※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○参謀資格試験(自由)
 イベント40、およびバトルメードisナンバー1を検討して今後の作戦に生かすノウハウを2000文字程度でレポートして作成してください。
レポート内容に応じて資格が与えられます。


 作戦については自分よりも遥かに詳しく作戦を立てられる人が多く居る為、レポートを書く事が出来ません。
よって、作戦立案までの手助けになれば良い、と考える内容を書きます。


結果1:目的に応じて難易度は変動する。
結果2:ゲーム難易度から作戦、イラストによる補正をマイナスし、部隊評価との差分によって成功率が算出されている。
結果3:イラストは大合作における限界突破という要素が確認されている。

 結果1より。
 目的に応じての難易度は、今までのイベントによりある程度の予想が可能である。
 過去の難易度を纏め上げておく。結果、どの程度までの目的を建てるのが妥当か見積もりを出す事が出来る。
これは以後、目的と難易度が発覚する毎に精度を上げていく事が可能である。
 正確な難易度予測が出来れば、余剰戦力、無謀戦闘を避ける事が可能であり、効率よく戦闘が行える。

 問題点として、過去の目的と難易度の記録作業がある。1つ1つを検証するのは面倒な作業であり、時間が掛かる。
 イベントとイベントには時間が空くため、手の空いた人間による共同作業で負担を減らす事が可能。


 結果2より。
 評価はある基準点を越えると技術力を評価するようになる。評価基準は作業時間を評価している。
 1の評価を得られる作品を100%の力で作成し回復に3日かかるならば、33.3%の力で1日毎に回復する方が効率が良い。
突発的な出来事による作業の中断が起こった場合、即座に対応出来る為である。具体例は他者への作業の引継ぎなどが行いやすい。
 作業の分割化を進める事により、無理をしなければならない状態の場合に、無理を軽減する事が出来る。
 長時間の作業による個人への負担と疲労を踏まえた上で、バランスよく作品を生み出し続ける事が最適効率である。

 問題点として、あまりに個性的な作品は他者が手を加える事が不可能である。
 作業開始時点から個性が発揮される可能性は少ない。
その為段階を分けて作成、保存していく事で、作業を引き継ぐ側が可能な所を選択する事が出来る。


 結果3より。
 1人の人間が行う作業での評価は100%が限界である。
だが、複数人数による合作では100%以上の評価を受ける事が出来る可能性がある。
 故に上記結果2よりと合わせ、複数人数による作業の分担を行う事が作業限界を突破しやすく、また1人に掛かる負担も少ないと想定できる。

 問題点として、複数人数による作業は連携が必須であり、下手に行えば個人で行った時よりも作業効率が落ちる。
 この点は複数人数作業の規模が大きくなれば成る程に連携がとり辛くなる為、少数による連携が最も効果的である。
 また、少人数による連携は、それ自体が個として動きやすい為、少人数による連携を取っている個、が再び連携を取る事が可能である。
この場合、個人で多人数の連携を取るよりも、統制の取れたシステムとして機能しやすい為、作業効率が落ちる事なく、負担を軽減し、限界突破を狙う事が出来る。



 結果1より、は作業として過去を調べる事を必要とする。大まかな予測を建てる為である。
 結果2より、は作業として現在行った事を他者へと引き継がせる事を必要とする。今まで行った作業が無駄にならない為の保険である。
 結果3より、は保険であると同時に、野心である。限界突破を狙い、作戦の成功率を引き上げる事が出来れば、目的を達成しやすくなる。
 小集団を複数連携させる事で大集団1個に匹敵する集団を作り出す事が出来る。
 小集団を率いるべきリーダーは大集団を率いるリーダーを作り出すよりも簡単である。
 よって、藩王というリーダーの下で細かく小集団を纏め上げる事の出来るリーダーを任命する事が、今後の作戦結果を残せる解答であると考える。


以上です。
(回答者 NOIS)