さて、懸案事項はまだ残っている。
SOS団メンバーながらも、俺らと同じ教室に居なかった爽やかスマイル野郎。一人だけ仲間外れにされているのは何故だろうか。
だが、いまこれほどまでにアイツと会って話をしたいと思った事は無いのだ。
SOS団の情報分析兼解説者、ハルヒの気まぐれだかなんだかわからないもののせいで、
超能力なんて結滞なものを得てしまった古泉一樹。今の俺にはアイツの力が必要だ。
そして、地獄の空気を吸うことが出来た昨日から翌日。朝早めに家を出たつもりなのだが、会いたくない人物に会ってしまった……
「あらキョン?偶然ね。じゃあ一緒に学校に行きましょ」
肩より少し長いぐらいの髪と、黄色いカチューシャリボンをつけたハルヒがいた。何がじゃあだ何が。

まず色々つっこみたいところがあるのだが……まず一つ。俺が知っているコイツの家は俺の家から結構な距離があるはずだ。
それについては何故俺が知っているという情報のそご(何故か変換ryというものが発生するからな。
だがこれはコイツにとっても言えた問題であり、それを問いたださなければならない。
「何言ってんの? 偶然よ! ぐ・う・ぜ・ん!」
なんとしてもコイツは偶然を装いたいらしい。そもそも、俺はこんなに早くに家を出ることすら珍しく、
それで尚もコイツが居るのだから……なんなんだこの状況……俺を付け狙うストーカーか?
「ほ~らっ!とっとと行くわよ!」
自転車の荷台にハルヒを乗せ、早くも俺の今日一日の体力の半分は消費したであろう。
こっちの世界では昨日が初対面だっていうのに図々しく二人乗りとは、ある意味変わっていなくてありがたいよ。
ただこの背中にある、何やら不思議な感触はどうにか出来ないものか。
「当ててんのよ」
――小さな声で呟いた声を俺は聞き逃さなかったが、ありがたく聞き流すことにした。正直、狂いすぎている。


一緒に仲良く登校したハルヒと別れて、俺は一年九組に向かっている。……自分で言ってて悲しくなるね。
俺が知っている古泉のクラスはここであり、まずはここということだ。時間的にはまだ少し早いかも知れない。
しかし、簡単にも古泉は見つかった。さらには意外な人まで一緒ときている。
「古泉一樹だな?」
「はい……そうですが。失礼ですが、あなたは?」
「機関という言葉に聞き覚えは無いか?」
「機関ですか……? 僕にはわかりかねますねぇ」
「その隣の方は……喜緑さんか?」
「はい……わたしは喜緑江美里ですが……」
「何故あなたが喜緑を知っているのでしょうか?」
あぁ……そういう関係ですか……何なんだよこの世界。全くもって狂っていやがる。
「いや、ちょっとな。それより、俺はお前に少し話があるんだ。放課後に中庭に来てくれないか?」
「……いいでしょう。また放課後に。では」
そういって古泉は教室へ、俺に向かって会釈をして喜緑さんも階段の方へと向かって行った。
とりあえず古泉がまだ転校してきていないなどという事は無かったが……これは……かなり絶望的かもしれん。

落胆しながら教室に舞い戻ると、後ろの席であるハルヒが突っかかってきた。
「ちょっとキョン! どこ行ってたのよ!?探したんだから!」
どこ行ってたって自由じゃないか。あれか?やはりコイツはストーカーの類だったのか。
「便所だ。わざわざ便所に行くときもお前に伝えなきゃならんのか?少しぐらいは恥じらいを持たせてくれ」
「……まぁならしょうがないけど……急にあんたが居なくなったから心配……」
蚊の鳴く音ぐらいの声で言っているはずなのだが、ちゃっかり聞こえている俺の耳を恨めしく思う。とにかくスルーだ。
「キョンくん? ちょっといいかな」
俺の恐怖がまだ消えぬ人からお呼びだしがかかった。これで放課後教室になんて言われたら俺は即刻窓から飛び降りてみせる。

「お昼ご飯お弁当?」
「あぁ……そのつもりだが」
「わたしもお弁当なんだけど……ならさ……お昼一緒に食べない?一人で食べるのってなんか寂しいじゃない?」
「別に構わないが――」
「それにあたしも入っていいかいっ?」
話に鶴屋さんが乱入してきたっていうことは……
「あの~わたしもいいですかぁ?」
朝比奈さんと食べる昼飯というのはいいかもしれない……あなたを見ているだけで、弁当の白米も三杯いけるというものだ。
「わたしも……いい?」
なんと長門までもがこの戦場に参戦してきた。何故戦場と比喩するのかと言えば、昨日の出来事があってこそである。
そうなるともちろん戦場という場が似合うコイツが参入しないわけがなく――
「その話、あたしも乗ったわ!」
――何度も言う。この世界は、狂っている。――

授業中は特に特筆すべき点は無かったとは思う。ただ後ろの席からやたら忌々しいやら、
恨めしいやら、たまには何やら甘い視線が時には貫くように、時には俺の体をねっとりと包み込むように送られてきた事ぐらいだ。
それを全て気づかない振りをして、どうにか精神を保っていることに徹していたら、いつの間にか昼休みになってしまった。
なってしまった、と表現するのは朝のやり取りと昨日のやり取りをみた上でのこれからの展開が、
プライベートライアンもよろしくばりの血みどろの戦場になるであろう事が予測でき、その上で適切な表現だと思ったからである。
だが一人でこれからの昼ドラ的展開を迎えられるとは思っていなかった俺は、ハルヒの熱烈熱視線から逃れるために、
休み時間には国木田と……アイツと話をしていて、そして道連れとして引き込んだ。このアイツというのは……

「谷口です!いや~こんな美人達と一緒に食事が取れるなんて、この上ない幸せだなぁ~!」
それぞれの女性陣の面々が様々な視線を俺に送ってきているが、俺はちっとも気にしなかった。
「キョン、何この空気? 少し重くない?」
国木田にも感じ取れるこの雰囲気を谷口はもろともせず、本当に美女達との会食を喜んでいる。よかった。この世界の谷口もアホで。
谷口はベラベラ喋っているが、それ以外の面子は無言。谷口が話題を振ってもみんな曖昧な相槌を返すだけだ。
ただ無言ながらも、そこは戦場と化していた。目線でのやり取りが俺にもわかるくらいに行われており、
さすが国木田も勘が鋭いのか、その光景を目前に俺に顔を向け苦笑を浮かべている。谷口みたいに気づかない性格が羨ましい。

だがこの戦場に全員が参加しているわけでは無い。目線のやり取りを一切せずにひたすら俺の方を見ながら、
一人は小動物が食べるようにちまちまと、一人は豪快に食べている。その二人は本来ならば上級生コンビの朝比奈さんと鶴屋さんであった。
この二人は教養を弁えているのだろうか。それともこんな小娘達には負けない自信があるのだろうか。……なんの勝負だこれは……わかりたくもない気がする。

なんだかもの凄く食った気のしない昼食も終わり、午前中よりより鋭くなる視線を耐え抜いたら放課後だ。よく保った。誰か俺を褒め称えて欲しい。
「それじゃあキョン! 一緒に帰りましょうか!べ、別にあたしはあんたと家が近いようだからついでに誘ってあげてるだけだからね!?」
「スマンな。その要望には答えられないんだ」
「だから要望じゃ……! でも……なんでよ?用事でもあるの?」
「あぁ。願わくば、いつぞやの旧友とのご対面を果たしたいんでな……」
ハルヒをあしらって向かうは古泉から超能力者だと打ち明けられた中庭。そこのテーブルにホットコーヒーを二つ持ち向かう。
あのニヤケ面が手を振ってお出迎えしてくれた。

「それでお話というのは?」
古泉にコーヒーを手渡し、一口手を着けると、俺にそう問いただした。
「単刀直入に聞く。お前は超能力者だったりしないか?」
ニヤケ面は一瞬訝しげな顔をして、すぐにいつもの顔に戻った。
「……先程もそうでしたが、初対面のあなたが何故僕の正体を知ってなさるのでしょう?」
「お前は三年前に涼宮ハルヒによって、超能力とさ思えないような能力を急に授かった。その能力は限定範囲内でのみ使え、そこを閉鎖空間と呼ぶ。
それは涼宮ハルヒの精神状態によって生成され、ハルヒの精神状態に反映された巨人が空間内を破壊し続ける。お前の仕事はそれを狩るものだ。」
「ご明察です。何故こんなにも詳しいのでしょうか?これらの事は機関以外、彼女にも一切として話していないことなんですがね。だから先程は知らないとしたのですが。」

「俺は原因不明の現象によってタイムループをしているみたいだ。それもかなり環境の異なった状況下で、だ。なのでここは違う世界ということも考えられるが。
実際、俺が知っているお前は五月辺りに転校してくる筈で、さらには彼女なんて居なかった。」
俺は今の世界と俺がいた世界との相違点を古泉に説明した。初めて見つけ出した超常のやつだ。それが古泉とあって、俺は安心していた。
「なる程。異能者が通常の人間になっており、更にはまとめて同じクラスに編成、そして消された筈の人間の復活……これはやはり一種のパラレルワールドと考えられるでしょう。」
「その根拠は?」
「結局の所、タイムループとは、同じ結果に帰結されるものです。先程の相違点などからその結果に帰結されるためには、明らかに要素的なものが違ってきています。
さらには、普通タイムループは、記憶や意識などのもの無意識下の内に失われていると思われます。だがあなたは以前の記憶を持ったままだ。
簡単にそれだけで判断したわけではありませんが……割愛しましょう。」

確かに終わらない夏休みの時、何万回と繰り返された二週間の記憶はほとんど無くなっていた。
「もしこれがパラレルワールドで、これはハルヒの仕業だと思うか?」
「恐らくは、そうでしょう。こちらとあなたの世界では涼宮さんの能力は全く同じです。涼宮さんの前ではどんな理屈もかなわない。
理由がどうあれ、彼女が何かしらの理由により、IFとして考えたこの世界を構築させ、あなたと涼宮さんだけをこの世界に反映させた。
涼宮さんの記憶はあなたの話から察するに残っていないと思われます。以前の記憶があるのはあなただけかと。」
ハルヒのIFがこんな血みどろな争いに俺を巻き込むことなのか?本当に昼ドラに影響されたのかもしれんな。

「もう元の世界に戻ることは出来ないのか?どうもこの世界は精神に悪い。」
「心中ご察しいたします。可能性は無くはないですが、僕にはお手上げですね。
但し、あちらの世界が既に消滅しているとすれば……戻れる事は無いと思います。」
「俺たちの世界が消滅……そんな事があるのか?」
「涼宮さんが世界を再構築するほどの理由があるとして考えれば、その可能性も決して否めないですよ。僕達が恐れていたことがあちらで起きてしまった。あくまでも可能性の一つですが。」
嘘だろ……あっちの世界の朝比奈さんや長門や古泉、谷口、国木田……みんないなくなっちまったかもしれないというのか……

「あなたがこちらの世界に涼宮さんときたとすれば……あなたは涼宮さんの鍵だったのでしょう。羨ましい限りです。」
ある程度結論づけると、古泉は微笑ましいばりのニヤケ面を俺に向けてきた。その爽やかフェイスがあまり変わってないことに安緒した。
「それでお前は何故喜緑さんと?」
「彼女とは……運命的な出会い……と申しましょうか。」
古泉は更にはニヤケ面をデレデレしたニヤケ面に変えた。くそ忌々しい奴だ。
それから古泉のノロケ話を軽く聞き流し、気になることを聞いてみた。
「お前以外に異能と思われる人は居ないのか?俺らの世界ではお前の他に未来人、宇宙人がいたっていうのはさっき話したよな?」

「我々機関の調査によると、この学校には機関の人間以外、異能としか思えないような待遇を持ち合わせた人間は居ないようですが。」
「俺が知っている宇宙人というのに、喜緑さんもその一人だった。彼女はどうなんだ?」
「彼女についても調べさせてもらいましたが、いたって通常な人間です。」
強く言う古泉は、すぐに顔をいつもの0円スマイルに変化させ、
「まぁそちらの世界とは明らかな程、様々なことが違ってきています。そう思われるのも当たり前だと思います。
ですが、それもまた、涼宮さんが望んだ事です。何故僕らだけ異能の能力があるのか、そういった事も含めて、ね。」
そう言って古泉は肩を竦めてみせた。俺もそれに倣い肩を竦めてみせた。そしてこの言葉だけは、心中の奥深くだけで嘆くように呟いた。
――やれやれ……――



|