第五章
 
 
「喜緑です。覚えていますか?」
「忘れる筈がありませんよ。」
それにしても、どうやって此処へ入って来たのだろうか。
「あばら骨にひびが入っていますね。今治してあげます。」
喜緑さんは俺の胸をさする。すると、不思議なことに、痛みが退いてきた。
「有難う御座います。」
「次は古泉君を。」
喜緑さんは古泉の方へ行って治療する。
「大丈夫か?古泉。」
「えぇ、なんとか。それより、気付いてますか?」
何が?
「長門さんが押されてきました。」
「あのままでは、マズいですね。」
「なんとかならないのですか?喜緑さん。」
「今から、情報統合思念体とデータリンクします。5分程時間を下さい。」
「分かりました。なんとか時間稼ぎをしますよ。」
 
「5分もつのか?10秒保たなかったお前が。」
「やらないで後悔するより、やって後悔した方がましですよ。
今は、僕が少しでもやらねばならないのです。」
いつの日かどこかで聞いた言葉だな。
「死ぬなよ。(嘘)」
古泉はグッと親指を立て、赤い玉になり、飛び発った。
「それでは、わたしも準備をします。」
喜緑さんは、何かを唱え始める。
「WORKING-STORAGE SECTION.
01 EOF…………」
全く理解出来ない呪文を唱える。しかも、だんだん早口になる。
周りから見れば、頭のおかしい人みたいだ。
俺は何をしようかな。
 
「ちっくしょぉぉぉぉぉぉぉー!!!!」
いきなり奇声が聞こえた。
びっくりして空を見上げると、古泉が幾つもの赤い玉を放っている。
 
頭が一番おかしいのはあいつだな。呑気にこの状況を眺める俺も十分おかしいが。
「まだですか?そろそろやばいですよ。」
「今データのサーチとダウンロードを同時にやっています。
MOVE SIN-CODE(IDX) TO K-CO………」
なんか、腰が抜けてきた。
足がふらふらして、地面にぺたりと尻をつく。これでダメなら、どうしよう。
「ハルヒ………」
不意に、口から漏れた言葉に恥ずかしくなる。
「END-SEARACH
END-READ
END-PERFORM
CLOSE SIN-FL KI-FL
STOP RUN.
終わりました。」
「そうですか。」
「朝倉さん。降りて下さい。」
朝倉は手を止め、降りてくる。
長門と古泉は、じっと朝倉を見つめて動かない。
「来てたの。」
「来ちゃいました。」
 
「これが、情報統合思念体の意思ということ?」
「そうです。」
「わたしが抵抗しても、無駄ね……潮時か。」
「大人しく、消えますか?」
「おでん、食べたかったな。」
「情報構成抹消開始。」
「さようなら。みんな。もう、多分もう会わないけど。」
朝倉が消えていく。
「何をしたんですか?」
「彼女を構成している情報自体を削除しました。修復はほぼ不可能です。」
周りの風景が砂のように崩れ、俺が最初に見た荒れ地が姿を表す。
「時間がありません。わたし達もこの空間から帰りますよ。」
「わたしにつかまって。」
俺は長門の小さな手を掴んだ。
古泉は喜緑さんの手を掴む。
「それでは、行きますよ。」
喜緑さんがそう言うと、空間が歪む。
目眩がしてきた。
あぁ、気持ち悪い。
 
「………え?」
 
 
「やっぱり、やめた。」
 
 
 
夕日が差し込む。
通い馴れた部室。
長門の本が詰まった本棚や、
朝比奈さんの身に着けたコスプレ衣装。
古泉の持ってきた卓上ゲームと
ハルヒが強奪したパソコン達。
全てが紅に染まる時。
その中に、俺とハルヒは包まれる。
生暖かい鮮血のような紅。
 
 
いや、
 
 
それは紛れもない血であった。
「キョン……ごめん……ごめんなさい。」
「何……故……?」
「分からない。分からないのよぉ。」
痛ぇ。
状況を把握したいが、意識がもうろうとする。
終わったな。俺。
最後に見えたのは、ハルヒの切腹だった。
唇にそっと何かが触れる。
 
「今、あたしも行くからね。」
くそったれ………バカハルヒ。
「大好き。………バカキョン。」
視界が真っ赤になる。ハルヒの血だろう。
そして、意識が途絶えた。
 
 
……b……o……
…バ……ロ!!
バーロー?
「バカ、起きろ!!!」
耳をつんざくような声がした。煩いぞハルヒ。
「全く、仏になっても寝るとは、いい度胸ね。」
仏が眠ってはいけないという規則は、聞いたことがない。
そんな事より、人を仏呼ばわりするのは早過ぎではないか?
すると、ハルヒは大きな溜め息を吐く。
「呑気なものね。あんた、鈍感というより、マヌケよ。下見なさい。」
「おぉ!?」
下には俺とハルヒがいた。良く出来た人形だな。
「これが人形に見えるなら、あんたの目はふしあなよ。」
なら、ドッペルゲンガーか?
「んな訳ないでしょ!!もういい。やめて。こっちが恥ずかしい。」
こういう時は、状況整理が必要だ。
 
今日の事から思い出そう。
 
起きる。
寝る。
起こされる。
朝は、パンに味噌汁がベスト。
学校行く。
手紙ある。(5時に教室)
足し算を間違える。
就職を漢字で書けない。
5時に教室へ行く。
ハルヒに襲われる。
長門が止める。
夢の中へ
朝倉やっつける。
ハルヒに刺される。
パトラッシュ。僕もう、だめぽ。
 
と、いう訳で、俺達は死んでしまった。
不思議と悲しくはなかった。ハルヒと一緒だからだろうか。実感が湧かない。
 
もし一人なら、死んだことに気づかず、地縛霊になったのだろうに。
しかし、疑問が残る。何故、長門がいない。前回(夢の中)朝倉が言った事と関係があるのだろうか?
気は乗らないがハルヒに聞いてみるか。
「長門は?」
「今日は一度も会ってないわ。」
「夢を見たよな。」
「は?見てないわよ。それってなんの話よ。」
「だけどよ………」
それで俺は口を止めた。これ以上、話をしても多分無駄だろう。
「ごめん、キョン。」
「謝る必要ないさ。」
「ごめんなさい。あんな事して。」
今日のハルヒは謝り過ぎだ。
喜怒哀楽が激しい人間だな。こいつの場合ほとんど「怒」の割合が多いが。
 
しかしおかしい。何か変だ。どこかに矛盾があるような。
その時、ドアが開く。
「有希!?」
長門が入ってくる。
「…………。」
部屋に入ると。辺りを見回す。どうやら、俺達には気づかないようだ。
「…………。」
長門は何か呟くと、その場から立ち去った。
「何て言ったのかしら?小さすぎて聞こえなかったけど。」
「分からん。」
長門のことだ。もしかしたら、何か知ってるはずだ。
しかし、さっきの様子は明らかに俺に気づいていない。
期待と不安が入り混じる。あいつを使えばもしかしたら………
「きゃぁぁぁぁー!!」
 
な、何だ!?
「バド部の連中だわ。部活帰りに立ち寄ったのね。」
 
その後、救急・警察が来て、俺達の死亡が世間へ広まった。
警察は俺達の事を、無理心中と判断した。
どこぞの名探偵が来たが、お手上げらしい。
世間もそれで納得したらしく、「可哀想」の一言で片付けられた。
その後、ハルヒとこれからどうするかを話ていると、目の前に誰かが現れた。
「こんばんは。」
20代の女性だろうか。日本人に見える。この人も幽霊なのだろうか。
「見えてるようね。あたし達のこと。」
どちら様です?
「簡単にご説明すると、あの世の者です。単刀直入に申し上げます。今すぐあの世に逝きますか?」
いきなりそんな事言われても困ります。
「大概の方がそうおっしゃられます。
ですので、こちらの時間で、えーっと………49日程の死亡猶予期間が与えられています。
それを過ぎると罰則が加担されます。」
 
「待て。何故俺達が、あなた達の規則に合わせねばならないのです。
死んでも、誰かに縛られるのは嫌ですよ。」
「ごもっともな意見です。しかし、本来死亡なされたあなた方は、下界に干渉する権利も御座いません。
また、下界に霊がごちゃごちゃいても、困りませんか?」
頷くしかなかった。
「逝きましょう。キョン。あたし達がこの世にいても、邪魔なだけよ。
死んだことは事実だし、それを受け入れるのが礼儀よ。」
「宜しいのですか?」
「だが断る。」
「何で?」
「俺の家族への挨拶はどうでも良いが、俺はお前の両親への挨拶くらいはしたい。」
「それって……」
ハルヒは顔を赤らめる。
「うふふ、分かりました。では、また49日後に迎えに来ます。」
「すみません。有難う御座います。」
「お幸せに。」
そう言うと、彼女はどこかへ消えて行った。
「キョン……こんな…あたしで良いの?」
「あぁ勿論。」
 
「うぅ……あ゛り゛がどう゛。」
泣くのか?
「な゛、泣いだりじない゛。ぢてないわよ。」
「行こう。」
「……うん。」
そっとハルヒの肩を抱き、両親へと挨拶に向かった。
「あったかい。」
「おばけなのにか?」
「気分だけよ。」
 
 
翌日、学校ではこの事を公表する。泣く人あれば、知らん顔ありだった。
クラスで岡部が泣いたのには笑った。
自分のために泣いてくれているというのに、不謹慎だな。俺は。
女子の方々は、大体の人が泣いていた。
男は、担任の岡部しか泣いていなかった。
谷口の姿はまだ見えない。国木田は、どこか上の空だった。
「あんまり面識の無い奴までが泣いてるなんて、変な気分ね。」
「同情してるんだろうよ。バカなカップルが将来を苦にして、自殺。
ロミオとジュリエットとは似て非なる話だ。
だが、お涙頂戴な悲劇には、相当するんじゃないか?」
 
「カップルに見えてたのかな……あたし達。」
おばけのくせに頬を赤らめてハルヒは言った。
どう返答すれば良いか分からず、ぶっきらぼうな返事を返すと、
ハルヒは「ごめんなさい」などと、謝る。今更謝られても仕方ない。
「気にするな。」と頭を撫でると、今度は泣く始末。
かなりの大音量だったので、誰か気付くのではと思ったが、
やはり、おばけの声は気付かないらしい。この1時間後、ハルヒはやっと泣き止んだ。
「今日は家に帰る。あんたも自分の家族に最後の別れくらい言ってあげなさい。
それと、明日は10時に駅前ね。SOS団のみんなに会うわよ。じゃあ解散。」
 
俺の返事を待たず、ハルヒは帰ってしまった。俺が断る訳は無いけどね。
前日は、家に帰らなかったから、久しぶりに見える。
家に入ると家族全員が揃ってた。
母親は洗濯、親父と妹はテレビ。
休日と変わらないような生活。
しかし、どいつもこいつも湿気た顔をしていた。
見ていて、こっちまで陰気臭くなる。
おっと、こんな事している場合じゃない。
 
………いたいた。
「みゃー。」
よう、シャミ。見えてるみたいだな。
シャミセンはじっとこちらを見つめている。
悪いが、体借りるぞ。
  
 


|