※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

EclipseでAntプラグインを使ってCVSのcheckoutをしちゃいます。

Cvsサーバーのdotcom/test01の中身をcheckoutするというbuild.xmlを作って実行してみたり。


環境

  • Cvsサーバーとは別のPC(クライアント)から実行。
  • Eclipse上で実行。
  • CvsクライアントはWinCvs

dotcom/test01の中身
test01
-WEB-INF
 -src
  -tests1
    -test01_01.java
  -tests2
    -test02_02.java

AntTest01というプロジェクトに2つファイルを作りました。
  • 実行するxmlファイル:build.xml
  • プロパティファイル:project.properties



build.xml

<?xml version="1.0" ?>
<project  basedir="." default="checkout" name="cvstest">
	
	<!-- 必要なものはここに -->
	<property file="project.properties" />	

	<!-- CVSからcheckout -->
	<target name="checkout">
		<cvspass cvsRoot=
		":pserver:${cvs.user}@${cvs.server}:/CVS_DB/cvsroot" 
			password="${cvs.password}"/>
		<cvs cvsRoot=
		":pserver:${cvs.user}@${cvs.server}:@${cvs.reppath}" 
			package="${cvs.module}" 
			dest="${checkoutdir}"/>
	</target>
</project>

project.properties


cvs.module=dotcom/test01
cvs.user=dotcom
cvs.server=999.999.999.9
cvs.reppath=/CVS_DB/cvsroot
cvs.password= dotcompass
checkoutdir=c:/release

project.propertiesで設定している内容はEclipseでのCVSの設定と同じ。
対比をしちゃうとこんな。


  1. cvs.user:2ユーザー名
  2. cvs.server:サーバー名 IPでもいいの
  3. cvs.reppath:リポジトリパス
  4. cvs.password:cvs.userに対応するパスワード
  • checkoutdir:checkoutしたパッケージを入れるところ
  • cvs.module:checkoutしたいパッケージ


実行

AntTest01を実行してみました。

成功するとコンソールにはこんなのがでます。
Buildfile: C:\Documents and Settings\dotcom\workspace\AntTest01\build.xml
checkout:
      [cvs] Using cvs passfile: C:\Documents and Settings\dotcom\.cvspass
	[cvs] Using cvs passfile: C:\Documents and Settings\dotcom\.cvspass
	[cvs] cvs checkout: Updating dotcom/test01
	[cvs] cvs checkout: Updating dotcom/test01/WEB-INF
	[cvs] cvs checkout: Updating dotcom/test01/WEB-INF/src
	[cvs] cvs checkout: Updating dotcom/test01/WEB-INF/src/tests1
	[cvs] cvs checkout: Updating dotcom/test01/WEB-INF/src/tests2

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 1 second

BUILD SUCCESSFULとでていればおっけー。
checkoutdirの場所にcheckoutされているか確認してみましょー。

実行失敗したら

Cvsクライアント環境の問題かもしれないと疑ってとりあえずAntはほっとく。

pathの確認
  • WinCvsのexeファイルの入っている場所にpathが通っているか確認
CVSROOTの確認
  • 環境変数の設定でCVSROOTとして:pserver:。。。。が設定されているか確認

Cvsサーバーにつながるかを確認
  • コマンドプロンプトでcvsといれてEnter。
  • 使い方云々がでてくれば大丈夫。
    • でてこなければpathの確認をする。

Cvsにログインできるか確認
  • コマンドプロンプトでcvs loginといれてEnter。
  • パスワード聞かれたら入れてEnter。
  • おこられなければ大丈夫。
    • おこられたらCVSROOTの確認とユーザー名とパスワードの確認

これでもだめならcheckoutできん参照

課題

passをプロパティファイルに直接打っちゃうのってどうなのよ?

参考資料ではLoginしてからじゃないとできないっていってたんだけどなあ。
てことはなにか設定方法が他にあるのかしら。
  
添付ファイル