※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桂木家

両親は美形だった。非常に仲むつまじい家庭で正也真也も平等に愛情を受けて育った。
ある日、「たまには息抜きを」という夫の提案により、両親は二人を親戚の家に預けて一泊二日の旅行に出かける。
その帰り、高速の渋滞で玉突き事故が起こり、両親もそれに巻き込まれて帰らぬ人となる。

当時二人は12才。親戚が二人を引き取って育てる相談を立てる。
しかし突然真也が無断でモデルデビュー。「自分はお金を稼げる。二人で生きていけるから引き取ってもらわなくてもいい」と今まで暮らしていたマンションに戻った。
実はこの出来事の発端は正也にあり、「離れ離れになんてなりたくない」と真也にもらした事で諦めていた真也に行動を起こさせた。

その後、真也は忙しいながらも出来る限り正也の側にいようと努め、正也は家での兄の負担を少しでも少なくしようと必死になって家事を覚えた。
不幸な事はあったが二人とも支えあって生活している。

ただその生活が二人に歪みをもたらしたのは間違いない。