※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長門「来て……」グイグイ
キョン「なんだ?」
長門「……ひっかかりましたね!」
キョン「ゲェッ、古泉!……と思ったら、そのままじゃないか」
長門「でも……掘る」
キョン「どうやって?」
長門「……ここに、こけしがある」
キョン「アーッ!」



古「韓国語でネックレスはなんと言うのでしょうか?」
キ「もっこり」
古「では、もっこりしてる所はどこでしょうか?」
キ「………股間///」
古「ご飯を食べる時に言うことは何でしょうか?」
キ「いただきます」
古「では、いただきます」
キ「アッー アナルだけは!アナルだけは!」



マッガーレを苦にしたふんもっふを予告する文部科学相あての手紙が6日、文部科学省に届き、
同省は7日午前零時過ぎ、銭谷真美・初等中等教育局長が異例の緊急会見を開いた。

封筒の宛名には「伊吹文明大臣様」と書かれ、中にキョン、谷口、国木田、新川に向けた計4通の手紙が入っていた。
差出人の名前や地域、学校名などを特定できるものは記載されていなかった。

大臣あての手紙では、「8日までになにもかわらなかったら、ふんもっふします。場所は学校でします」とし、「11日土曜日にふんもっふすることを証明します」と書いていた。
「親愛なるキョンたん」と原稿用紙に書かれた手紙の中では、
「なぜ僕をさけるですか。『ふんもっふ』すからですか『マッガーレ』だからですか」
「なぜ僕をさけるのですか。なぜ僕にズボンをおろさせてくれないのですか」
などと訴えていた。



 ある日、急にキョンが家にきた。あたしはとりあえずキョンを部屋にあげた
 キョン「頼むハルヒ…正直に答えてくれ」
キョンは深刻そうな顔で言った。その声はいつもよりすごく色っぽく感じて
ついついあたしはうなずいた。
 キョン「なぁ…お…おまえも、したいときとかあるよな」
 ハルヒ「あるわよ、年頃の若い女だしね」
 キョン「じ…じゃあ、こ…こういう形の電池で動く物あるか?」
 ハルヒ「バイブのこと?ええ、持ってるわよ」

 キョン「よかった!今すぐそのスイッチの切り方を教えてくれ!! アッー!!」

 ハルヒ「キー!古泉の仕業ね!」



キョン「……がおー」ガバッ
古泉「アーッ!……嬉しいです……」



長門「情報伝達に齟齬が発生するかも知れない……でも、聞いて」
キョン「あぁ」
長門「……わたブッ!」ブチッ
キョン「……長門?」
長門「……情報の伝達、失敗。行動で示す」ガバッ
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



長門「わたし、かわいい?」
キョン「もちろん。」
古泉「僕、かわいい?」
キョン「それはない。」
長門「旅に出る。」
キョン「いきなり何を!?」
長門「かわいい娘には旅をさせろと聞いた。
あなたはわたしをかわいいと言った。
だから、旅に出る。」
キョン「待て!!待ってくれよ!!」
長門「さようなら。」
キョン「長門………。」
古泉「僕は可愛くないのですからずっと一緒ですよ。」
キョン「待て!!俺も旅に連れて行って!!
掘られる!!掘られちゃう!!」



キョン「古泉、大事な話がある」
古泉「なんですか?」
キョン「俺は明日からいなくなる……だから」
古泉「……」
キョン「これを、俺だと思って使ってくれ」
古泉「これは……こけしですね?」
キョン「あぁ」
古泉「なぜですか?」
キョン「使い方は……分かるよな?」
古泉「……こうですか」
キョン「そうだ、さらにはテレビの上などに飾るとベストだ」
古泉「了承いたしました」



目が覚めるとそこは灰色の世界、
そこには古泉が下半身を丸出しにしていて、
いきなり俺に襲い掛かってきた。

キョン「やめろ、やめてくれ」

古泉「フフフ・・・ここは閉鎖空間、誰も助けてはくれませんよ
さあキョンタンあなたに新しい世界を見せてあげましょう、
いきますよ覚悟はいいですね?」

キョン「ッアーーーーーアナルだけは!アナルだけは!」



長門「こうすればどちらも出番が減ることはない」
キョン「アッー!!アナルだけh」



アナルが減った? 何言っているんだ古泉??

「何って、昨日掘ったとき、キョンたんのアナルが一つ減っていましたよ」
え!? まじ!? 俺二つ以上あったの!!?
「いえ、一つですが・・・。」
マジ!? じゃあアナルなくなっちゃった!!? 俺これからどうしよう!?
ってちゃんと付いてるよ?古泉・・・。

アッーーーー!



古泉「ブレイクブレイク!あなたのアナルを~♪
掘りたい!掘りたい!沢山掘りたい~♪」
みくる「ど、どうしたんでしょうかね古泉くん(ヒソヒソ)」
ハルヒ「きっと何時までもVipが落ちたままで、キョンのアナルを掘らせて貰えないからたまってるのよ(ヒソヒソ)」
浜中「じゃあウザイから死んでもらうのね(秘そ秘そ)」

キョン「(な、なぜだここ数日ケツの穴が寂しい!?)」



俺はハルヒの手を振りほどいて、セーラー服の肩をつかんで振り向かせた、
「なによ……」
「俺、実は古泉萌えなんだ」
「なに?」
「いつだったか俺を掘ってる時の古泉はそりゃもう反則なまでにかっこよかったぞ」


そして世界は滅びた



キョン「ん?」
古泉「いかがなさいました?」
キョン「VIPが復活している」
古泉「ほほう…それは良い事です」
キョン「なんでだ?」
古泉「それはですね……こういう事ですよ!ヨイサッ!ホレッ!ホレッ!」
キョン「オー!アメイジング!アッ―!」



ハルヒ「PS3買いに行くわよー!」


キョン「という団長様の気まぐれで買う為に並んでいるわけだが」
みくる「ひーん、人が多しゅぎましゅ~痴漢怖いでしゅ~」
●「ふー周りはやはり男性が多いですね、おっとテドドンに異変がw」

長門「店員何とかしろよォ!もう物売るっていうレベルじゃねーぞォ!!」
ハルヒ「ゆ、有希どうしたの?」
みくる「長門しゃん、どうしましゅたか?」

長門「関係ねえよ、列なんかよお!!!」ダッ
キョン「あっ長門、人々をふっ飛ばしてまで買うコト無いんだぞ!」
●「ちょっと失礼しますね、ソーレ!」
並んでたコンピ研部長「アナルだけは!アナルだけは!」



結婚式場にて
神父「キョンを愛し続けることを誓いますか?」
ハルヒ「誓います」
神父「ハルヒを愛し続けることを誓いますか」
キョン「………」
ハルヒ「……キョン?」
バンッ
古泉「その結婚ちょっと待った!」
キョン「!!??古泉!!」
ハルヒ「古泉くん!?」
古泉「キョンたん!僕はあなたを愛しています!結婚してください!」
ハルヒ「ちょ……何言っry」
キョン「古泉……俺もだ!」
ハルヒ「え!?」
ガシッ
抱き合う古泉とキョン
古泉「もう二度と離しません!」
キョン「待ってたんだぞ!ずっとお前が素直になるのを待ってたんだ!」涙を流し拍手をするみくる
微笑む長門
古泉「さあ、いきますよ!キョンたん!」
キョン「アッー」



「そっか。うむ、なるほど」
「……何に納得してんのよ」
「うん。入れるときより抜くときの方が気持良いんだなぁって」
「ば、馬鹿何てこ、ひぅん!」



部室に来ると長門だけだった。
まあ、特に珍しい光景では無いな。
だが今日は違った、長門のヤツが自分から話しかけてきたのだ。
コイツには流石に驚いたね。
「お願いがある、私と性交をして欲しい」
ああ、それぐらいな良いぜ―――って今何つったよ君?!
「性交をして欲しいと言った。貴方に分かりやすく言うのなら私とセックスして」
いやーあっけにとられたねあの長門がセックスしてなんて誘って来たんだ、だが俺も驚きっぱなしじゃないぜ。
よし、じゃあやるか!
「わかった準備は私がする」



「イク!…キョン……私イっちゃう~!!」
やっぱアナルかぁー!ペニパンかー!?これ立場逆だろー!!
アッー!



古泉「たまにはマンコもいいですね」
キョン「アッー!そこアナルアナル!」



―――Aさんがあなたのアナルにナイフを挿したと喜んでいますが、どうでしたか?
キョン「朝倉の事ですか?えぇ、とても痛かったです」

―――その時の心境は?
キョン「反則的だと思いましたね(笑」

―――結局、あなたのアナルはどうなったんですか?
キョン「長門に助けてもらいましたよ。彼女は俺の恩人ですね。
     もしも、ですが……あのままだったら痔とかそういうレベルのものでは済みませんでしたからね」
―――そうですか(笑

―――最後に一つ。あなたは朝倉さんの事をどう思ってますか?
キョン「あぁ見えて、案外寂しがり屋なんですよ、あいつは。
     毎晩甘えられてますよ。ナイフで。………もちろん、恐いです」



???「ヌゥゥゥン!」
ドゴッ!ドゴッ!バキッ!
キョン「誰だ!?」
???「我が名は一鬼!アナルを極めし者」
一鬼「フンモッフ!」
キョン「アッ―!」



長門「あなたのアナルにツッコみたい」
キョン「そうか」



古泉「ほーらほーらアンデルセン。」
キョン「ナニやってるんだ古泉?」
古泉「よく見て下さい。」
アンデルセン

ア●デル●●

ア●ナル●●

アナル

古泉「では、いただきます。」
キョン「アナルは嫌だ!アナルはやめて!」
組み分け古泉「ハッテン場」



 ウホ泉イツキは少年エスパーテトドンである!

 アナルの門をつらぬいて
 奥まで届いたイカズチは
 キョンのおさない前立腺に
 目覚めてくれと放たれた

 テートドン
 テートドン

 雄々しくたったテトドンは
 愛するキョンを掘りつつ
 開発する日々をたたかい開く
 will love me? tommorrow?
 括約筋をきりさき掘り行く先は
 くろくかがやくアナル星
 
 テートドン
 テートドン
 テートドン
 
 テートードーン

マッガーレ!!



 >>220のアナル。なんというアナルだろう。
 古泉は息を呑んだ。芸術的、そして情熱的。まさにパッションアナルだった。
「これを求めていたんです……!」
 からからに渇いた喉を酷使して、古泉はそれだけ言った。
 言葉はそれだけで充分。前戯も不要だった。
 己のテトドンをタイフーンの如き勢いでまろびだす。――ずっと僕のターン!
「俺も年貢の納めどき、か」
 >>220は己の死期が間近だということを悟った。
 懐からハイライトを一本取り出し、火をつける。
 このアナルハンターも、鬼じゃない。煙草一本ぐらい吸わせて――
「あぁぁぁぁぁぁあぁああああああああああああ!!!!????」
 ――くれなかった。
 ヒトラーの雷撃戦を彷彿とさせる勢いで、テトドンは打ち込まれた。
 ヘブンズドアが開く音を、古泉は確かに聞いたのだ。



『消失谷口』

「おい、お前らなにやってんだ!?」
「だれよあんた!?」
「あたし知ってるわよ。こいつ五組の谷口って奴じゃない?」
「いかにも俺は五組が誇るナンパ☆スター谷口だ!で、お前らなにやってんだ!?」
「ふん、あんたには関係ないでしょ!」
「関係ないこたぁねぇだろが!長門さんになにやってんだドブス共」
「んなっ!あんたみたいな変質者に言われたかないわよ!!」
「ふん、お前はたしか俺様美的ランキングによるとD-のおデブちゃんだろ?そして隣りのお前はEランクの馬面だな!?」
「こ、こんなやつに……でも!!!」ビクビクッ
「貴様らの様なキショイ腐女子がAAランクの長門さんに手を出そうなんざ一万と二千年早いんだば~か!」
「(いけない!ドMだって事が知られたら……)」
「ふふん、どうせ貴様ら人から弄られる事が快感なドMなんだろ!?」
「(んんんんんっ!)」
「ふふふ、どうだ?いつまでも頭の中から甘い責めの言葉がとれないだろう?」
「うわーん」ダダダッ
「ふっ……勝った」

「あ、ありがとう。谷口…くん……」
「はははっ良いって事よ!」

「むにゃむにゃ、有希ちゃ~ん……」
●「谷口君♪」
「うひゃ!らめぇ!アナルだけは!アナルだけは!」アッー!



キョン「なぁ、ハルヒ」
ハルヒ「なによ。つまんない事だったら聞きたくないわよ」
キョン「指輪とネックレス、どっちが好きだ?」
ハルヒ「……なによなによやぶからぼうに」
キョン「いや、ちょっと参考までに」
ハルヒ「……」
キョン「どうしたんだよ。そんな考え込まれるとこっちが困る」
ハルヒ「ゆ、指輪かしら」
キョン「そうか。サンキュ」
ハルヒ「……ねぇ」
キョン「なんだ」
ハルヒ「どうして私にそんな事聞いたのよ」
キョン「だから参考までにだって」
ハルヒ「何の参考よ」
キョン「俺にもいろいろあるんだよ」
ハルヒ「……納得いかない」
キョン「と、言われてもなぁ」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「なぁ」
ハルヒ「今度は何よ」
キョン「古泉の指って、何号かな」


ハルヒ「(´・ω・`)」



『しりとり?』

「け、け……」
「もう無いでしょ?」
「……あるよ」
「ケツをだしな!!! ふんもっふ!!」
「アナルだけは!アナルだけは!」



 >214は病院で己の逞しいケツを屈辱的なポーズで晒していた。
 古泉は眼前に繰り広がるアヴァロンに、確かにこの世の奇跡を見た。
 肛門科医になってはや数年。ここまでの相手は、いまだかつてない。
 テトドンに燃料が注入されるのを止められなかった。何時でも発射できた。
「どうだい先生。おれのケツは」
 >214は岩鉄のような声で訊ねた。ケツが痛い。早く、治してくれ。
「見事です」
 古泉は断言した。ケツが凄い。早く、掘らせてくれ。
「見事な、痔ですよ。じっとしててください」
 古泉は>214の両肩に手をかけた。それでは、治療を開始します――!



『214ハード 』

SS執筆による過労のため病院に行く>>214
だが、それは古泉一樹の巧妙な罠だった。

「214のSSは 私に読まれる為に築いてきたんですものね」
「いつものネタが出せれば…こんな蝶能力者なんかに…!」
「よかったじゃないですか アナルスレのせいにできて」
「んんんんんんんっ!」
「へへへ おい、テドドンを用意しろ。みんなで気持ちよくしてやる」
(耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)
「214の生SS構想ゲ~ット」
(いけない…!アナルスレ向けになってるのを悟られたら…!)
「生214様の生or2を拝見してもよろしいでしょうか?」
「こんな奴らに…くやしい…! でも…感じちゃう!」(ビクッビクッ
「おっと、●に当たってしまったか。甘いふもっふがいつまでもとれないだろう?」



古「おや、どうされました?深刻そうな表情で下駄箱の中をみつめて」
キ「いや靴の中に画鋲が入れられてておまけにこんな紙切れが」

『キョン氏ね、きめぇ』

古「あ~これは・・・みくるちゃん同盟の仕業ですね、我々の注意不足です、すいません」
キ「?!古泉何か知ってるのか?どういうことださっぱりわからん、ちゃんと説明してくれ」
古「ここではなんですので屋上でお話しましょう」

古「すべてはあなたのおかれている環境が原因なのです」
キ「俺の環境?」
古「我々が所属するSOS団の女性陣が我が北高随一の美少女軍団だというのはよろしいですよね?」
キ「あぁ確かに長門にしても朝比奈さんにしてもミス北高コンテストがあれば上位入賞間違いなしだ。
  ハルヒだって黙ってればかわいいしな、それに名誉顧問の鶴屋さんだっているし」」
古「そこが問題なのですよ、我がSOS団が北高美少女軍団を独占していることになります
  しかも全員があなたに好意を抱いているような気配すらある
  となれば他の北高男子生徒からすれば面白くない訳で・・・いわば北高男子共通の敵、それがあなたです」
キ「そっそんなバカな長門も朝比奈さんもみんな只の友達だろ?」
古「世間はそう見ていないようですね、北高美少女軍団にはそれぞれいわばファンクラブが結成されていまして・・・」
キ「ファンクラブッ?!」
古「最大派閥が『朝比奈さん親衛隊』で今回犯行に及んだ『みくるちゃん同盟』はその分派です
  その他長門さん萌えの『ゆきんこクラブ』や鶴屋さん命の『めがっさにょろ~んず』
  朝倉会の残党を吸収した新興勢力で阪中さんの『なのねん連合』など枚挙に暇がありません。
  最近では喜緑さんのファンクラブ結成の動きもあるようです」
キ「えっそっそんなにあるのか」
古「あぁご安心ください涼宮さんのファンクラブは存在しないようです」
キ「ハッハルヒは関係ないだろ」
古「おやそうでしたか・・・、これまでは我々の手の者が貧乳×巨乳の萌え論争などで各派間の対立を煽り
  あなたへの直接行動を抑制していたのですがどうやら限界に近づきつつあるようです」

キ「そういえば今朝階段で転びそうになったのも、校庭でバケツの水をかけられたのも全部そいつらの仕業か?」
古「おやそうでしたか、我々も必死で食い止めてはいますが最終的な崩壊は数日を出ないものと思われます
  今日はともかく明日以降あなたの身の安全を保証することは不可能です」
キ「どっどうしたらいいんだ、俺は普通に学園生活を送りたいだけなのに・・・・・・」
古「手がない訳ではありません、ハーレム状態だから皆の反感を買うのです
  だから誰かひとりの決まった相手とカップリングを成立させれば全ては解決です」
キ「その手があったか」
古「ただし長門さんや朝比奈さんなどのファンクラブが結成されている方ではそのファンクラブの恨みを買うおそれがあります。
  また普段交流がない人が相手では偽装と思われます、ですのでSOS団の仲間でファンクラブが存在しない人物となります。
  すると相手はかなり絞られてきますがいかがです、おわかりですね?」
キ「・・・・・・」
古「なんでしたら残り時間も短いことですしこちらである程度のお膳立てをしましょうか?」
キ「いやそれは、でも今日中なんだよな、よろしくたのむ」

古「わかりました、それでは・・・・・・ふんもっふ!」
キ「いやー!アナルだけは!!アナルだけは!!アーッ!」
古「僕×キョンたんのカップリングが成立です、これでキョンたんの身も安全でし」


|