ダイカル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水酸化カルシウム系覆髄材。
第2象牙質の形成を促進し、直接的・間接的に歯髄を保護する。

水酸化カルシウム製剤で、X線造影性がある。
圧縮強度が高く、アルカリ性である。
デンティンとアイボリーの2つのシェードがあり、審美修復が可能。
酸に対して不透過性なので、歯質のエッチング中に浸透しない。