※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



What is a Community Currency?

地域通貨って何?

Community Currency allows localities and regions to create real wealth in their local economy by matching the unmet needs with the underutilized resources. It also provides a way for the wealth that is produced locally to benefit local people, rather than being siphoned off to distant companies. This workbook takes you through four basic steps to evaluating, choosing, and implementing a local community currency that improves your economy and builds local capacity. These four basic steps are as follows:

地域通貨は、満たされていない需要と未使用の資源を引き合わせることで、地域(市町村や都道府県)経済に本当の豊かさをもたらすことができます。また、地域で生産された富が、遠方の大企業に吸い取られずに地域住民のためになるような方法も提供します。このブックレットでは地域経済を改善し地域の能力を引き出す地域通貨の査定・選択・実施について、4つの基本ステップで導入したいと思います。4つのステップは以下の通りです。

1) Set Currency Objectives: Do an assessment of your community where you identify the priorities for matching unmet needs with underutilized resources – this will determine the objective of the complementary currency project you want to implement.

1) 通貨の目標設定: みなさんの地域内で、どのような満たされていない需要と未使用の資源を結びつけるかについて、調査を行ってみてください。これにより実現したい補完通貨プロジェクトの目的がはっきりします。

2) Choose the Appropriate Currency: Review the different types of complementary currencies that are available, and choose the type or types that suit your needs best.

2) 適切な通貨の選択: 利用できる多様な補完通貨を検討し、地域内の要求に最も適した種類(一つとは限らない)を選択してください。

3) Recruit the Leadership Team: Build local support for the community currency system, which means finding appropriate leadership and a group of people who can help with the different aspects of the project.

3) リーダーシップ・チームの募集: 地域通貨システムへの地域の支援、つまり適切なリーダーやプロジェクトのさまざまな側面で支援してくれる人たちを探しましょう。

4) Choose the Right Mechanisms: Establish a system for managing transactions in your community, which includes considerations of the support medium, standard of value, store of value, issuing procedures, and cost recovery. This system can take many forms, depending on the local resources available, the scale of the project, the type of participants, and the type of currency you select.

4) 適切な方式の選択: 地域通貨の担保や価値基準・価値貯蔵・発行手順やコスト回収を考慮に入れて、地域内での取引を管理するシステムを創設しましょう。このシステムは、地域で利用できる資源やプロジェクトの規模、参加者の種類や選択された通貨の種類に従って、さまざまな形になり得ます。

5) Establish a Circulation System: Every community currency system needs to carefully design the exchange process and circulation system so that the money keeps moving throughout the community, and doesn't accumulate in ways that make people and business discouraged.

5) 流通システムの確立: 地域通貨システムの場合常に、地域をあまねく流通し続け、誰かの手に貯まってしまうことで個人や商店などが参加をためらわないように、取引プロセスや流通システムを入念にデザインする必要があります。

Complementary and Community Currencies

補完通貨と地域通貨

A complementary currency - the basis of the community currencies discussed here - is an agreement to use something else than legal tender (i.e. national money) as a medium of exchange, with the purpose to link unmet needs with otherwise unused resources.1 Complementary currencies exist on many levels and for many purposes - consider what has happened with frequent flyer miles issued by the airline industry around the world. Initially, frequent flyer miles were only a marketing gimmick for each individual airline; they could only be used to purchase airline tickets of that specific airline.

ここで議論される地域通貨の基盤となる補完通貨は、満たされていない需要を他の方法では利用されないままの資源で満たすことで、法定通貨(つまり各国の通貨)以外のものを交換手段として使おうという合意です。たとえば、世界中の航空会社が発行するマイルで何が起こったか考えてみましょう。当初はマイレージサービスは単に各航空会社のマーケティング装置でした。それぞれの航空会社の航空券しか得られませんでした。

By now, fourteen trillion airline miles have been issued by five global airline alliances – more than all the dollars or Euros bills combined.2 They can be earned without setting a foot in a plane (e.g. through the use of specific credit cards); and they have become redeemable not only for air travel, but for car-rentals, longdistance phone services, and an increasing range of products. Two thirds of all British Airways miles are cashed in for something else than for purchasing an airline ticket.

これまでに14兆マイルものマイレージが航空会社の5大アライアンス2から発行されていますが、これは発行されている全ての米ドル・ユーロ紙幣の合計を超えます 。このマイルは飛行機に足を踏み入れなくても入手できます(例えば特定のクレジットカードの利用を通じて)。そして引き換え可能な特典の幅も航空券だけではなく、自動車のレンタルや長距離電話サービスなどに広がっています。ブリティッシュ・エアウェイズ(英国)の全マイルの3分の2は、航空券以外のものと交換されています。