※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Choose the Right Mechanisms: Support Media
正しい装置の選択:支持メディア

Once you have convened the Community Currency Leader and his or her Team, there are several aspects of the currency you need to consider to design the system you need:
地域通貨のリーダーと、そのチームに集まってもらう際に、必要とするシステムを設計するために考慮する必要のある側面がいくつか通貨にはあります。つまり、

A. the Support Medium they use;
A。使われるサポートメディア
B. their Function;
B.機能
C. the Issuing Process; and
C.発行過程、そして
D. the Cost Recovery Mechanism.
D.コスト回収方式、です。

Each of these considerations will first be defined, and then we’ll identify the choices available within each category. We will also briefly identify advantages and disadvantages of each one of these choices. In the conclusion of this section, we will map some real-life currency systems according to the characteristics they have that match these five groups.
これらの考慮すべき点はそれぞれ別個に吟味され、それから、各カテゴリーの範囲内で利用できる選択肢を確認します。また、これらの選択肢のそれぞれの長所と短所をすぐに確認します。このセクションの結論で、このグループ5つに適する特徴に従って、現実の通貨システムいくつかを図式化します。

The starting point for a general typology of complementary currencies systems is our working definition of currency as “an agreement within a community to use something as a medium of exchange.” On the basis of this definition, one can identify as currencies a wide range of social tools that had been, are currently, or could be used as medium of exchange in the world.
補完通貨システムの一般的な類型の出発点は「交換手段として何かを使うという地域社会内の合意」というもので、これは通貨の定義として私たちが現在使っているものです。この定義に基づいて、世界で交換手段として過去や現在に使用され、あるいは使用される可能性のある多様な社会的道具とみなすことができます。

SupportMedia
サポートメディア

The support(s) used for issuing or handling a currency is one of the easiest features to grasp - we are familiar with the various forms that currency comes in – paper notes, coins, and plastic cards, given that conventional money uses practically all of them today. These supports fall into the following types:
通貨の発行や管理のために利用されるサポートは、把握するのが最も簡単な特徴のうちの1つです。我々は、通貨が使われているいろいろな形態に親しんでいます。従来のお金でもほぼ全て採用されている紙幣、コイン、プラスチックカードのような通貨が取り得るさまざまな形態に私たちは親しんでいます。これらのサポートメディアは、以下のタイプに分類されます。

Commodity Money: Commodity money in history took an extraordinary wide variety of forms. For centuries, societies have successfully used salt, eggs, cattle, textiles, various handicrafts, ingots of various metals, and dozens of other items as currencies. In modern times, during WW2 in prison camps cigarettes were used as currency in many places. Today, the charcoal currency of Osaka is a contemporary example of that tradition.
商品貨幣:商品貨幣は歴史上、非常にさまざまな種類の形をとりました。何世紀もの間、いろんな社会は塩、卵、家畜、織物、いろいろな手工芸品、金属塊や、その他多数の商品をうまく使ってきました。近現代では、第二次大戦中、捕虜収容所では、タバコが多くの場所で通貨として使われました。今日、大阪で使われている木炭通貨は、その伝統に属するものだと言えます。

Paper and coins: Paper and coins are the most familiar form of money today. For
contemporary uses of complementary currencies paper is the most popular form because it is both easy to carry and handle, and comparatively cheap to produce (e.g. Ithaca HOURS, WAT bills of exchange, LETS account booklets, etc.)
紙幣とコイン:紙幣とコインは、今日、お金で最もよく知られている形です。持ち運びや取り扱いが簡単で、生産費用も比較的安いので、現在の補完通貨の用途という点では、紙は最も人気のある形です(例えばイサカアワーズ、WAT為替手形、LETS口座通帳など)。

Electronic media: Electronic media include smartcards, a central PC running the accounts, or Internet networks, or for large systems mainframe computer systems. The vast majority of conventional money has taken the form of computer bites over the past four to five decades, and complementary currency systems have been following this path as well.
電子メディア:電子メディアには中央のコンピュータが口座を管理するICカードや、インターネットのネットワーク、あるいは大規模なメインフレームコンピュータシステムが含まれます。この4、50年間、圧倒的大多数のお金が電子データの形態をとるようになり、そして、補完通貨システムも同様にこの経路をたどっています。