C# プログラミング 初心者メモ @ ウィキ 多次元配列

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

配列


文法

配列の宣言
型名[,] 変数名;
配列の作成
配列変数 = new 型名[配列の長さ1,配列の長さ2];

   class Program
   {
       static void Main()
       {
           int[,] array = new int[3, 2] { { 11, 12 }, { 21, 22 }, { 31, 32 } };
           
           for (int i = 0; i < 3; i = i + 1)
           {
               for (int j = 0; j < 2; j = j + 1)
               {
                   Console.WriteLine(array[i,j]);
               }
           }
           Console.ReadLine();
       }
   }
出力
11
12
21
22
31
32

プロパティ

Length
すべての次元内の要素の総数を表す 32 ビット整数を取得します.;
Rank
ランク (次元数) を取得します.;
SyncRoot
アクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します.;

   class Program
   {
       static void Main()
       {
           int[,] array = new int[3, 2] { { 11, 12 }, { 21, 22 }, { 31, 32 } };
           
           Console.WriteLine(array.Length);
           Console.WriteLine(array.Rank);
           Console.WriteLine(array.SyncRoot);
           Console.ReadLine();
       }
   }
出力
6
2
System.Int32[,]



参考文献



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|