※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バージョン管理システム。
っていってもぴんとこないかも。

共有フォルダのファイルって誰でも触れるじゃない?
誰かが開いてると開けないよとか言われるし。誰がどんな手を入れたのかわかんないし、変なことされたら戻せないし。

そんなときに使うのがCvs。


ちょーてきとうですがかんたんな「Cvsってなんなのよ」

Cvsに共有するファイル(ソース)を入れとくと、編集する人が「チェックアウト」って形でソースを自分のところ(PC)へ持ってこれるです。

「チェックアウト」したソースをいろいろ編集したらCvsに「チェックイン」って形で保存。

このとき、他の人もチェックアウトしてたりしたら修正箇所が重なってるところを教えてくれる。どっちを最新にするかを決められるってわけ。

もちろんチェックインする前の内容もバージョン管理されてて、最初に作った時から直すたびにバージョンが作成されるの。

これいつ直したんだよおら!って時、誰がいつやらかしたのか一目瞭然ってことね。

Cvsみたいなのは他にもあるのね。VSSとか。
うちではCvs使うそうなのでその環境を作っとかないと。

参考URL


かんたんなCvs入門

まーず。CvsサーバーとしてのPCが必要です。

自分のPCにCvs入れても一人バージョン管理もできるし、他の人からのアクセスもできるです。
でも帰宅するときに電源落とせなくなるからやっぱ1台サーバーPC用意したほうがいいよね。

データもたくさんいれるなら重くなっちゃうし。
うちはすでにCvsサーバーのPCがありました。
他のも入ってるけどまあCvsサーバー機、としときます。

というわけでここでは別PCをサーバーにした場合で書いてきます。

次はCvsを利用する人のPCの設定。
CvsにアクセスするためにはCvsクライアントが必要です。
これ、EclipseにCvsプラグインがあるので解決。
Eclipse上でソースのcheckoutとかコミットとかできます。


サーバーとクライアント。これまで意識してなかったけどインテグ環境作る時になってはじめて知りました。
そうかーいつもサーバーにアクセスしてたんだ。どこかと思ってたよ。。。

Cvsクライアントは今回WinCvsを使いました。
WinCvsのほかにもクライアントソフトはいろいろあるです。

あと、WinCvsと同じところがだしてるCvsNT?はサーバー用のPCにいれるものです。

ちなみにCvsNTはEclipseは対象としてないとかそういう話を聞いたんだけど、あら。うちCvsサーバーってなに使ってるのかな。

でも普通にEclipseからチェックアウトできたし。