※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

準備するもの

  • 鏡 (大きめのもの)
  • カットバサミ (カットシザー)
  • 梳きバサミ (セニングシザー)
  • 櫛 (コーム)
  • ダックカールクリップ (ダッカールピン)

この下は人によっては要らないかも。

  • カチューシャ
 あれば便利。

  • 霧吹き・タオル
 濡らすか濡らさないかは意見が分かれるところ。
 濡らすとブロッキングやスライスがとりやすい、
 髪が柔らかくなるので切りやすいなどの利点があります。

  • ケープ (新聞紙、ゴミ袋で代用可)
 切った髪が服や体に付かないように。

  • 下に敷くもの (新聞紙、ゴミ袋等)
 敷いておくと掃除が楽です。
 風呂場や洗面所で切る場合は排水管が詰まる可能性を考慮しましょう。