※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネイティブ (unmanaged) な関数を、C++/CLI (managed) でラップして使う。
環境はVisual Studio 2005。
プロジェクトの参照設定や、インクルードディレクトリの設定など、適切に行うこと。
設定がわからない人は下部にあるリンクを参考にしてください。


ネイティブ (unmanaged) 関数

hello.hpp

#pragma once

#include <string>

void hello();
void show( int i );
void show( double d );
void show( std::string str );

hello.cpp

#include <iostream>
#include <typeinfo>
using namespace std;

#include "hello.hpp"

void hello()            { cout << "Hello, world!" << endl; }
void show( int i )      { cout << "your input : " << i << endl;}
void show( double d )   { cout << "your input : " << d << endl; }
void show( string str ) { cout << "your input : " << str << endl; }

C++/CLI (managed) によるラッパクラス

hellolib.hpp

#pragma once

public ref class HelloLib {
public:
    static void Show();
    static void Show( System::Int32 i );
    static void Show( System::Double d );
    static void Show( System::String ^str );
};

hellolib.cpp

#include <cassert>

#include "hellolib.hpp"
#include "hello.hpp"

using namespace System;
using namespace System::Runtime::InteropServices;

void HelloLib::Show()           { hello(); }
void HelloLib::Show( Int32 i )  { show( i ); }
void HelloLib::Show( Double d ) { show( d ); }
void HelloLib::Show( String ^str )
{
    assert( str != nullptr );

    IntPtr mptr = Marshal::StringToHGlobalAnsi( str );
    show( static_cast<const char *>( mptr.ToPointer() ) );
    Marshal::FreeHGlobal( mptr );   // メモリ解放
}

managedな言語 (C#) からの呼び出し

Program.cs

using System;

namespace hellouser
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            HelloLib.Show();
            HelloLib.Show(1);
            HelloLib.Show(2.0);
            HelloLib.Show("HelloLib.Show()");
        }
    }
}

参考リンク


アーカイブ

サイト名:
URL: