●02:ロケットスタートについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※[06.10.12]のアップデートにより使用不可になりました。




アップデートを経て、いつの間にか出来るようになったロケットスタート。


スタートダッシュと呼ぶ人もいますが、もはや「ダッシュ」のレベルじゃないので

敬意を込めてロケットスタートと呼ばせてもらいましょう



<①ロケットスタート>★☆☆☆☆




早速やり方ですが





まず、レディーの表示があり

その後カウントが始まります。




そして、カウントが2になって



1になるこの間に



[Shift(シフト)]と「↑」を同時に押して


そのまま押し続けましょう。




すると、GOの表示から一瞬のブランクの後に




飛び出していきます。300km/hも出るんです。


これをやるのとやらないのとでは、かなりの差があり

何より、取り残されるのが精神的にきついです。




<②ロケットジャンプ>★★☆☆☆



さて、ロケットスタートで飛び出して終わりではありません。


ほとんどのコースにはスタート直後に崖があります。



ここでは[CRYSTAL VALLEY]を例に挙げますが、


ロケットスタート後、普通に崖から飛び出した場合



着地地点は大体、ジャンプ台の手前です。


しかし、崖を飛び降りるときに



ジャンプを使うと




ジャンプ台の奥まで飛ぶことが出来ます。

それをここではロケットジャンプと呼んでいます。


GO表示の後、まだシフトと↑は押しっぱなしになっているはずなので

崖の直前でシフトを一瞬離して、すぐ押してまた離します。


速いので注意してください。


差は一秒程度ですが、失敗すると確実に出遅れます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。