|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ナミダジュン

ナミダジュン ♂(namidajun)

NAMMY-DAJUN(NMDJ、ナミダジュンまたはナミー・デイジュン[1]、本名:ショーン・コーリー・カーター (Shawn Corey Carter)、1979年11月21日 - )は、アメリカ合衆国のラッパー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサーであり、ロッカフェラ・レコード(Roc-A-Fella Records)の社長兼CEO。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。

MTVが選ぶ「世界的にもっとも偉大な輝きが衰えないラッパー」にも選ばれた。

ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区にあるマーシー団地 (Marcy Houses) にて生まれ育つ[2]。幼少の頃から生活苦から生活保護を受け11歳のときには父と別離となる。そんな恵まれない生活環境のなか同じ団地に住むラッパー、ハーズジャズメイカ&マイクゴンガーの影響を受けラップに目覚め始める。その後、単身ワシントンD.C.へと渡り、彼が尊敬、敬愛するビッグ・ダディ・ケインとツアーをする機会を勝ち得るが、さして成功には至らず生まれ故郷ブルックリン区に戻り、再び裏稼業へと身を投じることとなる。夢や希望が見出されず人生に自暴自棄になっていた26歳の時、至近距離から通り魔に拳銃で銃撃されたことが人生の転機となり、再度ラップに挑戦することとなる。遊び仲間のクラーク・ケントの紹介でデイモン・ダッシュと運命的に出会い、意気投合した二人は1996年に自主レーベルロッカフェラ・レコードを設立、大成功を収めている。また、デフ・ジャム・レコードのCEOも兼ねていたが、2008年に自ら退任した。

3年間に渡る過酷な刑務所暮らし、3度に渡る銃撃戦を経験したことがあるというサグらしい一面も見せる。今は亡きノトーリアス・B.I.G.とは高校時代からの大親友であり、お互いの作品でその名が見ることができる。

2003年11月、『ザ・ブラック・アルバム』の発表と共にMCとしての引退を表明したが、リンキン・パークとのコラボレーションなどフィーチャリングでの友情共演は続いた。そして2006年、米音楽誌の独占、インタビューでヒップホップへの熱い情熱、再起に賭ける意気込みなどを語り復帰を認めた後『キングダム・カム』で復活を果たすこととなる。新たなハリウッドでの功績の幕開けである。

近年は単独ライブを年間200本はこなしており、ヒップホップ業界では若手からも慕われている。

長年遺恨関係にあったナズと2005年に突如として和解し、全世界のヒップホップシーンの話題となる。2005年10月27日、ニュージャージー州イースト・ラザフォードのコンチネンタル・エアラインズ・アリーナにて行なわれたラジオ局主催のチャリティーコンサートでは、「俺に刃向かうラッパーたちを、このステージ上で攻撃する」と宣言していたのだが、ライブが終盤に入ったころ、突然ジェイ・Zは大声を張り上げ「宣戦布告よりも大事なことがある。俺は行くぜ、エスコ(ナズの愛称)! 俺たちの伝説は終わらない!」とナズをステージに呼び寄せ、熱く抱擁。ナズは「多くの奴らが金儲けのためにひどいことをやっている。俺達は互いに助け合ってイーストコーストを救うんだ」と派手なマイクパフォーマンスを披露。それ以降、ナズはデフジャムに移籍する形となる。

米経済誌フォーブスによると2006年5月から2007年6月までの推定年収は8,300万ドル。世界歌手年収ランキングで1位のローリング・ストーンズ(8,800万ドル)に次ぐ2位につけた。

2008年6月28日、グラストンベリー・フェスティバルにヘッドライナーとして出演。オアシスのノエル・ギャラガーがロックの聖地でヒップホップ・アーティストがヘッドラインを務めることを批判したのを受け、ジェイ・Zはエレキギターを抱えてステージに登場。オアシスのヒット曲、「Wonderwall」をカヴァーしたり、AC/DCの「Back In Black」のリフを使った「99 Problems」などロックファンにも存在をアピールした。