※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

連載:開発環境をWindowsXPで1から作ってみる。
嘘です。連載にならないです。

しかもごめんなさい。
諸事情によりOSはMCEになっちゃいました。comです。
でもね、MCEはXPに毛が生えたようなものらしいから、これでいいかしら?
だって録画もできるPCなんだもの。


このカテゴリについて

Java開発の学習中。テレビに使用していたメーカー品PCが停電後うんともすんともいわなくなり、新PCを購入。BTOでお安くあげてみました。
これってばむやみやたらとスペックがあるくせにテレビと録画にしか使わないのはもったいないじゃーん。と思いまして、職場の環境を自宅に持ってきてみました。

今後のライフワークのために必要なのです。

というわけで、私がやった何も入っていないPCにWinXP(もといMCE)環境へJava開発環境を作りこむ作業開始です。

どんなことをしたいのかはまた今度。

必要なもの

とりあえず思い浮かぶだけのものを。
バージョンはその時使える最新にしたいところだけど基本Eclipse主体。なのでEclipseのVerによって変動。

すべて無料のものを選んでみる。OSはMSなのにね。

  • JDK
  • Eclipse
  • Eclipseプラグイン
    • Tomcat
    • Junit
    • xmlエディタ系
    • htmkエディタ系
  • 圧縮解凍ソフト


  • その他(有料なの。。)
    • officePro→現行excelで動いているため。ProにしたのはAccessを趣味で使いたかったからというだけの理由。