※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Eclipseを使うためにしたことメモ。


目次




環境

Eclipse3.1 (AllinOne


DL元


AllInOne:
All-In-One Eclipse


AllInOneだと日本語パッチとかもはいってるからそれだけいれちゃえばすぐ使えるです。
JDKとかは別だけど。


設定した内容

workspace
C:\Documents and Settings\dotcom\workspace\

何も考えずに入れたらログインアカウントのDocuments and Settingsにはいっちゃった。
これが運の尽きだったことに気づいたのはかなり経ってから。。。

ワークスペースの設定時の注意

http://www.searchman.info/java_eclipse/1070.html
ディレクトリの名前にspaceや全角の文字を入れない。
つまり、やらないとは思うけれど「Program File」の下なんかに作っちゃいけないってことだ。

今後TomcatやAntCVS等を使うならば、このEclipseのworkspaceの場所はかなり使います。
環境変数設定したりはしますが、それでもDocument and Settingsなんかに作るといろいろタイヘン。
分かりやすい場所に作っておくのが吉です。


Eclipseってなによ


名前について

えくりぷす。
Sun社にけんか売ってるようなお名前ね。

どんなもの?

開発支援ツール。無料。Javaでできてます。
動かすにはJREが必要。

プラグインを増やせばかなりのことができます。

なににつかうの?

私はJava開発、HTMLエディタ、Antでインテグ環境作成、CVSクライアント
なんてことに使っちゃおうと思ってます。


ちなみに


AllinOneについて

必要そうなプラグインと日本語化パッチが入ってます。展開するだけでその環境ですぐ使えるすぐれもの。
※Junit・Tomcatは入ってなかったです。

これを入れたので、どれが標準装備だったのかいまいちわからず。
しかも実は最新版が3.2だった時に3.1を入れました。
これはAllinOneが3.1までしかなかったから。

AllinOneのいいところは日本語パッチも入ってて、展開するだけですぐ使えたというところ。

開発環境が決まっていなくて、3.1でもできるならばまずこれで手慣らしするのもよいかもです。

バージョン

バージョンが違うと画面もぜんぜん違いました。常に進化し続けるのね。。。って前とまったく違うんじゃ困るんだけど。。。
なので自分の使うバージョンで説明しているサイトを探してください。

JREについて

私はJava開発のためにいれたので、JREが入ってるJDKだけを入れてたのでJREというのもをよくわかってなかったです。

重い

Eclipseはとにかく重いです。
重量じゃないです目に見えないんだから。

Javaのデバックなんて起動するとCPUの占有率が異常に高いです。びっくりです。
しかもメモリ使用量がはげしいです。

メモリについては使用量を調節する機能があるらしいです。
とりあえず1Gくらいあればなんとかなりそう。
でも予約語とかの候補出す度に一瞬固まるの、あれちょと切ないです。