※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

E145提出政策

藩国民の皆様に以下の通り、政府広報より発表します。

【始めに】
 我々政府は長い間まともな施策も打てず、国民の皆様方に大変な苦労をおかけし続けてきたことをここにお詫び申し上げたいと思います。今日まで様々な災害がありました。被害に遭われた国民の皆様やご家族や友人を亡くされた方々には哀悼の意を表させていただきます。
 これらの政府の無力さに起因する対応の遅れによる被害はこちら側にも責任があり、国民の皆様方には深くお詫びする次第であります。
 政府に人手が足りないのは事実ですが、今後はできる限りの手を打ちたいと考えております。
 今後はまず復興を第一に考え、自国だけでは対応出来ない部分についてはご協力を頂きながら政策を進めて参りたいと思います。

【生活支援のための減税政策】
生活及び産業の建て直しのために、所得税及び消費税の減税を行います。
所得税に関しては今ターン分を半額に、消費税については今ターン分を全額免除します。

【主要インフラの復興に関して】
現在のところ、まともに稼動出来ていない主要インフラの回復を行うために、A&S社とそれにご協力されている各団体様に支援要請を行い、大規模な工事の元これらを復興いたします。

【FROGの活動への協賛】
NGO団体FROGの行っている「NW出産子育てキャンペーン」に協賛し、このための活動として保育園の開設が行われます。
この開設にあたってはHOKE財団より全面的なご協力を頂いております。


【聯合国との連携】
今回の復興にあたっては、兼ねてよりご支援を頂いていた聯合国FEGの皆様からのご協力をお受けすることになるかと思います。
現状ではお力をお借りするばかりで大変心苦しく思いますが、いつかこれらの恩をお返し出来る様、藩国民の皆様の復興へのご協力をお願いいたします。

【他国からのご協力】
治安維持等のために宰相府藩国より歩兵部隊の派遣をお受けいたします。
このご支援に対してこの場をお借りして感謝の意を表させて頂きます。

ジェントルラット藩国 摂政たらら