※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

444さま 愛を語る


「メイのことを思い出すと、今でも胸がちくちくと痛くなります。

初めて夜明けの船に降りて、一目あったときから心惹かれ、
ささいな話題やコーヒーの差し入れから、中を深めていきました。

仕事時間は合いませんでしたが、
僕が仕事をサボって時間を合わせ、一緒の時間を作って楽しみました。
食事の最中に第一種戦闘態勢になり、大慌てでハンガーに走ったのも、
今ではいい思い出です。

そんなこんなで仲良くなりましたが、
ささいな行き違いから距離を置くようになり、
仲直りもできないままに彼女は新しい相手を作って、
僕の前から去っていきました。
それで、僕とメイの関係は終わりです。

…………
……でもさあ
……なんで、新しい相手がノギと知恵者なんだよう」