※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AviUtlと各種プラグインで変換 1/3

-
ページ: 1 / 2 / 3

>>次のページ

出力時の設定を調節することで変換無しで同期できます。
この方法はYoutube等の動画を変換する場合にのみ有効です。
ソースのクオリティが高い場合、変換に時間がかかりますので
Avivo Video ConverterやSUPER(C)を使用してください。

追記:WMV出力時の音声設定の記述を追加しました。
追記2:WMV出力時の設定の記述を追加・修正しました。

今までSUPER(C)とかでもダメだった方はこれを試してみてください。
少し敷居が高いですが手順どおりに進めていけばちゃんと変換できると思います。

Youtube等のFLVファイルを変換する手順です。

用意するもの

AviUtl本体

DirectShow File Reader プラグイン
WMV出力(Plus)プラグイン
どちらでも構いません。

ffdshow

tryoutは不安定なようです。安定しているそうなので本家をお薦め。
必要に応じて日本語化ファイルをこちら(AivSynth Wiki)からどうぞ。
FLV Splitter(flvsplitter.ax)
リンク先は7-zip形式で提供されています。ZIP形式はこちら(直リン)から。

変換の準備

1.AviUtl本体とDirectShow Filer Reader(DShow入力)・WMV出力プラグイン、ffdshowとFLV Splitterをダウンロードします。

2.ダウンロードしたAviUtlをインストールします。

3.ダウンロードしたDShow入力・WMV出力プラグインをAviUtlのフォルダの中に解凍します。

<FLVファイルを変換する場合は以下の手順も必要>
4.ダウンロードしたffdshowをインストールします。

5.FLV Splitterをシステムフォルダにコピーし、regsvr32で登録します。

以上で変換の準備ができました。AviUtlを起動してプラグインが読み込まれているか確認してください。

準備ができたら変換します。

>>次のページ