吉野の山の嶺の雪、おぼつかなからぬほどに、ふみならし給ふ御恨さへ、解くる世なきほどながら、月日もはかなく過ぎて、女君の御うぶやの程にもなりにけり。恐ろしく危ふき事におぼしさわぎて、ひまなきみどきやう、すほふ、大殿にもあやしながら、人め例ならず見せじと、そへ始められたる御いのりども、殿の内ひまなき
四八入
----
まで、こちたきしるしにや、かねてよりはればれしからずのみ惱み渡り給ひしを、いとたひらかにをかしげなる女にて生れ給ひぬるを、おぼしつるほいの如く、行く末かみなく思ひやらるゝさまにておはするを、いみじき事に、おとゞおぼしよろこび、御うぶやの儀式ありさま、限ある事にことを添へ、急ぎさわぎ給ふさま、ことわりにも過ぎたり。大殿よりも、御湯殿の事などまで、おぼしやりたるさまこちたきを、かひがひしう待ちとりはやし給ふに、すべてたがふ所なく、唯宮の宰相なるちごの御かたちなるに、さればよとうち見るに、胸はつぶれて、うとき人にだにあらで、昔よりへだつる事なく、かたへにまつはれたる人にしも、い
かに怪しともをこがましとも思ふらむと、耻かしく心憂きに胸いたきまで思ひあまり、こもちの君、いみじかうつる事のなごり、綿などうちかつぎ、所せげにくゝみ臥せられて、寢給ひつるに、さし寄りて、「ものけ給はる」とある聲に、うち驚きて見あげ給へれば、たゞなる時だに、いみじうはづかしげに、おぼろげの人見えにくきを、まいて思ふこゝろあり、うちほゝゑみて、「これはいかゞ御覽ずる。
この世には人のかたみのおもかげを我が身にそへて哀とや見む」とのたまへる耻かしげさに何事かは言はれ給はむ。顏をひき入れ給へるもことわりなりや。いでやさばれ、かくありはつべき身ならばこそは、世の人の見思はむ言の葉を、聞き入れられ奉るもあいなし、すべて、我が身のよづかぬをこたりのみこそ思ふにも言ふにもつきぬ心ちすれと、涙さへ落つるを、さばかりもてさわがるゝに、ゆゝしと見る人もこそと、煩はしければ、立ちのきぬる
----
名殘も、女の御心のうちぞいと苦しう消えぬばかりなれど、人はいかでか思ひ知らむ。ひとつに喜びて、殿うへ御湯殿、大將殿のうへむかへ湯などもてさわがるゝに、中納言の御ありさまありますさまじうと目とゞむる人もこそあれど、人がらのあまり思ひす
まし、さま悪しからずもてしづめたまへけるなめりとぞ見なしける。七日の夜、大將殿の御うぶやしなひにて、上逹部殿上人殘りなく參りつどひたるに、宮の宰相のみぞいたはる事ありて參らぬに、いかにと人知れず思ひ惑はれしを、たひらかにねんじなしても、人のうへにうちきゝて、遙にいぶせきに、おぼしあまり、左衞門がつぼねにおはしけり。「かばかりのちぎりをおぼし知らぬにはあらじ。唯今宵いめばかり」と責め惑ひ給ふを、いとわりなき事と思へど、いと心苦しきに、のぼりて見れば人々は皆出で居たり。おとなしき人は、臺盤所の方にて、とかうことおきて、おほうへの祿どもなど見給ふ事どもありて、我が御方におはしなどして、こもちの御方、なかなか今宵ゆくてなどして、人ずくなにて臥し給へり。なかなかさもありぬべきまぎれかなと見て、おんとのあぶらなど、とかく紛はして入れてけり。女君、いと折あしとおぼしながら、あながちなりける契りのあはれにのがるべくもあらざりつるに、いと暗くあらぬほかげに、いとさゝやかに細うをかしげなる人の、色は隈なく白きに、白ききぬどもにうづもれて、かしらに菊のうへおぼえて綿ひき散されたり。こぢたく長き髪をひきゆひてうちやりたるなど、かくてこそまことにをかしう見まほしけれと思ふに、大かたはかをり滿ち、いみじうなつかしげなり。よろづをかきつくし。さばかり隈なく色めかしく色好みの深く哀と
九。
----
九一
心にしめられむと、つくし給ふ言の葉けしき、なにのいはきも靡きつべきに、女君も、心づよからずうち泣きて、いみじう哀げなるけしきに、いとゞ立ちわかるべき空もなし。とには、中納言拍子とりて、伊勢の海謠ふなる聲、優れておもしろう聞ゆるを、あやし、かばかりの人を、心にまかせて見つゝ、などてうとかりけむ、さばかりのかたちのにほひやかに、たをやぎをかしきにはたがひて、いみじう物まめやかに、怪しさまでもてをさめて、いといたう物を思ひ亂れたるさまの常にあるは、いかばかりの事を思ひしめて、外にうつろふ心のなかるらむと、ゆかしき事ぞ限なきや。まだ事もはてぬに、中納言きぬどもを人に脱ぎかけて、いと
寒かりければ、惑ひて衣着かふとて、紛れ入り給へるに、帳の内に、あきれ惑ひさわぐ氣色の怪しさに、さしのぞき給へれば、おきかへる人は、帳よりとに出でたるべし。いたくさわぎて、扇たゝうがみなどおとしたなり。女君、いみじとおぼし入りて、隱さむの御心もなきに、やをら寄りて、扇の枕上に落ちたるを、火のもとによりて見れば、赤き紙に竹に雪の降りたるなど書きたるが、塗骨に張りたるに、裏の方に心ばへある事ども、ならひすさびたる、その人のなりけり。さればよと思ふに、かく紛れむとてこぬにこそありけれと思ふにいみじう妬かるべき事のさまなれど、さしも覺えず。男はさこそあらめ、女はしも、いと深くはおはせぬ折と言ひながら、今始めたる事ならねばなかたちの人も知らぬやうもなかりつらむ、かうなどせうそこしけむものを、かゝる程のうちとけ入り給ひつらむは、おぼろけにおぼすにはあらぬなめり、かの人の志にまかせて、嬉しとは思ひながら、なま心おとりせぬやうはあらじ
----
かし、いと耻かしき人もかつはうち思ふらむかし、のどかに我なきひまひまも多かるものを、かばかりうちとけ給へる程のいみじう騷がしうのゝしりたる折しも、見る人もありつらむ人めこそ、我がだめ人のためいみじういとほしければ、いかにすべきよにかあらむ、さりとて、このあたりにかき絶えなむも人ぎゝいとかろがろし、さりとてかくのみかたみに人目もつゝむまじかめるに、知らず顔にて過ぐさむ事もいと心なき事と思ひ亂れて、あそびや何やかやとあれど、いたうももてはやさず。このうぶやのほど過ぎぬれば、例の吉野山に入りてぞよろづおぼし慰めける。そのほどのことゞもくだくだしければ、さのみ書きつゞけむやは。宮の宰相は、忍ぶる道の逢ふ事かたき戀ひ思ひに、なげき沈みつゝも、これは心をかはし、をりをり過ぐさぬゆきあひに心を慰みて、例のくせは、これは限なければ、ひとつことのみやは。あるべきにはあらず。中納言の漏り聞かむ所も、いとかたはらいたし。なほ宣耀殿のないしのかみはしも、かぎりなくをかしうて、人に心おかるゝふるまひは、思ひのどめられなむかしと、猶思ひなされて、又立ちかへり、宰相の君といふ人を、なくなく語らひ盡して、いかなるまぎれにかありけむ、御物忌かたうて、梨壷にもまうのぼり給はぬ夜入りにけり。かんの君、あさましういみじとおぼすに、物も覺え給はす。さはいへど、つきづきしく心深く
ひきつゝみて、動きをだにし給ふべくもあらす。泣く泣く恨み侘びて、明けぬれば出でずなりぬ。珍らかに、かたみにわりなしとおぼせど、言ふ方なくて、かたき御物忌にことづけて、帳のかたびらおろしまはし、もやのみすも參り渡しなどして、しもなる人うへにもあげずな
四九二
----
四九
どして、心しりの二人ばかりぞわりなく思ひ惑ふに、男は、名高くいはれ給ふ御かたちを、ゆかしくいみじと聞き思ふ御有樣なれば、見奉らむと思ふに、只今はよろづ忘れたり。そびえいとちひさきてあたりこそおはせねど、くせと見ゆべくもあらす。みぐしはいとをよりかけたるやうに、ゆるゝかにこちたうて、あながちにても見ゆる。御顏は唯中納言の今少しあてに、かをりすみたる氣色添ひて、心にくゝなまめきまされり。あぢきなく心を盡す中納言の女君は、あてにをかしげに、こまかになつかしう、らうたげなる事ぞ似る物なき。この御有樣は、にほひそめてたゞ目もあやなる光ぞ、こよなかりけるかしと見るに、こゝろぎもゝつきはてゝ恨みわぶるに、大かたはいみじうたをたをと、あてになまめかしう、あえかなる氣色ながら、更にたわみ靡くべうもあらず。心を惑はし涙をつくして、その日も暮れ、その夜も明けぬべきにおぼしわび、かんの君もいみはてぬれば.「殿も參り給ひ、中納言もおはしなむを、かくてのみいとわりなかるべきを、まことに深き御心ならば、志賀の浦をおぼいて出でいなば、いかに嬉しからむ」と言ひ出で給へる聲の、わりなくあいきやうづきたるほども、唯中納言なりけり。珍らしういみじきにさへ聞き惑ひ、いとゞ出づべき心ちもせず。
「のちにとて何を頼みそ契りてかかくては出でむ山の端の月。めづらかなるわざかな」ともいひやらず。
「志賀の浦とたのむることに慰みて後もあふみと思はましやは。我が君、よし見給へ」とぞうつくしうのたまふに、あやにくならむもわりなくて、たましひの限りとゞめ置きて、か
----
らのかぎりながら出でぬ。その後かき絶え御文のかへりごともなく、雲居にもて離れ給へるに、すかし出され奉りし事の、妬く悲しう悔しきに、又このごろはほれ惑ひて、物のひまもやと、うちにのみ侍へば、中納言の參り給ふを見るに、つゆも逢はぬ顏つきの、彼はあてになまめかしう心にくき氣色まさり、これははなばなと今めきて、こぼるばかりの愛敬ぞすゝみ給ふらむかしと見るに、胸つぶれて思はむ所も忍ばれす、ほろほろとこぼるゝを、中納言もいと怪しとおぼしたれば、「いはけなくよりへだてなく、みなれそなれて、みだり心ちのうちはへ苦しうのみなりまされば、ながらふまじきなめりと思ふにつけてみだれまされば、こゝろ弱くめゝしきやうに侍るぞや」とおしのごふ。「誰も千年の松ならねど、後れ先だつすゑの露もとの雫こそあはれなるべけれ」といひても、心のうちには、いかに我ををこがましとも見給ふらむとはしたなけれど、なつかしううち語らふ。かくのみ思ひ侘びてひとつ心にあはれを知るかたとても、かたみに心のみこそかよへ。わりなき人めの關を、あながちに憚らず、見聞きつけたらむもなのめならず、いとほしうはづかしかるべければ、かたみにいみじうつゝみ給ふほどに、あひ見る事はいめよりもげにいとはかなく難し。今ひとかたはた、すかし出されにし後は、今はいよいよもて離れつれなきに、まことに枕よりあとより戀のせめくる心ちして、左右の袖をぬらし侘びつゝ、かたがたのかたみと中納言のいと見まほしかりければ、すゞろなるやうなりとも、いかゞはせむと思ひておはしたれば、出でさせたまひぬとて、梨壺の方を見入れて、歩み進みてはひらまほしけれど、かひなければ、うち歎くをことにて、
四究四
----
四九
「いづち出で給へるぞ」と問へば、「大殿におはする」と聞ゆれば、そなたざまにおはしたり。大方には忍びて、例の中納言の方なる西のたいに、忍びやかに入り給へれば、いと暑き日にて、うちとけときちらして居たりける。見つけて、「いとふびんにむらいにて侍るに」とて逃げいるに、「あが君たゞさて」といふに、聞かねば、女もなき所なれば、心安くてつゞきて入りたれば、「まことに見苦しう」とうち笑ひてつい居ぬ。「みだり心地のあしきに、對面の久しくなるは、いみじう戀しく心細ければ、わざと尋ね參りつること」と恨むれば、「わりなしやなめげなるに」といふを、「おのれも苦しきにさて侍らむずるぞ」とてさうぞく解けば、「さらばよかなり」とて居たり。凉しき方に晝のおまし數きて、うち休みて、團扇せさせて物語などするに、中納言の、紅のすゞしの袴に、白きすゞしの單衣着て、うちとけたるかたちのあつきに、いとゞ色はにほひまさりて、常よりもはなばなとめでたきをはじめ、手つき身なり、袴の腰ひきゆはれて、けざやかにすきたる腰つき、色の白さなど、雪をまろがしたらむやうに白
うめでたくをかしげなるさまの、似る物なく美くしきを、あないみじ、かゝる女の又あらむ時、わがいかばかり心を盡し惑はむと見るに、いみじう物思はしうて、亂れよりて臥したるを、「暑きに」とうるさがれど聞かす。物語などして、暮れぬれば風凉しくうち吹き、秋來にける氣色殊に覺ゆるに、いとおこすべくもあらず。内侍の督の御方にも露の御せうそこ傳ふる人もなく、こゝらの年ごろの思ひ空しうなりなば、我が身のあとなくなりぬべきよしを言ひつゞけて恨むるさまの、いみじうあはれなるに、このわたりにもかくぞ言ひけむかし、げに
----
女にて、心よわく靡かではあるまじくもあるかな、さてもうしろめたのわざや、忍びても、さばかりひとつ心になびかしはてゞは、それを又なき事に思ひ歎きて、逢ひてもあはぬ戀のひとつにてもあらず、又かくそへて思ひいふよ、いかにひまなき心のうちならむと、苦しきにも、さまざまにあつかはるゝに、忍びがたくて、
「ひとつにもあらじなさてもくらぶるに逢ひての戀とあはぬ歎を」。うちほゝゑみたる氣色にて紛らはすけはひなど、すぐよかに、おし放ちて見るめでたさは、物にもあらざりけり。身に近くうち添ひて、すくよかならす、亂れたるなつかしさに、更に逢ひての戀も逢はぬ思ひも、慰みぬる心地して、思はしういみじきに見けるをやと思ふいとほしさも、さし置かれで、いとゞかき抱き寄せられて、
「くらぶるにいづれもみなぞ忘れぬる君にみなるゝほどのこゝろは」とも言ひやらず、うるさければ、「そもたのもしげなるなり。誰にも離れぬかたみとしも、おぼさるらむ」とておくるを更におこさず。「まことはあな物ぐるほし。殿の御まへにのたまふ事ありつれど、いみじう暑かりつればうち休みしに、急ぎ立ちて參らねば怪しとおぼすらむ。まづ參りて來む」とて起るを、いかに覺ゆるにか、あやにくにひき別るべき心地もせす。「あが君」とつと捕へてわりなう亂るゝを、「こはいかに、うつし心はおはせぬか」とあばめいへど、聞きも入れず。さはいへど、をゝしくもてなし、すくよかなる見るめこそをとこなれ、取りこめられてはせんかたなく心よわきに、こはいかにしつることぞと人わろく涙さへ落つるに、さても珍らか
九六
----
九七
に、あさましくとは思ひながら、哀に悲しき事、かたがたの思ひ、ひとつにかき合せつる心ちして怪しなど思ひ咎められむも、事のよろしき時の事なりけり。殘る隈なく見盡しつと思ふに、かばかり心にしみて、覺ゆる事のなかりつるかなと覺ゆるぞ、心まどひの一つなるに、かきくらされて、あさましかりけるなども、思ひわかぬけしきなるを、中納言はいかに思ふらむと悲しう、世にながらへて遂に我が身のうさを人に見え知られぬるよと涙もとゞまらぬけしきの、美くしう哀なる事ぞ似るものなきや。「我もなくなく、今は片時離れてもえあるまじきをいかゞすべき」と言ひ侘ぶるに、夜も明けぬれど起き出づべき氣色もなし。今はいひはしたなめても、我が身のよつかぬ有樣を見知られぬれば、たけかるべきやうもなし、心を荒だてゝも、あさましき世語りに、さるべき人とうち言ひ出でゝもいかゞはせむ、吉野の宮ののたまひしやうに、これもこの世の事ならず、さるべき契にこそはありけめとおもひなすに、いともて離れがたければ、「あはれ、げに人目のいとれいなきやうなるを、同じ心にあひおぼゝして、人目見苦しからずもてなし給はゞなむまことに深き御心とは知るべき。世にうもれ、人々しうなどはおぼすべき身ならねば、いつもいつもさりげなくて、かばかりの對面はかたかるべきにもあらず」といとなつかしげに語らひ慰めて出すも、げにさることゝ思へど、唯片時立ち離るべき心地もせぬに、おき別れむ事の侘しうおぼゆれば、かへすがへす誓ひ契りてからうじて出でぬる名殘も夢の心ちして、なぞや世に消えやしなましと、この人に出でまじらふもはづかしうあさましうもあべいかなとおもへど、殿うへのしばしも御らん
----
ぜぬをばいみじきものにおぼしたるとおもふにぞ、せめて引きとゞめらるゝこゝちする。れいのまづうち笑みて限なき御氣色にうちまぽり給ひて、「今宵はこゝに物せられつるか。宰相の中將の、文のこと問ふべきことありとてわざとまうできたりつれば」と聞えても胸うちつぶる。「右の大殿の、うちにいみじう思ひ歎かるなりや。猶人の恨なく、もてなされよ」とのたまふも、かたはらいたきに、「人の御恨あるべきもてなしありとも思ひ給へぬは」とこたへたるもことわりなり。御まへにて御臺などまゐりて、出で給ふほどに、宰相の文、
「いかにせむたゞいまの間のこひしさにしぬばかりにもまどはるゝかな。くれざらむに、あが君あが君」とぞある。うけひきかへりもとせぎらむも、我が身いとあやしかるべければ、例のすぐすぐしううち書きて、
「人ごとにしぬるしぬると聞きつるも長きは君がいのちとぞ見る」と殊更に書きたる、筆のたちど書きざま目も及ばずぞ、今朝はいとゞ見なさるゝや。このくれのあふせを、いかにとも書かぬ、いなとやといと侘しければ、又立ちかへり、
「死ぬといひいくらいひても今さらにまだかばかりのものは思はず」。右の大殿におはしぬるにぞ、持ちて參れる。いとうるさけれど、心をやぶらじと思ふばかりに、
「まして思へ世にたぐひなき身のうさに歎きみだるゝほどの心を」。げにと待ちとりほろほろといとゞなかるゝ。すなはち右の大殿におはしたれば、中納言、いと人め怪しかるべきに、出でゝだに逢ひなばのがれやらむやうなしと思ふに、いとむつかしううるさければ、「ひ
四九八
----
九九
るよりみだり心ち苦しうて、え對面賜はらぬ。かしこまりは殊更にまゐりてなむ」といとすくよかに言ひ出でたり。恨めしう悲しきに、人めもえつゝみあへず。「聞えさすべき事ありてなむ。猶此曹司口にさし出でさせ給へとの給へど、「宜しからむには、いかでかおはしまいたらむに、みづから聞えさせぬやうは侍らむ。亂りむねいとふかくに起りて侍る程なれば」とて出でずなりぬるが悲しう侘しきに、わりなくうち忍びて、哀しる人も諸共ならむかしと思ひやらるゝに、このわたりは、かたかたいと立ち離るべきかたなきふるさとなれど、人め怪しかりぬべければ立ちかへる心ちにも、あるにもあらず歎きあかしつ。中納言もおもなく交
らひて、この人に見えむ事のまばゆきに、みたり心地にことづけて、とにも立ち出で給はねば、宰相の中將、日々に立ちかへり恨みわび、いかにいかにと問ひきつゝも、かひなくてのみかへる心地、いと侘しかりけり。からうじて内へ參り給ふと聞きたまふに、心もさわぎて、ありありてうち見給ふ心ちは、年ごろもかくこひつくせど、ゆきあはざらむ人を見つけたらむ心地して、心まどひのするなかに、中納言もうち見合せて、氣色異に顔赤みて、いみじうもてしづめて、物遠くすくよかにて、馴れ寄るべくもあらぬに、よそに見るこゝち、猶いみじう、心もとなくわびし。御前にめしありて參りたれば、例のけぢかく召し寄せて、れいのないしのかみの御事なりけり。うちまもり御覽す、中納言のかたちの、いみじうにほひやかに、見まほしきを御覽じて、かんの君のいとよく似たりと聞く、げにこれが髪長くて、よくけさうしひたひ髪長やかにかゝりたらむは、天女の天降りたらむも、麗しうことごとしかりぬべし。こ
----
れはげにぞあいぎやうづき、華かなるさまは、並ぶ人あらじをなど覺しやるに、更に御らんぜではあるまじく、わりなき御心地せさせ給ひけり。けぢかくならしては、宰相にこりにたれば、まめやかに畏まりて、いかにもよのつねの有樣を、思ひ離れたるさまを、すくよかに奏して侍ふが飽く世なく御覽ぜまほしければ、むごにいださせ給はぬを、宰相は我がやうに御らんじつけたらむ時、例なきさまにても、御横目あらじかしと思ひよるに、いつも御らんじつけては、かくのみかたらひなづさはせ給ふと見しかど、日ごろは何とも思ひとゞめられざりしを、うしろめたく胸のみつぶれてしづごゝろなし。からうじて御ぜんを立ち出でたれば、待ちうけて、れいのやすみ所にする所につれて行くを、せめてもえひきも離れず、諸共に御とのゐなどやうにてとゞまりぬ。この君だちの候ひ給ふ時は、殿上人などもいと心殊に思ひて、殿居所につどひあつまるに、宵のほどは、物騷しうむつかしければ、こまやかなる物語のやうにて、いたく誰をも見入れずなりぬれば、とかくゆき別れぬるぬどに、泣き恨み給ふさま、いみじうあはれなり。「人めもいと怪しかるべし。あが君や、まことにあひおぼさば、いとかくいちじるく、なもてなし給ひそ。見るめのかたく、ゆきあふせあるまじき事こそ、かやうにはおぼさめ。あけくれかくさしむかひ、御らんぜらるゝには、何の珍らしきふしにかさもおぼさるべき。唯よづかぬをこがましき身のありさまを、殊更にもてかろめたまふべきなめりとなむ思へば、いと【なむイ有】心うき」と向ひびつくりてえんすれば、「かうの給ふ、いと心憂くわびしく、なかなかよのつねに、あふせ難からむことはとてもありや。かうて見奉るこそ、お
----
し放ちもて、すくよげ給へるを見るこそ、心まどひの何にも譬ふべき方なき」とてわりなき氣色なるも、哀ならぬにはあらねど、さりとて、かくのみ惑はし立てられてのみも、いと怪しう、よづかぬ身の有樣も顯はれぬべければ、猶人め見苦しからぬ程にをと契るも、いと堪へがだきことに思ひ惑ひたり。忍びわたりの事をほのめかし出でゝ、「氣色は皆知り侍りにしかど、何とて我が身は例のやうならで、誰にもあやめ顏ならむと思ひ侍りしかば、唯ほれぼれしきやうにて過ぎ侍るを、さるべからむときどきはいとほしげなる氣色も慰めさせ給へ」と言ひ出でたるに、いみじういとほしければ、煩はしき思ひ交らねば、心安くへだてありては
見えじと思へば、始よりありしさまを委しう語りて、それに心慰むまじきよしをいふ。いであな心う、たぐひなげなりし氣色を、かくいふに、これこそはつきぐさのうつろひやすき心なめれと見るに、あはれと思はむ限は、うちほのめかしいふべきにもあらざめり、又思ひうつろふ方あらむ時は、珍らかなる事のありしやと、言ひ出でむと思ふに、いとうしろめたう、かゝる人にしものがれぬ契のありけるよと思ふも、いと心憂し。かうのみしつゝうちにもいづくにも、身を去らぬ影の如く立ち添ひたれど、まことに思ふ心のゆくばかりのあふせは、いとかたうのみもてなしつゝ、大かたはいとなつかしううち語らひ、あひ見るほどは、怪しかりける身のえさらずのがれざりける契りを思ひ知り、いみじう靡きながら立ち離れたちぬれば、さはいへど、心に任せつべきゆきあひを、更に心安くもあらず、わりなくありがたうもてなすも、いと侘しうなりまさるに、思ひ煩ひ忍ぶる人になど、時々は言ひすゝめて、我は
----
知らず顔にて、いとよう、さりぬべきひまをつくり出でゝあひ見する。げにいと珍らしう、哀にいみじき心ざし、これこそはよのつねの事と思へど、猶中納言に、なからすぎはわけてける心なれば、例の事に覺えなりにたり。心弱くせめてもて離れたる、さまざまの事のみまさりてわりなけれど、彼にさし離れたるほどの心なぐさめに、はたことびとを見るべき心ちもせず。これはその紛はしばかりのむつびにや、哀になつかしう、今は大かたの人めばかりをこそつゝめ、中納言の聞きやつけむの、恐しきかたは失せて、ありしよりもしげううちほのめきわたるに、女もこよなく亂れにたる心地していとよう靡き、あはれなるも、つらき人は、まづ胸潰れておぼえけり。中納言、この氣色は皆へだてなく、見聞き知り給へれば、あやしの事どもやと、をかしうもよづかずもうち歎かれつゝ、今はたまいて、女君に見聞き知る氣色ばかりも見せず。いつまでかはと思へばいとなつかしううち語らひて、例の月毎のおこる事のあるにより、めのとの家の六條わたりなるに、はひ隱れて物し給ふに、宰相は尋ね來にけるものから、まぢかき柴垣のもとに立ち隱れて見たれば、うちしぐれつゝ曇りくらしたる夕の空の氣色哀なるを、簾垂卷き上げて、紅に薄色の唐綾重ねて、詠め出でたるゆふばえ、常よりも隈なくはなばなと見えて、つらづゑつきたるかひなつきなど、物をみがきたるやうにて涙をおしのごひて、
「しぐれするゆふべの空の氣色にも劣らずぬるゝ我がだもとかな。いましもあらじ我が身に」とひとりごちつゝながめたるはしも、繪に書くと戦も、筆及ぶべくもあらず。まして宰

----
五。三
相は、心まどひまさりて、ふと寄り來るまゝに、
「かきくらし涙しぐれにそぼちつゝたづねざりせばあひ見ましやは」。思ひかけぬに驚かるれど、をりはためあはれなれば、
「身ひとつにしぐるゝ空とながめつゝまつとはいはで抽ぞぬれぬる」。けしきをだに人に知られではひ隱れ、一人詠め給ひけるほどの、つらさをも言ひやらず、「かうのみつらき御心ならば、更にえあるまじうなむ、思ひなりゆく」と言ひ盡しつゝ、いと心安き所なれば、うち重ねて臥し、よろづに泣きみ笑ひみ言ひつくす言の葉、まねびやらむ方なし。明くるも知らず、諸共に起き居つゝ見るに、近づくべくもあらず、あざやかにもてなし、すくよかなるこそをゝしかりけれ、亂れたちてうち靡きとけたるもてなしは、すべてたをたをとなつかしう哀げに、心苦しうらうたきさまぞ限なきや。例の人は心ならぬ歎きむすぼゝれながら、うちとけぬとても、猶よのつねなりけり。まことに我も人も、みならひたる人の、ひきかへ心苦しう匂ひやかにうち靡きたはぶれもするに、げに懐かしう安らかにとけたるもてなし、はた言はむ方なく、これを出し立て、よそに見る時もあるはいみじきわざかなと、ひとぶるに籠めすゑて、我が物に見まほしきまゝに、「年頃は例の男の御ありさまと見るを、かくて見奉るはいみじきものゝ姫君よりもげになむ覺ゆるを、もとの御有樣もさこそはあめるを、今は忍びて女ざまにて籠り居給ひね。かくてのみは、心のまゝに見奉るべき故も、げになき事なれば、いみじうなむ侘しき。昔よりかゝる中となりぬればいみじうあるまじき事」といへど、「そのびん
----
なきに隨ふこそ例の事なれ。御ためにもいとあやしき御有樣なり」とひたぶるに我が物と見なして、おきふし語らふを、げにさる事にはあれど、かゝるさまにて、あるべくありつきにける身の、俄にさて入り居なむも怪しかるべければ、さらばともえ思ひならぬを、恨み泣きつゝ臥し起き、いと思ふさまに胸あきて、れい籠り居給へる程よりも、多く過ぎ行くに、右の大殿又いかにおぼし歎くらむとおぼしやるもいと苦しければ、御文聞え給ふ。「例の心ちの常よりもをこたり侍らねば、かうてのみ籠りはべるに、つひにいかになりはつべき身にかと、心ぽそきにそへても、
ありながらあるかひもなき身なれども別れはてなむほどぞ悲しき」とあるを、こゝには「いかならむ御心地もうち任せ給はむこそよのつねならめ。時々さし離れたる御はなれゐの、心得ずなむ、いかなるべき御なからひにか」とおとゞなげき人々うちさゝめき思へる氣色見え、心ひとつには、身のをこたりを思ひしれば、ことわりに身のみつらう耻かしきに、かうのみ心をやりて、殿のの給ふもいとほしう、忍ぶる人もいとありしやうにはいられずなりにたるを、かきつゞけながめ給ふほどに、この御文を、殿もさすがにゆかしう覺して、まづひきあけて見給ひて、ゆゝしきことをものたまふかなと、つらさも忘れうち歎かれて、「などかくのみ心えずあつしう物し給ふらむ。人がら末の世には、いとあまりすぐれて、せうそくには過ぎ給へるぞゆゝしきや。御手などこそ、いとかうは人の書き出でぬわざを」とうち返し見給ひつゝ、御かへりあはれと見給ふばかりと、そゝのかし給ふに、いとゞこゝちも、おくし
五。四
----
五。
ぬべき心ちし給ふや。
「憂き事にかばかりいとふ我が身だに消えもやらでぞ今日まではふる」。いとをかしげに書き給へるを、ゆかしげなき事なれば宰相に見せでもあらばやと思ひてひろげさせぬを、さなめりと見ながら、あながちにはひとりて見るに、ふとむねつぶれて、さこそいへ、見るに顏の色うちかはり、まめだつけしきの猶いみじう物深げなるを見るに、かゝる人を頼みて我が身をもてかへて入り居なむよなど、たのもしげなく覺ゆるに、宰相は、千代の命延びぬる心ちして、かたはなるまで、起き臥し遊び戯ぶれて、この世ならぬまで契り語らひて、あまり■數の多く過ぐれば、出で給ひなむとするを、「またいかにもて離れ、殊の外なる御けしきなら
む」と言ひかへして恨むれど、さてのみあるべきならねば、こしらへ出して、我も所々に出でぬ。かくのみする程に、十月ばかりより、おとなしの里に居籠ることゝなりて、心地れいならず。かゝらむと思ひよらず、唯いかならむと心細く起き臥しつゝ、これはかくれ所もとむべき心地ならねば、右の大殿におはすれば、女君、いとあてはかにらうたげなるさまして、かう物し給ふほどは、よろづ思ひけちて、あたりも離れす、あつかひ歎き給へるは、見るにいと哀なればなからむ後のしのび所に、おぼし出づばかりとおもへば、心とゞめて哀にうち語らひ給ふ氣色を、父おとゞは嬉しう心ゆきて、御いのりや何やと立ちさわぎて、思ひあつかひ聞え給ふ。女君も又たゞならずなりたまひにけり。あまりうちしきりかたはらいたき事と覺せば、人にけしきも知らせ給はず、いづかたにも人しれぬ。宰相は、かうれいならで、籠り物し給
----
へば、おほよそばかりの慰めだに、人め繁からむを思へば、文をだに、思ふ心ゆくばかりは書きやらず、わりなく思ひ歎くほどに、しはすばかりにもなりぬ。ふししづみ、おどろおどろしから諏御心ちなれば、大殿ばかりには絶えず參り通ひ給へど、物も更にまゐらず、いたくおもやせて、つゆ橘柑子やうの物も見いれず、つきかへしなどし給ふを、殿もおぼし惑ひて、御いのりひまなくおぼしさわぎ給ひたるに、中納言の御心の中に、さる人こそかくはあれ、この女君なども、かくこそは物し給ふめりしかとおぼし合するに、言はむ方潔く心憂く、まことに今ぞあとはかなくもゆき隱れぬべきこゝちする、心ひとつには思ひやるかたなし、さうとてわれこそかゝれと人に言ひ合すべき事にもあらず、親などにしもまちおぼさむ事、いといみじう耻しきをはいかゞせむ、猶かの人にや知らせて、同じ心に思ふべき、逢ひ見ぬ戀のかさなるまゝに恨み侘び、忍びかねても、人目をつゝむべくもあらぬもいとわびしう、又あやしかりける我が身の契を思ひしるにも、この人はさし放ちがたうあはれなれば、六條わたりにゆきあひて、まち聞かむ所も耻かしけれど、をのこの姿となり給ひにければ、さはいへどおもなく、「かういみじき事を歎き重ねるに、月頃になればいとちぎりもうらめしう、疎ましきまでなむ」と言ひ出でたるを、宰相もげに珍らかにあさましと聞くに、いと淺からざりける契を、なくなく言ひ知らせて「かゝる事さへ出できぬとならば、猶はじめも聞えしやうに、むすぶの神の契をたがへぬさまにおぼしなりね。かくてのみは、誰が爲もいと堪へがたくなむ。たれもたれも何となく若きほどなるこそ、うちわたりなどにて、常に同じ所にある
。六
----
丑。七
もつきづきしけれ、おのおのおとなかんだちめなどになりぬれば、殊なる事なくては、えうちわたりなどにて御とのゐもなし。里にてもかたみにゆきあふ事、人目をおぼせは、おぼろけならぬ限はなく、見まほしさもあまりわりなきを、かゝる序に、身をなきになしつとおぼして、聞ゆるさまに隨ひ給ひぬ。かゝる御さまにては、いかでかあるべきことぞ。唯おぼせかし」と言ひ知らするも、いと耻かしうさることなれば、今はかゝる方にても、あるべきものに覺し慰みたるに、あらはれて今は籠り居ぬと人に知らるべきならねば、殿のうへにも知られ奉らで、閉ぢ籠りおぼし歎かせむも、いとほしうおぼゆ。よづかずなりにける身を、思ひ知りしより、世にはあらであらばやと、思ふこゝろは深くなりながら、殿うへのおぼさむ所に憚りて、今まで世にながらへし、怪しき有樣を、人に御らんぜられぬる事、我が身のはてもなくしなしつる、心憂くいみじき事とてはなばなとあいぎやうづき、美くしげなるかたちの露のまよひありて、物思ふべくもあらぬに、いみじうおぼゝれて、袖を顔におしあてゝ泣きいり給へるが、例なき有樣を思ひとくには、をかしうあさましけれど、見るには、七八尺の髪ひき垂れて、その道はことわりうけたらむ女もなかなか何にかはせむ。さまかはりて、をかしうあはれなる人がらなるに、宰相はいとゞことわりなれど、「すべてこはさるべきにこそは。かうなおぼし入りそ」と泣く泣くこしらへて、今日明日にても、このさまをかへて、籠り居給ふべきよしをいふ。げにかうながらはあるべき事にもあらねば、さこそはあるべきなめれと思ひなるには、交らひ馴れにたる世の思ひいで多し。哀なることのみ、はるけやるべき方なきをも
----
とゝして、さばかりいみじう涙を流し、言の葉を盡し給ふは、こはげにさ思ふにこそと思ふ。宰相はうちあかれぬれば、いみじき文かきをしつゝ、うつ墨繩にはあらず、ともすればこの女君、我にけしき見するたび、見せぬたびさしまじりつゝ、うらなくだにあらず、忍びまぎるゝ氣色を見るに、このほども又たゞならずなりにたるを、かうのみあまたになりにたる契のほどを淺からず知らるゝなるべしと見るに、たぐひなくひとすぢならむ志に今だに、かばかりの我が身のおぼえつかさくらゐを捨てゝ、深き山に跡絶えなむは、後の世の思ひやりたのもしきに、この世はかへつる事にても、そは悔しかるべきやうなし、人がらのをかしうな
まめきたる事こそ人にことなれ、かばかりの人に身をまかせて、入り居なむ我が身のちぎりはいと飽かぬことなるべきを、まいて人の心きはめてたのもしげなく、あまりあだめきすぎて、このましう色めき、只今だに志劣らぬさまに見えず、ひき忍ぶる心いとふかし、まして今はこれはかうぞかしと、おだしう、常の如く目馴れて、つらき心も見えむ時は、いかばかりかは物の悔しう、人笑はれなるべきと思ひつゞくるに、宰相の語らひにつかむ事は、猶いとものし、かうてのみ又世に出で交らひ過ぐすべきならねば、いかにもいかにも我が身は世にもなうなりなむとするぞかしと思ひなるに、親たちを見奉るにも悲しう、うちに參りまかづるも物あはれに、常の事と思ふ時こそあれ、今ひと月ふた月世にはあるべきと思へば、吹く風につけても、もの悲しう心ぼそき事限なし。宰相はかくことざまに思ひつゞくる心のうちをば知らず。今は我が物にこそ籠めすゑ見るべきと思ふに、いとわりなく惑はれし心は少しゆ
五。《
----
五。九
るび、右の大殿の君の、又もれいならぬさまを、心苦しげに歎きて、れいのわりなきほどに、身のありさまをも、世のうれへをも、ことつゞけてもえ言ひ遣らず、唯うちなげきつゝ、
「さまざまに契しらるゝ身のうさにいとゞつらさ【らイ】を結びかためそ。冬の夜ふかく寢ばさびし」など言ひ紛はしたる有樣の、あてにあえかに、いみじうなまめきたるあはれを、さしあ
たりて見る時は、もとより志しみにしかたは、いとたぐひなくあはれにて、中納言だに籠り居給ひなば、この人をも何事にかはつゝまむ、さてこそは見めと思ふかねごとも、胸つぶれて、嬉しういみじきに、左みぎの袖ぬるゝ心地して、つらしとまで思ひよられける我が身も恨めしかりければ、わりなうかまへつゝゆきあふべかめるを、中納言は、さればよ、たゞかうぞかし、さばかり憂へかけつとならば、ひとへにいかなるべきことぞなど思ひ歎きてもあらず、さてしもあなたざまの深き心のあやにくに添ふべかめるよとおもふは、うらめしうもあれど、そのまゝにうらみ言はむも、ひとわろくよづかぬこゝちするに、おもひしのびつゝ、さらぬがほに、いみじくものかなしきまゝに、こゝちもなほるともおぼえず。』

 

しはすつごもりがた、殿にまゐりたまへれば、おほかたはさわがしけれど、夜のまのへだてもおぼつかなく、おぼしめしたる御心なれば、いつしかと、待ち喜びまもり聞え給ふに、あまり盛ににほひ給へりしかたちの、いたうおもやせてうちしめりて侍ひ給ふを、胸つぶれて、「などいたくそんじ給へる。猶心地あしきにや」のたまふ。「わざと苦しと思ふ所も侍らねどもれいならで久
しう侍りし名殘にや」と聞え給へば「いと恐しき事、いのりをこそまたまた始むべかりけれ」
----
とて、さるべき人々召して、御修法、祭、秡、など、すべき事の給ふを見聞くに、あはれかくおぼしたるに、あとはかなく消えうせなば、いかばかりの御おもひならむと見奉るに、えねんぜず、ほろほろと涙のこぼれぬるを、もてまぎらはせど、怪しう思はずなるさまどもを、身のやくと思ひしに、命もつくる心ちしき。今はつかさくらゐ極め、出で交らひ給ふきはになりては、おほやけわたくし、人に譽められめんぼくあり、はかばかしからぬ身の、おもてを越し給へば、その歎きをも慰みて、さるべきにこそありけめと、憂をやすむるきはに、かうのみ例ならず、心地あしげなるよりも、物思ひ歎かれたる氣色の見ゆれば、「いとこそ侘しう生けるかひなけれ」とてうち泣き給ふに、いと堪へがたう悲しくて「何事をかは思ひ給へむ。みだり心ちの例ならず侍るを、かくおぼし騷がせ給ふにつけても、命さへ思ふにかなはず、御覽じはてられずやなりなむと、思ひ給ふるばかりになむ」と聞え慰めて、ねんじて、御まへにて物まゐりなどすれば、いと嬉しとおぼし慰めて、諸共に聞しめす。母うへは、なかなかいと荒々しくて、いかなる事をも見咎め給はず。年さへかへりぬれば、ひつじのあゆみの心地して、いつまであるべき身ぞとおぼせば、むつきには、御車、したすだれ、しぢなどまで新しう清らに、隨身などまで色を整へ、さうぞくどもを賜はせたり。御みづからはた更なり、うへの御ぞ、下襲のうちめまで、氷解けたる池の面のごと輝きたるに、もてなしも用意も、いとゞ心を添へて、まづ殿に參り給ひて、殿うへ拜し奉り給ふ。御かたちの光るばかり見ゆる事、今年は常よりも、いといみじと見奉り給ひて、事忌もえしあへ給はす、うちに参り給へるに、見奉る
五一。
----

人ごとに目を驚かしたり。宰相の中將も、人より殊なるさまして、參りあひて見るに、かばかりる交らひそめ、世のおぼえありさま、かくもてなされたるに、身をかへにくからむやと、胸つぶれて、目をつけて見れどいと大方にもてすくよけえゆきあはず。ないしのかみの御方に参り給へるに、殿上人上逹部あまた侍へば、出で居もてはやすも、今はかやうのまじらひ、はしたなく苦しけれど、いかゞせむ。宰相に、琶琵そゝのかして、梅が枝うたひたる聲も、いみじうめでたし。宰相は、この人にうつろひては、慰みにし心なれど、猶あさましう、心強くてやみ給ひにしと思ひ出づるに、胸心しづかならでまかでぬ。中納言はせちゑごとに參り、いとまめによろづを勤め給ひつゝ、ぢんのさだめなどに、年老いやんごとなき上逹部などよりも、唯この人の言ひ出で給ふを、畏きことにおぼし、世にありがたきおぼえ、世のきはなり。
その年のやよひ朔日ごろ、花盛常よりもことなる年なるに、南殿の櫻の花、御覽じはやさせ給ふ。世にありとある道々の博士ども召して、いみじかるべきたゞの事と心をつくす。その日になりて、題賜はりて文ども作る。中納言作り出で給へる、すぐれて名を得たる博士といへど、作り及ぶなかりけり。この世には更にもいはず、もろこしにもかゝるたぐひなかりけりと、うへを始め奉り、すんじのゝしりて、御前に召して、さるべき人々をさしわけ、おんぞ脱ぎてかづけさせ給ふ。おりて、けしきばかり舞踏し給ふかたち、用意ありさま、いつよりもすぐれて、めでだく御覽ぜらる。花の匂ひもけおさるゝやうなるを、見る人涙を落す。まして父おとゞは、あはれかゝりけるものを、我が思ひ歎きしよ、大方は誰かはしる人のありける、
----
七二
かくてもげにいとよりありぬべき事にこそありけれと見給ふに、御よろこびの涙、ましてことわりなりや。右の大殿はた更にもいはず。ふた所の御心のうちの嬉しさ、劣り優らざりけり。暮れ行くまゝに、御遊はじまるに、中納言、又は吹きたつべきかはとおぼせば、をりをりの御あそびに、しぶりかくしたる音を、心に入れて吹きたてたる、雲居を分け響きのぼり、そゞろ寒くおもしろきこと言はむかたなし。さまざまけう盡したるだえありさまは、すべてこの世のものならず、あまりかゝるはえや、なからざらむとゆゝしきに、うへ、いといみじう御心ゆきときありて、さらでもこの人は、つかさくらゐども、しかるべきやうもなきに、今日かく萬すぐれたらむしるしあらむこそ、我が志のしるしならめとおぼしめして、右大將の宣旨くださせ給ふ。これもいと人にすぐれたると覺しめして、權中納言になさせ給ひつ。めいぼくあり、嬉しなどはよのつねなりや。大將の宣旨うけたまはりて、夜に入りて、父おとゞひきつやきて出で給ふ。近衞司の格して、待ち迎へ奉る。そゞろ寒くめでたきにつけて、あはれ我が心ひとつこそ、人に違へる身と歎かしさの絶ゆる時なけれ、大方にはかくきらきらしうなうのぼる身を、跡はかなくなりなむ事よなど、かへるにつけても心ひとつはかきくらされ物悲しきも知り給はす。大殿やがてひきついき、右の大殿に送り入れ給ふを、待ちうけ、殿のうちのゝしり喜びたるさまぞ、后に立ちて見給はましにもまさめて、うれしげなるや。權中納言は、我が身のよろこびも人に優れておもたゞしきは、唯世の人のなりのぼるにつゞきたちにしいとはし、さばかりと思へば、さしも喜ばれず、いみじかりけるかたちざえのほどかな、
----
かゝる身をもてうづもらさむ事も、我が身になりて思ふにかたしかしと、よもすがら思ひ明して、御悦の事などかきて、
「むらさきの雲のころもの嬉しさにありしちぎうや思ひかへつる」。うちと、御悦や何やとさわがしけれど、我が心ひとつにはなかなか心づくしに思ひ亂るゝをりなれば、心おくめるもをかしうあはれにて、「御よろこびをこそ、これよりまづと思ひ給ひつれ」とて、
「物をこそ思ひかさぬれぬぎかへていかなる身にかならむと思へば」とあるをおぼしけるまゝに、ことわりにあはれなるに、いろめかしさは、よろこびもおぼえずぞ、うちなかるゝや。よろこびや何やともてさわがるゝに、いとゞひまなくて、ゆきあふ事かたけれど月日を數へつゝ我が物となるべきぞかしと思ふに、わりなき心を慰めすぐすに、大將は身の所せくなりゆくまゝに、げに猶捨てがたき身といひながら、かくてあるべきならずと思ひ、いと心細くて、うちなどにとのゐがちに侍ひ給ふに、權中納言も參り給ひて、例の休み所に行きあひて語らふを、忍びやかに、人のかへりごとをぞかく。うちけしきばみて取らすめる。かくせばへだてがほなり、隱さねばいとほしく思ひ煩ひたる氣色を、右の大殿の君のなめりとしるく見て、「いで、たがぞ見む」といふに、言はむ方なしと思へるをかしさに、戯ぶれて引きばひたれば、つゆもへだて顏にはと思へば、えもひきかくさず、えもいはぬ紫の紙に、墨うすくあるかなきかの書きざま、違ふべくもあらず。「目の前のうれしさをぞ思ふらむ」など言ひ遣りたりけるかへしなるべし。
----
「うへに着るさ夜のころもの袖よりも人しれぬをばたゞにやは聞く」とぞ書きたる。見るに猶まばゆければ、「あまり薄墨にて、何とこそ見えね。誰がそよ」と言ひ紛らはして、さしやりたれば、あまへて「何事かある」とぞ問ふ、「いさ、たどたどしくて、え見えず」とて止みぬ。心のうちにぞ、男も女も、頼もしげなきものは人の心かな、この女君、見るめ有樣はこめかしうあてやかに物遠きながらかくこそは物し給ひけれ、うちうちの我が心こそ、いかゞはせむに思ひなさるれ、よその人ぎゝ事のありさま我がためいみじき事なりや、ましてよのつねならむなべての人の心いかならむと思ひやるに、いと憂けれど、今更に何かは、露も物しげなる氣色を見えむと思へば、女君には、かけてもけしきもらさず。この月ばかりこそ、かくてもあらめと思へば、殿に日々に參り、とのゐなどしつゝ、年ごろかくてはあれど、上逹部殿上人などに、殊なる事なければ、目も見入れ、物言ひふるゝ事もなきを、あたらいみじうおはするに、人を人ともせす、物遠く上ずめき給へるなど、そればかりをぞなんに思ひ聞えたりつるを、この頃となりてあまねく人に目見入れつゝいと懐しうもてなし給ひて、さるべき女房などの、うち出でがたきものに思ひ聞えたるを、なさけなからぬほどに聞きとゞめなどし給ふぞ、いとゞ人の心づくしなるや。うちの御とのゐなるに、二十日あまりの月もなきほど、やみはあやなしと覺ゆるにほひにて、五せちのころ、なべてかたきのとありし人を思ひ出でゝ、殿上人などしづまりたるに、麗景殿のわたりを、いと忍びやかに立ちよりて、
「冬に見し月のゆくへを知らぬかなあなおぼつかな春の夜のやみ」と、すゑつかたおもし
五一四
----
ろく、うそぶきたるに、ふとさし寄り侍りて、
「見しまゝにゆくへも知らぬ月なれば恨みて山に入りやしにけむ」とうたふる、ありしけはひなり。物の心ぼそきに、わざとさし過ぎたりしもたゞならず、さしもやはと思ひつる同じ心なりけるもすぐしがたくて立ち寄り給ひぬとぞ。』