インストール方法




<インストール方法の紹介動画>



<動作環境>

Windows 7以上が問題なく動く+インターネットに一瞬でもつなげられる環境があれば、大丈夫だと思います。
Windows XPでも、スペックが足りれば普通に動くようです。
Mac OSには現在対応していません。

なお、CPUの処理性能が低いと、再生中に音飛びが発生する場合がありますが、wavファイル出力には問題ないそうです。
(公式マニュアルの「動作環境」より)

詳細は、公式マニュアルの「動作環境」をご覧ください。


<無料体験版のインストール方法>

  1. 最新版のCeVIOのインストーラをダウンロードします。
    CeVIOの公式サイトに行き、ページ下部の「CeVIO Creative Studio S 【無料体験版】ダウンロード」という青いボタンをクリックすると、インストーラをダウンロードできます。
    ※ファイルサイズは50MBあまりなので、数分もかからないと思います。
    ※インストーラのファイル名は、「CeVIO_Creative_Studio_Setup_(4.1.16.0).msi」などになります(数字部分はバージョンアップで変わります)。
  2. インストールします。
    インストーラを起動して、指示に従ってインストールします。
    ※インストール時に「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示されたら、「はい」を押してください。
    ※また、Windows 8以降では「WindowsによってPCが保護されました」と表示される場合があります。その場合は、「詳細情報」をクリックしてから「実行」ボタンを押してください。
これで、期間制限つきの無料体験版がインストールできました。
「さとうささら」「すずきつづみ」「タカハシ」のトークボイスと、「さとうささら」のソングボイスを、30日間無料で使用できます。

※製品版をインストールするときも同じ手順となります。
※バージョンアップのときも同じ手順となります。


<製品版のインストール方法>

1. エディタのインストール

上記の「無料体験版のインストール方法」に沿って、無料体験版をインストールします。
(すでに無料体験版をインストール済みの人は、何もしなくていいです。)

2. エディタのシリアルコードの入力

  1. CeVIO Creative Studio」や「スターター」など、エディタつきの製品を購入(=使用ライセンスを購入)します。
  2. CeVIOの無料体験版を起動して、メニューバーの「ヘルプ」→「ライセンス認証」を開いて、ライセンスのシリアルコードを半角英数字で入力します。
  3. メールをきちんと受け取れるメールアドレスも入力します。
これでCeVIOのエディタを期間制限なく使用できるようになりました。

3. ボイスのインストール、ボイスのシリアルコードの入力

  1. ボイスを購入(=使用ライセンスを購入)します。
    なお、「CeVIO Creative Studio」や「スターター」には、選んだボイスの使用ライセンスも同梱されています。
  2. 購入したボイスのインストーラをダウンロードして、インストーラを起動して、ボイス情報をインストールします。
    ※購入したボイスが「さとうささら」「すずきつづみ」「タカハシ」の場合には、ボイス情報の個別のインストールは不要です。
    ※「さとうささら」「すずきつづみ」「タカハシ」 以外 のボイスは、個別にアップデートされていることがあります。公式サイトをチェックして、ボイスの最新のインストーラをダウンロードしましょう。
  3. CeVIOを起動して、メニューバーの「ヘルプ」→「ライセンス認証」を開いて、購入したボイスのライセンスのシリアルコードを半角英数字で入力します。
詳しくは、ボイス購入時の案内メールなどをご覧ください。
これで、そのボイスを使用できるようになりました。

備考

  • 詳しくは公式マニュアルの「インストール」もご覧ください。
  • ライセンス認証の際に入力を求められるメールアドレスは、ライセンス再認証のときに必要になります。
    ですので、メールを受け取れるアドレスを入力しましょう。
  • CeVIOのインストーラは、パッケージ版のインストールディスクからダウンロードしてもよいです。
    ただ、そちらはバージョンが古いので、上記のとおり、最初からCeVIOの公式ページで最新版をダウンロードしたほうが、話が早いと思います。



※追記・修正・質問などあれば↓
名前:
コメント: