※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

調教や洗脳で悪の奴隷になるヒロイン・乙劇場・9スレ
作者 ID:HvmkLa9f,ID:nN5HcBqY
取得元 調教や洗脳などで悪の奴隷になるヒロインPart9,http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1143503281/
取得日 2006年10月08日
タグ mc 洗脳 記憶操作
概要&あらすじ スレの即死阻止の小劇場。
ご注意:以後の作品の著作権は、作者(書き込み主)にあります。
6 名前:名無しさん@ピンキー :2006/03/28(火) 13:20:18 ID:HvmkLa9f
「>>1さん、スレ立てお疲れ様ですぅ~♪」

??:・・・・・・ポチ・・・

「・・・・・・あぁん?! 何見てんのよ>>1ー! よくもまぁ
『??』さまに逆らってスレおっ立ててる訳? ほら! ご主人様に謝りなさいよ!・・・」

とか、即死阻止協力

9 名前:阻止駄文 :2006/03/28(火) 18:51:15 ID:HvmkLa9f
「待ちなさい! ここは絶対通さない!・・・」
(重傷の○○君をここで失う訳にはいかないわ・・・彼はこの世界の希望。
そして、私の大切な・・・)

「・・・くぅん!ま、まだ負けない!・・○○君を・・逃が・・す・ま・・で・・・」

         ・
         ・

         ・


         ・

「とりゃーー!」(くっ! この敵の隊・・・強い! 余程いい指揮官が!
俺は、負けられ無いんだ・・・俺に未来を託してくれた、大切な人達の為に!
            • あのローブの奴、あいつがこの隊の頭! ・・・一撃で倒す!)

ガキィィィィーン!!

「なっ! 浅い?!」
その剣筋は逸れ、敵のローブを裂くに止まる。
ローブから現れたのは額に朱い宝石を付け、どこか虚ろな瞳の──
自分の知る少女だった・・・・・・

「○△! 生きていてくれ・・・」
俺は彼女が生きていてくれた事に、純粋に喜んだ。

だが、彼女は冷ややかな視線を向け、問う。
「・・・皇帝様に盾突く馬鹿者め・・・お前は誰だ? 何処で私の名を知った? 言え!」
かつて平和を愛していた少女は、ローブを脱ぎ捨て
返り血で染みた血が、紋様の様に付いたボンテージの肢体を晒す。

15 名前:即死回避駄文2 そういや何レスくらいだっけ? :2006/03/28(火) 23:31:13 ID:HvmkLa9f
「俺だ!分からないのか?!○○だ!」
その言葉にも反応は無く、彼女が振るう武器が俺の頬を切り裂く。
「うふふ・・・喋りたく無いなら良いわ。貴様を捕まえれば良いだけの事・・・」
そう・・・武器に付いた俺の血をぺろりと舐め、薄く笑う。
彼女は敵にでも情けを掛ける、優しい女の子だった。 それが・・・今は人を傷付ける事を楽しんでいる・・・
くそぉ、帝国は彼女に何をしたんだ?・・・・・・あれか?! あの宝石!

「はははは! ほらほら防戦一方じゃないか!諦めて皇帝様の軍門に下るがいい!」
彼女の激しい打ち込みに耐え、機会を窺う。
以前に俺が稽古した時は、彼女の優しさの所為か、こんな強さでは無かった。
だが・・・今の彼女にはその枷は無く、自らの才能を開花させているようだ。
(強い!・・・だが、剣筋は以前のまま。 なら、必ずあの隙が・・・その時に宝石を破壊すれば!)

「俺だ! 目を覚ましてくれ! 君はこんな事をしちゃイケナイ! 本当の君は!・・・」
戦闘中にも話し掛ける俺に、彼女は変わらず
「まだ言うか! 私は皇帝様直属のしもべ。
貴様は・・・私が、また皇帝に可愛がってもらう為に捕まってもらう!」

19 名前:もう大丈夫そう?・・・ :2006/03/29(水) 00:49:23 ID:nN5HcBqY
その、勝負を決めに来た彼女の一撃──
それは俺の待っていた物でも有った。
──彼女の癖──
敵に対する大振りの時、命を奪うのを恐れ・・・僅かにスピードとガードが落ちるのだ!
「ごめん! ○△!」そう叫び、額で朱く輝く宝石に攻撃を加える。
(粉砕した! これで彼女も元に・・・)
しかし・・・甘かった。 彼女は俺に痛烈な一撃を加えたのだ。
薄れいく意識の中、彼女の顔は嬉しそうだった。
その顔は、孤児院で子供達に囲まれ・・・俺に微笑みかけたあの時と同じ・・・だった・・・
最期に聞こえたのは
「・・・うふふ・・・これで皇帝様にまた、可愛がってもらえる・・・」
だった・・・

「貴様、やっと起きたようだな。」
そう・・・彼女に起こされる。 勿論俺は縛られ、反撃など出来る状況では無かった。
「な、何故・・だ・・・宝石は破壊・・・」
その疑問に、彼女は俺を馬鹿にした顔で蹴り、仰向けにさせる。
「あれは只の皇帝様からの言葉を承る物だ。 何を期待していたか知らんが
貴様には色々と喋って貰う。」
そう言うと、彼女は張り付けにされた俺の前で、肌もあらわなボンテージ姿のまま
身体をこちらに屈ませる。

Counter today: - ,yesterday: - ,summary: - .
Page created 2007-10-08,last updated 2008-02-06 18:22:33 (Wed) ,and copyright by 堕落姫乃眸.