※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北国人+整備士2+整備士2+名整備士


累積要点 暖かい服装・白い肌で美しい人材・白い髪・整備道具・手袋・ツナギ・帽子・部下
累積周辺環境 針葉樹林・木もないような雪原・豊かな小麦畑・豪雪対策された家・高い山・整備工場・クレーン


設定文章

藩国で最も高い山である鼠山、そこに聳える藩王の居城からは藩国国土の大部分を眺める
事ができる。
藩国の名前が変わっても、今だジェントルラットである藩王はその景色が好きだった。古
めかしい望遠鏡も良く覗いた。

―急な角度の屋根をもつ家々の並び。暖炉の煙。天に向かって立つ塔。遠くに見える小麦
畑。

それらは確かに美しい。しかしこれらはこの勝景の一要素にしかすぎず。けしてメインと
はならない。
自然は偉大なり、人工の追いつけない点に自然は既に太古より到達している。

それは広大なる空であり、刻々と形を変える雲である。神秘的に光を煌かせる湖や川でも
ある。何も無い野ですら然り、春にはそこに生える草花が調和を取り、冬には白銀の雪原
となる。
城からの景色には入らないが、鼠山そのものも人が畏敬の心を持たせる巨大さと、そして
何よりも美しさを持つ。
そして針葉樹林も忘れてはいけない。城から眺める景色としてもその中からの景色も必ず
諸人を圧倒させるだろう。

この針葉樹の見事な勝景は他の自然物と違う点がある。それは人工物の有無である。それ
はジェントルラットの拘りが実現した結果だった。
城の景色から見れば左の奥。地図で見れば東南にある広大な針葉樹林中には、幾つかの軍
事施設が造られている。
大半は地下に造ったものの、飛行場と整備工場は地上にある。
それらが景色に与える影響は計り知れない。美しさが圧倒的に足りない。美しい針葉樹林
を惹き立てるのに役立つかは大いに不安である。
そこでそれらの施設は隠された。人工的ながらも巧妙な隠匿である。自然である針葉樹林
の美しさは人の手によって保たれた。

さて、城から離れ、針葉樹林の中へと向かおう。

そこは静かであり、騒がしくもある。五月蝿くは無い。自然の音色の中にある心地よい騒
がしさだ。
針葉樹林の道無き道を歩いていくと、唐突に、本当に唐突に、整備工場が現れる。

角張った金属製の建物はジェントルラットの危惧どおり、美しくは無い。
しかし、無骨な建物と針葉樹林がどこかマッチしていて趣がある。
森に見える自然のみの美しさとは別に心を揺さぶられる感覚がある。


更に奥に行けば飛行場となるが、今は整備工場の中へと入ろう。

整備工場の中に入れば、外とは完全に別世界となる。
景色が変わるのは勿論のこと。耳に聞こえた森の音色も遠くに消えて、耳に入ってくるの
はクレーンなどの機械の動く音、人の足音、指示の大声ばかり。

忙しなく動き続ける整備士達の人体(にんてい)は皆、白い肌の美しい顔立ちである。
しかし彼等彼女等を良く見れば、とんでもなく軽い事で有名なツナギも、手袋も、その綺
麗な顔でさえも、黒く汚れてしまっている。
彼等彼女等が頭を振る度にその美しい白い髪を奥から汗の雫が零れ出る。
それはこの国の整備士がツナギの下に着用する体温保持効果の高いシャツだけのせいでは
ないだろう。
彼等彼女等は、国のため、パイロットのために、それほど懸命に働いているのだ。その手
に持った整備道具を唯一の武器に、懸命に戦い続けているのだ。
誰かの為に行なう労働とは本能ではないだろうか、本能とは人の自然である。よって懸命
な労働を行なう人物は、たとえ顔が黒く汚れようと、美しい。

そんな懸命に働く整備士の中でも特に秀でた者が居る。
上位の整備士であり、部下である一般の整備士達に指示を出しながら、彼等と同様、い
や、それ以上の整備を自身でも行なっている。
彼等は名整備士と呼ばれ、懸命たる美しき一般整備士からさえも強く、とても強く尊敬さ
れている存在である。

美しいものからさえも尊ばれる存在は当然美しい存在である。彼等こそ労働の美の体現者
である。



累積要点
暖かい服装・
それはこの国の整備士がツナギの下に着用する体温保持効果の高いシャツだけのせいでは
ないだろう。
白い肌で美しい人材・
忙しなく動き続ける整備士達の人体(にんてい)は皆、白い肌の美しい顔立ちである。
白い髪・
彼等彼女等が頭を振る度にその美しい白い髪を奥から汗の雫が零れ出る。
整備道具・
その手に持った整備道具を唯一の武器に、懸命に戦い続けているのだ。
手袋・
しかし彼等彼女等を良く見れば、とんでもなく軽い事で有名なツナギも、手袋も、その綺
麗な顔でさえも、黒く汚れてしまっている。
ツナギ・
しかし彼等彼女等を良く見れば、とんでもなく軽い事で有名なツナギも、手袋も、その綺
麗な顔でさえも、黒く汚れてしまっている。

累積周辺環境
針葉樹林・
そして針葉樹林も忘れてはいけない。城から眺める景色としてもその中からの景色も必ず
諸人を圧倒させるだろう。
木もないような雪原・
何も無い野ですら然り、春にはそこに生える草花が調和を取り、冬には白銀の雪原とな
る。
豊かな小麦畑・
急な角度の屋根をもつ家々の並び。暖炉の煙。天に向かって立つ塔。遠くに見える小麦
畑。
豪雪対策された家・
急な角度の屋根をもつ家々の並び。暖炉の煙。天に向かって立つ塔。遠くに見える小麦
畑。
高い山・
藩国で最も高い山である鼠山、そこに聳える藩王の居城からは藩国国土の大部分を眺める
事ができる。
整備工場・
大半は地下に造ったものの、飛行場と整備工場は地上にある。

(絵:深山ゆみ)(文:雨中正人)