※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007-01-30

1、動機

 ここ数年の韓流ブームの波に乗って、「冬のソナタ」の大ヒット以来、韓国のドラマや映画などが、日本でも多く紹介されるようになり、韓国の恋愛事情が注目を集めている。日本の古きよき時代を思い出させるような清潔感があるという。韓国といえば“純愛”というほど、そのイメージは強い。しかしそれは、あくまでドラマや映画から得た印象にすぎないのである。実際に韓国に住む人たちは、どのような恋愛をしているのだろうか?
また韓国には、恋人同士のための日(日本のバレンタインデーのようなイベント)が、月に1度あるというが、恋愛そのものがオープンだというのは本当だろうか?そして、女性から告白することが圧倒的に多い日本と異なり、韓国人男性は好きな女性に対してとても積極的だという通説も事実なのだろうか?
メディアを通した情報ではなく、現地の人たちの実情が知りたい。恋愛という一つの切り口から、韓国の歴史や文化に基づいた価値観というものを見出し、韓国の人々への理解を深めることが出来るのではないだろうか。そこで私たちは直接、今回の語学研修という機会を利用して、韓国の人たちの恋愛事情について調べてみようと思った。また、私たちが持っている日本人の恋愛観と比較する目的から、その対象をソウル大学の学生に絞って調べることとした。

2、方法

研修期間中にフィールドワークを行い、帰国後に調査内容をまとめて考察する。具体的なアプローチの仕方については、ソウル大学に通う学生を対象にアンケート調査を行う。あらかじめ質問事項を考え、アンケート用紙を用意しておく。

<質問紙>
私たちは日本の大学生です。韓国人の恋愛観念について調査しています。
失礼ですが、もしよろしければアンケートに答えて下さい。
次の中から当てはまるものに○をして下さい。

1.( )歳・(男・女)
2.愛する人はいますか? (いる・いない)
3.恋人はいますか? (いる・いない)
4.恋人の年齢はあなたから見てどうですか? (年上・同い年・年下)
5.恋が始まるきっかけは?  (   自由記述   )
6.告白の方法は? (直接・電話・その他)
7.告白のセリフは?  (   自由記述   )
8.デートの頻度は?  (毎日・週2~3回・週1回・月1回)
9.恋人にされてうれしかったことは?  (   自由記述   )
10.今までに付き合った人数は?  (0人・1人・2人・3人・4人・5人~)

もしよろしければ、次の質問にも答えてください。

11.別れの理由は何ですか?  (   自由記述   )
12.別れを告げる方法は?  (直接・電話・メール・その他)
13.同じ人に何回まで告白する?  (0回・1回・2回・3回・4回・5回~)
14.子供は何人欲しいですか?  (0人・1人・2人・3人・4人~)
15.韓国の恋愛を一言で言うと? (   自由記述   )


男子 37人、女子 32人、合計 69人から回答を得た。

3、結果

巻末資料参照

4、考察

私たちと同じ年代の人は、恋愛に対する考えが似ており、韓国と日本の差というのが思うほど明確には現れなかった。日本も昔は厳しい伝統に拘束され、自由に恋愛できない状況があったが、韓国もそのような傾向があったことがわかった。しかし日本は完全に崩れ去って、恋愛は自由なものだとされているのに対し、韓国は革新が起こり始めたばかりだとみられる。

より自由を求める若者の気持ちから、恋愛がオープンになってきたのかもしれない。

回答者自身の恋愛経験について質問した後で、韓国人全体の恋愛観について聞いたため、その人個人に限定されるような回答もみられた。

5、感想

ソウル大学のキャンパス内だけでなく街中でも、手をつないだり腕を組んだりして歩くカップルの姿が目についた。日本に比べてオープンだと感じた。
一人でアンケート調査の協力を依頼しに行くと、ナンパと間違えられることがあって、とても恥ずかしかった。私たちの感覚では、大学内でナンパをするという発想自体がないし、一人で異性のグループに声をかけに行くということも、普通では考えにくいことなので、驚き戸惑ってしまった。