よくある質問(Q&A)


よくある質問をまとめました。以下を見ても分からないことは、トップページのフォームへ書き込んでみてください。
公式ユーザーズガイドの「よくある質問/既知の問題」もご参照ください。



■1. 基本的なこと

CeVIOってなんですか?

音声合成ソフトの一種です。人間らしい歌声や話し声を、簡単に作成できます。
2013年に初めて公開・発売されました。
キャラクターとしては、「さとうささら」や「ONE(オネ)」などがいます。
詳しくは公式の製品紹介をご覧ください。

ボカロやボイロとは違うものですか?

同じ音声合成ソフトの仲間で、同じような用途に使えます。

VOCALOIDやVOICEROIDと大きく異なるのは、音声合成の方法です。
そのため、得意な分野や操作感も多少異なっています。
また、開発者や販売者も全く別です。

音声合成の方法は、ボカロやUTAUとどう違うんですか?(ソング機能について)

VOCALOIDやUTAUは、収録した人間の声の録音を細かく切って、それらを滑らかにつなぎ合わせることで歌声を作っています。
他方、CeVIOは、人間の歌声からその人の声質や歌い方をコンピュータに解析・勉強させておき、楽譜情報を与えると、楽譜情報を分析して、その人の声質や歌い方を予測して再現する、という手法をとっています。

CeVIOの調声って難しいですか?

いちユーザーの個人的見解ですが、
  • ソング機能について
    VOCALOIDやUTAUと比較すると、簡単だと思います。
    CeVIOはベタうち状態でも比較的自然な声であり、また、直感的に操作できますので、初心者でも扱いやすいと思います。
    他方、高度な表情をつけたい場合には、声色を操作しにくい分、CeVIOのほうが難しいこともあるかと思います。
    なお、VOCALOIDの調声に慣れた方にはかえって理解しにくい点があると思いますので、その場合はこちらの記事こちらの記事をご覧ください。
  • トーク機能について
    「ゆっくり」やVOICEROIDと比較すると、操作できる要素が多めで少し複雑かもしれません。
    ただ、単語登録機能を使っていけば、特に調声をしなくても自然に読んでくれるようになりますし、いろいろ調声してみれば、凝った分だけ豊かな感情表現などができます。
    トークの調声のコツについては、こちらの記事をご覧ください。

さとうささらって無料じゃないんですか?

現在は無料ではありません。
2014年秋まで、機能が非常に少ない「CeVIO Creative Studio FREE」という姉妹版のソフトが配布されていましたが、現在は配布されていません(二次配布も禁止です)。ただし、ダウンロード済みのものは引き続き使用可能です(公式情報)。
なお、現在は、30日間の期間限定ですが、機能をフル活用できる、無料体験版があります。

でもお高いんでしょう?

価格の目安は、こちらをご覧ください。
(市販されている音声合成ソフトの中では安い方だと思われます)

どんなキャラクターがいますか?

2017年1月現在、以下の12名がいます。それぞれ個性豊かな声を持っています。
詳しくは、「キャラクター紹介」へどうぞ。
名前 性別 トーク ソング 備考
さとうささら 元気な女声。中の人は水瀬いのり
すずきつづみ 物静かな女声
タカハシ スタンダードな男声
ONE -ARIA ON THE PLANETES-
(オネ アリアオンザプラネテス)
大人びた女声
IA -ARIA ON THE PLANETES-
(イア アリアオンザプラネテス)
おっとりした女声
赤咲湊(あかさきみなと) 元気な男声
緑咲香澄(みどりざきかすみ) 優しい女声
銀咲大和(ぎんさきやまと) ダンディな男声
金咲小春(きんざきこはる) 上品な女声
白咲優大(しろさきゆうだい) 優しい男声
黄咲愛里(きざきあいり) パワフルな女声
ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID) スタンダードな男声。中の人は三波春夫。無料



■2. 購入方法について

体験版はありますか?

無料体験版があります。製品版と同じ機能を30日間使用できます。
使用できるボイスは、さとうささら(トーク・ソング)、すずきつづみ(トーク)、タカハシ(トーク)。
ダウンロードは こちら から。
※なお、ONE・IAのボイスにつき、過去に(発売直前に)期間限定の体験版がありましたが、現在は使えません。
※ハルオロイドは、体験版が使える間は無料で使用できます(その後もボイス自体は無料)。

何を買えばよいですか?

体験版の期間を超えて使用するには、ソフト(使用ライセンス)を買う必要があります。
CeVIOのソフトを買うのが初めての場合は、「CeVIO Creative Studio」か、使いたいボイスのスターターパック(スターター)を買いましょう。
ボイスだけを持っている場合は、エディタ単体(またはエディタの含まれている製品)を買えば、ボイスを使えるようになります。

+ ※以下ちょっと詳しい説明

(参考)CeVIOの全製品の一覧表

  • CeVIOの全製品の一覧表(作成者:oovさん)
  • 販売している組み合わせを確認できます。実売価格の目安も分かります。

(参考)単体販売価格

  • トークエディタ …4320円
  • ソングエディタ …5400円
  • 各トークボイス …3240円(ONE、IAのみ5400円)
  • 各ソングボイス …4320円(ONEのみ8100円、ハルオロイドのみ0円)
  • ※上記を組み合わせた割安パックもあります。エディタはソングと組み合わせたパックのほうが少し安くなります。また、特に「CeVIO Creative Studio」のパッケージ版はお得です(2倍以上)。

CeVIO製品の買い方を、ざっくりイラストで教えてください。

+ イラストでの説明はこちら

CeVIOのボイスをお得に買う方法は?

  • 「CeVIO Creative Studio」のパッケージ版は、ソングエディタとトークエディタとボイス4点が入って実売価格10000円前後です。これは他のスターターパックよりも非常に割安ですので、こちら(と、目当てのボイスが入っていない場合はそのボイス単体)を買うのが一番お得ではないかと思います。
  • ONEとIAのトークボイスのみを組み合わせて少し割安にしたパックがあります。詳しくはこちら
  • Color Voice Seriesのソングボイス(赤咲湊など)は1ボイスあたり4320円ですが、「Color Voice Series ソングボイス デュエットパック」だと2ボイスで7540円なので、1000円以上お得になります。緑咲香澄×黄咲愛里などの組み合わせもあります。
  • 不定期ですが、何かの記念ごとに特価販売が行われることがあります。(2016年2月の特価販売では、ささらソング&トークスターターが4980円になりました。)
  • なお、ハルオロイド・ミナミのソングボイスは、無料で配布されています。→配布場所
    意外とスタンダードな男性ボイスなので、入れておいて損はないかも。

特に、ONEのボイスをお得に買う方法は?

  • CeVIOのソフトを買ったことがない場合のおすすめは、
    「CeVIO Creative Studio」のパッケージ版ONEのボイス単体(白色パッケージ)の組み合わせです。
    合計で実売価格21000円くらいで、トークエディタ+ソングエディタ+ONEのトークボイス+ONEのソングボイス+さとうささら・すずきつづみ・タカハシのトークボイス+さとうささらのソングボイスの8点が入手できます。
  • 他の方法として、ONEのスターターパック(青色パッケージ)を買う方法もあります。
    実売価格17000円くらいで、トークエディタ+ソングエディタ+ONEのトークボイス+ONEのソングボイスの4点が入っています。
  • トークかソングの片方のみが欲しい場合は、トーク又はソングのスターターパックを買う手もあります(ダウンロード販売のみ)。
    (なお、トークとソングを両方買うならパッケージ版のほうが割安です。また、パッケージ版にはデモソングCDなどの特典もついています。)

IAのトークボイスをお得に買う方法は?


「CeVIO Creative Studio」と「CeVIO Creative Studio S」は別物ですか?

「CeVIO Creative Studio」が2014年秋にアップグレードされたものが「CeVIO Creative Studio S」です。
「CeVIO Creative Studio」は、無料で「S」にアップグレードできますので、どちらを購入しても問題ありません。
(その他の各種の製品版(パッケージ版含む)のエディタ・ボイスも、いずれも無料で最新版にアップグレード・アップデートできます)

「CeVIO Creative Studio S」にはVer.3、Ver.4、Ver.5があるみたいですが、それぞれVOCALOIDのV3・V4のような別々のソフトですか?

いいえ、「CeVIO Creative Studio S」は、バージョンにかかわらずひとつのソフトです。
数回大きなアップデートを経ていますが、いずれも無料でアップデートできます。
最新版ほど使い勝手が良くなっていますので、特にこだわりがなければ最新版へのアップデートをおすすめします。



■3. インストール・起動について

インストール方法は?

インストール方法」をご覧ください。

Windows10には対応していますか?

Windows10に対応しています(公式情報)。

Macには対応していますか?

MacOSには対応していません(2015年末現在)。

CeVIOが起動しなくなってしまいました。

  • CeVIOが起動するためには、起動時にインターネット回線に接続されている必要があります。
    パソコンをインターネットに繋いでからCeVIOを起動してみてください。
    (なお、製品版の場合、1回起動したら365日間は接続不要です(Ver5.1から365日に延びました)。)
  • 再認証の表示がされた場合は、ライセンス再認証の手続を行えば、起動するようになります。
    詳しくは公式サイト(最下部)をご覧ください。
  • 多数の人が「いきなり起動しなくなってしまった」と言っている場合、CeVIO公式側の認証サーバーに不具合が出ている可能性があります。その場合は、パソコンをネットワーク接続がない状態(機内モードにする、LANケーブルを抜くなど)にしてからCeVIOを起動すると、(前回起動から365日以内の場合)起動が成功します。あとは復旧を待ちましょう。
  • その他の場合は、公式マニュアルのよくある質問/既知の問題をご覧ください。

パソコンを変えたので、新しいパソコンでCeVIOを使いたいです。

通常は、新しいパソコンにインストールした後、シリアルナンバーを入力するだけでそのまま使えます。
  • 1ライセンスにつきPC1台で使用可能です。新しいPCに移すと、元のPCでは使えなくなります。
  • ライセンス認証後にPC構成(ハードディスクやネットワーク機器)が4回以上変更されると、ライセンス再認証の手続が必要となります。再認証の表示がされたときは、公式マニュアルをご覧ください。
ユーザー辞書やプリセット、オプション設定を別のPCに移すには、以下の手順を行ってください。
  • ①CeVIOのメニューの「ツール」→「オプション」の「設定フォルダを開く」を選ぶ。
  • ②開いたフォルダにある「TalkDictionary3.dic」(辞書)、「Personality.xml」(プリセット)、「RuntimeSettings.xml」(オプション)をUSBメモリなどに保存する。
    ※バージョン5.0から辞書ファイルの名称が「TalkDictionary3.dic」になっています。
  • ③別のPCでソフトを(インストール後)起動する。
  • ④①と同様に設定フォルダを開いて、②で保存したファイルを上書きする。

CeVIOの作業を保存しないまま終了してしまいました。自動バックアップはありませんか?

CeVIOでは5分ごとに自動バックアップが作成されています。
自動保存されたファイルは、「オプション」→「設定フォルダを開く」で開いた場所の「Backup」フォルダにあります。
自動バックアップのファイルは5日間しか保存されませんので、ご注意ください。



■4. 操作方法について(トーク機能)

操作方法が分かりません。

まずは、公式サイトの「ユーザーズガイド」をご覧ください。
また、CeVIOの画面内の操作できそうな部分にカーソルを当てて少し待つと、カーソルのそばに説明が表示されますので、参考にしてみてください。

読み方がおかしいような…。

  • 文字入力は、全部ひらがななどにするのではなく、漢字かな交じり文(普通の文章)で入力します。
  • 単語の読み方の「辞書登録」ができます。「トーク」→「単語の登録」で、好きな読み方やアクセント(音の上げ下げ)を登録しましょう。不自然だなと思うたびに辞書登録して辞書登録を増やしていけば、子どもが言葉を学習するように、自然な読み方になっていきます。
  • 「てにをは」を省くとアクセント(音の上げ下げ)がおかしくなりやすいので、省かないほうが安全です。省いておかしくなった場合は、「てにをは」の代わりに「 」(全角スペースまたは半角スペース)を入れても解決できることがあります。
  • 辞書登録では対応しにくいアクセントについては、「PIT」パラメータで、主に母音部分の高さを調整すると良いです。

感情表現などをひとつひとつ調整するのが大変です。

「プリセット機能」を活用すると、感情表現をつける作業を少し省けるかもしれません。

感情コントロールバーの上にある「プリセット」→「追加」をクリックすると、現在の感情表現をプリセット登録できます。
セリフを選択して「プリセット」→お好みのプリセットをクリックすると、その感情表現がそのセリフに反映されます。
[Alt]キーを押しながらプリセットを選択すると、そのトラック内のそのキャストのセリフ全体にまとめて反映できます。
詳しくは公式ガイドの「セリフの表情設定」をご覧ください。

調整済みの決めゼリフを何回も使いたいんですが。

「セリフクリップ機能」を使ってみてはいかがでしょうか。

調整済みのセリフを選択して、右クリック→「セリフクリップの登録」で、調整も含めてセリフを保存(登録)できます。
その後、任意の行で右クリック→「セリフクリップの挿入」で、登録済みのセリフから好きなものを挿入できます。
セリフクリップ一覧では試聴や削除ができるほか、検索による絞り込みも可能ですので、たくさん登録しても安心です。

字幕を簡単につける方法はありませんか?

CeVIOでセリフのwav書き出しをする時に、保存ウィンドウの「セリフをテキスト出力」にチェックをつけると、wavに連動してテキストも一緒に書き出されます。
これを使えば、ゆっくりMovieMaker(YMM)など、各種のツールで簡単に字幕がつけられるようになります。
詳しくは「【トーク】実況動画の作り方」をご覧ください。

「セリフのテキスト読み込み」が失敗します。

CeVIOの「オプション」→「テキストファイルの文字コード」の「読み込み」の設定を確認してみてください。
エクセルやメモ帳を読み込むときは「Shift-JIS」、Googleスプレッドシートで作成したファイルを読み込むときは「UTF-8」に設定します。

+ バージョン4以前の場合

トークの全ての文章を一気にテキストファイルで書き出したいんですが…。

「ファイル」→「エクスポート」→「セリフのテキスト書き出し」で書き出せます。
なお、保存画面が出た時に、ファイルの種類を「カンマ区切りテキストファイル」に指定すれば、csv形式(Excelなどの表計算ソフトで扱いやすい形式)でも保存できます。

なお、FREE版(2014年10月に配布停止)しか持っていない方には、ユーザー作成のツールもあります。
ccs2txt https://jsfiddle.net/imo83/fqpvf2u4/show/ 紹介動画



■5. 操作方法について(ソング機能)

操作方法が分かりません。

まずは、公式サイトの「ユーザーズガイド」をご覧ください。
また、CeVIOの画面内の操作できそうな部分にカーソルを当てると、その部分の説明がカーソルのそばに表示されますので、参考にしてみてください。

歌い方がおかしくなってしまいます。/やたらと息継ぎするんですが…。

CeVIOは、MIDIの楽器音源・VOCALOID・UTAUとは音声合成の方法が違うので、音符の入力方法などの理屈が多少異なっています。
ですので、例えば以下のような場合は、音符の入力方法などを変えることで不自然さが直ります。
  • 「っ」を表現するために、音符と音符の間を空けていませんか。その他、細かい休符を入れていませんか。
  • 母音分割を使っていませんか。
解決方法は、「調声入門」をご覧ください。
また、こちらの記事も参考になります。

DAW連携はできますか?

現在のところ、DAW連携には対応していません。CeVIOで一旦wav書き出しを行ってから、読み込む必要があります。

MIDIファイルや、UTAUやVOCALOIDで作った譜面は読み込めますか?

はい、いずれも読み込めます。
  • MIDIファイルは、CeVIOの画面の上半分にMIDIファイルを直接ドラッグ&ドロップすれば読み込めます(「ファイル」→「インポート」でもOKです)。歌詞がついていれば歌詞も読み込めます。
  • ustファイル(UTAU用プロジェクトファイル)やvsqファイル(VOCALOID用プロジェクトファイル)は、UTAUなどに読み込んでMIDI形式(smfファイル)でエクスポートすれば、MIDIファイルとしてCeVIOに読み込めます。
  • ustファイルやvsqファイルをccsファイル(CeVIO用プロジェクトファイル)に直接変換するソフトが、有志の方によって作成されています。

CeVIOの譜面情報を、MIDIファイル形式で出力できますか?

バージョン5.0以降、できるようになりました。
対象の赤いトラックを選択して(複数選択も可能です)、右クリック→「エクスポート」→「MIDIの書き出し」でMIDIファイルとして出力できます。歌詞も入った状態で出力されます。

クォンタイズの最小値が1/32って大雑把すぎませんか?もっと細かくできませんか?

CeVIOは、人間が楽譜を読むように音符情報を読み取って歌いますので、音符情報の画面(NOR)ではあまり細かいタイミングの調整は行わない仕様になっています。
タイミングを細かく調整したいときは、タイミング調整画面(TMG)で調整するといいですよ。
詳しくは「【ソング】調声入門」へどうぞ。

音の高さの表記方法(C5など)がPiapro Studio(VOCALOIDのエディタ)と1オクターブ違うようなのですが、ピアスタの表記方法に合わせられませんか?

たとえばCeVIOでの「C5」という音符の高さは、ピアスタでは「C4」と表記されます(ヤマハ方式というらしいです)。
ピアスタの表記方法に合わせたいときは、CeVIOの「ツール」→「オプション」→「ソング設定」タブ→「鍵盤の表記を1オクターブ低く」にチェックすればできます。

ビブラートのパラメータ(VIA、VIF)の意味や操作感がよく分からないのですが。

VIAはビブラートの大きさ(振幅)を、VIFはビブラートの細かさ(周波数)を表しています。
また、バージョン4.1以降、PIT画面にビブラートの形が表示されるようになり、パラメータの効果が直感的に分かるようになりました。
VIAやVIFの操作画面にしてから、PIT情報を重ねて表示させて(PITの文字部分をクリックします)、PIT情報に反映されているビブラートの形を見ながらVIAやVIFをぐりぐり描いてみると分かりやすいですよ。

ビブラートの大きさ(VIA)パラメータを大きくしたのに、ビブラートがつきません。

ビブラートの振幅(VIF)パラメータが設定されていない部分は、ビブラートの大きさ(VIA)パラメータを描いてもビブラートが発生しないようです。
その場合は、その部分についてVIFパラメータを適当に描くと、ビブラートが発生します。

CeVIOから出力したwavファイルをDAWソフトで読み込んだら、テンポが遅くなったり、音が少し低くなったりしてしまいました。

CeVIOはWAVEファイルのサンプリングレートを48000Hzで出力しています。
しかし、DAWソフトに読み込むとき、DAWソフトによっては44100Hzであるという想定で読み込むことがありますので、その場合、DAW上で再生すると、テンポが少し遅くなったりピッチが下がってしまったりします。
その場合は、以下のいずれかの方法で解決できます。
  • DAWソフトに読み込むときに48000Hzであるという想定で読み込む。
    詳しくは、DAW名と「サンプリングレート 読み込み」などの用語で調べてみてください。
  • CeVIOから出力したWAVEファイルを48000Hz→44100Hzに変換してから、DAWソフトに読み込む。
    変換できるソフトはいろいろありますが、例えばSoundEngine Freeを使う場合、「編集」→「フォーマット変換」で「サンプリング周波数」を44100Hzに設定してOKをクリックします。
※サンプリングレート(サンプリング周波数)とは、アナログ信号からデジタル信号への変換(AD変換)を1秒間に何回行なうかを示す数値です。



■6. 利用規約・知的財産権について

CeVIOって利用規約が厳しかったりしませんか?

当初は無料で利用できる範囲が不明確でしたが、その後、無料で利用できる範囲が大きく広がりました。
現在は、例えばVOCALOIDと比べて狭いということはないようです。
具体的には、
  • 個人・同人サークル の趣味の範囲内で、かつ、無償または原材料費程度の対価・利益を得て行う小規模な利用( 非商用利用 )は、全て 無料 です。
  • また、個人や同人サークルで使用する場合は、非商用利用にあたらない場合でも、様々な利用方法が 無料 とされています。
    例:広告有り動画、ラジオ番組、CD/DVD販売/ダウンロード販売、クラブやコンサートでの使用、アプリやゲームでの使用など
    なお、この場合は、作品に「CeVIO」及びキャラクターの名前を記載する必要があります。また、CeVIO公式への登録(報告)が必要になる場合もあります。
  • 詳しくは、公式サイトの具体例をご覧ください。



■7. その他

ニコニコ動画やpixivなどの「ささら.com_掲載OK」タグって何のことですか?

公式サイトのひとつである「ささら.com」というサイト(http://satosasara.com/contents)に、その作品を掲載してもらってもいいですよ、という作者さんの意思表明を示すタグです。
このようなタグがあると(かつタグロックされていると?)、CeVIO公式さんが巡回して「ささら.com」に乗せてくれることがあるようです。

ピアプロには、CeVIOを使った曲や、CeVIOのキャラクターのイラストなどを投稿できますか?

はい、現行の規約上は、投稿できると思われます。
(ただし、確実というほどではないので、自己責任で!)
詳しい説明はこちらです。




※追記・修正・質問などあれば↓
  • トークの試聴は聞こえるのですが、 -- SHOU (2016-08-11 01:18:15)
  • トークの再生、ソングの再生では何も聞こえません。なぜですか? -- SHOU (2016-08-11 01:20:10)
  • 気付くのが遅くなってすみません。マスターボリュームが小さくなっていませんか? -- 名無しさん (2016-08-15 23:59:59)
  • マスターボリュームの位置はこちらをご覧ください。http://guide2.project-cevio.com/operation/transport Ctrl+左クリックで初期値(0db)に戻ります。 -- 名無しさん (2016-08-16 00:01:39)
  • トークエディタはベクター販売価格4,320円ですね。また、1回起動したら7日間、前回起動から7日以内の部分、現在は365日ですね。 -- 通りすがり (2017-03-07 23:30:13)
  • 気付くのが遅くなってすみません。ご指摘のとおり修正させていただきました! -- 名無しさん (2017-03-31 01:22:15)
名前:
コメント: