※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作戦

【整備作戦概要】
  • ダメージの回復はあまり考えず、ARを回復させることを主目的とする。

【事前準備】
  • 事前にダイバの整備マニュアルを熟読しておく。
  • 事前にダイバ搭載のAI「DAIVA」との間でミーティングを行い、整備優先順位、作業手順などを打ち合わせておく。
  • 移動中に機関や主砲の様子を見ておき、チューニングマスターとして動作音を確認する。

【地形】
<<ダイバ内活動>><<超ド級戦艦内での活動>>
  • 船内に設置されたトラムで船内移動を行うことで移動を短縮する
  • DAIVAの機嫌を損ねないようにする。
  • 手空きの人員を緊急動員し、ダメコン要員として使う。

≪宇宙空間≫<<船外活動による整備時は宇宙空間となる>>
  • 腕や脚を高速で動かしその反作用によって機体全体の姿勢を変化させ、推進剤の消費を抑えられる。
  • 宇宙空間に浮かぶ物体を機体の足で蹴ったり腕で押すことで移動や加速を行える。
  • 戦闘中の船外活動では飛来破片デブリの危険が増すので官制の指示に従って行動する。

【諸注意】
  • 艦内での詳細はダイバ搭載のAI「DAIVA」の指揮に従う。
  • 機械の調子を測るのに、音はとても重要である。音が違う所は重点的にチェックする。
  • リューンドライブについては未知の技術が使われている可能性が高いので特に念入りに打ち合わせておく。

【配置】
  • 整備員は2マンセルに分けた上で集中配備し、バイタルパートの性能維持をさせる。
  • 非常時は一つを現地に向かわせもう一つを予備として扱うなどの局地的な分散配置を行う。
  • これらの指揮をDAIVAに任せることにより的確な行動を行う。

【装備】
  • 船外活動時用の宇宙服、及び工具。工具には落下防止、紛失防止用の紐をつける
  • 整備工具は使い慣れたものを持ち込み、特殊工具に関してはDAIVAに用意してもらう。
  • 整備士としての作業効率を高めるための改造工具も持っていく。
  • 連絡を取るためにヘッドフォンマイクを装備する。

SSなど

/*/

真夕さん、避けに整備出張よろしくお願いしますー。何かやることあるわけじゃないですが、一応連絡です。 -- たらら (2007-07-28 20:00:04)
整備判定提出しました。8たーんは出撃なかったので整備なしっす。 -- たらら (2007-07-28 21:19:42)
出張了解です。&誕生日おめでとうございますw -- 真夕 (2007-07-29 23:03:34)
ある日の紳士鼠での会話

/*/

ジェントルラット藩国から避け藩国へ移動する車中にて
深山ゆみ「あ、真夕さーん」
真夕「あれ?出張って私だけじゃないんですか?」
わんちょぺ「チューニングマスターズはそろって避け藩国に行くらしいですよ?」
クロ「やっぱり…最前線で戦ってるところは整備が大変なんでしょうね…」
シュワ「仕事はない方がいいね」
わんちょぺ「最近は出撃することすらなかったから…」(遠い目)
クロ「どちらにしても、私たちの戦争は弾が飛ばなくなったら始まって、弾が飛び始める前に終わるものでしょ?」
深山ゆみ「そうですね(笑 他の人達の役に立てると言うのは良いことだと思います」

/*/

そうこう言いながら、一行は避け藩国へ…
ふと、目を前に移すとそこにはばかでかい壁
わんちょぺ「へぇ…こんなでかい防護壁が…」
クロ「何か…ちがくないですか?これ…」
深山ゆみ「これって…船でしょうか?」
シュワ「あはは…まさか…」
真夕「I=Dの整備じゃないの?これって戦艦だよね?」
クロ「どちらにせよ私たちがすることは同じです。整備の神様と呼ばれた私達の力存分に発揮いたしましょう」

/*/

全長8000mと言うこともありその内部構造はかなり広く作られている。
しかも驚くべきはたった100人で活動可能と言うそのそそるべき技術力である。
わんちょぺ「発掘戦艦ですか…燃える響きですね!」
真夕「確かにwご飯3杯は行ける響きです!」
(何か良くわからない会話をしながら、DAIVAの解析図と兵装一覧表を見ながら)
シュワ「艦首砲!艦首格納式超大型砲!」
わんちょぺ「艦首砲!!惑星すら破砕!!」
真夕「艦首砲!!!全システムを停止させない発射できない!!」
(野郎どもはやはり食いついてきたようだ)
クロ「何か…ちがくないですか?これ…」
深山ゆみ「頭…痛い…」
(艦長のブリーフィングを受けながら)
シュワ「AI・DAIVA!長髪の美しい女性の姿をした人型端末!」
わんちょぺ「AI・DAIVA!!幹部乗組員に艦運用等に関する助言を行う!!」
真夕「AI・DAIVA!!!人との会話や自身の考えを適切に表現することは苦手!!」
(野郎どもはやはり食いついてきたようだ)
クロ「何か…ちがくないですか?これ…」
深山ゆみ「頭…痛い…」
/*/
 主兵装の整備
  精霊回路搭載型レールガン3連装砲3基
/*/
深山ゆみ「クロさん?」
クロ「はい?」
深山ゆみ「主砲の発射間隔何かおかしくないですか?」
クロ「……そうね…連装砲の発射間隔が少し近い…かな?行きましょうか?深山さん」
深山ゆみ「はい!善は急げですね(笑」
艦内放送
『ジェントルラットの整備士さん?レールガンの整備できるでしょ?弾着点の誤差が誤差の範囲を超えたわ』
深山ゆみ「えーと?発射の衝撃が次弾の発射に干渉しているんですね…」
クロ「そうみたい。その辺はプログラミングの範疇ねハード面には問題ないかな?」
深山ゆみ「装填装置と弾薬庫の点検に行ってきます」
クロ「……わかったわ、そうね…私はこのままプログラムの修正に入ります。少し時間かかるかも」
深山ゆみ「はい!終わったらお手伝いに来ますね」(笑)
場所は変わって…砲塔内
深山ゆみ「えーと…この先が弾薬庫で装填装置はあれ…」
通常の人間であれば気が付かないであろう異音
それに彼女は気が付いた。レールの上を動く馬鹿みたいに巨大な弾、台車…レールに僅かな歪があると感じ取った。
深山ゆみ「放って置く事は…できません!」
次弾装填のための僅かな時間しか残っていない。しかし彼女は迷うことなく動いた。自らの腕に絶対の自信が有るのか、それともただのバカか、その両方ではなく、しかし自然に「ちょっとコンビニに行ってきます」とでも言うくらいの気軽さで動いた。
そして、彼女は帰ってきたらこともなげにこう言うだろう
深山ゆみ「ただ声が聞こえたんです」(笑)と、
帰ってきたときの深山の言葉
「帰ったらコンビニに行きましょう(笑 おなかすいちゃって…」

応援


名前:
コメント: