※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NORAZO
2005年くらいに余り売れなかったグループの2人がありがちリサイクルで2002年くらいにあった猟奇ブーム最後っ屁となるべく登場。
冗談で日本に行ってみたら意外と歌詞なんかどうでも良く見た目と踊りで爆笑できるので一部のK-POPマニアとただ笑いに敏感な一部のマニアにウケ、大阪ではもはや紅白歌手をおしのけてホームグラウンドと化す。

☆メンバー☆

チョビン(変な方)
HAPPY SONGのワッキーダンスというかケダリチュム(犬足踊り)ナルチゴの「ワイパーダンス」など、メリハリ付いた踊りと表情で引っ張るノラジョのビジュアル担当。
あれ以上のインパクトをどうつけるのか2集の活動が危ぶまれたが、自称の韓流スターという肩書きと相棒のコスプレと気合で乗り切る。
年齢は何歳なのか気にしたりプロフィールを信用してはいけない。



イヒョク(男前の方)
服は主に黒くて眼光鋭くあまり働かないノラジョのビジュアル担当かつ肉体担当。
普通にギター好き、ヘルス(ジム@日本語)好きな兄ちゃんのようだが、クレジットのギターに名前が無いのでやっぱり働いてない。
イ・ジェヨンという普通な名前があるけれど私の耳に盗聴装置の人と似たような名前になったのは、ヒョクとかビンってのがカッコイイからなのか、どうなのかは不明。
ソニックシャウトによる「タガチーーーィ!」(者共我に続け)には誰も逆らえない。



音楽性の違い。なら毎日解散していてもおかしくない2人だが、韓流っぽくぼったくり野球大会に出たり、ありがちツアーをやったりして負け犬や奥様の老後資金を狙う韓流最後の尻馬に乗ろうともしているが、さてどうなることやら。

歌詞訳
1st
2nd-1
2nd-2
添付ファイル