※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Choosing Mechanisms: Issuing Procedures

メカニズムを選びます: 手順を発行します。

General Purpose

汎用目的

General purpose currencies are designed to fulfill all three classical functions of money (standard of value, medium of exchange and store of value). Historically, many traditional currencies used locally would fall into this category. 1 Today, conventional national currency is by far the most important general currency.

汎用の通貨は、お金のすべての3つの古典的な機能(価値基準として、交換手段として、および貯蓄財として)を実現させるように設計されています。 歴史的に、地域的に使用されてきた多くの伝統的な通貨がこのカテゴリに分類されるでしょう。 1 今日、従来の自国通貨は断然最も重要な一般的な通貨です。

However, there exists an implicit contradiction between the function of store of value and medium of exchange: notionally when someone accumulates money he or she also deprives others from using it as a medium of exchange.2 This is why some currencies are actually designed purposely to separate those functions.

しかしながら、貯蓄財としての機能と交換媒介物との間には潜在的な矛盾が存在します: だれかが他のものから交換手段としてそれを使用することで手にするお金をまたその人が貯蓄する時に 2これがいくつかの通貨がそれらの機能を切り離すように実際にわざわざ設計される理由です。

In general, complementary currencies are typically designed with a narrow and specific purpose in mind. Although a successful complementary currency system tends to gradually expand its applicability over time, today no complementary currency has reached the point where it can truly be considered a “general purpose” local or regional currency, although this could happen in the future.

一般に、補完的通貨は狭くて特定の目的を念頭に通常設計されます。 うまくいっている補完通貨システムは、時間がたつにつれて徐々に適用性を広げる傾向がありますが、今日のどんな補完的通貨も本当に「汎用」の地方または地域の通貨であると言うことができるかポイントに達していません、これは将来、そうなる可能性がありますが。

1 The Department of Economic History of Bocconi University in Milan, Italy, has undertaken a systematic study of such historical complementary currencies. They have discovered many such currencies widely used locally in Europe from the 8th Century to the 18th. Such currencies were circulating in parallel with centrally issued currency, some were even issued by central authorities, but they were not accepted for payment in taxes by the central government (royal or imperial). See
Fantacci, Luca “Storia della moneta immaginaria”, (Venice: Marsilio Editore, 2004). See also Labrot, Jacques “Une histoire economique et populaire du Moyen-Age: les jetons et les méreaux” (Paris: Editions Errance, 1989).

1 ミラノ(イタリア)のBocconi大学の経済史学部はそのような歴史的な補足的な通貨の組織的な調査を引き受けました。 彼らはヨーロッパで局所的に8世紀から18世紀までに広く使用されたそのような多くの通貨を発見しました。 そのような通貨は首都で発行された通貨と平行して循環しており、或るものは主要な当局によって発行されさえしましたが、それらは税金の支払いで中央政府(王の、または、帝国の)によって納税のためには受け入れられませんでした。
Fantacci, Luca “Storia della moneta immaginaria”, (Venice: Marsilio Editore, 2004)を参照師の事.また,Labrot, Jacques “Une histoire economique et populaire du Moyen-Age: les jetons et les méreaux” (Paris: Editions Errance, 1989)も参照してください。

2 The banking system resolves partially that problem by relending funds that people deposit with them. But, particularly from a regional viewpoint, there is no guarantee that the money will become available within the same community or area where it originated, thereby reducing the helpfulness of the recycling of funds via the banking system.

2 銀行システムは、人々が彼らに預ける基金を又貸しすることによって、その問題を部分的に解決します。 しかし、特に地域の視点から、お金がそれが始まった同じコミュニティまたは地域の中で利用できるようになるという保証がありません。そして、それによって、銀行システムによって資金を還流する有益性を減らします。


Issuing Procedures

手順を提示すること

This is perhaps the least familiar of all four dimensions of this classification system, but is nevertheless also one of the most important. Errors in designing the issuing process are the most common reason for dramatic failures of complementary currency systems (consider the fate of the Argentinian creditos1 for instance). There are seven major ways of issuing a currency:

これは、この分類システムの4つの次元すべてで恐らく最もなじみの薄いものですが、それにもかかわらず、また、最も重要なものの1つです。 発行の過程を設計することにおける誤りは補完的通貨システムの劇的な失敗の最も一般的な理由(例えばArgentinian creditos1の運命を考える)です。 通貨を支給する7つの主要な方法があります:

Backed Currencies: The strongest currencies are typically those that are fully “backed” by a good or service, and are directly and legally redeemable for them. Historically, many currencies were inventory receipts, i.e. with 100% backing secured by a physical inventory of a good (e.g. the wheat currency in Dynastic Egypt). Some contemporary complementary currencies are using conventional money as backing, others some specific goods or services.

支持された通貨: 最も強い通貨は、通常利益かサービスで完全に「支持される」ものであり、それらに、直接そして法的に買戻し可能です。 多くの通貨が歴史的に、目録領収書であったこと、すなわち、100%の支援が利益(例えば、Dynasticエジプトの小麦通貨)の物理的な目録によって固定されている状態で。 いくつかの現代の補完的通貨が支援の他少しの特定の商品またはサービスとして従来のお金を使っています。

Borrowing with legal collateral: This is the way the bulk of the conventional currency is created: through bank loan backed by collateral such as a mortgage on a house, or inventories for businesses. It can be considered as a form of a “backed” currency, but their redemption requires a legal action (seizure of the
collateral) and is normally an exception rather than the rule.

法的担保で借りること: これは従来の通貨の大半が作成される方法です: ビジネスのために家、または目録の上に抵当などの傍系親族で支持された銀行ローンで。 「支持された」通貨のフォームであるとそれをみなすことができますが、彼らの償却は、法的措置(傍系親族の捕獲)を必要として、通常の規則よりむしろ例外的です。