※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

直交座標 (x, y)から角度θを求める。
arctan( y / x )
の式で求めることができるが、ヘッダ<cmath>に含まれる関数tan()の戻り値は[-π/2 ~ +π/2]となっており、
180度周期であるため、360度周期の角度を求めることができない。

そのため、atan2()を使用する。
<cmath>ヘッダをインクルードし、
atan2( y, x );
のように使う。戻り値は[-π ~ +π]である。

ラジアンから度数法に直すときは、
double angle = atan2( y, x ) * 180/PI;
とすることで、[0 ~ 360]の値が得られる。
int angle = static_cast<int>( atan2( y, x ) * 180/PI + 360 ) % 360;
とすれば、[0 ~ 359]の値が得られる。