※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男性にとっての不利益


 「妻の様子がおかしい・・・何か私を怒らせようとしている」
 たびたびこう感じるようになったら、危険信号かもしれません。
 もしかしたら、奥さんはすでに女性相談所で「洗脳」されているかも

 どうやって対処したらいいのでしょうか
 「平手でたたく」→DV
 「大声で怒鳴る」→DV
 「無視する」→DV
 優しく努めても、何があるかわかりません

 また奥さんが手を出してきたり、最悪刃物を持ち出したとしても
 腕を払ったり、包丁を奪っただけでもDVです

 ちなみに、こんなことがあっても男性相談所に行くのはお勧めできません
 なにしろ男性相談所は「加害者」に対するケアの場所ですから。
 一方的に奥さんにDVされていても加害者扱いされ
 何度も何度も「反省しろ」と言われます。
 被害者として認められても「情けない夫」などと言われ相手にされません

 そうこうしている内に、突然奥さんと子供がいなくなります
 シェルターに保護されたのでしょう。
 そしてやってくる「6ヶ月間の保護命令」「2ヶ月間の退去命令」
 保護命令で、奥さんや子供に近づくことが許されず
 退去命令で、自宅に近づくことが許されなくなります。

 もし自営業など、自宅で仕事をしている男性にとっては致命的です。
 帰る家と共に職まで同時に失うことになりますから。

 加えて、奥さんがシェルター入所時に確認される「持ち物チェックリスト」
 通帳、キャッシュカード、印鑑、保険証などなど
 生活に必要なものを持ち出されてしまいます。
 お金も家もなくなるということです。
 実家を頼ることができなければ、野垂れ死にしてもおかしくはありません。

 その上で離婚、親権も取られ慰謝料と養育費の支払が待っています。


|