※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 前線基地に向かうトラックを激しい爆発音が揺さぶる。突入前の準備として、学校の砲撃隊が北山公園の植物園に
120mm迫撃砲による徹底した砲撃を行っているのだ。空気を切り裂くような音が頭上をかすめるたびに
身震いを覚える。あれに当たれば、身体が傷つくどころか粉々に吹っ飛ぶんだろうな。
 そんな中、前線基地に到着し、古泉小隊と鶴屋さん小隊の入れ替えが始まる。
「やあっ! キョンくん! また、会えてうれしいよっ! これから一緒にめがっさがんばろうね!」
 鶴屋さんのテンションの高さは相変わらずだ。そんな彼女にハルヒも満足げのようである。
 てきぱきとしたハルヒの指示により、2分とかからずに入れ替えが完了し、
「さて! いよいよ突入よ! 気を引き締めなさい!」
 ハルヒの声が合図となり、またトラックが動き始める。
 植物園が近くなるにつれて、爆発音が激しくなってきた。激しい土煙が植物園を覆っている。
その中、俺たちはついに北山公園内の植物園に突入した。同時に砲撃も停止する。
 先行するトラックに乗っていたハルヒは一目散にトラックから降りると、
「行け行け行け!」
 そう他の連中に降りるように指示を出し、自身はM16を抱えてそこら中めがけて乱射を始める。
ハルヒの配下の生徒たちもそれに習うように、トラックから降り乱射を始めた。辺りに広がる森、建物に向かって。
俺も遅れまいと、次々にトラックから自分の小隊を降ろし始める。鶴屋さんも同様だ。
 2~3分だろうか。そのまま、乱射が続いたが、やがてハルヒが右手を挙げた。どうやら、撃ち方やめという意味のようだ。
俺も周りに乱射をやめさせる。ほどなくして、乱射が収まり、辺りに静寂が戻った。しかし、銃声音が頭の中に残って
うっとうしいことこの上ない。
「何にもねえな……」
 俺は思わず声に出してしまったが、これは予想外だった。当然、激しい抵抗があるものと思っていたが、
すんなりと突入に成功し、さらに敵の一人すらいない。どういうことだ?
 みんな地面に伏せて銃を構えている中、ハルヒだけは仁王立ちのように突っ立っていた。あのバカ、狙撃されたらどうするんだ。
「国木田。俺はハルヒのところに行ってくる。ここを頼む」
「了解」
 俺は国木田の肩を叩くと、前屈みでハルヒの元に走った。同じタイミングで鶴屋さんもやってくる。
「どういうことなの? まるっきり抵抗がないなんて張り合いなさ過ぎ」
「何でも良いから少しは身を低くしろ、おまえは」
 そう俺は脳天気なことを言っているハルヒの迷彩服をつかみ、無理矢理屈みさせた。
「さ~て、ハルにゃん、これからどうするにょろ?」
 鶴屋さんの問いかけにハルヒは真剣に悩み始める。確かに、これはおかしい。やはり古泉の言うとおり罠だったのか?
 だが、敵は俺たちに考える余地を与えるつもりはないようだ。数発の爆発音が北高の方から飛んできた。
すぐ近くにいた通信機を持った生徒をハルヒは呼び、
「有希!? 何かあったの!?」
『前回と同じ攻撃を受けた。数発だけで、損害は軽微』
 的確な長門の返事にハルヒは安堵した表情を見せる。だが、またすぐに苦渋に満ちた表情に戻り、
「罠だろうが何だろうが、あれの攻撃方法をつぶさない限り、あたしたちに勝ち目はないわ。予定通りに行きましょう。
鶴屋さんはロケット弾発射地点と思われる北山公園南部をお願い。キョンは北側ね。とっとと制圧したら鶴屋さんの援護に
向かうこと! いいわね!」
 話し合いはここまでだ。俺は自分の小隊まで戻る。
「よっし、俺の小隊はこれから公園北部に行くぞ。前進しろ」
 俺の指示の元、小隊は北部へ移動を開始した。鶴屋さんも南部に移動を始める。とにかく、とっとと北部をつぶして、
鶴屋さんの援護に向かわねばならん。
 
◇◇◇◇
 
「なあ、キョン」
 林の中をじりじりと北部へ移動する最中に谷口が気の弱そうな声で聞いてきた。
「なんで散策用の道をつかわねえんだよ。歩きにくくてたまんねえ」
「おまえは待ち伏せされて、皆殺しにされたいのか?」
 そう谷口の意見を一蹴する。北山公園は公園だけあって何本かの道があるが、当然敵がいるなら、
やすやすと通してくれることはないだろう。それに見通しが良すぎて狙い撃ちにされてはたまらん。
 そばにいた国木田もあきれたように、
「谷口は結構貧弱なんだね」
「うるせえ。戦争するための訓練なんてやっているわけがねえだろうが。はっきり言ってこれは無駄な浪費だぜ。
あー、この体力をナンパにまわしてぇな」
「おまえが黙れ」
 黙々と俺についてくる小隊の中で、ただ一人ピーピー文句を言う谷口を黙らせる。
ただ、薄暗い森の中、おまけにどこに敵が潜んでいるかわからない状況では、谷口の普通っぷりが
かえって俺に安堵感を与えているのは事実だ。
 と、国木田が突然真剣な目つきで銃を構えた。さらに一斉に周りの生徒たちも構え始める。
呆然としていたのは俺と谷口だけだったが、目の前の木々の隙間に何かがいることに気がつくと、
あわてて構えた。
 隠れていたのは、鶴屋さんの行ったとおり真っ黒なシェルエットのような人間?だった。
腰にAKらしき銃を抱えているが、こちらには向けていない。
「おい、キョン……! とっとと撃とうぜ……」
 今にも泣き出しそうな声で谷口が言う。どうする? 撃ってしまって良いのか? それとも捕まえるべきか?
 だが、俺が迷っている間にそいつはとっとと逃げ出しやがった。全力で地面の悪さも気にせず、
一目散に北に向かって失踪する。
「くそ! 逃がすな!」
 ミスをしてしまった。偵察兵かもしれないのに、ここで見逃せば俺たちの位置が敵の主力に伝わり、
攻撃されるかもしれない。そうなる前に……!
「キョン、待って!」
 国木田の制止も聞かずに、俺は一目散に逃げるシェルエット人間を追いかけ始めた。
小隊全員も俺について走り出す。
 逃げる奴は姿が真っ黒というだけで、全く人間と同じような走り方をしていた。
草を手ではねのけ、溝を跳び越え、ばたばたと足音を発しながら逃げていく。
「もう少し……!」
 もうちょっと追いついたら、奴を背中から撃ってやる。それで仕留められるはずだ。
 だが、先に発砲したのは俺じゃなかった。タンタンと乾いた破裂音の次に、バスっと二度と忘れないんじゃないかという
いやな音が背後から飛んできた。俺は立ち止まって振り返ると、そこには通信機を背負っていた阪中が倒れていた。
頭部から出血までしている。撃たれたのは確実だった。
「キョン! まずいよ!」
 国木田がそばにいて切迫した声を上げた。前からは逃げていた敵と入れ替わるように、
銃を手にした数人の敵がこっちに向かって来ていた。さらに左右からも銃撃が始まる。
「阪中から無線機を!」
 俺は身近にいた生徒に無線機を取るように伝える。阪中がやられた以上、別の誰かに持たせないと――
 だが、すぐにその生徒も胸を撃ち抜かれた。血しぶきと肉片が飛び散った光景は当分忘れないだろう。
「おいキョン! どうするんだよ!」
 谷口はひたすらおろおろして持っているM60を撃ちもしない。代わりに周りの生徒たちがおのおの敵に向けて反撃を始めた。
俺もそれに続くように迫るシェルエット人間に向けて発砲を始める。だが――
「だめだ……!」
 敵がどんどん増えて、数人どころか数十人にふくれあがったのを見れば、つい絶望もしたくなる。
やはり古泉の言うとおり、鶴屋さん小隊を襲撃した連中はただのおとりで、本隊が北部に陣取ってやがったんだ。
そして、俺たちはまんまと誘い込まれてしまっている。そう考えたとたん、自然と身体が引き返せと悲鳴を上げ始めた。
「後退しよう! 負傷者を連れて行け!」
 撃たれて倒れている阪中たちを別の生徒たちが引きずり始めた。俺はそれをカバーするように
迫る敵に向けて撃ちまくる。そのうち一発が敵に命中し、まるで液体が始めるように飛び散って消滅した。
確かに鶴屋さんの言うとおり、まるでゲームの敵を撃ったぐらいの感覚にしかならない。
 俺たちはそのまま数十メートル後退する。その間にまた一人の生徒が肩を撃たれた。これで3人目だ。
「下がれ下がれ!」
 俺はわめくように指示を出す。だが、今度は二人の生徒が背後から撃たれた。そう背後からだ。間違いない。
なんで俺たちが通ってきた方から銃弾が飛んでくる!?
「後ろにも敵がいるよ!」
「どーするんだよ、囲まれちまっているぞ!」
 未だに健在な国木田と谷口が大声を上げた。まずい。やばい。どうすりゃいいんだ!?
「伏せるんだ! みんな、伏せろ!」
 思ってもいない声が俺の口から飛び出した。一斉に全生徒が茂みに隠れるように地面に伏せた。
すぐ頭上に弾がヒュンヒュンとかすめていく。もう一歩遅かったら蜂の巣立ったかもしれん。
 背面の敵はこっちを狙撃するように動かずに撃ってきているが、前面――北側の敵は遠慮なくつっこんできていた。
このままでは皆殺しにされる。
「谷口! M60をこっちに置け!」
 俺の指示に谷口は俺のすぐ横にM60を置いて撃ちまくり始めた。
「このやろ! 死ね! くるんじゃねえ!」
 情けない声を上げつつも、突撃してくる敵に次々と命中し、黒い影が飛び散りまくる。
 一方、俺の背後では国木田が小隊の背後にいる敵に対処していた。
「手榴弾を投げるよ!」
 ピンの抜かれた手榴弾が宙を舞い、背後の敵を吹き飛ばした。同時に銃撃が収まったのをみると、
背後にいた奴は仕留められたらしい。さらに、前面から突撃してきた敵はM60の乱射を恐れたのか、
じりじりとこちらの視界外に引き始めた。何とか急場をしのげたようだな。
 だが、国木田はほっとする様子もなく、俺の元に駆け寄って、
「キョン! のんびりしている場合じゃないよ! 第2波が来る前に砲撃の支援要請をしないと!」
 くそ、国木田の方が指揮官みたいじゃないか。今からでも変わってくれないか? いや、そんなことはどうでもいい。
 俺は引きずられてきてぴくりともしない阪中から無線機を取ると、ハルヒに――いや、そんな暇はない。
長門に直接指示しないと!
「長門! 聞こえるか!」
『聞こえている』
 通信機は無事のようだ。俺は胸ポケットから地図を取り出すと、
「今から言う座標に向けて砲撃を頼む!」
 俺は俺たち周辺の座標を伝えると、
『わかった。砲撃を開始する』
「ああ、頼む! こっちは包囲されて孤立状態だ!」
 通信を終えたときに、ちらりと阪中の目が俺の視界に入った。
地面に突っ伏したまま、けっして瞬きしない。もう死んでいる……
 ――あのね、お願いがあるんだけど。
 ――涼宮さん、誘ってほしいんだけどね。
 ――球技大会。だって、涼宮さん、すごいスポーツ万能じゃない。
 前日、あった阪中との会話が脳裏にフラッシュバックしたとたん、俺は胃のものをすべてリバースしてしまいそうになった。
何とかぎりぎりのところで押さえ込んだが、全身に走る悪寒と鳥肌はやみそうになかった。
 何を悩んでいる? 俺があのときとっとと逃げる敵を撃っておけばこんなことにはならなかっただろ?
でも、これはゲームだ。仕掛けたものの言うとおりに勝てばいいじゃないか。そうすれば元通りさ。
大体、この阪中が俺の知っている阪中とは別人かもしれない。だから、罪悪感なんて持つことはない。
持つことなんてないって言っているだろうが!
「――キョン! 大丈夫!? しっかりして!」
 いつの間にやら国木田が俺の肩をさすっていた。全身汗だらけになっていることにも気がつく。気色わりい。
「あ、ああ、大丈夫だ――大丈夫……」
 のどからひねり出される俺の言葉を聞けば、誰も大丈夫じゃないとわかるだろう。しっかりしろ、俺!
今までだって、朝倉にナイフで刺されたり、朝倉にナイフでぐりぐりされただろうが!
「ああああっ! キョン、また敵がこっちに近づいてきたぞ!」
 谷口の悲鳴とともにまたM60が火を吹き始める。見れば、また懲りもせず前方からシェルエット軍団が
突撃を敢行し始めていた。当然、銃を乱射しながらだ。
 しかし、ここで長門のきわめて正確な砲撃が始まった。シャァァァという空気を切り裂くような音とともに、
俺たちの周囲が次々と吹き飛び始める。轟音で耳の鼓膜がはじけそうになった。
「撃ち方やめ! 撃ち方やめ! おい谷口! やめろっていってんだろ! 弾を無駄にするな!」
 こっち大火力で突撃して来る敵はほとんど吹き飛び、俺たちのところに到達できる奴は一人もいなかった。
ならば、こっちはしばらく見物していた方が良い。
「今の内に負傷者の手当をするんだ! 残りは残弾の数を数えておけ!」
 その間、徹底的な砲撃を受けた敵はさすがに堪えたらしい。次々と北側に引いていくのが確認できた。
頼むからもう来ないでくれよ。
 俺はまた長門に――すまん、阪中。また借りるぞ――連絡して砲撃を停止させる。
続いてハルヒに連絡だ。
「おい、ハルヒ聞こえるか?」
『何よ、こんなときに! こっちは大騒ぎよ!』
 返ってきたハルヒの声は、植物園がどんな状況かすぐにわかるようなものだった。無線機越しに、
銃声音やら爆発音がひっきりなしに飛び込んでくる。
『敵よ敵! 辺り一面囲まれているわ! 鶴屋さんも同じみたい! 完全にしてやられたわ!』
 ああ、また撃たれた! 衛生兵! そっちで怪我した人を見てやって! 古泉くんの部隊はまだ来ないの!?と
俺に向けてではない声も入ってくる。やばい。ハルヒの方も襲撃されているのか。さらに鶴屋さんもだと?
学校まで攻撃されている訳じゃないだろうな?
『それは大丈夫だって有希が言っていたわ! 今のところ、戦闘が起こっているのは北山公園内だけみたい!』
 そうか、それなら当面は俺たちだけの問題だ。
「こっちも囲まれて数人がやられたが、長門の砲撃で何とか撃退できたようだ。
あと、鶴屋さんが言っていた20人ぐらいはとっくに倒しているが、まだまだ敵がいそうだ。
これじゃ、いくらやってもきりがないぞ。これからどうすりゃいい?」
『とにかく、古泉くんの言ったとおり罠だったんだから、引き上げるのよ! だから、早く戻ってきなさい!』
 明確でわかりやすい。短絡的とも言えるが、今はありがたかった。
 俺は国木田と谷口を呼びつけ――なんだかんだでこいつらが一番話しやすい――、
「おい、植物園まで戻るぞ。今すぐにだ。無線機を誰かに持たせないとな」
「負傷者は?」
 国木田の言葉に俺は即答する。
「決まっているだろ。引きずってでも連れて行く」
「なら、死んじゃった人は? すでに4人死んでいるよ」
 続いて飛んできた質問に俺は息をのんだ。辺りを見回すとけが人5名、死者4名の状態だった。
なら、無事な生徒は残り21人。けが人だけなら運べないこともないだろうが、死者を含めると、
ほとんど運ぶだけで部隊全体がいっぱいいっぱいになる。
 俺はもう冷たくなりつつある阪中を見る。そして、
「死んだ奴はおいていく。落ち着いたらあとで戻って回収する。場所はきちんと地図に記してな。
戻ってこれるのかなんていうな。絶対にだ」
 俺の声に反論する奴はいなかった。なんて薄情な奴だなんて言わないでくれ。
今は生きている奴を助けるだけで精一杯なんだ。
 俺は無線機に向かって、
「ハルヒ。これから俺たちはそっちに戻る。時間はかかるだろうが、努力はするぞ」
『キョン! 戻ってこれそうなの!?』
「わからんが、やれることはやるつもりだ」
 できるとは言えなかった。情けない。俺がこんなにだめな奴だったとは、正直ショックだ。
『……キョン。これだけは言っておくわ』
 ハルヒの決意じみた声。そして、続く。
『こっちもひどいけど、絶対にあんたたちを見捨てない。どんな手を使ってもここを死守するわ。
逃げない。約束する。だから――』
 俺にはハルヒが次に何を言うか、予測できた。だから、無線機を小隊の生徒たちに向けた。
『全員帰って来いっ! 絶対に!』
 
◇◇◇◇
 
 俺たちはじりじりと慎重に植物園に向けて移動を始めていた。途中、何度も襲撃を受けたが、
その度に長門からの支援砲撃を要請し、ある時は谷口や他の生徒たちの活躍で撃退することができていた。
しかし、来た道とは違い、帰りはとんでもなく時間を食ってしまっていた。もうすでに12時を越えようとしている。
さらに、移動の間に負傷者が死者に変わり、また新たな負傷者が発生していた。すでに半数以上が負傷、あるいは死亡している。
「またさっきの負傷者が……」
 国木田が沈痛な表情で報告に来た。これで死者は13名になった。置き去りにした生徒と言ってもいい。
 大丈夫。これはゲームだ。勝てば元通り元通り……
 そう俺は自分に暗示をかける。俺には生徒の死を受け入れるような頑強で器の広い心なんて持っていない。
だから、死者が増えるたびに自分に暗示をかけるようにこの言葉をつぶやき続けた。
でなけりゃ、無能な自分が許せなくなるからだ。
「あと、100メートルぐらいだろ。とっとと走っていこうぜ!」
 目前まで迫った植物園に俄然焦り始めたのは、唯一の普通人、谷口だ。弱気な言動が多いのに、
なんだかんだでこいつのM60には助けられっぱなしだが。
「まあ、焦ることはないと思うよ。もうちょっとでつくんだからさ」
「そうだな。今まで通りのペースで行くぞ」
 俺たちは移動を開始する。確かにもうゴールは目の前だから、はやる気持ちが沸々と俺の頭にも沸いてきた。
 だが、敵もそれを阻止しようと必死だ。シェルエット野郎が数名襲ってきた。
「俺がしんがりをつとめる! 先に行け!」
 もともと銃の扱いは頭の中にたたき込まれていたが、ここに来ていい加減慣れてきたのだろうか。
俺の射撃の命中率もかなり上がっていた。もっとも敵が物陰にも隠れようとせず、
ひたすら銃を乱射しながら突撃というワンパターンなため、簡単に命中させられているだけなんだが。
 また、数名をシェルエットを飛散させると、先行して移動した小隊に戻る。見れば、植物園の建物が
木々の隙間から見えるほどまでに近づいていた。
「ここで、きちんとどこから戻るか伝えておいた方が良いよ。間違って攻撃されるかもしれないしね」
 相変わらず冷静な国木田のアドバイスが飛ぶ。こいつとは腐れ縁みたいなものだが、こんなことが得意だった覚えはない。
俺たちと同じように相当頭の中をいじられているようだな。
 俺は無線を持たせた生徒から無線機を受け取ると、
「ハルヒ。もうすぐそばまで戻ってきたぞ。北側から植物園に入る。間違って銃撃しないでくれよ」
『わかったわ。そこを守っているのは古泉くんだから、伝えておく』
 なんだ。結局古泉もこっちに来ているのか。結局総動員だな。
「よし移動するぞ。もう少しだからな」
「ひゃっほう! これでうっとうしい森の中からおさらばだぜ!」
 俄然やる気を取り戻した谷口に笑顔が戻る。まあ、それで終わりって訳じゃないが、
こんなところにいるよりかは幾分かマシだろうな。
 木々を分けて移動を開始する。数メートル進むと、森との境に陣取っている古泉の小隊が見えた。
向こうもこっちに気がついたらしい。右手を挙げて、来てくださいと合図している。
 その刹那、俺は右手に一人だけのシェルエット野郎がいることに気がついた。
向こうは目がないので、視線があることはないだろうが、俺ははっきりと悟った。今にもその構えたAKから弾丸が撃たれ、
俺に命中すると。
 だが、ここで偶然なことが起こった。そうこれは偶然だ。突然、うきうき足で走る谷口が俺と敵の間に割り込んで来たんだから。
「谷口っ――!」
 越えも間に合わず、俺の縦になるように谷口の上半身に2発の弾が命中した。貫通した弾はぎりぎりのところで
俺には当たらず背後に去っていった。まるで一連の事がスローモーションのようにはっきりと見えた。
そう、谷口が撃たれたのだ。
 谷口を撃ったバカ野郎はすぐに国木田が始末した。俺はそんなことにかまわず谷口を引きずり、
古泉の部隊の場所に連れ込む。とにかく、古泉との再会は後回しだ!
「おい谷口! 大丈夫か! しっかりしろよおい!」
 痛みのためか、谷口はうなるだけだった。ちくしょう! やっとここまで戻って来れたってのに!
「キョン、また敵が攻撃をしてきた。ここじゃまずい。ここは僕らが食い止めるから、谷口を涼宮さんのところへ」
 俺の隣に飛び込んできた国木田がそううなずく。少し離れたところにいた古泉も任せてくださいと
いつものスマイル声で言ってきた。すまねえ!
 俺は谷口を背負うと、全力でハルヒの元に向かった。とにかく、トラックに乗せて学校に戻してやりたい。
そうすれば、きっと助かる。助かるに決まっているさ!
「へへっ、思ったより痛くないもんだな……」
 背中から谷口の声が俺の耳に届く。
「痛いだろ。もうちょっとの辛抱だ! だからがんばれ!」
「痛くねえよ……ただ、あつくてたまらないけどな」
 俺の背中にだらだらと血がしみこんでくるのがはっきりとわかった。もう痛みすら認識できないのか。
 こんな中で、今まで俺がごまかし続けてきた言葉が浮かぶ。これはゲームなんだ。勝てばいい。勝てば元通り。
この世界で誰かが死んでも大したことはない――
「そんなわけねえだろうが!」
 俺は言うまいと思っていた言葉を口にしてしまった。ゲームだろうが何だろうが、谷口は今まさに死のうとしている。
これが現実だ。いまはっきりと起こっていることなんだよ! 何をどういっても否定のしようがないんだよ!
「キョン、俺がんばったよな。何度もお前を助けたし……」
「ああっ! おまえはすげえよ。何度もみんなを助けたんだ。誇りに思っていい!」
「これであの子も俺を見直すだろうな。振ったことを後悔させてやるぜ……」
「そうだな! だから、もう少しだ!」
 もう俺は泣き出しそうだった。むしろ、どうして泣き出さないのか不思議なくらいだった。
「頼むぜキョン、ここでの俺は勇敢だったってみんなに伝えてくれよ……」
「自分で広めればいいだろ! そんな弱気なのこと言うな! 死ぬな死ぬな死ぬな!」
 俺の必死の呼びかけにも関わらず、谷口がそれ以降言葉を発することはなかった。
 
◇◇◇◇
 
「キョン、谷口の遺体は学校に向けて搬送したわ……」
「……そうか。ありがとな、ハルヒ」
 俺は声をかけてくれたハルヒに振り返りもせず、呆然と植物園の入り口付近に座り込んでいた。
谷口は結局死んでしまった。同時に俺の肩に14人分の死の乗りかかってきてしまった。
もはや、罪悪感を越えて、どうでもいいほどの放心状態だ。
 しかし、一方で今後ろにいる人間に対する黒い感情が少しずつ広がっていることにも気がつく。
作戦を立てたのもハルヒだし、何よりもこれを仕組んだ者の目的は明らかにハルヒだ。
谷口や学校の生徒たちが死ぬ必要なんてない。大体、古泉が罠だって指摘していたじゃないか。
罠だとわかったからと言ってそんな簡単に引き返せるわけもないんだ。
「谷口は友達だったんだ。悪友だったけどな。普段はいてもいなくても、なんて考えたりしていたけど、
いざこうなると初めてどういった存在だったのか、よくわかったよ」
「ゴメン……なんて言っていいのかわからない」
 ハルヒのしょぼくれた声に、一瞬で俺は正気を取り戻した。何を考えているんだ、バカバカしい。
仕組んだ者の目的がハルヒであっても、これはハルヒが望んだわけじゃない。ハルヒだって被害者だ。
それに作戦を立てて賛同した中には俺もいたじゃないか。ハルヒ一人を責めるのは明らかに間違っている。
俺だって同罪だ。
「なあ、ハルヒ」
「……なに?」
「俺、絶対に負けないからな」
 やるしかない。やけにもならずに冷静にやるしかない。それでいい。
「うん……絶対に負けない、あたしも」
 ハルヒの声もすっかり元気がなくなっていた。ちくしょう、これを仕組んだ奴はハルヒのこんな姿が見たいってのか?
「そんな声を出すなよ、中佐殿。不安になるだろうが」
「わ、わかっているわよ……! 当たり前じゃない! 絶対に負けない!」
 少しムキになるところを見てほっと一安心。まだハルヒらしさが残っているようだ。
俺はようやくハルヒの方に振り返って――このときに見たハルヒの歯を食いしばるような表情は早々忘れないだろう。
 と、ハルヒの迷彩服の肩の辺りの色が変わっていることに気がつく。大量の血が付着しているようだった。
「それ、大丈夫か? どこかやられたんじゃないだろうな?」
「え、ああ、うん、大丈夫。自分の血じゃないから。さっき負傷者を背負ったときについたんだと思う」
 ほっと胸をなで下ろす俺。たのむぜ、団長殿。お前がやられたら終わりなんだからな。
 俺はヘルメットをかぶり直し、
「また、戻る。鶴屋さんを助けに行かないとな」
 そう言って俺は戦場に戻った。とびきりの作り笑顔をハルヒに見せてから。
 
 

 ~~その3へ~~

|