※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北国人+星見司+吏族



名称:・北国人+星見司+吏族
要点:・暖かい服装・白い肌で美しい人材・白い髪・宮廷服・望遠鏡・本
周辺環境:・針葉樹林・木もないような雪原・豊かな小麦畑・豪雪対策された家・高い山・政庁・天文台

体格0 筋力-2 耐久力-1 
外見+1 敏捷0 器用+2 感覚0 
知識+3 幸運-1 技知識+1|

特殊:・アイドレス事務局(尚書省)に出仕できる。・戦闘事務行為・世界の謎ゲームに挑戦できる(謎挑戦行為)
→次のアイドレス:法官・護民官・執政(摂政)・特色運動・魔法使い・海法紀光(ACE)・風を追う者

  • 北国人+星見司+吏族 知識+1
  • 技名:瞬間記憶
一度だけ見た文章でも、それを瞬間的に憶えることが出来る。文字として憶えるのではなく、写真のような映像として記憶している。思い出すのは記憶をたどるというよりも風景を思い出す感じ。
(技文章:吉沢葉月)

設定文章
○吏族
元より男女に服装の違いが余り無い藩国であるためか、宮廷服も男女同じである。

  • 宮廷服(帽子)
公式な儀式の場を除いて吏族は帽子の着用を許されている。
正面を除く頭の全体を覆うように作られており結構な体温保持効果がある。
しかし一般に着られるコートのフードよりは劣るため、
一部からは「品質の更なる向上を目指すべき」という意見も挙がっている。
なお、額を覆う部分には藩国旗である花を仰ぐ鼠の紋がついている。

  • 宮廷服(コート)
一般に使われていたコートを宮廷用にアレンジした物である。
一般に使われるコートにある重量感をかなり減らす事に成功していて非常に動きやすい。
当初は一般のコートの体温保持効果8割以上を目指して作られたのだが、
やはり正面を開く形状では無理があり、6割に留まってしまった。
その分、コートの下の服は何枚か重ね着する。

  • 宮廷服(シャツ及びベスト)
前途したようにコートの下は何枚か重ね着されるのだが、
一番外側にはシャツとベストにしなければならない。
両者とも特殊な繊維が使われており、とても暖かくなっている。
問題はかなり値が張ることで、洗濯等はかなり注意して行なわれる。

  • 宮廷服(手袋)
吏族は白色の手袋を着用することが義務付けられている。
一般に使われる毛糸の物ではなく、シャツやベストと同じく特殊な繊維が使われている。
しかし重量感を無くす為薄地であり、余り暖かさといったものは無い。
一部の吏族は恋人や家族から貰った毛糸の手袋を上から着けている。

  • 宮廷服(ズボン 靴)
コートと同じく一般的に使われている長靴をアレンジした物である。
一体化していた靴とズボンを分離し、重量感を無くす為に幾分か薄くなり、
固定のための紐はベルト式になっている。
一般に使われているものと比べても9割の体温保持効果がある。

○星見司
ジェントルラット藩国では星見司は大体吏族も兼ねている。
藩王はこの役職に理解があり、幾分か優遇しているところがある。

ジェントルラット藩国の星見司が使うような本は大抵国立図書館から貸し出された物である。
通常、国立図書館からの貸し出しには細かい規則があり、制限もあるのだが、
星見司は特例として幾らでも借りる事が出来る。



○天文台
古風というか、無理矢理というか、
どこか滑稽な格好をしているこの家は北西の森にある天文台である。
古くからある天文台を改修(外見を除いて全てが最新式になっている)して使っている。
一見観測方向が限られるようにも見えるが、
ボタン一つで望遠鏡を動かすスペースが広がったり、
天文台その物が回転したりで補われる。

○政庁
中心街にある政庁である。
古城(湖に城が作られる前の物だと思われる)だったのだが修復されて使われている。

(設定文章:雨中正人)