※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オレンジ白書

イケてるカクテルについて考える

カクテルと称される混酒はたくさんある。
皆さんご存知の通り、ベースとなる酒はウィスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツ(蒸留酒)と多岐にわたる。
また、カンパリやカルーアなどのリキュールを用いるほか、ビール、ワイン、
焼酎ベースの物もあり、さらに日本酒ベースでは卵酒までカクテルに分類されている。

しかーし。
これらのカクテルは飲みやすさを第一に考えているため、

カー

と、きて

クー

となるイケてるものは少ない。
そこで、すべてのカクテルで共通の成分であるエタノールを純粋にベースとしたものを今回考えた。


1、エタノールの種類

まず、純度の高いエタノールの入手を試みた。
市販されている種類としては

   ・飲料(酒類)・医薬品 22%
   ・工業用 10%
   ・燃料用 68%

と燃料用としての需要が一番多いが、今回ターゲットとなっている飲料については酒税法の関係で濃度・不純物で厳しく分類されている。また、エタノールは水と共沸(混合液が沸騰するとき、気相と液相が同じ組成になる現象)するため蒸留によって96%以上にならない。

そこで、(比較的)簡単に手に入る高純度の工業用アルコールを検討した。
特級 純度99.5%以上  ええではないかー



しかし、ここでちょっと待ったコール!
飲料用のエタノールは不純物のほとんどが水であり、その他もフレーバーなど摂取可能な成分だが、工業用アルコールの不純物はもしかして。。。

。。。やっぱりメタノールやった。。。
目が散るアルコール、失明してしまう。
皆さん(特に理工学部系の方)、
興味本位での(工業用アルコールの)飲酒はやめましょう。


2、飲料用アルコールで最も純度の高いもの
さて、「飲める」エタノールで最も高い純度は、先ほどもでた共沸の関係で96%(96度)であると考えられる。

こんなお酒あるのか?

あるんです。
その名は スピリタス。
ポーランドのお酒(ウォッカ)で70回も蒸留を繰り返して製造する。
まさにspirits of spirits。
材料は主にジャガイモ。





3、所見
このお酒。
一口飲むと吹き出しそうなぐらいイケている。
飲み込むように胃に流し込むと喉と食道が焼ける感覚を体験できる。
オレンジジュースで薄めると飲みやすいがその辺のカクテルより簡単に
いってしまう!
こんなもの簡単に手に入っていいのか?(500mL 1本1300円ぐらいです。)

○その他
あまりに高濃度であるためタバコを含めて飲酒中は火気厳禁。
(火をつけました。青白い炎が出ます。明るいと見えにくいです。)
むやみにストレートで飲むと命にかかわるのでやめましょう。
一気飲みは殺人です。絶対にやめましょう。



添付ファイル