※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A: 原著論文(査読付き) (*: corresponding author) 1. Kobayashi K, Suzuki M, Tang J, Nagata N, Ohyama K, Seki H, Kiuchi R, Kaneko Y, Nakazawa M, Matsui M, Matsumoto M, Yoshida S and Muranaka T* (2007) LOVASTATIN INSENSITIVE 1, a novel pentatricopeptide repeat protein, is a potential regulatory factor of isoprenoid biosynthesis in Arabidopsis. Plant Cell Physiol., in press  分担;研究統括  説明;MVA経路阻害剤耐性変異シロイヌナズナの分子遺伝学的解析(植物分子生物学) 2. Kohara A, Nakajima C, Yoshida S and Muranaka T* (2007) Characterization and engineering of glycosyltransferases responsible for steroidal saponin biosynthesis in Solanaceous plants. Phytochem, in press  分担;研究統括  説明;ナス科植物におけるステロイドサポニン形成に関わる糖転移酵素の機能解析とエンジニアリング(植物バイオテクノロジー) 3. Suzuki M and Muranaka T* (2006) Molecular genetics of plant sterol backbone biosynthesis. Lipids, in press  分担;研究統括  説明;植物ステロール骨格形成の生合成系における分子遺伝学的解析(植物分子生物学) 4. Rahman L, Kitamura Y, Yamaguchi J, Mukai M, Akiyama K, Yamamoto H, Muranaka T, Ikenaga T (2006) Exogenous plant H6H but not bacterial HCHL gene is expressed in Duboisia leichhardtii hairy roots and affects tropane alkaloid production. Enzyme and Microbial Technology 39: 1183-1189  分担;H6H遺伝子に関する発現解析指導  説明;ナス科ズボイシア毛状根を用いたトロパンアルカロイド生産能向上を目指したバイオテクノロジー(植物バイオテクノロジー) 5. Suzuki M, Xiang T, Ohyama K, Seki H, Saito K, Muranaka T*, Hayashi H, Katsube Y, Kushiro T, Shibuya M and Ebizuka Y (2006) Lanosterol synthase in dicotyledonous plants. Plant Cell Physiol. 47: 565-571  分担;研究統括  説明;植物由来のラノステロール合成酵素遺伝子の初めての発見(植物バイオテクノロジー/分子生物学) 6. Kojoma M, Seki H, Yoshida S and Muranaka T (2006) DNA polymorphisms in the tetrahydrocannabinolic acid (THCA) synthase gene in “drug-type” and “fiber-type” Cannabis sativa L. Forensic Science International 159: 132-140  分担;遺伝子発現解析指導  説明;アサにおける遺伝子多型を利用した薬型/繊維型の識別法開発(植物バイオテクノロジー) 7. Koizumi T, Soga K, Wakabayashi K, Suzuki M, Muranaka T and Hoson T (2005) Role of membrane sterol in gravity resistance of plants. Biological Science in Space 19: 93-94  分担;変異体の機能解析  説明;シロイヌナズナのステロール合成変異体を用いた重力応答性の解析(植物分子生物学) 8. Seki H, Nishizawa T, Tanaka N, Niwa Y, Yoshida S and Muranaka T* (2005) Hairy root-activation tagging: a high throughput system for activation tagging in transformed hairy roots. Plant Mol. Bilo. 59: 793-807  分担;研究統括  説明;植物毛状根を用いた新規遺伝子アクティベーション法の開発(植物バイオテクノロジー) 9. Kohara A, Nakajima C, Hashimoto K, Ikenaga T, Tanaka H, Shoyama Y, Yoshida S and Muranaka T* (2005) A novel glucosyltransferase involved in steroid saponin biosynthesis in Solanum aculeatissimum. Plant Mol. Biol. 57: 225-239  分担;研究統括  説明;ナス科植物の糖転移酵素は、ステロイドアルカロイド、ステロイドサポゲニンの両方を基質として糖転移することを発見(植物バイオテクノロジー/植物分子生物学) 10. Suzuki M, Kamide Y, Nagata N, Seki H, Ohyama K, Kato H, Masuda K, Sato S, Kato T, Tabata S, Yoshida S and Muranaka T* (2004) Loss of function of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase 1 (HMG1) in Arabidopsis leads to dwarfing, early senescence and male sterility, and reduced sterol levels. Plant J. 37: 750-761  分担;研究統括  説明;シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ欠損変異体は、矮化、老化促進、優性不稔の形質を示した(植物分子生物学) 11. Nagata N, Suzuki M, Yoshida S and Muranaka T* (2002) Mevalonic acid partially restores chloroplast and etioplast development in Arabidopsis lacking the non-mevalonate pathway. Planta 216: 345-350  分担;研究統括  説明;イソプレノイド生合成に関わる二つの経路は互いにクロストークする(植物分子生物学) 12. Miyazawa Y, Kato H, Muranaka T and Yoshida S (2002) Amyloplast formation in cultured tobacco BY-2 cells requires a high cytokinin content. Plant Cell Physiol. 43: 1534-1541  分担;阻害剤処理に関する研究指導  説明;タバコ培養細胞におけるアミロプラスト形成とサイトカイニンとの関係(植物分子生物学) 13. Putalun W, Tanaka H, Muranaka T and Shoyama Y (2002) Determination of aculeatisides based on immunoassay using a polyclonal antibody against aculeatiside A. Analyst 127: 1328-1332  分担;基質アキュレアチサイド(ステロイドサポニン)の調製、提供  説明;抗アキュレアチサイド抗体の調製および免疫化学的アッセイ法の開発(植物バイオテクノロジー) 14. Nakajima Y, Yamamoto T, Muranaka T, Oeda K (2001) A novel orfB-related gene of carrot mitochondrial genomes that is associated with homeotic cytoplasmic male sterility (CMS). Plant Mol. Biol. 46: 99-107  分担;ニンジン遺伝子の分子遺伝学的解析指導  説明;ニンジン細胞質雄性不稔に関与する新規遺伝子の発見(植物分子生物学) 15. Nakajima Y, Yamamoto T, Muranaka T and Oeda K (1999) Genetic variation of petaloid male sterile cytoplasms of carrots revealed by sequence tagged sites (STSs). Theor. Appl. Genet. 99 837-843  分担;ニンジン遺伝子の分子遺伝学的解析指導  説明;STSによるニンジン細胞質雄性不稔の分類(植物分子生物学) 16. Bhalerao R, Salchert K, Bakó L, Ökrész L, Szabados L, Muranaka T, Machida Y, Schell J and Koncz C (1999) Regulatory interaction of PRL1 WD protein with Arabidopsis SNF1-like protein kinases. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 96 5322-5327  分担;抗タバコプロテインキナーゼNPK5抗体の調製、提供  説明;シロイヌナズナSNF1様プロテインキナーゼのネガティブレギュレータの発見(植物分子生物学) 17. Murakami M, Yamada F, Nishide T, Muranaka T, Yamaguchi N, Takimoto Y (1998) The biological CO2 fixation using Chlorella sp. with high capability in fixing CO2. Studies Surface Science Catalysis 114: 315-320  分担;高CO2固定能を有するクロレラの分子遺伝学的解析  説明;高CO2固定能を有するクロレラによる生物学的CO2固定(植物バイオテクノロジー) 18. Murakami M, Yamaguchi N, Nishide T, Muranaka T, Takimoto Y (1998) Overexpressed effect of carbonic anhydrase on CO2 fixation in Cyanobacterium, Synechococcus sp. PCC7942. Studies Surface Science Catalysis 114: 629-632  分担;ラン藻の分子遺伝学的解析指導  説明;ラン藻のカーボニックアンヒドラーゼ過剰発現体の機能解析(植物バイオテクノロジー) 19. Nakajima H, Muranaka T, Ishige F, Akutsu K and Oeda K (1997) Fungal and bacterial disease resistance in transgenic plants expressing human lysozyme. Plant Cell Rep. 16: 674-679  分担;形質転換植物開発指導  説明;ヒトリゾチーム過剰発現タバコによるカビ・細菌耐性付与(植物バイオテクノロジー) 20. Ikenaga T, Oyama T and Muranaka T (1995) Growth and steroidal saponin in hairy root cultures of Solanum aculeatissimum. Plant Cell Rep. 14: 413-417  分担;キンギンナスビ毛状根の機能解析  説明;キンギンナスビ毛状根によるステロイドサポニン生産(植物バイオテクノロジー) 21. Niwa Y, Muranaka T, Baba A and Machida Y (1994) Organ-specific and auxin-inducible expression of two tobacco parA-related genes in transgenic plants. DNA Research 1: 213-221  分担; parAt遺伝子過剰発現毛状根の機能解析  説明;オーキシンで誘導されるタバコparAt遺伝子の発現解析(植物分子生物学) 22. Muranaka T, Banno H and Machida Y (1994) Characterization of tobacco protein kinase NPK5, a homologue of Saccharomyces cerevisiae SNF1 that constitutively activates expression of the glucose-repressible SUC2 gene for a secreted invertase of S. cerevisiae. Mol. Cell. Biol. 14: 2958-2965  分担;NPK5遺伝子のクローニングから機能解析に至る全体  説明;タバコにおける酵母で糖抑制を受けるSNF1プロテインキナーゼ遺伝子ホモログの単離と機能解析(植物分子生物学) 23. Muranaka T, Niwa Y and Machida Y (1994) A model for a bioconversion system with the promoter of the parAt gene, which confers a high level of expression of a transgene in hairy roots. Appl. Microbiol. Biotechnol. 40: 841-845  分担;ベクター開発、機能評価全体  説明;タバコparAt遺伝子プロモータを用いた毛状根培養系によるバイオコンバージョン系の開発(植物バイオテクノロジー) 24. Muranaka T*, Ohkawa H and Yamada Y (1993) Continuous production of scopolamine by a culture of Duboisia leichhardtii hairy root clone in a bioreactor system. Appl. Microbiol. Biotechnol. 40: 219-223  分担;実験系開発、評価全体  説明;ズボイシア毛状根培養によるトロパンアルカロイド連続生産法の開発(植物バイオテクノロジー) 25. Muranaka T*, Kazuoka T, Ohkawa H and Yamada Y (1993) Characteristics of scopolamine-releasing hairy root clones of Duboisia leichhardtii. Biosci. Biotech. Biochem. 57: 1398-1399  分担;生化学実験全般  説明;スコポラミンを漏出するズボイシア毛状根クローンの機能評価(植物バイオテクノロジー) 26. Muranaka T*, Ohkawa H and Yamada Y (1992) Scopolamine release into media by Duboisia leichhardtii hairy root clones. Appl. Microbiol. Biotechnol. 37: 554-559  分担;ズボイシア毛状根クローンの単離から機能解析全般  説明;スコポラミンを高漏出するズボイシア毛状根の単離と機能評価(植物バイオテクノロジー) 27. Hirayama T, Muranaka T, Ohkawa H and Oka A (1988) Organization and characterization of the virCD genes from Agrobacterium rhizogenes. Mol. Gen. Genet. 213: 229-237  分担;アグロバクテリウム機能評価用植物の調製、提供  説明;アグロバクテリウムリゾゲネス菌の腫瘍遺伝子の構造と機能解析(植物分子生物学) B: 著書等 1. Suzuki M, Ohyama K, Seki H, Xiang T, Shibuya M, Ebizuka Y, Nakagawa S, Nagata N, Saito K and Muranaka T (2006) Two routes of steroidal backbone synthesis in plants. Proceeding book for the 17th International Symposium on Plant Lipids. in press  分担;研究統括  説明;国際会議プロシーディング・植物ステロイド骨格形成には二つのルートがあることを発見(植物分子生物学) 2. Kobayashi K, Suzuki M, Tang J, Ikeda Y, Nagata N, Seki H, Ohyama K, Kiuchi R, Matsumoto S, Yoshida S and Muranaka T (2006) The study of regulatory mechanisms of the MVA and MEP pathway using inhibitors of these pathways. Proceeding book for the 17th International Symposium on Plant Lipids. in press  分担;研究統括  説明;国際会議プロシーディング・イソプレノイド合成系阻害剤耐性変異シロイヌナズナの機能解析(植物分子生物学) 3. 鈴木優志、村中俊哉 (2006) 植物ステロールの新しい生合成経路. 化学と生物 印刷中  分担;分担執筆  説明;植物ステロールの新しい生合成経路の発見に関するレビュー(植物バイオテクノロジー) 4. 關光、村中俊哉 (2006) 毛状根培養系の新展開〜物質生産研究20年目に当たり. バイオサイエンスとインダストリー 64: 17-22  分担;分担執筆  説明;毛状根培養系の新展開に関する解説(植物バイオテクノロジー) 5. 村中俊哉、小原淳子 (2006) 植物ステロイドの糖転移酵素 配糖化に関わる遺伝子の解明により毒と薬の生産制御に期待. 化学と生物 44: 6-7  分担;全体執筆  説明;植物ステロイド糖転移酵素の新知見に関する研究レビュー(植物バイオテクノロジー) 6. 高上馬希重、村中俊哉、吉田茂男、飯田修、関田節子、佐竹元吉、牧野由紀子 (2004) Cannabis sativa L. におけるcannabinoid 生合成遺伝子の解析. DNA多型 12: 60-63  分担;分子遺伝学解析指導  説明;査読なし原著論文・アサにおけるカンナビノイド生合成遺伝子の解析(植物バイオテクノロジー) 7. Suzuki M, Nagata N, Kamide Y, Yoshida S and Muranaka T (2003) The study of the mechanism of cell elongation using an inhibitor of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase. In: Advanced Researches of Plant Lipids (ed. Murata N, Yamada M, Nishida I, Okuyama H, Sekiya J and Wada H), Academic Publishers, Dordrecht, pp. 249-252  分担;研究統括  説明;国際会議プロシーディング・シロイヌナズナHMGR阻害剤処理のマイクロアレイ解析(植物分子生物学) 8. Nagata N, Suzuki M, Yoshida S and Muranaka T (2003) Action of mevalonic acid-derived isoprenoids in Arabidopsis. In: Advanced Researches of Plant Lipids (ed. Murata N, Yamada M, Nishida I, Okuyama H, Sekiya J and Wada H), Academic Publishers, Dordrecht, pp. 245-248  分担;研究統括  説明;国際会議プロシーディング・植物イソプレノイド合成経路のクロストーク(植物分子生物学) 9. 吉田茂男、村中俊哉 (2002) わが国独自の植物機能制御技術を目指して. 日本農芸化学誌 76: 37-41  分担;全体執筆  説明;理研植物センターの研究戦略紹介(植物バイオテクノロジー) 10. 村中俊哉 (2000) 植物の糖・脂質代謝制御に関わるプロテインキナーゼに関する研究. 植物の化学調節 35: 17-24  分担;全体執筆  説明;植物の糖・脂質代謝制御に関わるプロテインキナーゼに関する研究レビュー(植物分子生物学) 11. Muranaka T and Murakami M (2000) CO2 fixation by a high temperature high CO2 tolerant Chlorella sp. In: Application of photosynthetic microorganisms in environmental biotechnology (ed. Lee YK and Kojima H), Springer-Verlag, pp. 77-86  分担;全体執筆  説明;高効率CO2固定クロレラの開発研究レビュー(植物バイオテクノロジー) 12. 村中俊哉、西出哲也、村上仁一 (2000) 微細藻類による二酸化炭素固定と有効利用. 住友化学 2000-II: 19-25  分担;全体執筆  説明;高効率CO2固定微細藻類の開発研究レビュー(植物バイオテクノロジー) 13. Ikenaga T and Muranaka T (1999) Genetic Transformation of Solanum aculeatissimum. In: Biotechnology in Agriculture and Forestry (ed. Bajaj YPS), Springer-Verlag, pp. 298-311  分担;分担執筆  説明;キンギンナスビの形質転換法解説(植物バイオテクノロジー) 14. Muranaka T, Kitamura Y and Ikenaga T (1999) Transformation in Duboisia. In: Biotechnology in Agriculture and Forestry (ed. Bajaj YPS), Springer-Verlag, pp. 117-132  分担;分担執筆  説明;ズボイシアの形質転換法解説(植物バイオテクノロジー) 15. 村中俊哉 (1997) 酢酸-メバロン酸経路の代謝制御. 植物の化学調節 32: 150-159  分担;全体執筆  説明;酢酸-メバロン酸経路の代謝制御に関する研究レビュー(植物分子生物学) 16. Banno H, Muranaka T, Ito Y, Moribe T, Usami S, Hinata K and Machida Y (1993) Isolation and characterization of cDNA clones that encode protein kinases of Nicotiana tabacum. J. Plant Res. Special Issue 3: 181-192  分担;NPK5プロテインキナーゼ遺伝子の単離  説明;査読なし原著論文・タバコから単離した新しいプロテインキナーゼ遺伝子(植物分子生物学) 17. 村中俊哉、赤間一仁、岡田清孝、町田泰則 (1992) 遺伝導入実験法第3回:アグロバクテリウムを用いた形質転換. 植物細胞工学 4: 193-203  分担;分担執筆  説明;アグロバクテリムを用いた形質転換法の解説(植物バイオテクノロジー) 18. 大川秀郎、村中俊哉 (1992) 毛状根用バイオリアクター. バイオリアクターの世界 (ハリオ研究所) : pp.201-214  分担;全体執筆  説明;毛状根用バイオリアクターに関する研究レビュー(植物バイオテクノロジー) 19. 大川秀郎、村中俊哉 (1989)有用代謝物質の生産:高生産株の選抜. 最新植物学要覧 (R&Dプランニング) : pp.430-439  分担;全体執筆  説明;植物組織培養による有用物質生産に関する研究レビュー(植物バイオテクノロジー) C: 国際会議発表 (2001年以降) 1. Muranaka T : “Strategy of RIKEN PSC to deal with GM plants: Study on metabolic systems from model plants to applied plants.” Bio2Biz Conference South Africa, Durban, South Africa, September (2006). 招待講演 2. Nagata N., Suzuki M., Kiuchi R., Nakagawa S., Konomi M., Yoshida S., and Muranaka T.: “Loss of function of HMG-CoA reductase in Arabidopsis leads to stuntedness of lipidic organelles in tapetal cells” The 16th International Microscopy Congress, Sapporo, Japan, September (2006). 3. Muranaka T., Suzuki M., Ohyama, K., Saito, K., Xiang, T., Shibuya, M., Ebizuka Y. : “Lanosterol synthase in dicotylenodous plants: new route of steroidal backbone synthesis”, 8th International Congress of Plant Molecular Biology, Adelaide, Australia, August (2006) 4. Ohyama K., Suzuki M., Xiang T., Seki H., Kikuchi J., Saito K., Muranaka T., Katsube Y., Kushiro T., Shibuya M., Ebizuka Y. : "BIOSYNTHETIC PATHWAY OF PHYTOSTEROLS VIA LANOSTEROL ", ICOB-5 & ISCNP-25 Organizing Committee IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, Kyoto, July (2006). 5. Kobayashi K., Suzuki M., Tang J., Ikeda Y., Nagata N., Seki H., Ohyama K., Kiuchi R., Matsumoto S., Yoshida S., Muranaka T.; “The study of regulatory mechanisms of the MVA and MEP pathway using inhibitors of these pathways”, 17th International Symposium on Plant Lipids, East Lansing, USA, July (2006). 6. Nakagawa S., Nagata N., Suzuki M., Kamide Y., Kiuchi R., and Muranaka T.: “The roles of sterols on male gametophyte development”, The 53rd NIBB Conference Dynamic Organelles in Plants, Okazaki, Japan, June (2006). 7. Suzuki M., Ohyama K., Seki H., Xiang T., Shibuya M., Ebizuka Y., Nakagawa S., Nagata N., Saito K., and Muranaka T.: “Two routes of steroidal backbone synthesis in plants”, 17th International Symposium on Plant Lipids, East Lansing, USA, July (2006). 8. Nagata N., Nakagawa S., Suzuki E., Konomi M., Suzuki M., and Muranaka T.: “The role of sterols on formation of lipid-rich organelles in tapetum”, The 53rd NIBB Conference Dynamic Organelles in Plants, Okazaki, Japan, June (2006). 9. Kobayashi K., Suzuki M., Tang J., Ikeda Y., Nagata N., Seki H., Ohyama K., Kiuchi R., Matsumoto S., Yoshida S., Muranaka T.: “LOVASTATIN INSENSITIVE 1, encoding mitochondrial pentatricopeptide repeat protein, is a potential regulatory locus of the cytosolic and plastidial isoprenoid biosynthesis”, The 53rd NIBB Conference Dynamic Organelles in Plants, Okazaki, Japan, June (2006). 10. Muranaka T : “Toward comprehensive understanding of sterol biosynthesis in higher plants.” 97th American Oil Chemical Society Annual Meeting, St. Louis, USA, April (2006). 招待講演 11. Xiang T . ,Shibuya M . ,Ebizuka Y . ,Suzuki M . ,and Muranaka T . : "Lanosterol synthase from Arabidopsis thaliana ", International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005) , Honolulu , USA , Dec. (2005). 12. Kobayashi K . ,Suzuki M . ,Nagata N . ,Seki H . ,Ohyama K . ,Tang J . ,Kiuchi R . ,Ikeda Y . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Characterization of Arabidopsis lovastatin insensitive mutants", Joint Meeting of 1st Asian Symposium on Plant Lipids and 18th Japanese Symposium on Plant Lipids , Tokyo , Nov. (2005). 13. Muranaka T . ,Nagata N . ,Suzuki M . ,Kamide Y . ,Kiuchi R . ,Ohyama K . ,and Yoshida S . : "The role of triterpenes on tapetum/male gametophyte development and senescence", Joint Meeting of 1st Asian Symposium on Plant Lipids and 18th Japanese Symposium on Plant Lipids , Tokyo , Nov. (2005). 14. Suzuki M . and Muranaka T . : "Toward the comprehensive understanding the sterol biosynthesis", Joint Meeting of 1st Asian Symposium on Plant Lipids and 18th Japanese Symposium on Plant Lipids , Tokyo , Nov. (2005). 15. Muranaka T . ,Kohara A . ,Nakajima C . ,Ikenaga T . ,Tanaka H . ,Shoyama Y . ,and Yoshida S . : "Both steroidal sapogenin and steroidal alkaloid are glycosylated by a single glycosyltransferase", 17th International Botanical Congress , (the International Union of Biological Sciences (IUBS) and the International Association of Botanical and Mycological Sciences (IABMS)), Vienna , Austria , July (2005). 16. Kojoma M . ,Seki H . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Polymorphisms of cannabinoid synthase gene in Cannabis sativa ", 17th International Botanical Congress , (The International Union of Biological Sciencesand, The International Association of Botanical and Mycological Sciences), Vieena , Austria , July (2005). 17. Muranaka T . : "Hairy root cultures: Potential application to study biological and metabolic function of indigenous plants in South Africa", Indigenous Plant Use Forum , Grahamstown , South Africa , June (2005). 18. Suzuki M . ,Kamide Y . ,Nagata N . ,Seki H . ,Ohyama K . ,Kiuchi R . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Sterol deficiency affects cell elongation, senescence and fertility", 18th International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA Conference 2004) , Canberra , Australia , Sept. (2004). 19. Kohara A . ,Nakajima C . ,Hashimoto K . ,Ikenaga T . ,Tanaka H . ,Shoyama Y . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "A novel glucosyltransferase involved in steroid saponin biosynthesis in Solanum aculeatissimum ", Germany-Japan Seminar on Molecular Regulation of Plant Secondary Metabolism , (DFG, Chiba University, and others), Kisarazu , Sept. (2004). 招待講演 20. Muranaka T . : "Functional genomics and metabolic engineeering of plant terpenoids", Germany-Japan Seminar on Molecular Regulation of Plant Secondary Metabolism , (Chiba University), Kisarazu , Sept. (2004). 21. Ohyama K . ,Suzuki M . ,Masuda K . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Synthesis of deuterated triterpenes for metabolomics studies of triterpenoids", Germany-Japan Seminar on Molecular Regulation of Plant Secondary Metabolism , Kisarazu , Sept. (2004). 22. Mano Y . ,Nemoto K . ,Suzuki M . ,Oka A . ,and Muranaka T . : "Characterization of tobacco BY-2 cells transformed by Agrobacterium rhizogenes ", International Workshop on Cell and Molecular Biology of Tobacco BY-2 Cells , (RIKEN PSC and others), Yokohama , Sept. (2004). 23. Kohara A . ,Nakajima C . ,Tanaka H . ,Shoyama Y . ,Ikenaga T . ,Hashimoto K . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Cloning and characterizing a novel glucosyltransferase acting on steroidal sapogenin from Solanum aculeatissimum ", 14th Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology (FESPB 2004) , Cracow , Poland , Aug. (2004). 24. Seki H . ,Ohyama K . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Development of a novel technology platform for root culture systems for functional genomics", Third International Congress on Plant Metabolomics , (Iowa State University), Ames , USA , June (2004). 25. Ohyama K . ,Suzuki M . ,Masuda K . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Synthesis of deuterated triterpenes for metabolomics studies of triterpenoids", Third International Congress on Plant Metabolomics , Ames , USA , June (2004). 26. Nagata N . ,Suzuki M . ,Kiuchi R . ,Kamide Y . ,Seki H . ,Ohyama K . ,Takagi T . ,Sato M . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Loss of function of 3-hydroxyl-3-methylglutaryl coenzyme A reductase 1 (HMG1) in Arabidopsis leads to male sterility, contributed to by sterol reduction in tapetal cells", 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy (8APEM) in conjunction with 60th Annual Meeting of the Japanese Society of Microscopy , (The Japanese Society of Microscopy), Kanazawa , June (2004). 27. Muranaka T: “Functional genomics and metabolic engineering of phytosterols.” South Africa and Japan Sicence Forum, Pretoria, South Africa, May (2004) 招待講演 28. Muranaka T . : "New insight into plant metabolomics: Functional genomics and metabolic engineering of phytosteroids", RIKEN Plant Science Center Symposium 2003: Plant Science and the Environment , (RIKEN PSC), Yokohama , Nov. (2003). 29. Kohara A . ,Nakajima C . ,Hashimoto K . ,Ikenaga T . ,Tanaka H . ,Shoyama Y . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Characterization of a novel glucosyltransferase: toward steroidal sapo genins from solanum aculeatissimum", RIKEN Plant Science Center Symposium 2003: Plant Science and the Environment , (RIKEN PSC), Yokohama , Nov. (2003). 30. Suzuki M . ,Kamide Y . ,Nagata N . ,Seki H . ,Ohyama K . ,Kato H . ,Kiuchi R . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "The role of phytosterols on plant development", RIKEN Plant Science Center Symposium 2003: Plant Science and the Environment , (RIKEN PSC), Yokohama , Nov. (2003). 31. Kojoma M . ,Muranaka T . ,and Yoshida S . : "Establishment of a new in vitro system of licorice (Glycyrrhiza uralensis )", 30th Annual Conference on Plant Growth Regulation Society of America held jointly with The Japanese Society for Chemical Regulation Plants , Vancouver , Canada , Aug. (2003). 32. Muranaka T . ,Kamide Y . ,Suzuki M . ,Nagata N . ,Seki H . ,Ohyama K . ,Kato H . ,and Yoshida S . : "Knockout of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase genes for analyzing mevalonate pathway and non-mevalonate pathway", 7th International Congress of Plant Molecular Biology (ISPMB 2003) , (The International Society for Plant Molecular Biology), Barcelona , Spain , June (2003). 33. Kamide Y . ,Suzuki M . ,Nagata N . ,Sato S . ,Kato T . ,Tabata S . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Knockout of Arabidopsis 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase genes: As a tool for brassinosteroid/gibberellin biosynthesis and signal transduction", NIAS/BRAIN International Symposium on Molecular Mechanism of Gibberellin/Brassinosteroid Signal Transduction , Tsukuba , Nov. (2002). 34. Nagata N . ,Sekimata K . ,Shimada Y . ,Muranaka T . ,Asami T . ,and Yoshida S . : "Roles of brassinosteroids involving in control of photomorphogenesis in the dark", NIAS/BRAIN International Symposium on Molecular Mechanism of Gibberellin/Brassinosteroid Signal Transduction , Tsukuba , Nov. (2002). 35. Nagata N . ,Suzuki M . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Flow and action of mevalonic acid-derived isoprenoids in Arabidopsis", Plant Science Center Symposium II on Biosyntheses of Plant Hormones and Beyond , Wako , Nov. (2002). 36. Kamide Y . ,Suzuki M . ,Nagata N . ,Seki H . ,Kobayashi K . ,Sato S . ,Kato T . ,Tabata S . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Roles of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase on growth and development in Arabidopsis", Plant Science Center Symposium II on Biosyntheses of Plant Hormones and Beyond , Wako , Nov. (2002). 37. Nagata N . ,Sekimata K . ,Shimada Y . ,Muranaka T . ,Asami T . ,and Yoshida S . : "Roles of brassinosteroids involving in control of cell division and plastid development in the dark", Plant Science Center Symposium II on Biosyntheses of Plant Hormones and Beyond , Wako , Nov. (2002). 38. Muranaka T . ,Nakajima C . ,Kohara A . ,and Yoshida S . : "Potential application of hairy roots as a tool for activation tagging", 10th IAPTC&B Congress on Plant Biotechnology 2002 and Beyond , Orlando , USA , June (2002). 39. Nagata N . ,Suzuki M . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "Action of mevalonic acid-derived isoprenoids in Arabidopsis", 15th International Symposium on Plant Lipids , Okazaki , May (2002). 40. Suzuki M . ,Nagata N . ,Kamide Y . ,Yoshida S . ,and Muranaka T . : "The study of the mechanism of cell elongation using an inhibitor of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase", 15th International Symposium on Plant Lipids , Okazaki , May (2002). 41. Muranaka T . ,Nagata N . ,Suzuki M . ,and Yoshida S . : "Toward understanding comprehensive regulation of mevalonate pathway based on the function of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase", 15th International Symposium on Plant Lipids , Okazaki , May (2002). 42. Muranaka T . : "Toward understanding comprehensive regulation of mevalonate pathway based on the function of HMG-CoA reductase", Annual Institute Meeting of Max Plank Institute fur Molekulare Planzen Physiologie , Golm , Germany , May (2002). D: 国内会議発表 (2001年以降) 1. 村中 俊哉:“植物ステロイドの骨格形成から配糖化に至る代謝多様性〜毒と薬の生産制御”、第43回植物化学シンポジウム、東京、12月(予定) (2006). 招待講演 2. 村中 俊哉、鈴木優志、永田典子:“生殖過程に影響を及ぼすステロール生合成遺伝子群の網羅的解析1〜ステロール生合成遺伝子変異体の取得”、「植物ゲノム障壁」ワークショップ、三島、11月(予定)(2006). 3. 永田典子、村中 俊哉:“生殖過程に影響を及ぼすステロール生合成遺伝子群の網羅的解析2〜ポーレンコート形成におけるステロールの役割”、「植物ゲノム障壁」ワークショップ、三島、11月(予定)(2006). 4. 村中 俊哉:“ステロイド、トリテルペノイド骨格形成の多様性と分子進化”、日本植物学会第70回大会、熊本、9月 (2006). シンポジウム「二次代謝の多様性と進化」招待講演 5. 永田典子、中川祥子、鈴木英理子、許斐麻美、木内玲子、鈴木優志、村中 俊哉:“シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子欠損がタペータムとポーレンコート形成に与える影響”、日本植物学会第70回大会、熊本、9月 (2006). 6. 庄野由里子、本橋令子、篠崎一雄、永田典子:“白色子葉形態を示すシロイヌナズナ突然変異体における色素体解析”、日本植物形態学会第18回大会、熊本、9月 (2006). 7. 鈴木優志、大山清、關光、Ting Xiang、渋谷雅明、海老塚豊、中川祥子、永田典子、斉藤和季、村中 俊哉:“植物は二つのステロール骨格形成経路を持つ”、日本植物学会第70回大会、熊本、9月 (2006). 8. 中川祥子、鈴木英理子、鈴木優志、上出由希子、木内玲子、永田典子、村中 俊哉:“シロイヌナズナのステロール欠損変異体における雄性配偶体形成の解析”日本植物形態学会第18回大会、熊本、9月 (2006). 9. 中川祥子、永田典子、鈴木優志、上出由希子、木内玲子、村中 俊哉:“シロイヌナズナにおいてステロール欠損が雄性配偶体形成に与える影響”、日本植物学会第70回大会、熊本、9月 (2006). 10. 鈴木英理子、中川祥子、Schaller Hubert、村中 俊哉、永田典子:“ステロールの形質転換体における葯内・タペータム層の脂質系オルガネラの形態異常”、日本植物形態学会第18回大会、熊本、9月 (2006). 11. 須藤浩、楊金緯、妹尾修次郎、林宏明、關光、大山清、村中 俊哉、吉松嘉代、飯田修、柴田敏郎、鈴木秀幸、柴田大輔、山崎真巳、斉藤和季:“ウラルカンゾウ (Glycyrrhiza uralensis)のイソプレノイドを中心とする有用物質生産制御技術の開発”、第24回 日本植物細胞分子生物学会、つくば、7月 (2006). 12. 關光、大山清、須藤浩、高上馬希重、櫻井望、豊田敦、十時泰、林宏明、水谷正治、大西利幸、柴田敏郎、斉藤和季、村中 俊哉:“薬用植物カンゾウのトリテルペンサポニン生合成関連遺伝子の単離に向けたEST解析”、第24回 日本植物細胞分子生物学会、つくば、7月 (2006). 13. 大山 清、鈴木優志、關 光、菊地 淳、Xiang Ting、久城哲夫、渋谷雅明、海老塚 豊、斉藤和季、村中 俊哉: "植物におけるラノステロール合成酵素の同定",第24回 日本植物細胞分子生物学会、つくば、7月 (2006). 14. 原正光、根本圭一郎、關光、鈴木優志、岡穆宏、村中 俊哉、真野佳博:“オーキシン無添加培地における植物細胞の複製を可能にする遺伝因子の解析” 第24回 日本植物細胞分子生物学会、つくば、7月 (2006). 15. 根本圭一郎、原正光、古川聡子、小柴共一、關光、鈴木優志、村中 俊哉、真野佳博:“タバコBY-2細胞におけるインドールアセトアミドからインドール酢酸への変換に関わる酵素遺伝子の単離と構造解析”、第24回 日本植物細胞分子生物学会、つくば、7月 (2006). 16. 真野佳博、根本圭一郎、原正光、關光、鈴木優志、村中 俊哉:“タバコ培養細胞BY-2株においてインドールアセトアミドからインドール酢酸への変換に関わる酵素遺伝子の機能解析”、第24回 日本植物細胞分子生物学会、つくば、7月 (2006). 17. Xiang T.,渋谷 雅明,久城 哲夫,海老塚 豊,鈴木 優志,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉: "シロイヌナズナ及びオタネニンジン由来ラノステロール合成酵素", 日本薬学会第126年会 , 仙台 , 3月 (2006). 18. 佐々木 佳菜子,斉藤 拓也,鈴木 優志,村中 俊哉,矢崎 一史: "ポプラ由来イソプレン合成酵素の環境応答性と生理機能", 第47回日本植物生理学会年会 , つくば , 3月 (2006). 19. 村中 俊哉: "ファンクショナルトリテルペノミクス:植物トリテルペン生産制御の包括的理解と応用を目指して", 第6回静岡大学ライフサイエンスシンポジウム「植物のイソプレノイドと二次代謝産物研究」 , (静岡大学生命科学若手フォーラム), 静岡 , 2月 (2006). 招待講演 20. 保尊 隆亨,神阪 盛一郎,高橋 秀幸,山下 雅道,飯田 秀利,村中 俊哉,橋本 隆,園部 誠司,谷本 英一,西谷 和彦,小竹 敬久,若林 和幸,曽我 康一: "植物の抗重力反応解明研究班WGの活動報告", 第22回宇宙利用シンポジウム , (宇宙航空研究開発機構), 東京 , 1月 (2006). 21. 高上馬 希重,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "大麻Cannabis sativa L.の「ドラッグタイプ」「ファイバータイプ」におけるTHCA生合成酵素遺伝子の多型解析", 日本DNA多型学会第14回学術集会 , 前橋 , 11月 (2005). 22. 大山 清,關 光,高上馬 希重,柴田 敏郎,巽 二郎,吉田 茂男,斉藤 和季,村中 俊哉: "カンゾウ(Glycyrrhiza uralensis )におけるグリチルリチンの生合成中間体および生合成関連遺伝子の探索", 植物化学調節学会第40回大会 , 東京 , 10--11月 (2005). 23. 鈴木 優志,Xiang T.,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,渋谷 雅明,海老塚 豊: "シロイヌナズナラノステロール合成酵素の同定", 植物化学調節学会第40回大会 , 東京 , 10--11月 (2005). 24. 高上馬 希重,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "大麻Cannabis sativa L.の「ドラッグタイプ」と「ファイバータイプ」におけるTHCA生合成酵素遺伝子の多型解析", 第52回日本生薬学会年会 , (日本生薬学会), 金沢 , 9月 (2005). 25. 高上馬 希重,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "大麻Cannabis sativa L.の生合成酵素遺伝子における多型解析", 日本植物学会第69回大会 , 富山 , 9月 (2005). 26. 泊 みゆず,關 光,村中 俊哉,佐藤 忍,酒井 愼吾,岩井 宏暁: "タバコ毛状根・不定芽培養系を用いた細胞間移行関連変異体の作出と形態学的解析", 日本植物学会第69回大会 , 富山 , 9月 (2005). 27. 永田 典子,鈴木 奈諸美,許斐 麻美,鈴木 優志,上出 由希子,木内 玲子,關 光,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoAレダクタ-ゼ遺伝子破壊株における雄性配偶体形成に関連した脂質系オルガネラの分化異常", 日本植物学会第69回大会 , 富山 , 9月 (2005). 28. 鈴木 優志,Xiang T.,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,渋谷 雅明,海老塚 豊: "植物ステロールはすべてシクロアルテノール経由で作られるのか?", 第15回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 , 船橋 , 9月 (2005). 29. 小泉 朋子,曽我 康一,若林 和幸,鈴木 優志,村中 俊哉,保尊 隆享: "植物の抗重力反応における膜ステロールの役割", 日本宇宙生物科学会第19回大会 , 東京 , 9月 (2005). 30. 大山 清,關 光,高上馬 希重,柴田 敏郎,巽 二郎,吉田 茂男,斉藤 和季,村中 俊哉: "カンゾウ(Glycyrrhiza uralensis )のメタボリックプロファイリングおよびグリチルリチン生合成関連遺伝子の同定に向けて", 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 京都 , 8月 (2005). 31. 小原 淳子,中�� 千晴,吉田 茂男,村中 俊哉: "ステロイドサポニンとステロイドアルカロイドはSolanum属植物由来の同一酵素によって配糖化される", 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 京都 , 8月 (2005). 32. 高上馬 希重,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "大麻Cannabis sativa L.のcannabinoid生合成酵素遺伝子における多型解析", 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 京都 , 8月 (2005). 33. 鈴木 優志,Xiang T.,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,渋谷 雅明,海老塚 豊: "植物ステロールはすべてシクロアルテノールを経由して作られるのか?", 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 京都 , 8月 (2005). 34. 關 光,村中 俊哉: "ファンクショナルゲノミクス研究�ノおけるツールとしてのrol 遺伝子クラスター", 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 京都 , 8月 (2005). 35. 小山 貴芳,中川 強,關 光,村中 俊哉,木村 哲哉,粟冠 和郎: "毛状根を利用したシロイヌナズナ由来リン酸トランスポーター遺伝子PHT1のプロモーター解析", 第23回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 京都 , 8月 (2005). 36. 高上馬 希重,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "大麻Cannabis sativa L.のcannabinoid生合成酵素遺伝子における多型解析", 日本育種学会第107・108回講演会および第47回シンポジウム , (日本育種学会), つくば , 8月 (2005). 37. 村中 俊哉: "グリチルリチン生合成機構の解明に向けて", 第3回甘草に関するシンポジウム , 名寄 , 7月 (2005). 招待講演 38. 鈴木 優志,上出 由希子,大山 清,郷田 秀樹,嶋田 幸久,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナhmg1変異体の早期老化形質の解析", 第46回日本植物生理学会年会 , 新潟 , 3月 (2005). 39. 永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,木内 玲子,關 光,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: "タペータム形成と雄性配偶子形成に関わる脂質に富んだオルガネラの分化転換", 第46回日本植物生理学会年会 , 新潟 , 3月 (2005). 40. 高上馬 希重,丹下 健,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "ナス科Solanum malacoxylonにおけるvitamin D3化合物生産に関する研究", 第116回日本森林学会大会 , 札幌 , 3月 (2005). 41. 根本 圭一郎,關 光,鈴木 優志,岡 穆宏,村中 俊哉,真野 佳博: " Agrobacterium rhizogenes によって形質転換したタバコBY-2細胞の特性", 日本農芸化学会2005年度大会 , 札幌 , 3月 (2005). 42. 真野 佳博,根本 圭一郎,關 光,鈴木 優志,岡 穆宏,村中 俊哉: "タバコBY-2毛状根細胞におけるオーキシン生合成酵素遺伝子の解析", 日本農芸化学会2005年度大会 , 札幌 , 3月 (2005). 43. 村中 俊哉: "`Functional triterpenomics' 多様な植物メタボリックシステムにどう取り組むか?", 第13回農芸化学Frontiersシンポジウム , 小樽 , 3月 (2005). 44. 小林 啓子,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,木内 玲子,唐 建偉,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ阻害剤耐性変異体の解析", 第17回植物脂質シンポジウム , (日本植物脂質研究会), つくば , 11月 (2004). 45. 鈴木 優志,大山 清,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "トリテルペン合成におけるシロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子の果たす役割", 第17回植物脂質シンポジウム , (日本植物脂質研究会), つくば , 11月 (2004). 46. 小林 啓子,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,木内 玲子,唐 建偉,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナのHMG-CoAレダクターゼ阻害剤に対する耐性変異体loi1の解析", 植物化学調節学会第39回大会 , 秋田 , 10月 (2004). 47. 鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,木内 玲子,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: " hmg1 変異体が示すトリテルペンの新しい機能", 植物化学調節学会第39回大会 , 秋田 , 10月 (2004). 48. 大山 清,鈴木 優志,増田 和夫,吉田 茂男,村中 俊哉: "重水素化トリテルペノイドの合成と hmg1変異体におけるトリテルペノイドの定量分析", 植物化学調節学会第39回大会 , 秋田 , 10月 (2004). 49. 高上馬 希重,大山 清,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "薬用植物カンゾウ( Glycyrrhiza uralensis )の代謝機能研究へ向けた培養システム開発", 日本植物学会第68回大会 , 藤沢 , 9月 (2004). 50. 永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,木内 玲子,關 光,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株におけるタペータム形成異常と雄性配偶子形成異常", 日本植物学会第68回大会 , 藤沢 , 9月 (2004). 51. 小林 啓子,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,木内 玲子,上出 由希子,唐 建偉,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナにおけるHMG-CoAレダクターゼ阻害剤に対する耐性変異体lovastatin insensitive 1 の解析", 日本植物学会第68回大会 , 藤沢 , 9月 (2004). 52. 鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,大山 清,木内 玲子,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナの生長における種々のトリテルペンの役割", 日本植物学会第68回大会 , 藤沢 , 9月 (2004). 53. 村中 俊哉: "植物におけるメバロン酸経路とステロール生合成", 日本植物学会第68回大会 , 藤沢 , 9月 (2004). 招待講演 54. 永田 典子,矢野 美咲,山崎 千穂,鈴木 優志,上出 由希子,木内 玲子,關 光,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株における雄性配偶子形成異常", 日本植物形態学会第16回大会 , 藤沢 , 9月 (2004). 55. 鈴木 優志,永田 典子,木内 玲子,上出 由希子,關 光,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナ配偶子形成におけるステロールの重要性", 第14回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 , 弘前 , 7月 (2004). 56. 小林 啓子,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,上出 由希子,中嶋 千晴,市川 尚斉,中澤 美紀,松井 南,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナにおけるHMG-CoAレダクターゼ阻害剤に対する耐性変異体の単離と解析", 日本植物生理学会2004年度年会および第44回シンポジウム , 八王子 , 3月 (2004). 57. 鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,大山 清,曽我 康一,保尊 隆享,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナ配偶子形成におけるHMG-CoAレダクターゼの役割", 日本植物生理学会2004年度年会および第44回シンポジウム , 八王子 , 3月 (2004). 58. 鈴木 優志,村中 俊哉: "HMG-CoAレダクターゼ変異体の解析から見えてきたトリテルペン化合物の役割", 日本植物生理学会2004年度年会および第44回シンポジウム , 八王子 , 3月 (2004). 59. 上出 由希子,鈴木 優志,關 光,大山 清,永田 典子,曽我 康一,保尊 隆享,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナのイソプレノイド合成系におけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子HMG1, HMG2 の役割", 第26回日本分子生物学会年会 , 神戸 , 12月 (2003). 60. 關 光,中嶋 千晴,吉田 茂男,村中 俊哉: "毛状根培養系を利用した遺伝子機能解析:毛状根培養系を使ってみませんか?", 第19回根研究集会(JSRR) , つくば , 11月 (2003). 61. 高上馬 希重,中嶋 千晴,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "薬用植物カンゾウGlycyrrhiza uralensis における効果的な毛状根誘導法について", 第19回根研究集会(JSRR) , つくば , 11月 (2003). 62. 高上馬 希重,村中 俊哉,吉田 茂男,飯田 修,関田 節子,佐竹 元吉,牧野 由紀子: "大麻Cannabis sativa L.におけるcannabinoid生合成遺伝子の解析", 日本DNA多型学会第12回学術集会 , 東京 , 11月 (2003). 63. 鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,關 光,大山 清,木内 玲子,孫城 瑞希,加藤 尚志,吉田 茂男,村中 俊哉: " hmg1変異体はステロール欠損変異体か?", 植物化学調節学会第38回大会 , 名古屋 , 10月 (2003). 64. 五十嵐 雅江,村中 俊哉,永田 典子,鈴木 優志,關 光,市川 尚斉,中澤 美紀,松井 南,浅見 忠男,吉田 茂男: "新規緑化変異体hayamidori ( ham ) の解析", 植物化学調節学会第38回大会 , 名古屋 , 10月 (2003). 65. 小原 淳子,中嶋 千晴,橋本 貴美子,池永 敏彦,田中 宏幸,正山 征洋,吉田 茂男,村中 俊哉: "Characterization of a novel glucosyltransferase: Toward steroidal sapogenins from Solanum aculeatissimum ", 第76回日本生化学会大会 , 横浜 , 10月 (2003). 66. 高上馬 希重,大山 清,村中 俊哉,吉田 茂男: "カンゾウGlycyrrhiza uralensis Fisch.の新規培養系の開発", 日本生薬学会第50回年会 , 東京 , 9月 (2003). 67. 高上馬 希重,村中 俊哉,吉田 茂男,飯田 修,関田 節子,佐竹 元吉,牧野 由紀子: "大麻 Cannabis sativa L. におけるcannabinoid生合成遺伝子の多様性", 日本生薬学会第50回年会 , 東京 , 9月 (2003). 68. 永田 典子,上出 由希子,鈴木 優志,關 光,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株における不稔形質の解析", 日本植物学会第67回大会 , 札幌 , 9月 (2003). 69. 鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,大山 清,加藤 尚志,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoA Reductase 1欠損変異体は矮性,早期老化,雄性不稔で,ステロール蓄積量が減少した", 第13回ドリコールおよびイソプレノイド研究会 , 横浜 , 9月 (2003). 70. 小林 啓子,鈴木 優志,永田 典子,松田 修,射場 厚,吉田 茂男,村中 俊哉: "オーキシン過剰蓄積変異体(sur1 )培養根を利用した有用物質産生系の開発", 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 高松 , 8月 (2003). 71. 關 光,中嶋 千晴,田中 伸和,吉田 茂男,村中 俊哉: "毛状根を用いた遺伝子機能解析用ベクターの開発", 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 高松 , 8月 (2003). 72. 高上馬 希重,村中 俊哉,大山 清,吉田 茂男: "薬用植物カンゾウGlycyrrhiza uralensisの新規培養系の開発", 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 高松 , 8月 (2003). 73. 中嶋 千晴,大山 清,關 光,上出 由希子,小林 啓子,鈴木 優志,吉田 茂男,村中 俊哉: "イソプレノイド合成経路変異体の毛状根培養と主代謝産物の解析", 第21回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 高松 , 8月 (2003). 74. 鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の解析", 日本植物生理学会2003年度年会および第43回シンポジウム , 東大阪 , 3月 (2003). 75. 上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,加藤 尚志,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の解析", 日本植物生理学会2003年度年会および第43回シンポジウム , 東大阪 , 3月 (2003). 76. 豊岡 公徳,竹内 雅宜,森安 裕二,村中 俊哉,福田 裕穂,松岡 健: "タンパク質凝集体の液胞移行による分解機構の解明", 日本植物生理学会2003年度年会および第43回シンポジウム , 東大阪 , 3月 (2003). 77. 鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナA MPK/SNF1 相同遺伝子, AKIN12 は鞘特異的に発現する", 第25回日本分子生物学会年会 , 横浜 , 12月 (2002). 78. 上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナにおけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊の細胞増殖・分化に及ぼす影響", 第25回日本分子生物学会年会 , 横浜 , 12月 (2002). 79. 宮沢 豊,加藤 尚志,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男: "タバコ培養細胞BY-2のアミロプラスト分化に対するLovastatinの影響", 植物化学調節学会第37回大会 , 札幌 , 10月 (2002). 80. 永田 典子,関亦 克彦,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男: "暗所芽生えにおいて細胞分裂及び色素体分化を調節するブラシノステロイドとサイトカイニンの作用について", 植物化学調節学会第37回大会 , 札幌 , 10月 (2002). 81. 鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉: "HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の探索", 植物化学調節学会第37回大会 , 札幌 , 10月 (2002). 82. 小原 淳子,中嶋 千晴,橋本 貴美子,池永 敏彦,吉田 茂男,村中 俊哉: "ステロイドサポニン含有ナス科植物における配糖化酵素遺伝子の傷害及びホルモン応答性", 植物化学調節学会第37回大会 , 札幌 , 10月 (2002). 83. 上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉: "酢酸メバロン酸経路の解析におけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の有用性", 植物化学調節学会第37回大会 , 札幌 , 10月 (2002). 84. 永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉: "酢酸メバロン酸経路と非酢酸メバロン酸経路間の物質のクロストークが植物の生長に及ぼす影響について", 植物化学調節学会第37回大会 , 札幌 , 10月 (2002). 85. 村中 俊哉,中嶋 千晴,小原 淳子,吉田 茂男,池永 敏彦,Putalun W . ,田中 宏幸,正山 征洋: "抗ステロイドサポニンAculeatiside A抗体を用いたキンギンナスビSolanum aculeatissimum 形質転換毛状根のスクリーニングの可能性", 日本生薬学会第49回年会 , 福岡 , 9月 (2002). 86. 永田 典子,鈴木 優志,吉田 茂男,村中 俊哉: "Metabolic flow from mevalonate pathway to non-mavalonate pathway contributing to development of plastids", 日本植物学会第66回大会 , 京都 , 9月 (2002). 87. 村中 俊哉,中嶋 千晴,Putalun W . ,小原 淳子,吉田 茂男,池永 敏彦,田中 宏幸,正山 征洋: "キンギンナスビSolanum aculeatissimum 形質転換毛状根の作出およびステロイドサポニンのイムノアッセイ系の開発", 第20回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 奈良 , 7月 (2002). 88. 中嶋 千晴,關 光,吉田 茂男,丹羽 康夫,村中 俊哉: "シロイヌナズナ形質転換毛状根の高効率誘導法の確立と利用", 第20回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム , 奈良 , 7月 (2002). 89. 鈴木 優志,永田 典子,加藤 尚志,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉: "HMG-CoA Reductase阻害剤を用いた細胞伸長メカニズムの解析", 日本植物生理学会2002年度年会および第42回シンポジウム , 岡山 , 3月 (2002). 90. 宮沢 豊,鈴木 優志,加藤 尚志,村中 俊哉,吉田 茂男: "タバコ培養細胞BY-2のアミロプラスト分化に対するメバロン酸合成阻害剤(lovastatin)の影響", 日本植物生理学会2002年度年会および第42回シンポジウム , 岡山 , 3月 (2002). 91. 村中 俊哉: "酢酸-メバロン酸経路の包括的な代謝制御", 第30回大阪府立大学先端科学研究所生物資源開発センターセミナー , 大阪 , 3月 (2002). 招待講演 92. 加藤 尚志,橋本 貴美子,村中 俊哉,吉田 茂男: "キャピラリー電気泳動‐四重極/飛行時間ハイブリッド型質量分析計による植物メタボローム解析システムの構築", 第21回キャピラリー電気泳動シンポジウム , (日本分析化学会電気泳動分析研究懇談会), 神戸 , 12月 (2001). 93. 永田 典子,嶋田 幸久,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男: "暗所での光形態形成におけるブラシノステロイドとサイトカイニンの作用", 植物化学調節学会第36回大会 , 富山 , 10月 (2001). 94. 鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉: "シロイヌナズナの生長に及ぼすHMG-CoAレダクターゼ阻害剤の影響", 植物化学調節学会第36回大会 , 富山 , 10月 (2001). 95. 永田 典子,嶋田 幸久,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男: "色素体分化を調節するブラシノステロイドの作用について", 日本植物学会第65回大会 , 東京 , 9月 (2001). 以 上