EDYY-TONE (エディートーン)

演奏者プロフィール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ♪土井尻 明子 (Doijiri Akiko) ソプラノ

 国立音楽大学声楽科卒業。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。イタリアに留学後、昭和音楽大学大学院を首席で修了。大学院在学中に昭和音楽大学主催のオペラ「夢遊病の娘」の主役に抜擢されオペラデビュー。その後も同大学のオペラに携わり2005年にも「夢遊病の娘」の主役を歌っている。その他、宗教曲ヘンデル「メサイヤ」、モーツァルト「戴冠式ミサ」、フォーレ「レクイエム」や各種コンサートに多数出演。第11回オペラ歌唱コンクール「新しい声2005」アジア予選ではファイナルまで残り、審査員の推薦でグスタフ・クーン指揮の記念コンサートに出演。「イタリア・シエナ キジャーナ音楽院マスタークラス講習会 ライナ・カバイヴァンスカ教授公開レッスン」修了証書を取得。

 現在、藤原歌劇団の活動の傍ら、EDYY-TONE(エディートーン)の代表として、各種コンサートの企画に携わるなどクラシック音楽の普及活動に努めている。ESPミュージカルアカデミー講師。’08年からは豊島区内の老人施設での慰問活動を行っている。

 昨年、現在放送中のNHK教育テレビ「今日からマ王!」の挿入歌を歌った。       

 

 ●過去の演奏歴はこちら

  →music.geocities.jp/lavitacantabile/ensoureki.html

 

 ●視聴  「風の子守歌」作曲:吉川洋一郎 歌:土井尻明子

  →www.jvcmusic.co.jp/mserve//Discography/A010090/VTCL-60149.html

 

 

 

♪吉田 郁恵 (Yosida Ikue) メゾ・ソプラノ 

 

 岩手県盛岡市出身。昭和音楽大学短期大学部卒業、昭和音楽芸術学院研究科修了。佐々木まり子、細川久美子の各氏に師事。同大学卒業演奏会出演、第68回読売新聞社主催新人演奏会出演、これまでにベートーヴェン「交響曲第九番」、モーツァルト「戴冠式ミサ」に出演。同大学メサイや公演には01年から04年の4年連続でソリストとして出演。07年夏には藤原歌劇団本公演ソロデビュー。オペラでは「ファルスタッフ」クイックリー夫人役、「アンドレアシェニエ」マデロン役、「リゴレット」ジョヴァンナ役、「ピーア・デ・トロメイ」ロドリ―ゴ役、「カルメル会修道女の対話」アン修道女役、帝国ホテルでの「ジ・インペリアルオペラ」で「フィガロの結婚」マルチェッリーナ役に出演するなど、コンサートに多数出演。現在、藤原歌劇団所属。

 

 ♪松尾 兼一 (Matuo Kenichi) ドラム

 

 洗足学園音楽大学打楽器科中退。ロック、ジャズからクラシックまでジャンルを問わず様々なアーティストのサポートやレコーディングに参加。また作曲、アレンジなどコンポーザーとしても活躍中。横浜コンテンポラリー音楽院ドラム科講師。

 ♪古垣 未来 (Furugaki Maki) ピアノ

 

 玉川大学芸術学科作曲専攻卒業。作曲を土居克行氏、ピアノを武正子氏、辛島むつみ氏に師事。現在作曲・編曲者、鍵盤奏者として、アーティストのライブサポート、レコーディングを中心に活躍中。「クリスタルジョイントコンサート(オペラシティ、サントリーホール)」や、ジャズの祭典として知られる「横浜ジャズ・プロムナード」に出演。クラシックからジャズまでジャンルを問わず、広範な音楽活動を展開。 玉川大学芸術学科非常勤講師。

 ♪山口 和之 (Yamaguchi Kazuyuki)  ベース 

 

 18歳の時に THE BOOM との共演でプロとしてキャリアをスタート。その後、早見優・喜納昌吉・穴井夕子・TOMMY・為末照正 などのバックバンドを経て2001年 『シャガデリックス』でデビュー。現在は映画・TV・CM などでベースを弾く傍ら、MIKAI ・TOKMA 等のレコーディング、ライブをサポートする。