【ソング】基本的な使い方




<まずは公式ユーザーズガイドへ>

基本的な使い方は、公式ユーザーズガイドが分かりやすいので、まずは以下のリンク先をご覧ください。
http://guide2.project-cevio.com/tutorial_song
以下では補足などをしていきます。


<基本的な使い方(補足)>

1. ノート(音符)の入力

入力方法はいくつかあります。

CeVIOのピアノロールで入力する方法

  1. ユーザーズガイド――音符の入力と編集のとおりです。

MIDIシーケンサーなどで入力し、インポートする方法

  1. DominoやWavetoneなどでMIDIファイルを打ち込み、MIDI形式(拡張子:mid)で保存します。
  2. CeVIOを起動して、ウィンドウの上半分にMIDIファイルを直接ドラッグ&ドロップします。あとはウィンドウの指示に従います。
    ※後からMIDIファイルを追加読み込みさせることもできます(Ver5.1より)。
    ※CeVIOの「ファイル」→「インポート」→「MIDIの読み込み」からインポートする方法もあります。
    ※歌詞つきMIDIファイルの歌詞も読み込めます。

USTファイル・VSQ(VSQX)ファイルをインポートする方法1(UTAUを使う方法)

  1. UTAUを起動して、USTファイル又はVSQファイルを読み込みます。VSQ・VSQXファイルの場合は「ファイル」→「インポート」から読み込みます。
  2. UTAUの「ファイル」→「エクスポート」でSMFファイル(拡張子:mid)でエクスポートします。
  3. CeVIOを起動して、上記の方法でMIDIファイルをインポートします。

USTファイル・VSQ(VSQX)ファイルをインポートする方法2(ユーザー作成のツールで変換する方法)

  1. 次のリンク先から、ユーザー作成の変換ツールをダウンロードします。USTファイル向けVSQファイル向け
  2. 動画の案内どおりに、ccsファイル(CeVIOのプロジェクトファイル)に変換します。
  3. CeVIOを起動して、「ファイル」→「開く」から開きます。

2. 歌詞の入力

NOR画面で音符をダブルクリックすると、歌詞を変更(入力)できます(「F2」ショートカットキーでもOKです)。
ひらがなでもカタカナでも入力できます(結果はおそらく同じです)。
次の音符に移るときは、「Tab」キーが便利です。

歌詞のまとめ入力

複数の音符の歌詞を、一気に変更(入力)することもできます。
方法は、ユーザーズガイド――歌詞の入力のとおりです。
なお、「歌詞のまとめ入力」は、「1音符1文字」モードのほうが、スペース入力の手間がいらないので便利だと思います。
「歌詞のまとめ入力」ダイアログボックスを出すには、「F8」ショートカットキーが便利です。

音素記号で入力

バージョン4.0.7.0より、歌詞の音素(発音記号)入力にも対応するようになりました。詳しくはこちら。外国語の再現などに便利です。

3. 再生

  1. ピアノロールのすぐ上の黒い帯(何小節目かが書かれている)の再生開始したい場所をクリックすることで、ポジションカーソル(白い縦棒)を移動します。
  2. 再生ボタンをクリックするか、スペースキーを押すと、ポジションカーソルの位置から再生開始します。
  3. 再生中に、停止ボタンをクリックするか、スペースキーを押すと、停止します。
  4. 停止中に、停止ボタンをクリックするか、テンキーの「0」を押すと、ポジションカーソルが再生開始位置に戻ります。
    その状態でもう一度、停止ボタンをクリックまたは「0」を押すと、ポジションカーソルは0小節目に戻ります(この0小節に戻る反応は、設定でなくすことも可能です。「ツール」→「オプション」→「環境」タブ→「停止ボタンで開始位置に留まる」にチェックマークを付けてOKします)。

4. プロジェクトの編集・保存

テンポ・拍子の設定

画面中央の「Tempo」「Beat」をダブルクリックすると編集できます。
曲の途中でテンポや拍子を変えたいときは、ピアノロールのすぐ上の黒い帯(何小節目かが書かれている)の「TEMPO」「BEAT」の変えたい時点の部分をダブルクリックすると、その時点から変えるためのダイアログボックスが出ます。
(黒い帯が1行しかない(「TEMPO」などの帯がない)場合は、黒い帯を右クリック→「ルーラー表示」→「テンポ」などにチェックマークすると、その帯が出ます。)
なお、曲の途中で一時的にテンポや拍子を変えて、その後、元のテンポや拍子に戻したいときは、まず戻すところのテンポや拍子を入力してから、変えたいところに戻ってテンポや拍子を入力すると良いです。パラメータの再計算が最小限で済むため、パソコンへの負担が軽減されます。

プロジェクトファイルの保存

「ファイル」→「保存」または「名前をつけて保存」からプロジェクトファイルを保存できます。
上書き保存はショートカットキーの「Ctrl」+「S」が便利です。

5. WAVEファイルに書き出す

エフェクトの編集や動画への読み込みを行う際には、音声をWAVEファイルに書き出します。
書き出したいソングトラック(赤いトラック)を右クリック→「エクスポート」→「WAV書き出し」で、そのトラックの音声をWAVEファイルとして保存できます。
※「ファイル」→「エクスポート」→「ミックスダウンWAV書き出し」の方法で全体書き出しもできますが、通常、DAWソフトなどでトラックごとに細かくエフェクトをかけてミックスしたほうが完成度が高くなりますので、トラックごとに「WAV書き出し」を行うのが便利です。

DAWソフトなどで音声を読み込むとテンポが遅くなったり、少し音が低くなる時

こちらをご覧ください。


名前:
コメント: