※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9/3 街灯停止後ゲーム



たらら@ジェン:
こんばんはー、お疲れさまです。
21時からのゲームの事前相談に参りましたが、お時間よろしいでしょうか?

芝村:
ええ

たらら@ジェン:
ありがとうございます。
久我あゆみさんから、時間軸を進めれば今日のゲームに協力していただけるとお伺いしたのですが、

たらら@ジェン:
その場合、遅くなることによる状況の悪化などは予想されますか?

芝村:
わからないねえ

たらら@ジェン:
ですよね。やはり。

たらら@ジェン:
えーと、魔術師のコネが、アシタスナオ経由のふみこさんか、あゆみさん経由の晋太郎さんしか無いのですが
どちらがお勧めでしょうか?

芝村:
どちらも根は同じなので、差はないかな

たらら@ジェン:
なるほど。了解です。

たらら@ジェン:
いろいろとありがとうございました。
方針が決まりましたのでゲームをよろしくお願いします。

芝村:
ええ
記事と参加者集めといてください。

たらら@ジェン:
はい、記事になります

芝村:

たらら@ジェン:
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2866&reno=2790&oya=2790&mode=msgview
#誕生日枠によるゲームのため、予約費用+ゲーム代+一人分の食費+一人分のACE召還費 が無料となっています。

【予約者の名前】08-00198-01:たらら:ジェントルラット
【実施予定日時】2008年9月3日/21:00~22:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・今日子:藩国非滞在ACE:0 (宰相府より派遣のため0マイル)
 ・ふみこOV:藩国非滞在ACE:0 (召還費用に誕生日枠を適用して0マイル)
 ・スイトピー:藩国滞在:0
 ・風杜神奈2:PLACE:0
 ・白石裕:PLACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×5人 (1名は誕生日枠により食費無料)
【合計消費マイル】計15マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・08:ジェントルラット:-15マイル
 ・08-00198-01:たらら:0マイル:入学済
 ・38-00262-02:風杜神奈:0マイル:入学済み
 ・38-00697-01:白石裕:0マイル:入学済み
 ・23-00435-01:アシタスナオ:0マイル:入学済み
 ・18-00347-01:駒地真子:0マイル:入学済み
 ・12-00259-02:KBN:0マイル:入学済み

芝村:
あ。見えた

芝村:
プレイヤーどうぞ

|アシタ スナオ|@ が会話に参加しました。

風杜神奈 が会話に参加しました。

しらいし が会話に参加しました。

KBN が会話に参加しました。

駒地真子@詩歌藩国 が会話に参加しました。


たらら@ジェン:
お願いします。

しらいし:
こんばんは


KBN:
こんばんわ

風杜神奈:
こんばんは~

駒地真子@詩歌藩国:
こんばんはー

芝村:
こんばんは。イベント選択をどうぞ


|アシタ スナオ|@:
こんばんわ。よろしくお願いします。

たらら@ジェン:
状況調査、及び救助活動でお願いします。

たらら@ジェン:
イベント

芝村:
2分待ってね

白石裕:
記事で召還ACEの方にもかかれてますが
r:PLACEに介入してプレイします

芝村:
/*/

風杜神奈:
r:風杜神奈2を着用し、白石と契約しておきます。

|アシタ スナオ|@:
r:高位西国人+猫妖精+ミフネ+猫柔術家を着用します

駒地真子@詩歌藩国:
r:高位北国人+魔法使い+看護士+風を追う者+大神官を着用します

たらら@ジェン:
r:編成通り、北国人+名整備士+整備の神様+チューニングマスター+星見司を着用していきます。

芝村:
ここは帝國領、暁の円卓だ。

KBN:
r:T12で着用しているままにしておきます


たらら@ジェン:
Q:何故暁の円卓から開始なのかはわかりますか?

芝村:
風が、静かだね。このあたりは帝國でももっとも安全な領域の一つだ。

白石裕:
#PLACEがいるところからスタートした予感がー!

|アシタ スナオ|@:
「おお、なんだか見たことあるような…」(ブツブツ

白石裕:
「…それで、ジェントルラットの件か。事前に情報とかはあるの?」>たらら

芝村:
まあ、キノウツンの人間にとってはひどく落ち着かないところだ。

たらら@ジェン:
「」

風杜神奈:
「……ん、確かにここなら安全ですね」

|アシタ スナオ|@:
そんな! 平穏欲しいですよハハハハ

芝村:
なんといってもここは狙撃されないし、暗殺もされない

KBN:
「ねーこーのーにーおーいーがーー」

たらら@ジェン:
「街灯を停止したら、電話が不通になった。 としかわかりませんね」>白石

|アシタ スナオ|@:
なんと羨ましい<暁

たらら@ジェン:
「ともあれ、低物理域化が予想されるのであれば、我々での対処は不可能ですので、助力をお願いに参った次第です」

|アシタ スナオ|@:
「まあまて、今日だけは臭わなかったことにしてくれ」>KBN

風杜神奈:
r:藩国で知れるジェントルラットに関する最新情報を集めます。

芝村:
A:暁の円卓は安全だから。

たらら@ジェン:
「その、大変申し訳ありませんが藩王の安全も確認できておりませんので、なるべく急ぎたいと考えております」

芝村:
ジェントルラットは音信が不通だね。滅亡したという噂もある

たらら@ジェン:
「今からさくっといけますかね?」>白石王

白石裕:
「えーと藩王って雨中王…でいいのかな。それともスイトピーさん?」

風杜神奈:
「……電話も普通でしたっけ。」

たらら@ジェン:
わー!>安全だから、滅亡の噂

風杜神奈:
ッ不通

たらら@ジェン:
「もちろんスイトピーさまですが?」

白石裕:
「まぁそれは移動中にでも教えてくれ。というかこっちでは滅亡したって話もでてるんだが」
「…いってたしかめるしかないか」

たらら@ジェン:
「本当にそうであれば、私も死んでるはず、です」

KBN:
「存続しているか滅亡しているかは2分の一!」

|アシタ スナオ|@:
「どこのシュレディンガーの猫だ!」

風杜神奈:
「……直接行った人の情報が欲しいですね。」

白石裕:
Q:この場にふみこや今日子、ISSの面々はいますか?

たらら@ジェン:
Q:今からすぐジェントルラットに迎えますか?
向かえ

芝村:
A:ふみこの姿は見えないが、今日子はいるね。
ISSでは龍造寺とダガーマンがいる

|アシタ スナオ|@:
あら<ふみこさんいない

たらら@ジェン:
「……ええと、その、始めまして今日子さん、先日は大変お世話になりました」

白石裕:
「本日は遠いところまですいません。よろしくお願いします」>今日子とISSの人々に

たらら@ジェン:
r:挨拶しておきます
「よろしくお願いします、みなさま」

KBN:
#罵詈雑言吐けば魔法が飛んでくると思われ

|アシタ スナオ|@:
「こんにちは、急な話で申し訳ありませんが、今日はよろしくお願いいたします」と深々と礼をします

白石裕:
Q:犬の藩王の自分や他の犬の国の人間がジェントルラットにいくことに不都合は生じますか?

芝村:
今日子:「ま、第7世界人死なれると迷惑だからね」

芝村:
龍造寺:「はじめまして」
A:戸国は

風杜神奈:
「今日子さん、ISSの方々、本日はお越しいただきありがとうございます。これからよろしくお願いします。」

芝村:
特に、は

白石裕:
「ISSで何か掴んでる情報とかはないでしょうか?でなければすぐにでも現地へ向かおうと思いますが」>ISSの二人に

芝村:
今日子:「で、なにするの? 一応取り組みでも見る?」

たらら@ジェン:
r:ではジェントルラットへ移動します
(全員で)

KBN:
「飛んでいいかな!?」

芝村:
ダガーマン:「ISSが得ている情報、何をしりたい?」

たらら@ジェン:
ぎゃー、r:を一旦取り消します

白石裕:
「ジェントルラットが今どうなっているか。あとはスイトピーさんは今行方がわかるか…とかですかね」

芝村:
ダガーマン:「ジェントルラットにISSの関係者は誰も脚をふみいれたことがない」

芝村:
ダガーマン:「だから状況は不明だ」

たらら@ジェン:
「では現地へ向かおうかと思いますが、構いませんか?」>みなさん

白石裕:
「ありがとうございます。まぁいってみるしかないか…」

KBN:
「はじめてのていさつ」

風杜神奈:
「……なるほど。行ってみるしか方法はないわけですね。予想される危険はどんなことがあるんでしょうか?」

|アシタ スナオ|@:
「ありがとうございます。では出向いてみるしかないわけですね…」

芝村:
ダガーマン:「危険があるとすれば、クーリンガンだ。正直に言えば、出てきてほしいと思ってる」

白石裕:
「やはりそこか…わかりました」

たらら@ジェン:
えと、もう移動してもいいでしょうか?>みんな

白石裕:
いいよー>移動

|アシタ スナオ|@:
俺はOKです<移動

駒地真子@詩歌藩国:
「FVBの時を考えると、分身とかも居そうですけれど…少しでも嫌がらせができた方がいいのでしょうかね」移動OKですー

たらら@ジェン:
r:では全員でジェントルラットへ移動します

風杜神奈:
#はい~>移動

芝村:
/*/

芝村:
ここは寒い寒い、ジェントルラットだ。
凍える。

たらら@ジェン:
Q:季節は夏のはずではないでしょうか?

白石裕:
「…寒っさすが北国」

|アシタ スナオ|@:
「さすがは北国…! 西国じゃあこんなのはないな」

芝村:
A:違うみたいだね

風杜神奈:
「……さ、寒いですね」

たらら@ジェン:
「すんでたら、慣れますよ。 けど、これは…さむすぎですね」

KBN:
「庭を駆け回るシチュか?」
駒地真子@詩歌藩国:
「うちもたいがい寒いけど…ちょっとおかしい?」

|アシタ スナオ|@:
「ならばコタツが欲しいところだな」>KBN

たらら@ジェン:
「飛ばないでね」>KBN

白石裕:
「異常気象…ね。えーと魔術畑の人は…今いないんだった」

芝村:
龍造寺:「なあに、ながみよりはましですよ」

|アシタ スナオ|@:
Q:ふみこさんは先回りとかしてませんか?

白石裕:
「ながみはもっと酷いのか…猫もまだまだ治安回復してないんだなぁ」

芝村:
龍造寺:「あそこは背筋が凍ります」

駒地真子@詩歌藩国:
Q:大神官着用ですが、異変などは感じ取れますでしょうか?

芝村:
A:ないねえ

KBN:
「原住民の人、地図を出すのだ!」

芝村:
A:異変は感じるね。大規模な魔法を感じる。

たらら@ジェン:
「えと、では、神奈さんと白石とKBNに先行偵察をお願いしたいのですけど」
「あ、はい、地図です」
http://www25.atwiki.jp/gentle-rat/pages/7.html

駒地真子@詩歌藩国:
Q:大神官の特殊
大神官は聖別を与えて1部隊の装甲判定に評価+2の修正を与える。戦闘前に指定すること。1人の大神官で10人機まで対応できる。
は、生活ゲームでも事前指定できますか?それともAR3かかりますか?

白石裕:
「了解した。KBNさんお願いします」

白石裕:
「魔法か…まぁ罠で満載と考えていた方が懸命か」

たらら@ジェン:
うぎゃー大規模魔法ですか……。なるべく最速で急いだんだがな……

KBN:
「んじゃまあいこか。おれ感覚ないけどな」

白石裕:
「FVBみたいにゾンビで溢れてないだけまだ救いがあるのかもしれないが」

|アシタ スナオ|@:
「各自、変なものには触れないようにな!」

たらら@ジェン:
「うん、騎乗で頼みます」

芝村:
A:AR3つかう>こまち

風杜神奈:
「……城、でしょうか?」

白石裕:
「都市部から王城にかけて…かな 充分警戒していこう」

芝村:
ダガーマン:「善の魔法かどうかわからないか」
駒地真子@詩歌藩国:
f:FVBの戦いに参戦していた=側面:魔法の感じがFVBの時と同じかどうか感じ取れる

たらら@ジェン:
「お願いします、真子さん」>魔法確認

風杜神奈:
Q:詠唱戦が行えるのですが、感じ取れませんか?

たらら@ジェン:
Q:現在地は地図上のどの辺りかわかりますか?

駒地真子@詩歌藩国:
fが通れば、
r:善の魔法かどうかを感知します

KBN:
「雪の下に魔方陣とかは同じ手だからさすがにないな」

芝村:
通ったこまち 邪悪ではない
A:いいえ

芝村:
A:南端

駒地真子@詩歌藩国:
「FVBの時とは感じが違います。邪悪ではないようですが…」

たらら@ジェン:
「ふむ……」

たらら@ジェン:
「市街地に移動しましょう。 国民の現状が知らないと……」

白石裕:
「それじゃあ先行する。ダガーマンと竜造寺さん今日子さんはたらら達を守ってやってください」
r:先行して偵察を行います

たらら@ジェン:
「お願いします……」

芝村:
ダガーマンは晋太郎と電話している。

芝村:
偵察難易は30 感覚 AR5

KBN:
「巨大化して雪を掻き分けながら行けば後続が楽か?」

風杜神奈:
「……じゃあ、行きます、裕王」

芝村:
今日子:「楽ね。ただ、どうなの?」

芝村:
ダガーマン:「雷雲か見てくれ、だってさ」>電話をしながら

|アシタ スナオ|@:
r:空を見ます

芝村:
雷雲ばかりだ

たらら@ジェン:
「雷雲だと、ま、まずいんですか?」>ダガーマン

風杜神奈:
Q:テレパシストの能力で遠隔地の声を聞くことはできますか?

|アシタ スナオ|@:
「となると、天神さまなのでしょうか」

芝村:
ダガーマン:「雷雲があるところは安全だそうだ。その地域は守られている。」

白石裕:
「けっこうしんどそうだな…」>偵察 #感覚30とか出ないので裏で相談中です

KBN:
管公か

芝村:
A:いいえ

白石裕:
フルネームでお呼びなさい!>菅原道真公

たらら@ジェン:
「ええと、国内は安全ということでしょうか?」>ダガーマンさん

|アシタ スナオ|@:
r:空を仰いで、手を合わせて拝みます。リアルゆかりのある地の人間なもので。

芝村:
アシタは大丈夫なような気がしてきた。
ダガーマン:「うちの魔法スペシャリストがいうには」

|アシタ スナオ|@:
おお。<大丈夫

たらら@ジェン:
「道真公、かな……。 雷の善の神となると……」

芝村:
白石は街中に入った。安全そうではある。寒いが

白石裕:
「うーんあんまり危険は感じない…鈍ってるだけかもしれないが」

|アシタ スナオ|@:
雷雲のあるところを選んで進みましょう

白石裕:
「KBNさんメッセージで後発組と連絡とってもらえる?」

風杜神奈:
「……そうですね。人々の様子はどうでしょうか?」

芝村:
人々は家の中にあって容易に姿を見せないが、まあ、そのせいで治安はわるくなさそうだ

KBN:
メッセで後続へ「安全らしいから来てもいいらしいぞー」

たらら@ジェン:
「了解、では行きましょう」
r:偵察に追いつきます

風杜神奈:
「……まずはここまでは大丈夫、というところですか」

|アシタ スナオ|@:
「よし、合流しましょう」

たらら@ジェン:
Q:国内逗留者のスイトピー様を捜索する難易度はいくつでしょうか?

白石裕:
「あとはスイトピーさんか」

駒地真子@詩歌藩国:
同行します

たらら@ジェン:
Q:青の厚志と芝村舞が国内にいるならば、その捜索難易度もお願いします。

芝村:
スイトピー発見の難易度は0だ

風杜神奈:
「……ですね」

芝村:
青や舞はいないねえ

白石裕:
0ってことはすぐ見つかるのかー! r:スイトピーを探します

たらら@ジェン:
0ということは眼の前にいたりします?

たらら@ジェン:
r:スイトピー様を探します

|アシタ スナオ|@:
「今考えれば、王城にいるんじゃないのか。王様なのだから」

白石裕:
「それはそうだけどな。国内がどうなってるかわからなかったから」

白石裕:
「王城にいるなら連絡不通になった件を聞けば終わりだ」

たらら@ジェン:
「とりあえずは、大丈夫、なのかな……」

芝村:
王城で紅茶を飲んでるよ。

芝村:
稲妻激しく、また電話線が切れたという話も聞こえる。

白石裕:
「どうもお初にお目にかかります。暁の円卓藩王の白石裕と申します。」
「この様子だと…大丈夫そうですね」

たらら@ジェン:
「ええと、その何か申し訳ありません……」

風杜神奈:
「……同じく暁の円卓摂政の風杜神奈と申します。」

KBN:
「さて帰るか・・・」

たらら@ジェン:
r:とりあえずぶっ倒れておきます……

芝村:
ダガーマン:「いや・・・」
ダガーマン:「もう少し聞いて回らないか」

白石裕:
「ジェントルラットが音信普通状態で現地まで調査に参りました」

たらら@ジェン:
「と、そうでした」

白石裕:
「今どのような状況下教えていただけないでしょうか?」>スイトピーにたずねます

|アシタ スナオ|@:
「まだ倒れるには早いぞたらら…!」

駒地真子@詩歌藩国:
「ご無事で何よりでした、国の方たちも」

芝村:
スイトピー:「この数日で、急にゾンビたちがいなくなりました」
スイトピー:「一時期は国が滅びるところでした」

たらら@ジェン:
「申し訳ありません……。動きが遅くなりました……」

芝村:
スイトピー:「ある日坂の上まで追い詰められていた民が救い出される事件が連発し、そして」
スイトピーは雷雲を見た。稲妻が落ちる
スイトピー:「ほぼ同時です。あれがあらわれるようになったのは」

白石裕:
「坂神さまと…道真公…のおかげ。ですかね」

白石裕:
ちょっと心中複雑

|アシタ スナオ|@:
r:稲妻が落ちた空のほうを見て拝みます。

風杜神奈:
「……神さまが味方してくれているのですね。ありがたいことですが」

たらら@ジェン:
「……。街灯への細工自体は存在していたと、考えられますね」

白石裕:
「国民の方々に被害は?」

芝村:
A:そちらはながみ、そしてキノウツンだ>アシタ
スイトピー:「今は不思議とありません」

白石裕:
あぁ絶賛駆除中…>雷ボンバー

|アシタ スナオ|@:
おお、北海島の方角ですか…!<稲妻が落ちた方角

風杜神奈:
Q:現在国内に雷雲がない地域はありますか?

白石裕:
「それはよかった。あと今音信普通になっているのは雷のせいですかな?」

芝村:
A:ない

芝村:
スイトピー:「わかりませんが、感謝はしています」

たらら@ジェン:
r:ダガーマンを通して、ISSに街灯を参考品として提出します

芝村:
街頭は多くが割れている。雷に打たれたようだ。

たらら@ジェン:
「本当にありがとうございました」>白石、神奈

白石裕:
「ただのおせっかいみたいなもんですから…いや何より皆さんが無事でよかった」

|アシタ スナオ|@:
ああ、なるほど。その余波で電話線とかが飛んだ、と<街灯が雷に打たれた

たらら@ジェン:
「遠く、帝国、宰相府からのご支援に深く感謝いたします」>みなさま

白石裕:
Q:ISSの方々に頼んで連絡経路の確保等はできますでしょうか?

芝村:
今日子:「何もないのが一番だって」

白石裕:
さすがに孤立してちゃ気がきでないだろうし

風杜神奈:
「……代替連絡手段の確保だけでもしておいた方がいいかもしれませんね」

|アシタ スナオ|@:
「国が無事で何よりだよ、たらら」

芝村:
龍造寺:「新しい電話線をもってきました。これを使いましょう」

白石裕:
「最後の仕事はこれから」 電話線ひくのを手伝います

たらら@ジェン:
「……もしかしてこの事態を予想されてました?」>竜造寺

白石裕:
これから→これかな でした!

たらら@ジェン:
r:手伝いながら言います

|アシタ スナオ|@:
「よっしゃ、じゃあ作業に取り掛かろうか!」
r:時折空を拝みながら、電話線の作業など、復興作業を手伝います

芝村:
龍造寺:「まあ、それなりに」

風杜神奈:
「……できれば地下埋蔵にしておけば雷には打たれにくそうですよね」

KBN:
「電話はもう安全なんだっけ?」

駒地真子@詩歌藩国:
「無事でよかったですよ。新しく引く分には大丈夫なのですね」
復興作業を手伝います

芝村:
ダガーマン:「新しい電話線は数日で全土に敷設を終わるだろう」

たらら@ジェン:
「はい。ISSのお2人もありがとうございました」

|アシタ スナオ|@:
Q:そういえば、郵便とかは復興されますでしょうか?

芝村:
A:郵便はACEつきで輸送する予定だよ

|アシタ スナオ|@:
なるほど<ACEつき

風杜神奈:
では一応工部尚書として支援できることを指示しておきます。

芝村:
/*/
OK
こうしてジェントルラットの状況は知ることが出来た。