長野小六誘拐事件

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長野小六誘拐事件


長野小六誘拐事件(ながのしょうろくゆうかいじけん)とは、2006年に、長野で発生した、女児が誘拐された事件。

状況


長野県小諸市で行方不明になり、県警小諸署が24日に公開捜査した市立小6年の女児(12)が25日午前零時40分ごろ東京都内の無職男性(31)とともに神奈川県警小田原署を訪れ保護された。
女子児童は、21日に携帯電話で母親に「友だちの家に泊まりに行く」などと連絡した後から行方不明になり、警察が24日から公開捜査をおこなっていた。


ふみとの関係


逮捕された無職31歳男性はふみコミュニティ内で女児と知り合ったため、この事件を契機に様々な批判がふみコミュニティに向けられた。
きっかけはふみコミュニティ内のメル友募集掲示板で、女児が投稿した書き込みで知り合ったとされる。
このことから2ちゃんねるをはじめ各ネット世論がふみコミュニティを一斉批判し、またテレビなどメディアの間でもふみコミュニティの映像が流されるなどした。

その後様々な世論からの圧力によりふみコミュニティ上でメル友募集板が削除された。

未成年が参加するコミュニティサイトとしては最大の、社会を巻き込んだふみ史上最悪の事件である。

意見


ネットやメディアからの様々な意見が対立した。
女児の援助交際と見る見方や、犯人の男は無罪である、また、ふみコミュニティは即座につぶすべき、といったように、被害女児やふみコミュニティに対してはあまり好意的なものではなかった。

犯人


東京都町田市真光寺、青木宏憲容疑者(31)と報道されており、現在未成年者誘拐容疑で逮捕。
比較的容姿の整った男性であったため、多くの人に意外との印象を与えた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|