ハルヒ「キョンが入院!?」
みくる「ほ、ホントでしゅか!?」
長門「……ユニーク」
ハルヒ「これは真偽を確かめないといけないわね!」

――病室にて
ハルヒ「ちょっとキョン大丈夫!?」
みくる「いったい何があったんでしゅか!?」
長門「おいちゃんに話してごらん」
キョン「な、なんでもねーよ……」
ハルヒ「なんでもないってことないでしょ!?」
キョン「う、うるせーな!痔だよ痔!!古泉の奴が俺のアナルを掘るから限界がきたんだよ!」


古泉「なるほど、キョンたんは痔ですか。そういうプレイも悪くないですね」
キョン「げぇっ!古泉!!」
古泉「では記念に一発……」
キョン「痛快プレイだけは!痛快プレイだけは!」



キョン「じゃあ俺が掘りますよ」
ちゅるや「アッー!と思いきや……引っ掛かったな小物め!!」バリバリ
長門「んっ……もっと激しく突いて……」
キョン「うはwwwwww予想外だけどむしろ歓迎wwwwwwwwww」










長門「と思いきや……」バリバリ
古泉「実はキョンたんが掘ってるアナルは僕のですよ」
キョン「イク寸前に言うなぁぁあああ!!」ドピュドピュ
古泉「ああっ!熱いのが僕のなかに!!」



古泉「ファァァ……ライング、、、アッナーーーールッッッ!!!」

説明しよう!
フライングアナルとは長州小力似のアナル、つまりオナラを我慢するあまりちょっと実が出てしまったアナルのことである!

古泉「も、漏れてないっスよ。自分の年で漏らしたら大したもんでスよ」



古泉「うほっ!キョンたん発見!早速マッガーレ!ふもっふ!」
みくる「えぇ?!古泉く……きゃあぁあああ!」
古泉「ふも……っふ?……ま、間違えた!なんてこった、俺としたことが間違えて女性に手を下すなんて!」
キョン「ばかやろ……っ!」ドガ!
古泉「すみません……僕のテドドンはあなただけのものだといったのに……」
バリバリィ
谷口「ひっかかったな、まずは俺のアナルからそれを抜いてもらおうか」
古泉「いやです」



長門「キョン…」
キョン「長門?なんだ」
長門「いつも古泉とばかりだと飽きるので彼を洗脳した」
キョン「へ」

長門「いでよ、新たなるガチホモ!」
キョン「げえっ中河!?」
中河「いやあ世の中にはこんなにも素晴らしいスポーツがあったとは!長門さんには感謝感謝!」
アッー
長門「へーへへへへへへwwwwww」パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ

古泉「ぼ僕のテドドンがロケットペンシルのようだ…!?」ガク…
喜緑「へーえ……ほーお……///」



『キョンの悪評』

このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!
このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!このままじゃ駄目だ!
なんとかしてハルヒの気違いから逃れないと俺だけじゃない……家族まで気違いと同類扱いされちまうっ!!せめて野外活動だけでも自粛させんと……ブツブツ…

キョン「………ブツブツブツ…」
古泉「おや?今更どうしたのですか?あなたらしくない。」
キョン「ブツブツ………最近、回覧板が回って来なくなったんだ……ブツブツブツ…」
古泉「あぁそれなら僕もですよ。何故でしょうねぇ……?」
キョン「ブツブt                   (゚д゚)」

が、頑張れぇー俺!負けんなぁー俺!一刻も早くこの悪魔の巣窟から抜け出してシャバの空気を肺いっぱい、胸オッパうわなんだ古泉なにをすrアッー



トントン!
キョン「ん?」
ズボッ!
キョン「?ッ!?フガッ!」
古泉「逝きますよ…」
ドピュ ドピュ ビュル !
古泉「いかがですか?」
キョン「…苦い……でも…とてもやさしい味だ…」
古泉「良い子ねキョン」



キ「長門、口に出すから飲んでくれよ」
長「………」コクリ
キ「アッー」
ドクッドクッドクッドクッ
キ「はぁはぁ長門…」
長「…………」バリバリwwwww
古「僕の変装に気づかなかったようですねキョンタン、ではいきますよ、ふんもっふ!!」
キ「!!!」
キ「アッー アナルだけはアナルだけは」



「いやしかしすごく迷惑をかけると思うぞ?」
「別に」
「そのうちアナルを掘られるかもしれないぞ?」
「どうぞ」
「……」

「……え!?」



古泉「キョンたんキョンたん!ほらポニーテールですよっ!やっと結べるまでになりました!!
   これからもキョンたんが好きな長さまでのばしますから期待してくださいねっ!^^」

キョン「キモいな、今すぐ切れ。」

古泉「それから今日は……ニーソックスも履いてみたんです。さすがに少し恥ずかしいですね…///」

キョン「朝から醜いもん見せられたやつら気の毒だな… ズボン履け。」

古泉「キョンたん………」

みくる「きめぇでしゅーwwwそんなだからお前はいつまでたっても古泉なんでしゅーwwwwwwww」


国来田「谷口、またチャック開いてる」

谷口「うぉっ!?本当だ!」ジー

国来田「まったく…あんま開いてばっかだと古泉って言われちゃうよ」

谷口「それはさすがにやべーなwww気をつけようっと」


古泉(まさか……『古泉=変態』の意味になってる…!?)


古泉(僕はただキョンたんに喜んで貰いたくて……)ショボン
みくる「落ち込む姿もきめぇでしゅーwwwwww」

キョン「周りにどう思われてるか、やっとわかったみたいだな。」
古泉「!! キ、キョンたん…」
キョン「関係ない人間も不快にさせてることに気付かず好き勝手…
    俺の為だか知らんがそんなのは迷惑なんだよ。」
みくる「そうでしゅ!キョンくんの言う通りでしゅ!!」

古泉「……ぅっ」ポロポロ

キョン「ハァ…みっともないな。この状況はお前が招いた結果だ、反省しろ。
    それからああいったことも二度とするな」
みくる「ほんとでしゅ!キョンくんに全面的に同意でしゅ!!」
キョン「お前はそのままでいい。…無理されると気色悪いし面倒だ」
みくる「でしゅでしゅ!禿同でっ !!?」

古泉「え‥‥」ポカーン

キョン「…古泉はそのままで充分古泉だろ。」
古泉「キョン、たん…///」

みくる「え?なんでしゅかこれ?いきなり流れおかしくなってないでしゅか!?」
長門「別に。しいて言えば感動するとこかナー」

ツンツンデレなキョン



生徒会長「喜緑君、最近の私の出番の無さをどう思うね?」
喜緑「う~んっとぉ、人気無いとか扱いにくいとか忘れられてるとか需要ゼロとかぁ、そんなトコじゃないでしょおか」
生徒会長「くっ、仮にも生徒会長なのに…」
喜緑「たかだか書記の私のが人気者ですねぇwさーせぇ~んw」

古泉「その心の隙間、私がお埋め致しましょう」ホーッホッホッホッ
生徒会長「古泉か、何の用だ?」
古泉「たった今言った通りですよ、さあ遠慮せずに」カチャカチャ
生徒会長「待て何故脱ぐ」
古泉「テドドーーーン」
生徒会長「うわああああああアッー」

喜緑「やだもぉ、仮にも女の子の目の前でぇ…///」チラリ



長門「・・・・・ないんだったら作ればいい」
キョン「何を?」
長門「・・・・部活・・・・」

長門「マスコットキャラを連れてきた。任意同行」
キョン「拉致ってきたのか・・・で、その人は?」
長門「・・・・・あなたの、後ろに」
古泉「初めまして古泉一樹です。さっそくですがよろしいでしょうか?」
キョン「ちょまて服を・・・アーッ」
長門「・・・・面白い人」



キョン「初めてを男なんかに捧げてしまった俺はもう・・・」
長門「・・・元気出して。おいマスコット、打ち合わせと違うだろが。最初からやり直せ」
古泉「これはすみません。あまりにもいい男だったので・・・では最初から」
キョン「・・・・・・(最初からってまさか!?俺また掘られるのか?)」

長門「マスコットキャラを連れてきた。任意同行」
キョン「・・・・・・・。」
古泉「こ・・・ここどこですか?何で僕連れてこられたんですか?」
(ガチャ)
古泉「ななんで鍵を閉めるんですか!?」
長門「・・・黙れ」
キョン「2人とも帰ってくれ」



谷口「お前らナンパに行こうぜ!」
キョン「断る」
国木田「僕も遠慮しておくよ」
谷口「何だよー3人いなきゃ始まらないじゃねーか」
国木田「何で3人にこだわるんだい?」
キョン「バカ、ジェットストリームアタックに決まってる」
国木田「黙れガノタ」

谷口「3人いなきゃ3つ穴同時責めができないだろ」

キョン「……谷口、金輪際俺やSOS団に近づくな」
国木田「……短い付き合いだったね」
谷口「えっ? おい、ちょ待てよ!」
キョン「あばよ」
国木田「あとチャック開いてる」
谷口「待てよ……ここアナルだろ。こういうネタOKなはずだろ!?
   なあ、プリンに誤爆なんてしてねえだろ……おい……!!」

谷口「なんてこったい……」
古泉「僕でよろしければ、手を貸しますが?」
谷口「マジでか…!?すげえぜ、イケメンがいりゃ百戦百勝だ!」
古泉「光栄ですね」
谷口「あと1人は山根でも誘って……」
古泉「いえ、2人で充分です」
谷口「ハァ?2人じゃ塞げる穴は2つしかねえぜ」
古泉「そう、2つで間に合うんです。なんだったら、僕は今からでも……」




谷口「アッ――――!!」



ハルヒ「ジャンピングニーパット!!」
長門「オラオラオラオラオラオラオラオラッ!!」
キョン「こいつは痛t」
古泉「ビッグバンアッナール!!」
キョン「アッー!!」
みくる「ふゅえーにゃんでしゅか。しょにょうぃぁじゃ」
長門「はいはい、ハムリンちゃんは、養豚場に逝きまちょうねー」
古泉「この技は、相手のアナルに僕の愛を注ぐとても有り難い技です。」
キョン「らめぇぇぇぇぇぇぇ溢れちゃうぅぅぅ!!」



古泉「ふんもっふ!」
キョン「顔が近いうえにくしゃみなんかするな!」
古泉「すみません。最近冷えますね」
キョン「まあ否定はしないが。それにしてもお前も風邪なんてひくんだな」
古泉「あなたは僕をいったい何者だt・・は、はぁ・・・ふんもっふ!!」
キョン「帰って寝ろ」
古泉「すみません、そうさせてもらいます」

キョン「あーぁ、汚ねぇなぁ・・・ハンカチかなんかないか」
キョン「・・・ないな」
・・・・・・・・・ペロ
長門「確認した」
キョン「( ゚ Д ゚ )」



古泉「ハァハァ…
キョンたんとってもキャワキャワな寝顔だねキョンたん…
それじゃあ、そ~っと…
まずは、そのかわいいおてぃんてぃんからだよ…
ちゅっ、ちゅっちゅっちゅぱっ…ハァハァ…
お次はおてぃんてぃんだよ…キョンたんのおてぃんてぃん…ハァハァ…
ハァハァ!!!とってもキャワキャワでいやらしい形をしているね!!!!
チロチロ!ペロペロ!チロチロ!!ペロペロ!!
ちゅぱっ!ちゅっちゅぱっ!ちゅちゅちゅっ!!!
ハァハァハァハァ…
最後はキョンたんのおっきしたオティンティンだよ!!!ジュルッ!…
!!!!こっ、これはっ!!!!!ハァハァハァハァ!!
クンカクンカ!!ちゅっちゅちゅっちゅ!!!
ぺろぺろ!チロチロ!ぺろぺろ!チロチロ!
んんんんんんんんんんんんっまっ!!!!
ハムッ!!ハフハフッ!!ハフッ!!!
スゥゥゥゥゥゥハァァァァァァっ!!!!!!!
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ!!!
キョンたんとってもキャワキャワだよキョンたん…愛してるよ。
ピュルッ!!ピュピュッ!!ピュッピュッピュッ!!!



古泉「右手でポテチを食べながら、
    左手でポテチを取り……食べる!」
古泉「勉強しろ!」
古泉「おやおや、何もデスクワークだけが勉強ではありません。
    こちらの勉強もたまにはどうですか?」
古泉「おっ、おい!古泉バカやめろ・・・、うっ・・・」

キョン「いいからそれしまえ」

古泉「おやおや、本当にそんなことを望んでいるのですか?」
キョン「早くポテチの食べかすを片付けてくれ。ノートが置けないだろうが……」
古泉は、しぶしぶ掃除を始めた。



古泉「マママママママママママッマママママガーママママママ」
キョン「どうしたんだコイツ」
長門「エラーが発生し。直す?」
古泉「オニャノコサイコウマッガーレ」
キョン「このままでおk」



プルルルルル

キョン「もしもし」
古泉「僕古泉君。今、駅の前にいるの」

ガチャン

キョン「落ち着け、敵はまだ駅前だ」
古泉「僕古泉君。今、あなたの後ろにいるの」

アッーーーーーーー



ルルーシュ「掘って良いのは、掘られる覚悟のある奴だけだ」
古泉「別に掘られても構いません、では、いただきます」
ルルーシュ「アッー」



(ロダ漁り中)
カタカタカタ・・・
キョン「・・・おっ、あったあった」

最強●×計画.mp3

キョン「・・・? なんかタイトルが違うような」

最強●<マッガーレ

キョン「アッー!」
古泉「こ・づ・く・り・しまっしょ♪」



こ・づ・く・り・しまっしょ♪

お慕い申しております
一生尽くしてゆきます
キョンタン好みの男へ
磨きをかけてマッガーレ マッガーレ

全身全霊の 気をテドドンたぎらせて
谷口来ようと アナルをお守りします(マッガーレ!)

今宵こそは ほとばしる精子と
今日も明日もとめどなく
みなぎる力のカルピスを掛け合わせて
この地上で最高の便器 アニキの為に残しましょう
たったひとつのこの操 あ・な・る!
あなた様へ捧げます

こうもんももも (アッー!)



みくる「胸がドキドキする~バイブのせい♪」
有希「こぉなぁぁぁぁぁゆぅきぃぃぃ!!」
みくる「重い首輪だぁてぇ~愛の証しー♪」
有希「君が望むことなら~全てが現実になるだろー選ばれし者ならー♪」

みくる「むーなんで邪魔をするんでしゅかー」
有希「貴女が彼を誘惑しようとしている魂胆が丸見え、だから妨害する」





キョン「落ちなくね?」
ハルヒ「じゃあアナル掘っとく?」
キョン「イイネー」
ハキ「ラララアナル君♪ラララアナル君♪ララアッー!」
古泉「待ってそこ僕のボション」



「ぷれぜんと?」
「ああ、プレゼントな。お前は何が欲しいんだ?」
「それはもちろん……」
「もちろん?」
「BL同人誌50冊ぅ!!!!」
「ダメだ」
「何故?」
「古泉が沸いて来るからだ」
「ふふふ。もう遅いですよ」
「ちっ!きやがったか!」
「(::゚:ж:゚;)<まっがーれ!」
「(::゚:ж:゚;)<ぶはっwwwww」
「こいつらキメェwwwwwwww」



ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる…ケツを出せ」
キョン「何だよいきなり入って来て………って」
古泉「マッガーレ」
ルルーシュ「何、返しただと!?」
古泉「イツキ・コイズミが命じる…全力でズボンを脱いでケツをこっちに突き出せ」
キョン・ルルーシュ「「イエスユアハイネス!!…アッーアナルだけはアナルだけは」」


長門「………うほっ」
コードギアス 反逆の古泉一樹



『スーパーウホ泉コング2』!♪
ウホ泉助けなきゃ、キョン~と長門~♪


キョン「掘られなくなるからいいや、そんな暇あったらお前との愛を育むよ」
長門「あなたに同意///」801ハチョッピリオシイケド

キャプテンハルーヒ「だってよ」
ウホ泉「ウホーン」



攻めは舞うように東へ
受けは愛されて西へ
まみえぬ性別のとばりを
互いに越えて掘ります 掘ります

超能力の 奥義を性技に変えて
道徳的にアウト 命の営みしましょう(うほっ)

矛盾正す強きツッコミに キョンタンらしさを感じます
二人の夜はふんもっふ そう ふんもっふ
この地上で最強のテドドン 私 股間に宿らせて
漢の証といたしましょう あ・な・る!
時はやがて 動き出す
(THE WORLD!!)

十月十日 時が過ぎゆけば
後ろの穴も しなやかに
二人の愛は忌々しい ああ 忌々しい
この地上で最強の便器 アニキの為に残しましょう
たったひとつのこの操 あ・な・る!
あなた様へ捧げます

こうもんもももも (アッー!)



古泉「よく解らないけど感謝されてるようですね」
キョン「ああ」
古泉「所詮作者の自己満足だというのに」
キョン「まあいいさ、それでも喜ばれてるんだから。作者冥利に尽きるってやつさ」

キョン「ところで・・・昔こいつは他にも替え歌を作ったらしいんだが」
古泉「シーッ!!それは言わない約束です。その時は調子に乗りすぎて叩かれましたから、いわゆる黒歴史って奴です」
キョン「確かタイトルは・・・」
古泉「駄目です!言っちゃいけません!!絶対駄目です!!」

キョン「思い出した!『恋のアナルでんs
古泉「失礼」ズンッ
アッー!




みくる「今思い返してみるとあの頃はすごく調子に乗っていました。ごめんなさい」
   「でも、もう今は反省したみたいだから、どうか許してあげてくださいね」
   「この話題はできればしないでください。質問は、禁則事項ですよっ♪」



|