※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第25話 旅の終わり

ファサン一行が太極点に到着した時,ウォルファとリはすでにテラの手中に捕えられていた。 テラはすでに天地7人が来ることを待っていた。 テラの恐ろしさは彼の内面空白念力にあるのに彼は手まね一つだけでも売掛しないで敵を制圧できる力を持った者であった。 テラが決意するならば今のファサン一行はテラのライバルになれなかった。 それでリはテラが油断した隙間に奇襲攻撃を敢行するために作戦を組む。

その作戦は天地7人に五行陣を広げて,リを攻撃するようにするということだった。 予想外の攻撃にテラはリを保護しようとすることでその油断した隙間に五行陣の強攻でテラをなぎ倒すということだった。 作戦は成功した。 それでテラは五行陣の強攻をむかえながら,天地7人に攻撃される。 しかし完全な成功ではなかった。 テラはその程度の攻撃にびくともしなかった。 打撃をこうむらせたが勝利したことではなかった。



そしてその報復はまもなく天地7人にあふれた。 天地7人はテラに無惨に倒される。 一方,ネメアとイルソンの決闘でネメアは黒と一つになったイルソンに,その自ら主人を守る龍剣に勝機を出してくれる。 そしてテラと戦わなければならないイルソンが自身との戦いで気力を減少したので自身の育てるイルソンと一切させイルソンのパワーをアップして,イルソンがテラと戦うことができる力を加える。 ネメアの気を受けて,より一層強くなったイルソンは宇宙最高の勇士で傲慢だった星霧社のネメアに感謝しながら,直ちに仲間らが激しく戦っている太極点へ向かう。


24話 真の勝利の意味 放送日2007 04 20


リの前で黄道12宮リーダーのカストロが最後の息をひきとる。 ポーリも,カイメデウスも封印される。 リは無慈悲なテラに力より大切な意味を悟ることを忠告するがリの忠告に耳を傾けるテラではない。 封印神殿で一歩遅れて出発したファサン一行は空で行うイルソンとネメアとの激突を見ることになる。 ファサンは終わりなしに発展するイルソンの武術に敬意を表わしながらも,一方ではお互いが引き受けた宿命の荷物を少しでも減らしてあげようと急いで,テラの基地が落ちた太極点へ向かう。 一番最初に太極点に到着したウォルファはリに会うがそれはしばらくだけ直ちにテラに捕えられる身分になる。

一方,イルソンとネメアの決闘は想像を超越するパワーでぶつかりながら,激突する。 しかし状況はますますイルソンに不利になってイルソンは気力を消耗する。 そしてついに変身が解けるが彼の龍剣だけは消えない。 このおかしな現象に驚くネメアにイルソンは現在自身を守るのは自身でなく彼の龍剣という話をする。 黒く自ら主人を守る? はい担いで分かるこの驚くべき事実に妙な畏敬感が起きることを否めなかった。 しかしそうだと見てくれるネメアではない。 決闘は次に段階に移っていたしイルソン黒い気力をつくした彼の主人一声を守りながら,自ら戦っていた。

23話無敵のネメア


モクキは赤々と燃える怒りでチュイに復讐しようとするがそれに対する審判が自分自身だけの腹いせになってはいけないという結論に到達する。 その審判はアイロンの役割でチュイはアイロンの英霊らに直接謝罪して審判を受けなければならないということだ。 その瞬間六回目水晶がモクキと発現する。 これとしてもうイルソンのただ一つの水晶だけが残ることになった。

一方,テラに聖霊の本を奪われたカストロは聖霊の本を戻すことを要求する。 するとテラは何ともないように聖霊の本を破壊する。 聖霊の本が破壊されながら,封印伸展で逃げようとしていたチュイも共に処断される。 黄道12弓の希望のとおり本は破壊された。

しかしカストロは愉快な気持ちではなかった。 それはテラの存在を彼が確かに感じたためだった。 自身があんな怪物が復活することができるように時間を稼いだ格好になったという考えに自己恥辱感が聞いた。 こっそりと基地に隠れたカイメデウスまで結集して,三星霧社がテラに飛びかかったがテラは一瞬にして状況を終了してしまった。 一方,先に封印神殿を離れたイルソンとウォルファは中道にはいりネメアに会う。 はい担いで分かるイルソンの一対一対決を要請する。 ネメアの要求を受け入れたイルソンはウォルファを先に送ってネメアとライオンと用意一大激戦を行う。

22話::背信者放送日:20070413


カストロがはやく終わらせろと催促するがパンは決して終わらせることができなかった。 パンはどうしても自身の深い内面に存在する優しい性格を捨てることができなかった。 パンとの戦いはこれ以上有効でなかった。 彼は戦いを望んでいなかった。

すべてのことが混乱するその瞬間,基地を脱出したチュイが封印神殿に現れる。 カストロの関心はもう天地7人とチュイに傾く。 チュイは脱出を性急に急ぐのに聖霊の本を基地に置いてきたので一人ぼっち同様の身分になった。 カストゥロとポルリはリ大司祭を連れて聖霊の本を探すためにテラの基地に移動して,封印神殿にはパンと天地7人そしてチュイだけ残ることになった。 しかしパンはすでに戦う意志がなくなっていた.
モクキはイルソンとウォルファにリ大司祭を救うために先に出発することを頼み彼自身はチュイを捉える。 そしてパンの願い通り宇宙最高の武功の五行陣でパンを封印する。 一方,テラ基地に移動したカストゥロポルリは聖霊の本を確保するがその本をテラに奪われてしまう。