※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北国人+パイロット+パイロット



名称:・北国人+パイロット+パイロット
要点:・暖かい服装・白い肌で美しい人材・白い髪・パイロットスーツ・マフラー
周辺環境:・針葉樹林・木もないような雪原・豊かな小麦畑・豪雪対策された家・高い山・飛行場

体格-1 筋力0 耐久力-1 
外見+1 敏捷0 器用0 
感覚+2 知識+3 幸運-2
技感覚+1

特殊:・RB戦闘行為
→次のアイドレス:・名パイロット・瀧川陽平(ACE)・カールTドランジ(ACE)・舞踏子

  • 北国人+パイロット+パイロット 感覚+1
  • 技名:鋭敏反射
これは概念に近いものである。一般人より数倍も反射が早くなり、無意識のうちに身を守る最善の行動を取るようになる。訓練にはこれが起こりやすいものが含まれてるとされているが、よく分かっていない。昔から取り入れられてるものにあると言われている。

(技文章:吉沢葉月)

設定文章
○パイロット
ジェントルラット藩国におけるパイロットという職業は大変特別であり、
成るためには様々なテストや制限を通過しなければならない。
毎年幾人もの応募があるが、実際にパイロットになれるものはほんの一握りの狭き門である。
そのためパイロットになった人物は人々から尊敬の眼差しで見られる事になる。

どこの世界でもある事だが、
尊敬の眼差しを受けたいがために子供をパイロットにしようと目論む親もかなり居る。
しかし、まぁ、そういう所の子供に限って案外将来はパイロットになれなかったりする。
自然の摂理のような物なのだろうか。

  • パイロットスーツ
パイロットにはパイロットスーツが支給されている。
デザイン上は一見分離しているように見えるが、上半身部分と下半身部分、それに手袋、靴は全て一体となっており、前面に付けられたジッパーに似た機構を開いて着用する。
まるで着ぐるみかダイビングスーツのようである。
ジェントルラット藩国の科学力の粋を集めて開発されていて見た目以上の機能がある。
体に可能な限りフィットするように作られており、外気がスーツ内に入るような隙間さえ無い。
あまり重さも無く素早く動けるし、手袋に包まれた手も器用に動かせる。
更には特殊な素材によって作られており体温を一定に保つ事も出来る。
しかし首から上はカバーできておらず。オプションとしてマフラーが支給されている。
どんなものにも弱点というものはあるのだ。

  • マフラー
ジェントルラット藩国のパイロットには様々な物が支給されるが、
そのうちの一つにマフラーがある。
しかし、実際には支給品の『科学を駆使した』マフラーを使うものは余り居ない。
何故なら家族や恋人が思いを篭めて作ったマフラーを持っているからである。
「人の思いの方が科学より暖かい」とはパイロットの間で伝統的に伝わる話である。

ちなみにマフラーを編んでくれるような人が居ない、寂しい寂しいパイロットは
自分でマフラーを編んでいるという悲しい伝説もある。


○飛行場
南西の森の大規模施設の中で地上にある施設は僅かばかりある。
そのうちの一つが飛行場である。
一見ただの土の道にしか見えないがただの偽装であり、実際は完璧に整備されている。
森に上手く紛れていて上空か肉眼で簡単に峻別はできない。
(設定文章:雨中正人)