※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

囮は何をすればいいのか


  • 相手のタゲを集めて味方が自由に動けるようにすること
  • 相手を操りこちらに有利な動きをさせること


囮をするときにまず注意することは【相手に有利なGBを与えない】ことです。敵陣に突っ込む訳ですのである程度は死ぬことを前提で突撃します。 囮をやっていて1ゲームまったく死なないということはまず無いでしょう。

相手に有利なGBを与えない為には、まず【大勢に囲まれた状態で死なない事】 GBの範囲を把握し、相手のPT構成を確認しましょう。
つぎに【相手の石を確認して殺される敵を選ぶこと】 囲まれた状態でこの人に!というのは難しいですが GB不足な相手にむやみにGBを与えてはチームに迷惑がかかります。 得点力のない人に殺してもらいましょう。
最後に【死んでいい時と悪いときを見極める】 ことです。

うまく死ぬ という言葉が出てきたのはここ最近で、コノ うまく死ぬというものを理解してる人はまだ少数かもしれません。 死なない=上手い というのはまったくの検討違いです。もちろん 死ぬ=上手い訳ではありません。 ゾンビや囮で大事なのは 今、ここで、この人に倒されていいのかを見極めることです。うまく死ねる人がいればチームの勝率は確実に上がります。 GBと石がそろって初めてシュートに移れる訳ですから、囮は相手の石の所持数の確認を怠ってはいけません。

(*ゾンビとは主に黒が魔法を連発し、すぐに死んでMP回復をしてまた魔法を連発するといった戦い方です)

また、囮がいる利点として【味方の石を守れる】ということです。自分が優先的にWSをくらい死ぬことで、味方の石が死亡によってロストする確立が減ります。味方の死亡による石のロストを減らせば、得点力はあがって勝率はあがります。

なにより囮にとって大切なのは、囮は味方のためにやるということです。味方がまだ準備してるのに一人で突っ込んでもなんの役にも立ちません。味方の様子を見て飛び出すことが重要です。


キャスター(足止め・妨害・ヒーラー)はなにをすればいいのか


足止めは その人のセンスの一言に尽きるでしょう。足止めが上手い人がいればGBの獲得率はあがります。
足止めで重要なのはタイミングです。無闇に打って他の人と重なったり無駄に耐性をつけさせては、相手に簡単に逃げられてしまいます。

足止めと妨害は基本的に一人で状況にあわせてこなしていく事が多いと思います。蝉持ち相手にガ魔法→足止めといった攻撃は基本であります。 ここで注意することは仲間が足止めをしたのを確認したらその相手に無闇に群がらないことです。ここで、確実にGBに繋げるためには足止めされている相手に無駄に弱体をするのではなく、相手のヒーラーの援護を妨害することが重要です。 同時にカトリコンにも注意しましょう。 スタンが無ければサイレス等でキャンセルさせましょう。

また削り役もすぐに手を出すのではなく、確実に倒すために味方を待ったり先に相手を追い払ったりすることも重要です。バインドやスリプルを食らってる相手に対しTP溜め目的で殴りかかるのは言語道断です。
余裕があれば足止めをした人はその相手を殴って欲しいのか、まだ弱体を追加するのかを発言しましょう。

ヒーラーについてはとにかく反応速度をあげ、必要な人に的確にケアルと状態異常回復を飛ばすことに尽きるでしょう。