※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妄想世界忍者戦 奴隷姫忍恵美破
作者 スレ住民
取得元 妄想世界忍者戦 奴隷姫忍恵美破,http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1090422807/
取得日 2007年11月18日
タグ bd cb ジライヤ 二次創作 拘束
概要&あらすじ 書き手と内容が混沌としていますので、ストーリーのあるもののみ抜き出します。
98 :名無しさん@ピンキー:04/10/06 23:50:23 ID:uprR1o2g
完全にシチュを変えて

中学の友人達と忍者奇術イリュージョンショーを見に来た山地ケイ。
マジシャンに壇上に招かれるケイ。そこには一体のマネキン人形と鍵の付いた異様な
形の忍者マスクと忍者スーツ。
マジシャンの説明。一度装着すると二度と脱げないいにしえの妖魔奴隷封印の拘束拷問忍者
スーツ、恵美破。それをマネキンに装着させ施錠する。そしてマネキンをその拘束から瞬間脱出
させるイリュージョン。


99 :名無しさん@ピンキー:04/10/07 00:03:29 ID:JROwjuCY
ケイはそのマネキンがこの世に一体である証拠として人形の額に自分のなまえを
書く。そしてマジシャンの言うようにその拷問拘束スーツをマネキンに装着し二度
と外れないように強固な施錠を施す。そして額の山地ケイの名前を覆い隠すように
ずしりと重い拷問鉄面、恵美破マスクをかぶせガシャリと鍵をする。
山地ケイと書かれたマネキン人形は山地ケイ自らの手により奴隷姫忍恵美破に
されてしまった。即座に鍵を廃棄するマジシャン。そして頑強なスーツの拘束を
確認し二度と脱げないことを山地ケイと確認し、忍者奇術によって一度だけマネキンを
この恐ろしい忍者スーツから脱出させることを宣言する。そして・・・

100 :名無しさん@ピンキー:04/10/07 21:49:44 ID:JROwjuCY
奴隷姫忍恵美破 第二話
「奇術ショーと拘束の罠!ケイと恵美破」


102 :名無しさん@ピンキー:04/10/07 23:22:56 ID:JROwjuCY
その奴隷姫忍スーツで拘束され恵美破となったマネキン人形は更に鍵の付いた
透明な箱に入れられる。その箱の横に山地ケイを立たせて見張るよう指示するマジシャン。
そして箱とケイを隠すようにカーテンが降りてくる。マネキンが脱出していないことをカーテン越しに
ケイに確認するマジシャン。一旦カーテンから出るケイ。マジシャンに目隠しされ種をわからないようにされ
もう一度カーテンの中に入るケイ。そしてカーテンがあがる。そこには・・・

103 :名無しさん@ピンキー:04/10/07 23:43:48 ID:JROwjuCY
カーテンが上がった後には透明ケースが現れる。その鍵の掛かったままのケースの中には
なんとマネキン人形が、しかも先ほどまで拘束装着されていた恵美破スーツではなく山地ケイ
の名前の入った額をあらわに、服装は彼女と同じセーラー服姿で。
カーテンの中で目隠しされていたとはいえ見張っていた山地ケイは?あの恐ろしく残酷な拷問拘束スーツは
一体どこへ消失したのか。
取り合えずマネキンは恵美破スーツよりの脱出は成功?

105 :名無しさん@ピンキー:04/10/10 00:07:24 ID:mgO1BUgi
「ご来場の皆様、お楽しみ頂いているでしょうか?魔人シルビアの忍者イリュージョン。
見事にマネキンは恵美破スーツの拘束より脱出しました。しかもお手伝いいただいた山地ケイさん
の服に着替えて。それでは当の彼女は?実はまだ彼女にはこのショーのお手伝いをしていただいています。
さて、ステージ中央にクレーンで吊られている箱をおろしてみましょう」
降りてきた箱は人の背の高さぐらいの、ちょうど棺おけのような鉄製の箱だった。
前面に鍵の付いた冷蔵庫の扉のようなものが四つ付いている。魔人シルビアが一番したの扉を開くと
人の足首が現れた。順番に下からもう二つ開いていくと足から腰、腰から首元まで、
しかもつい先ほどまで見ていた恵美破スーツが現れたのだった。

106 :名無しさん@ピンキー:04/10/10 08:19:48 ID:mgO1BUgi
その箱は扉ごとに仕切りで区切られその仕切りが足や首などに枷となって身動き
出来ないようになっている。箱の中で枷に固定された恵美破スーツは全く動かず
その中身は人間なのかマネキンなのかわからない。
「山地ケイさんのマネキンは一瞬のうちに恵美破スーツより脱出しました。しかし
呪いの拘束拷問具恵美破スーツは次の奴隷姫忍を狙っていたのです。この拘束封印忍者箱に
忍者スーツを転移したさいなんと彼女を道連れにしたのです」
そして魔忍シルビアはちょうど人の首から上に位置する最後の扉を開いた。

107 :名無しさん@ピンキー:04/10/11 01:59:59 ID:QGLFZVUi
最後の扉から現れたのは奴隷姫忍用の鉄仮面だった。しかしその鉄仮面から覗くのは
マネキンではなく人間の目だった。つまり拘束封印忍者箱に固定された恵美破スーツの
中身はマネキンではなく人間、もちろんカーテンの中から恵美破スーツとともに消えた
山地ケイなのだ。
「あ、あ、私、どうしたんですか?確か目隠しされて?ウ、動けません。
い、一体何が?」
「ふふふ、大丈夫ですか。ご覧ください、あのマネキンを。貴方が頑丈に鍵をかけたスーツから
見事脱出に成功しました。そして額に書いてある通り山地ケイさんになってもらいました。
その代わり、私の妖魔大イリュージョンで一瞬にして貴方に恵美破スーツを装着してもらいました。
貴方に奴隷姫忍になってもらったのです」
「な、なんですって?」

108 :名無しさん@ピンキー:04/10/12 23:37:35 ID:52uhAqzS
「ご来場の皆様、改めてご紹介いたしましょう。本日のメインイベントの真の主役、
生死をかけた恥辱の拘束拷問からの脱出に挑戦する元女子中学生山地ケイ、
先ほど自ら施錠し装着したが最後、一生脱ぐことが出来ないことを確認した忍者スーツに
妖魔大魔術でマネキン人形と入れ替わり自分自身の全身をぎちぎちに拘束した彼女こそ
奴隷姫忍!恵美破なのです」
「な、何を言っているんですか?早くここから出して、は、早くこの変なスーツを脱がしてください。
これ、す、すごくきつくて・・・苦しいんです。しかも、こ、こんな格好でステージに・・・
み、みんな見てるじゃないですか!と、とにかく、早く外して、か、鍵を!」

121 :名無しさん@ピンキー:04/11/24 23:46:02 ID:SBWVX5Ox
妄想世界忍者戦 奴隷姫忍恵美破

第二部 改造!肉奴隷姫忍恵美破

「うぐほっ、ごぼ、うごおっ、うげえ、うおええ、うう、くさい、酷い臭いだわ、
ううう、もう飲めない、ぐ、ぐおうえええ・・・」
 食事として鳥忍カラス天狗の精液を恵美破マスクの布越しに強制的に飲まされ続け
そのあまりの臭気に吐き気を抑えることが出来ず、ケイはそのおぞましさから逃れようと
無駄と知りつつ、拷問鉄仮面を外そうともがき苦しんでいた。
 妖魔一族に囚われ奴隷姫忍へと堕とされた山地ケイには更なる試練が待ち構えていた。
永遠に痴態を晒す強制羞恥拷問忍者スーツを二度と脱げないように装着施錠させられ
奴隷姫忍恵美破にされてしまった山地ケイは妖魔の恐ろしい秘術によってまだ幼さも残す
中学生にもかかわらず、肉奴隷姫忍へと人体改造調教を施されていったのだった。
 

 


123 :名無しさん@ピンキー:04/12/04 14:36:01 ID:0LgwfcFs
ガチャガチャ、ガチャン、ガチャンッ、グボッ、ズ・・・ズズズリュウウウ・・・・
「くっ、くう・・うああ、はあはあ・・い・いやあ・・・だ・・だめえええ」


128 :名無しさん@ピンキー:04/12/09 00:03:33 ID:5yYrzhsW
「本当ですか、紅牙・・・さ・ま?私が妖魔一族に忠誠を誓えば本当に
恵まれない子供達の支援をしてくれるんですね?」
「もちろんよ、ジャンヌ。我が妖魔一族繁栄の為にも未来の子供達への投資を
約束しましょう。さあ、これを装着しなさい。貴方のための特別製の忍者スーツ。
今日からあなたは誇り高き妖魔忍者、宝忍ジャンヌとなるの。宝忍ジャンヌとなって
妖魔一族のために力を貸してちょうだい」
「わかりました紅牙様。謹んでお受けいたします」

ガチャ、ガチャ、カチリ、カシャ、カシャ、カチャンカチャン……
(くっ、キ、キツイ…きつくて重くて、く、苦しい?これが妖魔特製の忍者スーツ?)

「ふふふ、ピッタリね、すごくお似合いよ。
どう、鋼鉄製の拘束拷問用鎧型忍者スーツの着心地は?奴隷宝忍ジャンヌ」



129 :名無しさん@ピンキー:04/12/09 06:38:46 ID:5yYrzhsW
「え、拘束?拷問・・・?奴隷宝忍?
紅牙様、一体どういうことですか?」
「あ、あ、駄目よそのスーツを脱いでは、奴隷宝忍ジャンヌ。無理に外そうと
すると爆発するわ」
「爆発?・・・・な、何故・・・・」

130 :名無しさん@ピンキー:04/12/09 12:01:15 ID:6fu4/k8r
「この私が頼んだ特注スーツだからよ。そうですね、紅牙様」
「その声は麗破さん。如何して?」
「私は貴女が気に入らなかったのよ。それで自殺する様に爆弾入り忍者スーツ作ったのよ。」
「麗破姉さんの言う通り、だけど心配しなくて良いぞ。先輩に奴隷姫忍がいるからな。」
 

131 :名無しさん@ピンキー:04/12/09 23:06:50 ID:9VhlCK6y
「い、嫌です。助けてください。死にたくない。どうやったら解除できるんですか?」
「解除する方法はもちろんないのよ。ただ、爆弾の時限装置を止めておく方法は
あるわ」
「時限装置?もう既に時限装置が作動してるっていうの?どすればいいの?」



132 :名無しさん@ピンキー:04/12/09 23:19:26 ID:9VhlCK6y
「時限装置を止める方法はただひとつ。これを被りなさい。この奴隷宝忍ジャンヌ専用の
忍者マスク、鋼鉄製で一度被ると一生外すことの出来ないことはもちろんのこと、
脳神経レベルでありとあらゆる苦痛を装着者に与え続ける究極の拷問装置、
永久拘束拷問鉄仮面を装着することだけよ」


133 :名無しさん@ピンキー:04/12/10 02:37:59 ID:tmlnkopy
「それ以外の方法ないのですか?」
「これ以外の方法ね、今の所ないわ。」
「姉さん、我等に刃向かう者にスイッチを押させるのも一興かと存じます。
但し、凶暴になるスイッチを。」
「それも面白いわね。」

134 :名無しさん@ピンキー:04/12/10 16:03:19 ID:tmlnkopy
「この奴隷姫忍恵美破と一緒にジライヤ達が守る秘宝を奪ってらっしゃい。
 そうしたら別の方法考えてやっても良いわ。」
「それは本当ですか?」
「ええ、約束するわ。でも失敗すると奴隷宝忍ジャンヌ専用のマスク被って貰うわ。
 命落したくないでしょ。奴隷姫忍恵美破、奴隷宝忍ジャンヌを連れ山地家に向かいなさい。」
「は、ご命令とあらば。さあ行くよジャンヌ。」



135 :名無しさん@ピンキー:04/12/10 16:24:38 ID:tmlnkopy
「突破、夢破彼女等の後をつけなさい」
「はっ、麗破さま」


136 :名無しさん@ピンキー:04/12/10 22:38:21 ID:tmlnkopy
「私と紅牙様も後で行くわ。」
「夢破、私と紅牙様の妖力受け取りなさい。これでお前は妖魔で三番目に強いくの一となったわ。」
「悪夢を見せるくの一にね。」

137 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 00:19:12 ID:MMt7x3Qq
「ふふふ、やっぱり使えない娘達ね。奴隷姫忍恵美破、あなたへのお仕置きは
あとでゆっくりとね。さあジャンヌ、約束よ。この鉄仮面を装着なさい。この
紅牙様が直々の被らせてあげるわ、二度と外せないようにね。さあ、麗破、夢破
この娘をしっかり抑えてなさい」
「ああ、止めてください、お願いです。ああ、嫌、嫌です、助けてください。
そんな恐ろしい鉄仮面を私の顔に嵌めないでください」
ガボッ、ガチャンガチャンガチャン、ギチギチギチ…ミリミリミリ・・・・・


138 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 10:32:27 ID:eBkda3ZV
「嵌めれば時限装置動くのを止める事が出来るわ。」
「そう、早い話が『貴女死んじゃ困るのよ』と言ってるのよ。私等は構わないけどね。」
「そ、そんな」
「これは約束だった筈。」
「そうですが」

139 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 11:27:52 ID:MMt7x3Qq
「今更何を言っても無駄よ。もう貴方は奴隷宝忍ジャンヌ専用の鉄面マスクを
装着してしまったんですもの。確かに時限装置は解除されたわ。でも新たに
その鉄仮面が自爆装置の作動スイッチになったの。
もちろん厳重にロックさせてもらったから自分で脱ぐことなど出来やしないだろうけど
あまり無理なことをすると即座に爆発するわよ」

140 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 16:02:18 ID:eBkda3ZV
「そ、それでは約束が違います。」
「私が約束したのは恵まれない子達に支援すると言ったのと失敗すればそれを被せると言っただけ、
何も約束を破ってないわ。」
「突破、例の物贈ったわね。何時着く?」
「明日には到着する筈です。」
「例の物って何ですか?」
「明日のニュース見れば分かるわ。さて、今度は貴女よ、恵美破さんジャンヌに斬られなさい。」

141 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 21:34:08 ID:eBkda3ZV
「斬られたら死ぬじゃないですか」
「抵抗しなければ死ぬわ。でも貴女もジャンヌに斬りかかって良いのよ。」
「そしたら生き永らえるじゃない。ジャンヌに勝てば貴女を幹部昇格約束するわ。
引き分けや負けは死刑より苦痛な刑が待ってるわ。判定員は夢破に任すわ。」
「有難き幸せ。この二人をジャッジする事が出来るなんて。
それじゃあ試合始め。この木刀で。その忍者刀は預かるわ。」

142 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 22:36:21 ID:eBkda3ZV
「木刀と言っても忍者刀以上の力を発揮するわ、妖魔特性の木刀はね。」
「そう何せ私等柳生族の力を流し込んであるからね。」
「あたれば闇柳生になるわ。」
「そんな力があるのですか?」

143 :名無しさん@ピンキー:04/12/11 23:43:28 ID:MMt7x3Qq
「そこまで!恵美破、やっぱりあんたは使えないわね。所詮はまだ中学生だものね。
仕方がないわ。さあ、これからあなたには特別な刑を受けてもらうわ。残念ね、
これで貴方には、拘束羞恥拷問忍者スーツを脱ぐチャンスは完全になくなったわ。
あなたは永遠に妖魔一族の下僕、奴隷姫忍恵美破よ。
この全身恥ずかしい忍者スーツの鉄面女を特別室に移しなさい」

144 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 03:24:06 ID:AZgCsoWO
「も、も一度チャンスを。」
「仕方ないわね。じゃあも一度だけチャンス上げる。」
「してそのチャンスとは?」
「山地ケイの姿に戻らして上げるわ、その姿でジライヤさんを倒すのよ。
 としても殺しちゃ駄目よ。秘宝のありかを聞き出すまでわ。」
「言わなかったら人質を取り言わすようにするのよ。これが最後のチャンス。」

145 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 09:47:24 ID:AZgCsoWO
「俺と一緒に行こうぜ。そうすれば哲山・闘破・学達も油断するはず。そうですね麗破姉さま。」
「貴方と一緒にいれば失敗しても大丈夫ね。」
「ここを開けて私ケイよ」
「ケイ、心配したぞ。」
「ケイお姉さまご無事で」
「ところで闘破兄さんは?」
「秘宝を守りに行ってるぞ。」
「妹と秘宝どっちが大切かしらね。久ぶりに来たと言うのに。」
「僕が連れて来るよ」

146 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 11:33:23 ID:AZgCsoWO
「駄目、ここにいなさい。私が連れてくるから。」
「それじゃあ僕達何してればいいの?」
「私を助けてくれた突破さんに遊んでもらいなさい。御父様も。少し乱暴かもしれないけど。」
「分かった。じゃあそうする。」
「兄さん私よ、ケイよ、姿見せて。秘宝殻少し離れて、私に顔を見せて。」
「お前本当にケイなの顔を見せてくれ。」
「ええ本物よ、変装してるのじゃないわよそれより兄さん私も秘宝拝みたいの。何処にあるの?」


147 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 15:24:12 ID:AZgCsoWO
「場所を言うだけで良いのよ兄さん。そうしないとお父様と弟の命が無くなるわ。兄さんが殺したも同然になるわ。
 さあ秘宝のある場所教えてくれる。」
「ありかを教えたら父達を解放してくれるか」
「良いわよ。本当ありかを教えたらね。それ以外は駄目。分かった?」
「分かった。」


148 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 22:52:37 ID:EUaHGa0n
「ふふふ、ありがとう闘破。やっと戸隠忍者の秘宝を手に入れることが出来たわ」
「何、お前はケイじゃないな。いったい誰だ。まさか戸隠を裏切り闇柳生に堕ちた
麗破か?」
「やっと気づいたのね。まったく兄妹そろって飛んだ間抜だわ。変装忍法顔写しは
貴方の大事な妹の得意技だったわね。でも感謝して頂戴そんなかわいい妹の顔も、私が奪ったこの
忍法でしかこれから一生、見ることが出来ないのよ」
「何だと、いったい俺の義妹に何をした?ケイはいったい何処なんだ?」

149 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 23:04:24 ID:EUaHGa0n
「だから言ったじゃない。貴方の義妹、山地ケイはもういないって。
でもね、その代わりに紹介したい娘がいるの。言ってみれば私の妹みたいな
ものね。さあ、恵美破よ、自己紹介しなさい」
「う、あ、あ、あの、と、闘・・・破、闘破さ・・ま、ま、学さま、
は、はじ・・め、まして。
わ、わたしは、妖魔一族の・・・し、しも・・・下僕・・・・
ど・・・奴、ど・・奴隷…奴隷姫忍・・・えみ・・・恵美破と・・・・
申し・・・・ま・・・す・・・・・・・・・・」

150 :名無しさん@ピンキー:04/12/12 23:22:36 ID:EUaHGa0n
「妖魔の下僕?奴隷姫忍恵美破?
闘破兄ちゃん、一体アイツは?あの変態みたいな、変てこな忍者スーツを装着して
鉄面マスクで顔を隠してる女忍者は?」
「そ、そうだ学・・・間違いない。し、しかし何だあの格好は?ビチビチの網タイツに
オムツ貞操帯のようなブルマ型の鉄パンツ、拘束具のように上半身を締め付ける
鋼鉄の胸当、目以外を覆いつくし被らされてる頑強で不気味な鉄仮面。
いったい奴隷姫忍恵美破とは何なんだ?
あの異様な恥ずかしい忍者スーツを装着しているのは確かに、我が義妹の山地ケイだ。
学、お前の姉さんは何故あんな格好で妖魔にしたがっているんだ?」

151 :名無しさん@ピンキー:04/12/13 09:58:48 ID:BAGwLGhN
「私が教えて上げる。貴方を始末するためよ。それも自分の意思でね。
それから我等妖魔に従ってるのじゃなくそのスーツに操られてるのよ。」
「そうと分かればそのスーツを斬る。」
「無駄だと思うけど、一応やってみなさい」
「言われなくとも行くぞ。(カキン)」
「どう、斬れた?もしかして刀の刃が欠けたんじゃない?」
「何で知っている?」
「言うの忘れたわ、どんな銃剣等をも防ぐのよそのスーツわ。」

152 :名無しさん@ピンキー:04/12/13 10:53:57 ID:BAGwLGhN
「それにね、これは私等が無理矢理着せたの。じゃなくてよ。
自分で着たのよ。勘違いしないで。突破帰るわよ。」
「ハイ、麗破姉さま。」
「待て、逃がさん」
「お前の相手は奴隷姫忍恵美破であり私ではない。私を倒したければ奴隷姫忍恵美破を倒す事だね。
さあ帰るよ。」

153 :名無しさん@ピンキー:04/12/13 11:08:46 ID:BAGwLGhN
「学さん、危ないからそこを退いて。」
「嫌だ、僕は兄さんを守るんだ。」
「学、俺からも頼む。そこ退いてくれ。」
「兄さんがそう言うのなら。退くよ。」
「ジライヤ、覚悟」
「返り討ちにしてくれるわ奴隷姫忍恵美破。」
「私を斬れるかしら?」
「如何言う意味だ?」


154 :名無しさん@ピンキー:04/12/13 18:58:42 ID:BAGwLGhN
「そんなぼろぼろの刀で私にかなうわけないでしょ。」
「闘破兄ちゃん、僕の使って。」
「甘い、そんな事させないわ。私は奴隷宝忍ジャンヌ。ここは私にお任せ下さい。貴女様は哲山を葬りください。」
「分かったわ、ここはジャンヌ貴女に任せるわ。」
「待て、逃がすか」
「貴方の相手は私よ。」


155 :名無しさん@ピンキー:04/12/13 22:31:40 ID:BAGwLGhN
「ジャンヌ目を覚ましてくれ。」
「私は今や妖魔の味方。それに約束破れば世界の子供達が酷い仕打ちに会うの。
だから貴方死んで。」
「妖魔が約束を守るはずない。」
「紅牙様と念書を書いても。」
「私は嘘を吐かないわ。」
「その声は紅牙、何処にいる?」
「空を見なさい。もうすぐ世界の子供達にプレゼントが届くから帰ってらっしゃい。
恵美破、ジャンヌ。」


157 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 00:16:54 ID:KNCjgV16
(違う、違うわ。私が自らすすんで奴隷姫忍になったですって。
こんな恥ずかしいスーツを、一生脱げないように拘束装着するわけがないわ。
妖魔催眠で強制的に装着させられただけよ。ああ、駄目、駄目だわ。私の顔を
多い尽くし、ギチギチに締め上げる恐ろしい拘束拷問鉄面のジャアク洗脳電波が
私を奴隷姫忍恵美破に調教し続けるわ。
うぐうううあああああああ・・・・あ・・頭が・・わ・割れそうよ・・・
外れない外れない、苦しい。いやああああああああああああ
一生こんな格好で奴隷姫忍恵美破として生かされ続けるなんて・・・・・・
闘破・・・助けて・・私をこの残酷な全身永久羞恥拘束から解放して頂戴・・
あああ、ま、またあれが始まってしまうわあああああああああ・・・・・)

158 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 09:58:38 ID:FrAXry5k
「助けを呼んでも無駄よ。何故なら哲山と闘破さんと学さんは今や貴女の敵。
そのスーツを着たからには妖魔一族の為に働く事ね。それから貴女は戸隠の里を
追放されてるわ。」
「どうして?」
「私が貴女に変装して戸隠の秘宝を奪ったからよ。」
「そ、そんな」
「だから助けは来ないのよ。来てもここにはたどり着けない仕掛けをしてあるの。
どんな仕掛け聞きたい?」
「ええ、教えて」
「言わぬが花。と言うから教えない。」


159 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 11:33:24 ID:FrAXry5k
「そ、そんな事言わないで。」
「助けを求めないと言うのなら教えて上げるわ。でもそれが嘘と分かれば仕掛けも変えるわ。」
「私は奴隷姫忍です。嘘は申しません。」
「じゃあ途中まで教えて上げる貴女に成りすました私が出向いていくわ。
それから妖魔忍者や牢忍ハブラムや暴忍ロケットマンが相手するわ。
私の知ってるのはこれだけ。」

160 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 13:59:08 ID:FrAXry5k
「そうそう、特別にテレビのニュース見さしてあげるわ。私と一緒にゲストルームに来なさい。
紅牙様、恵美破にも見せてやりたいので連れて来ましたけど良いですか?」
「しょうがないわね、じゃあ椅子を用意しておやり。」
「ありがとう御座います。」と言い椅子に腰をかけようとしたら、(どすん)
「きゃあ、何をするんですか?」
「お前は地面で十分よ。そこからでもテレビのニュース見えるでしょ?」
「ええ見えますけど」
「それにこの椅子に座るのはジャンヌに決めてあるのよ。」




161 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 15:09:24 ID:FrAXry5k
「さあジャンヌこの椅子にお座り。何も仕掛けしてないから安全よ。」
「じゃあお言葉に甘えて。」
「ぎゃぼおおお」
「何か踏んづけたのしら?。」
「気をつけなさい。そこには恵美破もいるんだから。」

162 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 22:35:54 ID:FrAXry5k
「あら御免なさい、ぜんぜん気づかなかったわ。地面にいるなんて。
よっこいしょ。」
「それじゃ痛いでしょ、貴女用の椅子用意して上げるわ。持っておいで、夢破。」
「はっ」
「これで楽になれるなんて思っちゃいないだろうね?」

163 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 23:20:50 ID:KNCjgV16
「さあ恵美破、座りなさい。あなたの為の特別製よ。奴隷姫忍専用洗脳調教
拷問装置内臓拘束電気椅子。落ち着きのない困った貴方の為に両手両足、胴回り、
と首をギチギチに固定する極太の鉄枷が取り付けてあるの。その鉄枷の独立錠で
ロックすると自動的に貴方が装着しているその恵美破スーツが連動してジャアク洗脳
電流を全身に流す仕掛けよ。その全身羞恥拷問スーツが言ってみれば死刑囚専用の拷問
拘束スーツに更に進化し、貴方をより完璧な奴隷姫忍へと改造してくれるでしょう」

164 :名無しさん@ピンキー:04/12/14 23:39:51 ID:KNCjgV16
ガシンカチンッ、ガシンカチンッ、ガシンカチンッ・・・・・・ガチャガチャ
ガシャガシャ、ガシャガシャ・・・
「ああ、う、動けない。ぐふう、ううう、なんて頑丈な枷なの、一ミリも自由がないわ。
きゃあああああああ・・・・・・電流が、ジャアク洗脳電流が、鉄枷から奴隷姫忍スーツに
流れて、隈なくそのスーツに覆われた私の体を拷問してる・・・
ああ、感じるわ、私の体がまた一歩、完全な奴隷姫忍に改造されているのを・・・
恵美破専用の拷問鉄面が脳を直接拘束洗脳してるようだわ、はあはあはあ・・・」
「ほほほ、見なさいジャンヌ、この娘ったら感じちゃってオムツ貞操帯ブルマ型の鉄パンツ
のなかに失禁、脱糞してるわよ。くくく、酷い臭いよね、ふはははは・・・」

165 :名無しさん@ピンキー:04/12/15 00:33:37 ID:3Z9BdPtT
「世界の子供達にプレンゼントしたニュースが始まるころね。見ましょ」
「はっ、ではつけます」
「『妖魔一族から世界の子供達にプレゼントが贈られました。その中身は子供忍者スーツです。それも銃剣等も通らない』
そして、万能薬です。』」
「これで約束果たしたわ。ジャンヌ。今度は貴女の番ね」

166 :名無しさん@ピンキー:04/12/15 10:55:21 ID:3Z9BdPtT
「私がですか?」
「そう、貴女が一生妖魔の奴隷宝忍ジャンヌとして働くのよ、いい?
ついでに部下も付けてあげるわ。完璧奴隷姫忍恵美破をね。」
「恐れ入ります。」

167 :名無しさん@ピンキー:04/12/15 11:36:47 ID:3Z9BdPtT
「でも裏切ったら貴女と恵美破は逆転するわ。そうなれば貴女が恵美破のペットになるだけだなく、
同じスタイルにされるのよ。同じと言っても恵美破スーツ以上の力があるの。
拷問するね。」
「わ、分かりました。う、裏切りません。」
「それでこそ幹部に相応しいわね、そのためには先ず恵美破を貴女のペットになさい。
そして、恵美破に無理難題を命令しなさい。」
「はっ」

168 :名無しさん@ピンキー:04/12/15 15:39:15 ID:3Z9BdPtT
「姉さんあんな事言って大丈夫ですか?」
「そうですよ、麗破様。」
「裏切りそうになったら、恵美破が教えてくれるわ。」
「え、恵美破は奴隷姫忍の筈。」
「奴隷姫忍でもあり、スパイ姫忍でもあるのよ。分かった?突破、夢破」
「はい」
「さすがは麗破、狡賢いわね。」
「お褒めに預かり恐縮です。紅牙様。」

169 :名無しさん@ピンキー:04/12/16 15:53:45 ID:rOW8VOBe
「実質、ジャンヌが見張られるとも知らず。」
「非常警報、非常警報、ジライヤがアジトに潜入、非常警報、非常警報、ジライヤがアジトに潜入。」
「すぐ非常線を張りなさい。」
「その必要はありません、私に良い考えが御座います。」
「その考えとは麗破。」
「奴は山地ケイを助けに着たのに相違御座いません。ここは奴を通してはいかがでしょう。
 柳生忍法顔写し、どうです紅牙様、偽者と思えないでしょ。
 さあ、行くよ突破。夢破は恵美破を連れてらっしゃい。」




170 :名無しさん@ピンキー:04/12/16 21:15:41 ID:rOW8VOBe
「ケイ、ケイ、ケイ何処だケイ」
「兄さんここよ。助けて」
「今行くぞ、待ってろ助けに行く。まさか麗破の変装じゃないだろうな?」

171 :名無しさん@ピンキー:04/12/16 23:23:27 ID:QdWPRXAy
「何を言っているの闘破。やっと敵の目を盗んで逃げてきたかわいい妹に
酷いわ。」
「しかし、お前はあの異様な拘束忍者スーツを強制施錠装着させられ妖魔一族
の奴隷姫忍恵美破となったんじゃ・・・あれは一度着ると死ぬまで一生脱げない
羞恥拷問スーツのはずが、一体どうやって?」

172 :名無しさん@ピンキー:04/12/16 23:31:08 ID:QdWPRXAy
「いくら私が油断して敵の手に堕ちたからって、そんな不気味で恥ずかしい
スーツを装着して奴隷姫忍になんてなるわけないわ。あれこそが麗破の変装よ。
闘破達の同情をかって、怯んだ時を狙って倒す為の作戦なのよ。
大丈夫、私はあんなスーツ着たこともないし奴隷姫忍なんかにならなかったのよ。
お願い、そんな卑劣な罠に引っかからないで恵美破が現れたらどんな甘言をいっても
だまされずに斬って頂戴。私は一足先に脱出するから」

173 :名無しさん@ピンキー:04/12/16 23:47:17 ID:QdWPRXAy
「よく来たわね、ジライヤ。私は宝忍ジャンヌよ。でも少し遅かったんじゃないかしら。
山地ケイはもうこの世にいないのよ。でもその代わり紅牙様から預かった私のペットを
紹介してあげる。羞恥拘束拷問忍者スーツに顔も含め全身を隈なく包まれつい
先ほどまで、丸三日三晩、奴隷姫忍専用洗脳調教 拷問装置内臓拘束電気椅子に固定され
ジャアク洗脳電流を体中にながされその忍者スーツに汗、体液から糞尿までを沁み込ませ
まさにスーツと一体となった、妖魔の下僕、完全肉奴隷姫忍恵美破よ。
あなたが相手をするのはこの娘・・・さあ、恵美破、ジライヤをたおすのです」

Counter today: - ,yesterday: - ,summary: - .
Page created 2007-11-20,last updated 2007-11-20 22:47:57 (Tue) ,and copyright by 堕落姫乃眸.