※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

甘い息、ラリホーマ、焼け付く息の成功率

  • 検証者:侠人氏
    • 検証報告
      • 検証内容:甘い息、ラリホーマ、焼け付く息の成功率検証

  • 調査対象:シーメーダ200匹(デオドラン島)
  • 実験に使用したモンスター:ダークスライム Lv16 賢さ181

スキル名 成功数 成功率
ラリホーマ 152匹 76%
焼け付く息 112匹 56%
甘い息 109匹 54.5%

以上です。
ラリホーマの方が甘い息、焼け付く息より成功率が高いという結果が出ました。
眠りへの耐性が標準でこの結果です。

この結果から、
眠り耐性が皆無のエスタークなどは非常に眠りやすいということの裏付けが取れました。

今回は賢さ181のダークスライムを使いましたが、「賢さが高ければ成功率は上がるのか?」というお題もありますので、そのうち取り掛かろうかと思います。

  • ありがとうございました。


甘い息、ラリホーマ、焼け付く息の成功率その2

  • 検証者:侠人氏
    • 検証報告
      • 検証内容:特技使用者の賢さが高ければ状態異常の成功率は上がるのか?

  • 調査対象:シーメーダ200匹(デオドラン島)
  • 実験に使用したモンスター:実験者:なげきのぼうれい Lv40 賢さ582

甘い息
200匹中成功95匹=成功率47.5%
ラリホーマ
200匹中成功150=成功率75%

スキル名 成功数 成功率
甘い息 95匹 47.5%
ラリホーマ 150匹 75%

上記の結果となりまして、前回賢さ182のダークスライムで検証した場合に比べ、ラリホーマはほぼ同等だったのですが、甘い息は逆に7%も成功率が下がる結果となってしまいました。

ちょっと納得のいかない結果でしたので、今度は賢さをできる限り低くして検証してみました。

  • 調査対象:シーメーダ100匹(デオドラン島)
  • 実験に使用したモンスター:実験者:おおうつぼ Lv1 賢さ37

スキル名 成功数 成功率
甘い息 47匹 47%

ということで、前回の調査は誤差の範囲と考え、賢さと状態異常の成功率は影響しない、と結論づけるのが妥当だと思われます。
前回の調査とあわせると、甘い息については、
500匹中成功251匹=成功率50.1%
となりまして、こちらもまあ妥当な結果といえるのではないでしょうか。
次回はこのシリーズ最後の「防御側の賢さは状態異常の成功率に影響するのか?」に取り掛かりたいと思います。気長にお待ち下さいw


  • ありがとうございました。



甘い息、ラリホーマ、焼け付く息の成功率その3

  • 検証者:侠人氏
    • 検証報告
      • 検証内容:特技を受ける側の賢さが高ければ状態異常の成功率は変化するのか?

  • 調査対象:なぞの神官(ラストダンジョン)
  • 実験に使用したモンスター:ワイトキング Lv1 賢さ182

スキル名 成功数 成功率
甘い息 104匹 52%
ラリホーマ 157匹 78.5%

ということで、賢さ10程度のシーメーダを相手にした場合とほぼ同等の成功率でした。
よって、前回の結果とあわせて、「状態異常の成功率は攻撃側防御側ともに賢さに影響されない」と言えると思います。
これでこのシリーズは終了とさせていただきたいと思います。
お付き合いありがとうございました^^




  • 耐性の方式
    • 情報提供者:k氏
これを耐性の式で求めるには、異常くらう確立。
0.5×(1-X)×100の0.5をその値で書き換えれば、出せますね。
耐性1上げても、57%ラリホーマくらうということですね。
















*