁっ、あ、あん、ああぁ!!!」
ブインブインブイン
キョン「アーッ!」

・・・

ガチャバタン

キョン妹「キョンくんどうしたの?」
キョン「ただのウォシュレットだ・・・。」



|